仙台、ヴィトーリアのFWラファエルソンを半年間の期限付き移籍で獲得「映像で見た瞬間に恋をしました」2018.02.05 14:59 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベガルタ仙台は5日、ブラジルのヴィトーリアからブラジル人FWラファエルソン(20)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2018年7月31日まで。

▽ヴィトーリア下部組織出身のラファエルソンは、2015年にトップチームデビューを果たした身長183㎝、体重93㎏のフォワード。昨シーズンはセリエAに4試合出場している。

▽仙台への加入が決定したラファエルソンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「ベガルタ仙台に加入することとなり、大変嬉しく思います。オファーをいただいた時、迷うことはありませんでした。2018シーズンを素晴らしいシーズンにできるよう100%以上の力を発揮したいと思います。またサポーターのみなさんを映像で見た瞬間に恋をしました。クラブに関わるすべての人々の期待に答えられるように沢山のゴールを決めたいと思います。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

奥埜&西村弾で仙台が4試合ぶり白星! 柏は今季初連勝ならず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第21節柏レイソルvsベガルタ仙台が11日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、2-0で仙台が勝利した。 ▽ここまで7勝2分け11敗で13位につける柏(勝ち点23)と、7勝5分け8敗で12位につける仙台(勝ち点26)の一戦。前節の北海道コンサドーレ札幌戦を2-1で勝利して連敗を「4」でストップした柏は、その試合から先発メンバーを1名のみ変更。鎌田に代わってナタン・ヒベイロが移籍後初スタメンを飾った。 ▽一方、前節のジュビロ磐田戦を2-3で敗れて3試合未勝利の仙台は、その一戦から先発メンバー2人を変更。西村とハーフナー・マイクに代えて関口と阿部を起用した。 ▽開幕戦以来の対戦となった両者の一戦はまず仙台が4分、ボックス手前に持ち上がった阿部のパスを受けた石原がワンタッチでボックス右に侵攻してシュート。しかし、ここはGK桐畑に抑えられた。 ▽対する柏は10分、敵陣中央右でパスを受けた伊東がアーリークロス。中央の江坂が頭で合わせたが、ここはGKシュミット・ダニエルにパンチングで防がれた。 ▽立ち上がりこそ激しい攻防を見せた両者だが、その後はやや勢いが停滞。それでも柏は33分、小泉の縦パスを受けた伊東がボックス内に侵攻してシュートまで持ち込むも、平岡の対応に遭う。対する仙台は40分、ボックス右外の関口からのクロスを中央で受けた阿部がワントラップから素早く右足を振り抜くも、わずかにミートしきれず。 ▽試合を折り返すと仙台は58分、敵陣右サイドから蜂須賀がクロス。走り込んだ中野が右足で合わせるも、当てきることができず、シュートはゴール右外へと外れた。 ▽それでも迎えた59分、仙台が先制点を奪う。先程クロスでチャンスを作った蜂須賀からパスを受けた阿部がボックス右外からクロス。中央の奥埜が上手く頭でコースを狙うと、ボールはゴール左隅へと吸い込まれた。 ▽ついに先制点を奪った仙台は67分、永戸のクロスを受けた阿部がボックス内に侵攻してシュート。一度弾かれたボールを再び右足で押し込もうとするが、GK桐畑に立て続けに防がれてしまい、追加点とはならない。 ▽追加点が欲しい仙台は71分、石原に代えて西村を投入する。すると80分、西村がドリブルでカウンターを開始。裏街道気味のタッチで相手DFを置き去りにすると、そのままボックス右に侵攻。最後は思い切りよく右足を振り抜き、クロスバーをたたいてゴールネットを揺らした。 ▽貴重な追加点を奪った仙台の西村は、85分にもパク・ジョンスからのパスカットからGKとの一対一を迎えるも、今度は決めきれず。それでも最後まで柏にゴールを許さなかった仙台が2-0で勝利。奥埜と西村のゴールで4試合ぶり白星を手にした。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.11 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

今夏仙台加入の矢島慎也、全治12週間のケガ 移籍後J1リーグ4試合中3試合に先発

▽ベガルタ仙台は6日、MF矢島慎也の負傷離脱を発表した。 ▽矢島は、1日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第19節の名古屋グランパス戦で負傷。自力で歩行できず、担架で運ばれ、キックオフからわずか9分でピッチを退いた。クラブによれば、矢島は経過を観察した後、仙台市内の病院で精密検査を受診。左太もも裏の肉離れにより、全治12週間の離脱を余儀なくされる見込みだ。 ▽浦和レッズでプロキャリアをスタートさせた矢島は、ガンバ大阪に今シーズン加入。だが、明治安田生命J1リーグで出場機会に恵まれず、今夏に出番を求めて仙台に期限付き移籍した。仙台加入後は第16節こそ出場しなかったものの、渡邉晋監督の信頼を勝ち取り、第17節から第19節まで全3試合に先発している。 ▽仙台は、J1リーグ第20節終了時点で7勝5分け8敗の12位。11日に行われる次節、13位に位置する柏レイソルとのアウェイゲームに臨む。 2018.08.06 17:55 Mon
twitterfacebook
thumb

大井、今度は逆転勝利に導く土壇場弾! 仙台撃破の磐田、第8節以来ホーム戦勝利&リーグ7戦ぶり白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第20節のジュビロ磐田vsベガルタ仙台が5日にヤマハスタジアム(磐田)で行われ、3-2で磐田が勝利した。 ▽ここまで6勝7分け6敗で12位に位置する磐田(勝ち点25)と、7勝5分け5敗で10位につける仙台(勝ち点26)の一戦。前節のガンバ大阪戦を1-1で引き分けて4戦連続ドロー中の磐田は、その一戦から先発メンバーを4人変更。前節約5カ月間の重傷を負った新里、宮崎らに代えて小川大貫、松本らを起用した。 ▽一方、前節の名古屋グランパス戦を1-2で敗れて、3試合ぶり黒星を喫した仙台はその一戦から先発メンバーを2人変更。GK関、前節負傷の矢島に代えて、GKシュミット・ダニエルとハーフナー・マイクを起用した。 ▽浮上を目指す両者の一戦は、8分にホームの磐田がゴールを脅かす。左CKのこぼれ球をボックス手前の上原がダイレクトシュート。強烈なシュートは枠を捉えたが、GKシュミット・ダニエルに弾かれた。 ▽立ち上がりが経過すると、磐田がやや優勢に試合を進める。対する仙台は20分、左サイドの西村が中央へクロスを供給。これをハーフナー・マイクが頭で合わせたが、GKカミンスキーにキャッチされる。 ▽相手GKの好守に阻まれた仙台だったが、その3分後に先制点を奪う。ハーフナー・マイクからパスを受けた蜂須賀がボックス右外からクロスを送る。これが相手DFの頭を超えると、ゴール前左へと走り込んだ中野嘉大が左足で押し込んだ。 ▽先制点を許した磐田はその後、攻勢を強めて同点ゴールを目指すもなかなか決めきることができない。それでも45分、田口のパスを受けた櫻内のクロスをゴール前で競り勝った川又が頭で叩き込み、前半終盤に磐田がスコアを振り出しに戻した。 ▽後半に入ると、同点に追いつかれた仙台が攻勢を強める。56分、敵陣中央で細かいパスワークで相手を揺さぶると、西村がハーフナー・マイクとのワンツーでボックス内に侵攻。そのまま左足でシュートを放つも、これは左サイドネットに嫌われた。 ▽これを決めきることができなかった仙台は57分、ハーフナー・マイクに代えて阿部を投入。すると直後の59分、右サイドからのCKが相手DFに当たって中央へとこぼれると、途中出場の阿部が右足を振り抜いてゴール右へと決めた。 ▽勝ち越しを許した磐田は67分、大久保に代えて中野誠也を投入。すると77分、ドリブルで持ち上がった味方のスルーパスを川又がボックス右で折り返し、最後は中野誠也が右足でゴール左へ流し込んだ。 ▽中野のリーグ戦初ゴールで同点に追いついた磐田。しかし、このままでは終わらなかった。90分、敵陣中央でFKを獲得すると、キッカーの上原がゴール前へクロスを送る。ボックス左で田口がクリアボールをダイレクトでシュートを放ち、最後はゴール前で待ち構えていた大井が押し込んだ。 ▽このゴールが決勝点となり、磐田は第8節以来のホーム戦勝利、そして7試合ぶり白星を手にした。一方の仙台は連敗を喫している。 2018.08.05 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台、今季期限付き移籍で加入のブラジル人FWラファエルソンを完全移籍で獲得

▽ベガルタ仙台は2日、ECヴィトーリア(ブラジル)から期限付き移籍中のブラジル人FWラファエルソン(21)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽ラファエルソンは今シーズンから仙台に期限付き移籍で加入しており、ここまでYBCルヴァンカップの1試合に出場している。 ▽完全移籍が決まったラファエルソンは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「引き続きベガルタ仙台の一員としてプレーできることとなり、とてもうれしく思います。また、ケガで苦しんでいる時にサポートしてくれた選手、スタッフに感謝しています。ベガルタ仙台のさらなるレベルアップに貢献し、チーム一丸となってサポーターのみなさんに多くの喜びを届けることができるように、日々全力でがんばります。これからも応援よろしくお願いいたします」 2018.08.02 15:14 Thu
twitterfacebook
thumb

前田直輝の1G1Aに新生守備陣奮闘の名古屋が約5カ月となる16戦ぶりの勝利! 仙台は鬼門ユアスタでまた勝てず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第19節のベガルタ仙台vs名古屋グランパスが1日にユアテックスタジアム仙台で行われ、アウェイの名古屋が2-1で勝利した。 ▽8位の仙台と最下位の名古屋による一戦。前節、ラストプレーでの失点でセレッソ大阪と引き分けて連勝を逃した仙台は前節と同じスタメンを採用。 ▽一方、前節の北海道コンサドーレ戦が台風の影響で延期となった名古屋は前々節のサンフレッチェ広島戦から先発3人を変更。櫛引、エドゥアルド・ネット、長谷川に代わって横浜F・マリノスから新加入の金井、宮原と小林が先発に入った。 ▽第5節のV・ファーレン長崎戦以来となるリーグ戦でのホーム勝利を目指す仙台が良い入りを見せたが、9分にアクシデントが発生。ボールを持ち上がった際に左足のハムストリングを痛めた矢島がプレー続行不可能となり、担架に乗せられてピッチを後に。代わって永戸が緊急投入された。 ▽一方、広島戦と同様にやや後ろに重い入りとなった名古屋は前半半ばまで押し込まれる状況が続く。だが、新戦力や守護神のランゲラックを中心に守備陣が我慢の戦いを続けると、攻撃陣が奮闘に応える。 ▽30分、左サイド深くでボールを持ったジョーが対面のDFの股間を抜くグラウンダーの折り返しを入れる。ニアでDFの死角から飛び出した前田がキープしてヒールで落とすと、これをジョーが右足で豪快に蹴り込んだ。さらに40分には中央での細かい繋ぎから和泉のスルーパスに抜け出した前田が巧みなボールコントロールからGKとの一対一を制して移籍後初ゴールを記録した。 ▽前田の1ゴール1アシストの活躍で2点リードで試合を折り返した名古屋だったが、簡単に16戦ぶりの白星は上げられない。53分には仙台が右サイドを破って蜂須賀がマイナスのクロスを入れると、これをニアの中野がシュート。一度は相手DFにブロックされるも再び中野の足元にこぼれると、中野が倒れ込みながらも放った左足のループシュートがネットを揺らした。 ▽このゴールをキッカケに完全に勢いに乗った仙台はサイドを起点に鋭いカウンターで同点ゴールに迫っていく。中野や永戸が際どいシュートを放っていくが、わずかに精度を欠く。 ▽互いに交代カードを切っていく中、中盤が間延びしてオープンな展開が続く。77分にはペナルティアーク付近でパスを受けた石原が右足を振り抜くが、このシュートは左ポストの内側を叩く。さらに83分には左サイドからの鋭いクロスをゴール前に走り込んだハーフナー・マイクが難度の高いボレーで合わすが、左ポストの内側を叩いてゴールライン上にこぼれたボールはGKランゲラックが必死にかき出してラインを割らせない。 ▽その後、風間監督がガブリエル・シャビエルを下げてDF新井を投入する守備的な采配で逃げ切りのメッセージを送った名古屋はハーフナーらを目がけてロングボールを入れる仙台の猛攻をチーム一丸の守備で撥ね返し続けて試合は2-1でタイムアップ。前田の1ゴール1アシストの活躍に新戦力揃いの守備陣が粘りを見せるなど、今夏の大型補強が実った名古屋が第2節のジュビロ磐田戦以来、16戦・約5カ月ぶりとなる勝利を挙げた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">名古屋が5カ月ぶりの勝利!<br/>仙台vs名古屋をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.01 21:10 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース