仙台、ヴィトーリアのFWラファエルソンを半年間の期限付き移籍で獲得「映像で見た瞬間に恋をしました」2018.02.05 14:59 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベガルタ仙台は5日、ブラジルのヴィトーリアからブラジル人FWラファエルソン(20)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2018年7月31日まで。

▽ヴィトーリア下部組織出身のラファエルソンは、2015年にトップチームデビューを果たした身長183㎝、体重93㎏のフォワード。昨シーズンはセリエAに4試合出場している。

▽仙台への加入が決定したラファエルソンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「ベガルタ仙台に加入することとなり、大変嬉しく思います。オファーをいただいた時、迷うことはありませんでした。2018シーズンを素晴らしいシーズンにできるよう100%以上の力を発揮したいと思います。またサポーターのみなさんを映像で見た瞬間に恋をしました。クラブに関わるすべての人々の期待に答えられるように沢山のゴールを決めたいと思います。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

仙台GKシュミット・ダニエル、右ハムストリングス肉離れで全治約8週間の見込み

▽ベガルタ仙台は21日、GKシュミット・ダニエルが右ハムストリングス肉離れと診断されたことを発表した。全治は約8週間の見込み。 ▽クラブによると、シュミット・ダニエルは先週のトレーニング中に負傷した模様だ。 ▽シュミット・ダニエルは2014年に中央大学から仙台に入団。今シーズンは明治安田生命J1リーグに3試合、YBCルヴァンカップに1試合出場していた。 2018.05.21 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

石原電光石火の先制弾! 仙台競り勝ち鹿島の連勝は「3」でストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節の鹿島アントラーズvsベガルタ仙台が20日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-1で仙台が勝利した。 ▽リーグ連勝中の10位・鹿島(勝ち点18※1試合未消化)は、1-2で敗北したミッドウィークのAFCチャンピオンズリーグ 上海上港戦からスタメンを3名変更。西、レオ・シルバ、鈴木に代えて、伊東、小笠原、中村を起用した。 ▽前節サンフレッチェ広島に1-3の敗北を喫した8位・仙台(勝ち点19)は、1-0で勝利したミッドウィークのYBCルヴァンカップ ベガルタ仙台戦から富田以外のスタメン10名を変更。最後尾にGK関、最終ラインに板倉、大岩、金正也、中盤に蜂須賀、奥埜、富田、関口、最前線に石原、野津田、阿部を起用した。 ▽開始早々、2分に仙台が試合を動かす。左サイドでボールを持った関口が右足に持ち替えてクロスを供給。走り込んだ石原がダイビングヘッドで合わせ、ネットを揺らした。 ▽反撃に出る鹿島は、8分にチャンスを迎える。ボックス手前でルーズボールを拾った小笠原が、自ら狙う。しかし、右足で放った鋭いシュートは仙台DFにブロックされ、得点には繋がらない。 ▽24分、今度は仙台に決定機が訪れる。石原のスルーパスに抜け出した阿部がボックス内左に侵攻し、GKクォン・スンテを引きつけて中央に折り返す。枠を捉えれば得点というシーンだったが、奥埜のヘディングシュートはバーを越えていく。 ▽前半終了間際の40分にも、仙台が鹿島ゴールに迫る。ボックス手前中央でフリーとなっていた奥埜がミドルシュートを狙う。しかし、GKクォン・スンテの好守に阻まれ、直後の左CKからの石原のボレーシュートも枠を外れた。 ▽巻き返しを図る鹿島は、ハーフタイム中に大胆な二枚替えを敢行。小笠原、中村に代えて、犬飼、鈴木を投入した。 ▽しかし、後半に入っても仙台が先に結果を出す。65分、左CKの場面でキッカーの関口がインスウィングのクロスを入れると、ニアの大岩が頭でフリック。ゴール前の板倉がうまくヘディングシュートを放ち、追加点とした。 ▽点差を縮めたい鹿島は、直後の68分に決定機を作り出す。右サイドからのアーリークロスに、うまくマークをはがした途中出場の鈴木が反応。しかし、鈴木は合わせにいった右足でボールをミートさせることができず、ネットを揺らすことは叶わない。 ▽それでも85分、土壇場で鹿島が反撃の狼煙を上げる。浮き球のボールを途中出場の安部がボックス内左から頭で落とす。中央の鈴木が右足で押し込み、点差を1点に縮めた。 ▽しかし、そこからは攻める鹿島に対して仙台が決死の守備でゴールを守り抜く形で試合が終了。この結果、鹿島は3試合ぶりに敗北。対する仙台は、リーグ2試合ぶりの白星を中断前最後の一戦で手にした。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.20 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

パトリック、2発で今季リーグ戦2桁到達! 首位・広島が仙台に逆転勝利で4連勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第14節のベガルタ仙台vsサンフレッチェ広島が12日にユアテックスタジアム仙台で行われ、3-1で広島が勝利した。 ▽ここまで5勝4分け4敗で7位につける仙台(勝ち点19)が、11勝1分け1敗で首位を走る広島(勝ち点34)をホームに迎えた。前節の湘南ベルマーレ戦を3-1で勝利して6試合ぶり白星を飾った仙台は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。契約上の理由により出場できない野津田に代えて富田を起用した。 ▽一方、前節のヴィッセル神戸戦を2-0で勝利して初黒星を喫した第10節のFC東京戦以降、3連勝と見事に立て直した広島は、神戸戦から先発メンバーを前節同様のメンバーを先発に送り出した。 ▽序盤から攻勢に出る仙台の攻撃を安定したディフェンスで跳ね返す広島は9分、左サイドでキープした柏のパスを青山がボックス手前からシュート。これはわずかにゴール左外へと外れた。対する仙台は11分、右サイドからのグラウンダーのクロスを石原がスルーして西村がダイレクトでシュートを放つも、枠をとらえることができない。 ▽それでも仙台は12分、3試合クリーンシート中の広島から先制点を奪う。敵陣中央右から蜂須賀がファーサイドにクロス。これを西村が相手と競り合うと、こぼれ球を拾った奥埜が鋭い反転から左足を振りぬいてゴール右隅へと突き刺した。 ▽先制に成功した仙台は広島を押し込んで追加点を狙う。しかし、広島も粘りのディフェンスからチャンスを作らせない。すると徐々に広島が仙台を押し込み始める。31分、渡が一瞬の隙からボックス右に走りこみ、稲垣からのスルーパスを呼び込む。しかし、GK関の好判断な飛び出しに阻まれて、シュートまで持ち込むことができない。 ▽それでも広島は41分、敵陣中央やや右でFKを獲得するとキッカーの柴崎がクロスを選択。これをボックス中央でパトリックが競り勝ち、右サイドネットに押し込んだ。 ▽広島が1-1とスコアを振り出しに戻して試合を折り返すと、勝ち越した仙台がチャンスを迎える。54分、右サイドでボールを持った蜂須賀が緩急で相手をかわし、ゴールライン際から中央へ侵攻。折り返しに奥埜が飛び込んだが、GK林のセーブに遭い、決めきることができない。 ▽このピンチを守った広島が次第に仙台を織り込み始めると71分、ついに逆転に成功する。味方のスルーパスに抜け出した柏が左サイドからボックス左に持ち込み、カットインから右足を振りぬく。豪快なシュートはゴール右上に突き刺した。 ▽2-1と試合をひっくり返した広島はさらに終盤、勝利を確固たるものにする。89分、ハーフウェイライン付近右からの和田の縦パスを敵陣中央で受けるとドリブルを開始。力強いドリブルで相手DFを寄せ付けず、ボックス内に侵攻してGK関との一対一を制した。 ▽結局試合は3-1で終了。終わってみれば首位チームの強さを見せつける形となった広島が4連勝。一方の仙台は連勝を飾ることができなかった。 2018.05.12 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

茂木ハットで仙台が横浜FMとの打ち合い制す! …FC東京は新潟に競り負け敗退確定《YBCルヴァンカップ》

▽9日、2018JリーグYBCルヴァンカップ グループAの第5節が開催。2位のベガルタ仙台(勝ち点5)が首位の横浜F・マリノス(勝ち点8)をユアテックスタジアム仙台に迎えた一戦では、4-2で仙台が勝利した。 ▽中盤での奪い合いが続く試合、13分に仙台にチャンスが訪れる。左サイドでボールを持った金久保が、ボックス左に侵攻。しかし、そのまま左足で放ったシュートはブロックに遭った。 ▽仙台が攻勢を保つと、31分にもボックス内のジャーメインがシュートを放つ。シュートは右のポストに当たりGK杉本に処理されたものの、徐々に攻勢を強めていく。 ▽すると35分に仙台が待望の瞬間を迎える。金久保が左サイドでボールを持ち、ボックス内に浮き球のパスを通す。梁勇基が落とすと、走り込んだ茂木が右足でダイレクトシュートを放ち、先制点奪取に成功した。 ▽それでも39分、今度は横浜FMがチャンスをものにする。ボックス左でユン・イルロクにチェックした仙台DFのがクリアミスを犯し、ボールはオリヴィエ・ブマルの下へ。オリヴィエ・ブマルが落ち着いて流し込み、あっという間にスコアはイーブンとした。 ▽しかし、前半終了間際の43分に右サイドの茂木がクロスを供給すると、GK杉本の身体に当たり、ボールはゴール方向へ。これがネットを揺らし、仙台が再びリードを奪ったところで前半が終了することとなった。 ▽後半に入っても、仙台の優勢が続く。7分、ボックス左に侵攻した永戸が、左足を振り抜いて枠を捉える。シュートはGK杉本にキャッチされたが、積極的に横浜FMゴールに襲いかかっていく。 ▽すると、62分にも仙台が横浜FMを突き放す。横浜FM陣内中央付近の遠い位置でFKを獲得すると、キッカーは茂木。思い切りよく放ったシュートの軌道が壁に当たって変わると、GK杉本の頭上を越えてゴールに吸い込まれる。この得点で茂木がハットトリックを達成し、スコアを3-1とした。 ▽流れを変えたい横浜FMは、68分にユン・イルロクに代えて遠藤を投入。すると70分、その遠藤が右サイドからグラウンダーのクロスを入れる。飛び込んだ途中出場のウーゴ・ヴィエイラが合わせ、点差を縮めた。 ▽しかし82分、仙台が横浜FMの追い上げムードを一蹴する。右サイドからのクロスを、ファーサイドのジャーメインが足元で収める。左足でニアに蹴り込み、チームの4点目とした。 ▽結局、4-2で仙台がリードして試合が終了。この結果、仙台は首位に躍り出た状態で最終節を迎えることに。対する横浜FMは、今節中のグループリーグ突破を逃すこととなった。 ▽また、デンカビッグスワンスタジアムで行われた最下位のアルビレックス新潟(勝ち点4)と3位のFC東京(勝ち点4)による同勝ち点対決では、3-2でホームの新潟が勝利した。 ▽10分、新潟に決定機が訪れる。CKの場面で、ボックス内の広瀬がヘディングシュートを放つ。しかし、こればバーに阻まれて得点とはならない。 ▽18分、FC東京が反撃に出る。ボックス手前やや右でFKを獲得すると、キッカーは久保。しかし、直接狙ったシュートはGK大谷にキャッチされてネットを揺らすことは叶わない。 ▽すると34分、新潟が先に結果を出す。CKの場面でボックス内に混戦が生まれると、反応した矢野が足を伸ばしてボールに触る。最後はボールがFC東京DFに当たり、ゴールに吸い込まれた。 ▽1点リードで迎えた後半にも、新潟が惜しいシーンを生み出す。63分、左サイドでボールを奪った渡邊基が、ボックス手前まで駆け上がりラストパスを供給。反応したブルーノ・メネゲウの強烈なシュートはGK大久保にキャッチされたが、FC東京ゴールを脅かしていった。 ▽それでも75分、FC東京が反撃の狼煙を上げる。ボックス手前右の品田がミドルシュートを放つと、ボールはバーに当たって跳ね返る。詰めていた途中出場の矢島が頭で押し込み、同点弾とした。 ▽さらに81分、途中出場の平岡がボックス手前からラストパスを供給。ボックス右の富樫がフリーの状態でシュートを放ち、あっという間の逆転弾とした。 ▽しかし、FC東京が逆転の歓喜に沸いたのも束の間、直後の84分に新潟が意地をみせる。CKキックの場面で高木がクロスを入れると、大武がヘディングシュート。これが決まり、スコアは再びイーブンに。 ▽そして、試合終了間際の91分、スピーディーな展開の中で途中出場の田中からパスを受けた川口が、落ち着いてシュートを放ち得点を決め切る。結局、新潟が再びリードを得たところで試合が終了することに。 ▽この結果、FC東京は最終節を残してグループリーグ敗退が確定。対する新潟は、自力突破の可能性を手繰り寄せることに成功した。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">仙台 4</span>-2 横浜FM 【仙台】 茂木駿佑(前35) 茂木駿佑(前43) 茂木駿佑(後17) ジャーメイン良(後37) 【横浜FM】 オリヴィエ・ブマル(前39) ウーゴ・ヴィエイラ(後25) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">新潟 3</span>-2 FC東京 【新潟】 矢野貴章(前34) 大武峻(後39) 川口尚紀(後46) 【FC東京】 矢島輝一(後30) 富樫敬真(後36) 2018.05.09 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台、中指立てる侮辱行為を働いたサポーターに対する処分を発表

▽ベガルタ仙台は8日、明治安田生命J1リーグ第13節湘南ベルマーレ戦において、中継カメラに向かって中指を立てたサポーターの処分を発表した。 ▽仙台は6日、J1第13節で湘南のホームに乗り込み、3-1で勝利。6試合ぶりの白星を手にした。しかし、仙台サポーターの1名が後半アディショナルタイム2分に生まれたFW西村拓真のゴール時、中継カメラに中指を立てる侮辱的な行為を働いた。 ▽同日、クラブは当該サポーターを特定し、処遇についてJリーグと連携を取りながらクラブ内で協議。その結果、以下の処分を科すことを伝えている。 ◆処分内容 ・ホームゲーム入場禁止 8試合 ◆対象試合 ・ホームゲーム 5月9日(水)YBCルヴァンカップグループステージ 第5節 横浜F・マリノス戦から 9月1or2日(土or日)明治安田生命J1リーグ 第25節 清水エスパルス戦まで ・アウェイゲーム 5月9日(水)から9月1or2日(土or日)の期間中に開催されるアウェイゲーム(6試合)も入場禁止 ・YBCルヴァンカップ プレーオフ 6月2日(土)、6月9日(土)に開催されるYBCルヴァンカップのプレーオフにベガルタ仙台が進出した際は、この2試合も追加で入場禁止 ▽また、仙台はクラブ公式サイトで以下のように謝罪している。 「改めて、湘南ベルマーレのサポーターや関係者の方々、サッカーファン、サポーターのみなさま、Jリーグや各クラブの関係者の方々などに、ご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫びいたします。申し訳ございませんでした」 「今後は、再発防止に努めるだけでなく、フェアプレーを重んじたクラブづくりにまい進いたします。また、ファン、サポーターのみなさんとともに、Jリーグ、日本サッカー界を盛り上げてまいりますので、よろしくお願いいたします」 2018.05.08 19:35 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース