仙台、ヴィトーリアのFWラファエルソンを半年間の期限付き移籍で獲得「映像で見た瞬間に恋をしました」2018.02.05 14:59 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベガルタ仙台は5日、ブラジルのヴィトーリアからブラジル人FWラファエルソン(20)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2018年7月31日まで。

▽ヴィトーリア下部組織出身のラファエルソンは、2015年にトップチームデビューを果たした身長183㎝、体重93㎏のフォワード。昨シーズンはセリエAに4試合出場している。

▽仙台への加入が決定したラファエルソンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「ベガルタ仙台に加入することとなり、大変嬉しく思います。オファーをいただいた時、迷うことはありませんでした。2018シーズンを素晴らしいシーズンにできるよう100%以上の力を発揮したいと思います。またサポーターのみなさんを映像で見た瞬間に恋をしました。クラブに関わるすべての人々の期待に答えられるように沢山のゴールを決めたいと思います。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

【J1開幕直前クラブガイド】形づく攻撃サッカーで東北の地に栄冠もたらせるか《ベガルタ仙台》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第2弾はベガルタ仙台を紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆昨季の手ごたえを確信に</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:ひと桁順位】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_vegalta_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンはこれまでのカウンタースタイルを捨てて、能動的かつ流動的な攻撃を仕掛けるサッカーへの切り替えに挑戦。フォーメーションも慣れ親しんだ[4-4-2]から[3-4-2-1]に変更するなど転換期となった。順位こそ前年と同じ12位だったが、内容は格段に飛躍したシーズンとなった。 ▽迎える新シーズンは、渡邉晋監督にとっても5シーズン目を迎え集大成となる。メンバー構成を見ると昨シーズンのレンタル移籍組の買い取りや期間延長に成功。数名の主力が抜けたものの大幅な戦力ダウンは免れた。昨シーズン見せた戦いぶりの継続を考えると、一桁順位は達成しなければいけないノルマとなる。 <span style="font-weight:700;">◆戦力維持も、上積みなく不安は残る</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:C】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_vegalta_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ストーブリーグ最大の目標は期限付き移籍組の残留だった。そんな中、DF古林将太(名古屋グランパス)、MF中野嘉大(川崎フロンターレ)、FW石原直樹(浦和レッズ)が完全移籍に移行。MF野津田岳人(サンフレッチェ広島)も期限付き移籍期間を延長するなど引き止めることに成功した。中盤をコントロールしていたMF三田啓貴がヴィッセル神戸に移籍したことは痛手だが、FC岐阜から庄司悦大を獲得したことでボランチのゲームメーカーは穴埋めができたと言える。 ▽一方で、センターバックはDF金正也をガンバ大阪から完全移籍で獲得したものの、DF増嶋竜也が退団。昨シーズンから懸念されていたバックラインの駒不足は解消されておらず、シーズンを戦っていくなかでケガや累積の状況によっては苦しい戦いとなる。<hr>【IN】 GK 川浪吾郎(26)←アルビレックス新潟/完全 DF 古林将太(26)←名古屋グランパス/期限付き→完全 常田克人(20)←大分トリニータ/復帰 金正也(29)←ガンバ大阪/完全 板倉洸(20)←川崎フロンターレ/期限付き MF 中野嘉大(24)←川崎フロンターレ/期限付き→完全 野津田岳人(23)←サンフレッチェ広島/期限付き延長 庄司悦大(28)←FC岐阜/完全 FW ジャーメイン良(22)←流通経済大学/新加入 阿部拓馬(30)←蔚山現代FC(韓国)/完全 石原直樹(33)←浦和レッズ/期限付き→完全 ラファエルソン(20)←ヴィトーリア(ブラジル)/期限付き 【OUT】 GK 石川慧(25)→栃木SC/完全 DF 増嶋竜也(32)→柏レイソル/期限付き終了 ヴィニシウス(22)→未定/退団 小島雅也(20)→FC町田ゼルビア/育成型期限付き MF 藤村慶太(24)→ツエーゲン金沢/期限付き 差波優人(24)→カターレ富山/期限付き 三田啓貴(27)→ヴィッセル神戸/完全 佐々木匠(19)→カマタマーレ讃岐/育成型期限付き 野沢拓也(36)→ウーロンゴン・ウルブス(オーストラリア)/完全 FW クリスラン(25)→ブラガ(ポルトガル)/復帰 平山相太(32)→現役引退<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_vegalta_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>MF庄司悦大(28) 2017シーズン(J2) 41試合出場5得点<hr>▽ベガルタ仙台のイチオシ選手は新加入のMF庄司悦大だ。アクションサッカーへの切り替えを行ったチームにおいて、中盤の底でゲームを組み立てられる選手の存在は不可欠。神戸に移籍した三田が退団した穴は大きく、チームの根幹を揺るがしかねない事態に陥りそうだったが、新加入の庄司にその穴埋めを期待したい。 ▽J1初挑戦となる庄司だが、レノファ山口FC、FC岐阜時代からも強弱、長短を織り交ぜたパスで攻撃のタクトを振るうなどゲームメーカーとして定評があり、昨シーズンは4101本のパスを通してJ2でトップ。仙台でもそのパスセンスを生かせるかに注目だ。 ▽仙台の前線には、裏抜けを得意とする石原直樹や阿部拓馬が構えており、彼らとタイミングを合わせることでチームに深さが生まれる。またポゼッションを重視するチームスタイルだけに、両ウイングバックを使った幅のある攻撃も求められる。庄司のパスで、攻撃の起点となるところに上手くボールを配給できるかに期待だ。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fom2018vegalta_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:シュミット・ダニエル DF:平岡康裕、大岩一貴、金正也 MF:古林将太、庄司悦大、富田晋伍、永戸勝也 MF:野津田岳人、阿部拓馬 FW:石原直樹<hr>▽昨シーズンから取り組む[3-4-2-1]のフォーメーションを継続すると予想。増嶋が抜けた穴には金正也がそのまま入り、バックラインのメンバーが大きく変わることはないだろう。中盤も三田が抜けたボランチに庄司が入ることで大きな変化はない。また、今キャンプでは野津田をボランチで起用するなど試行錯誤を行っており、庄司の相方は相手次第で変わることが予想される。 ▽激戦区となる2シャドーは、野津田と新加入の阿部が堅い。しかし、昨シーズンの主力であるFW西村拓真や新加入のFWジャーメイン良、ボランチで試されているMF奥埜博亮などもおり、様々な組み合わせが考えられる。一方で、1トップの候補は石原と、新加入で未知数のFWラファエルソン。阿部やジャーメインが入る形も想定されるが、不測の事態がない限りは石原がシーズンを通して起用されるだろう。 2018.02.17 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

オーストラリア2部ウーロンゴン・ウルブスがMF野沢拓也の加入を発表! 鹿島時代の同僚FW田代有三と再共演へ

▽ニュー・サウス・ウェールズ州プレミアリーグ(オーストラリア2部相当)に所属するウーロンゴン・ウルブスは15日、元ベガルタ仙台のMF野沢拓也(36)と契約を結んだことをクラブ公式のフェイスブックで発表した。 ▽鹿島アントラーズのアカデミーで育った茨城県出身の野沢は、1999年に2種登録選手としてトップチームデビューを果たすと、2007年からJ1リーグ3連覇の原動力に。その後、ヴィッセル神戸を経て、2014年夏から仙台に活躍の場を移した。昨シーズンは、明治安田生命J1リーグ3試合に出場して1ゴール。2018年1月8日に契約が満了し、昨シーズン限りで同クラブを退団していた。 ▽ウーロンゴン・ウルブスには、2017年3月にセレッソ大阪から加入した元日本代表FW田代有三が在籍。野沢の加入により2011年以来の再共演が実現することとなった。 2018.02.15 22:10 Thu
twitterfacebook
thumb

仙台残留のMF野津田岳人、二桁得点狙う「昨年以上に自信ある」

▽「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。 ▽昨シーズンに引き続き仙台に留まることを決断したMF野津田岳人がクラブブースで取材に応対。自身初の二桁ゴールを個人目標とし、チームの躍進に意気込んだ。 ◆MF野津田岳人(ベガルタ仙台) キャンプの手応え、仕上がりについて 「仙台のキャンプは長い。1次キャンプで体力面を含めて身体をしっかり作り上げることができたし、2次、3次から時間をかけながら戦術面のすり合わせができた。だから、チームとしても仕上がりは良い」 ──サンフレッチェ広島に戻る選択肢がある中での残留。決め手は 「色々なことがあったけど、その中でも仙台から『もう1年やってほしい』という熱意のある思いを伝えてくれたのが大きい。あと、もう1回このチームで上を目指したいという思いもあったので(残留を)決めた」 ──何人か移籍した不安要素について 「もちろん、三田くんの存在はかなり大きかったので、簡単に埋められるかどうかはまだわからない。でも、また、新しい選手が入ってきて、また違う色を出せような手応えもある。すごく楽しみ」 ──新戦力で印象的な選手について 「前線でコンビを組む阿部(拓馬)選手は印象的。まだコンビネーションというか、戦術的な部分はこれからだけど、その中でも個人で突破する能力はすごく高くて、自分にないもの。一緒にやっていて楽しいというか、やりやすい」 ──昨年、少しずつ形になってきた攻撃的サッカーについて 「去年の後半戦あたりから手応えを感じた。それをベースに、今年の初めから続けて、さらに上乗せして色んな得点パターンを見せていきたい。それは目標」 ──攻撃的サッカーで結果を出すことがテーマになりそうだが 「それは間違いない(笑) 去年は良い内容でも安い失点で勝ち点を落とした試合が多かったので、今年はチームとしてより意識していきたい」 ──自身の目標とする数字は 「あまり具体的な数字を意識しているわけじゃけど、結果を求めるという部分で二桁を狙っていきたい。昨シーズン以上に自信がある。とても楽しみだし、必ず成し遂げたい」 ──最後にサポーターにメッセージ 「去年の終わりからチームとして良いサッカーができていたが、自分はまだ満足してない。このキャンプでチームとしても個人としてもコンディションが上がってきているので、それを開幕戦から発揮していきたい」 「勝利をもたらせられるような結果を求めて頑張るので、自分の得点力や決定力に期待して応援してほしい」 2018.02.15 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

MF野沢拓也、オーストラリア2部で鹿島時代の同僚FW田代有三と再共演か

▽MF野沢拓也(36)がニュー・サウス・ウェールズ州プレミアリーグ(オーストラリア2部相当)に所属するウーロンゴン・ウルブスへの加入が濃厚となっているようだ。オーストラリア『Illawarra Mercury』が伝えている。 ▽鹿島アントラーズのアカデミーで育った茨城県出身の野沢は、1999年に2種登録選手としてトップチームデビューを果たすと、2007年からJ1リーグ3連覇の原動力に。その後、ヴィッセル神戸を経て、2014年夏から仙台に活躍の場を移した。昨シーズンは、明治安田生命J1リーグ3試合に出場して1ゴール。2018年1月8日に契約が満了し、昨シーズン限りで同クラブを退団していた。 ▽『Illawarra Mercury』は8日に「日本のスターがウルブス加入へ」の見出しで記事を掲載。どうやら現在検討されているオーストリアのトップリーグであるAリーグの拡張を見据えて経験豊富なゲームメイカーの獲得に動いているようだ。 ▽同メディアは野沢が鹿島アントラーズで5度のリーグ優勝を経験していることや明治安田生命J1リーグで約400試合に出場した選手として紹介。早ければ10日にブリスベンで行われる武漢卓爾(中国2部)との練習試合に出場する可能性があるようだ。なお、武漢卓爾(中国2部)には3日に浦和レッズからの完全移籍が発表されたブラジル人FWラファエル・シルバが所属している。 ▽ウーロンゴン・ウルブスには2017年3月にセレッソ大阪から加入した元日本代表FW田代有三が在籍。野沢の加入が実現すれば、2011年以来の共演となる。 2018.02.09 10:17 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台MF梁勇基が離脱、右足肉離れで全治8週間の見込み

▽ベガルタ仙台は4日、元北朝鮮代表MF梁勇基の負傷を報告した。 ▽梁は1月26日のトレーニング中に負傷。経過を観察後、宮崎市内の病院で精密検査を受けたところ、右ふくらはぎの肉離れと診断された。全治8週間の見込みだ。 ▽仙台は、25日に行われる明治安田生命J1リーグ開幕節で柏レイソルとホームで対戦する。 2018.02.04 15:10 Sun
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース