長崎が蔚山現代からリオ五輪韓国代表DFチェ・キュベックを完全移籍で獲得「オファーをいただいた時はうれしかった」2018.02.05 11:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽V・ファーレン長崎は5日、Kリーグ1の蔚山現代から元U-23韓国代表DFチェ・キュベック(24)を完全移籍で獲得することを発表した。

▽チェ・キュベックは、大邱大学から2016年に全北現代モータースへと入団。リーグ戦で15試合に出場し1ゴールを記録、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では6試合に出場すると、2017シーズンは蔚山現代でプレー。リーグ戦で11試合に出場、ACLで1試合に出場 していた。

▽また、2016年のリオ・デ・ジャネイロ オリンピックでは、U-23韓国代表の一員として3試合に出場していた。チェ・キュベックはクラブを通じてコメントしている。

「アンニョンハセヨ。この度V・ファーレン長崎に移籍することになったチェ・キュベックと申します。Jリーグでプレーしたいという気持ちがあり、V・ファーレン長崎からオファーをいただいた時はうれしかったですし、本当に感謝しています。V・ファーレン長崎のために、個人としても成長して、チームの勝利に貢献できるように精一杯いっぱい頑張りますのでよろしくお願いいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

山形、長崎退団のDF古部健太加入を発表!「J1に昇格させるために全力で頑張ります」

▽モンテディオ山形は18日、昨シーズン限りでV・ファーレン長崎を退団していたDF古部健太(32)の加入を発表した。 ▽古部は、横浜F・マリノス、ツエーゲン金沢を経て2012年に加入。2016年にはアビスパ福岡へと完全移籍するも、昨シーズンに復帰を果たし、明治安田生命J2リーグで10試合、天皇杯で1試合に出場していた。しかし、2017年11月に契約満了が発表されていた。 ▽山形への加入が決定した古部は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「新しく加入することになりました古部健太です。私にプレーする機会をくださったモンテディオ山形をJ1に昇格させるために全力で頑張ります。応援よろしくお願いします」 2018.02.18 11:11 Sun
twitterfacebook
thumb

初のJ1での戦いとなる長崎DF髙杉亮太、「個の違いを痛感した」と課題を明かす

▽「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。 ▽V・ファーレン長崎のDF髙杉亮太がクラブブースで取材に応対。初のJ1での戦いに「良い活躍ができれば、もっともっとJリーグが盛り上がる」とコメント。「何よりも個の違いを痛感した」と課題も口にした。 ◆DF髙杉亮太(V・ファーレン長崎) ──キャンプなどを終えてのチーム状態、手応えは 「新たなこと、4バックというのにチャレンジできるぐらいベースの部分が浸透しています。沖縄、鹿児島と良いキャンプを過ごせました」 ──今シーズンはクラブ史上初のJ1挑戦となる大事なシーズンですが 「初めてJ1昇格するクラブが、このステージで良い活躍ができれば、もっともっとJリーグが盛り上がると思います。そういった意味でも、僕らは厳しい戦いが続くと思いますが、頑張っていかなければいけないと思います」 ──高木琢也監督の下、J2で積み上げて来たものがある中で、J1昇格を掴みました。自信に感じている部分は 「通用するところだったりというのは、キャンプのトレーニングマッチでしっかりと確認できました。そういった部分は伸ばしていきたいです。何よりも個の違いを痛感したので、僕たちはもっと上げていかなければいけないのかなと思っています」 ──今シーズンの個人目標は 「ケガをしないということですね。毎年よくケガをしてしまっているので、気をつけたいです。かなりの連戦になりますし、ちょっと離れてしまうと一気にシーズンが終わってしまいそうなので、しっかりとコンディションを整えて臨みたいです」 ──ワールドカップもある中で特に前半戦は過密日程になりますが、J2での経験が生きる部分でもあるかなと思います 「そういった点では、長崎向きの日程であるとも考えています。次々と試合が来るわけですけど、目の前の試合をしっかりと見て、やっていきたいと思います」 ──開幕戦の相手は昨シーズンJ2でも戦った湘南ベルマーレです 「昨シーズンは1度も勝っていない相手です。ここでしっかりと勝って、次に繋げていきたいですね」 ──長崎県民の方も初のJ1ということで大きな期待を寄せていると思います 「昇格が決まってから、そういったことを感じる機会が多かったです。色々な方々の期待もあると思うので、そういった期待に応えられるように、そして長崎の方々が元気になってもらえるように、ピッチで結果を残していきたいです」 ──隣県のサガン鳥栖もJ1でライバルとなります 「同じ九州なので、負けたくない部分もあります。ただ、J1の先輩なので、胸を借りるというか。共に上を目指していければと思います」 2018.02.15 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

J1昇格に貢献した長崎MF木村裕が中学時代から交際していた一般女性と入籍「彼女を幸せにするためにも」

▽V・ファーレン長崎は31日、MF木村裕(23)が5日に一般女性と結婚・入籍したことを発表した。 ▽入籍した木村は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私ごとで、大変恐縮ではありますが、1月5日に入籍しました。中学時代から交際を始め、いつも隣で支えてきてくれた彼女と入籍できたことをとてもうれしく思います。そんな彼女を幸せにするためにも、より一層の責任感と自覚を持ち、サッカーと向き合っていきたいと思います!」 ▽2年間の期限付き移籍を経て2017年に柏から長崎へ完全移籍を果たした木村。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで18試合5得点を記録して、チーム初のJ1昇格に貢献した。 2018.01.31 13:34 Wed
twitterfacebook
thumb

昇格の長崎、GK三浦雄也が現役引退「僕のサッカー人生に関わってくださった皆さんに感謝しています」

▽2017シーズンにJ1昇格を果たしたV・ファーレン長崎は18日、契約満了となったGK三浦雄也(28)が現役引退することを発表した。 ▽筑波大出身の三浦は、2012年に柏レイソルに入団。長期離脱の負傷がありながら松本山雅FCの期限付き移籍を経て2013年には清水エスパルス入り。清水で契約満了となった後、2015年に長崎に完全移籍で加入した。長崎では2017シーズン、天皇杯1試合の出場にとどまった。 ▽三浦は長崎の公式サイトを通じて、以下のコメントを残した。 「現役を引退することを決意しました。サッカー選手として成果を出す事ができず、憧れ思い描いていた選手生活とはかけ離れていましたが、たくさんの方に支えられてここまで頑張ることができました。柏レイソル、松本山雅FC、清水エスパルス、V・ファーレン長崎、学生時代を含め僕のサッカー人生に関わってくださった皆さんに感謝しています。また新たな人生を楽しんでいきたいと思います。本当にありがとうございました」 2018.01.18 18:07 Thu
twitterfacebook
thumb

J1初参戦の長崎、琉球の19歳MF名倉巧を完全移籍で獲得

▽V・ファーレン長崎は15日、FC琉球に所属するMF名倉巧(19)の完全移籍加入を発表した。 ▽東京都出身の名倉は、2017年3月より琉球でプロキャリアをスタート。初年度の昨シーズンは明治安田生命J3リーグ22試合4ゴールを記録した。 ▽新シーズンから長崎でプレーすることになった名倉は、両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「初めまして。今シーズンよりV・ファーレン長崎に加入が決まった、名倉巧です。これまでたくさんの指導者の方や友人、そして家族に支えられて今の僕があると思います。本当にたくさんの方に感謝をしています」 「V・ファーレン長崎という素晴らしいクラブでプレーできることに感謝をし、結果で恩返しできるように精一杯頑張っていきたいと思います。また、J1という舞台でたくさんの経験をし、クラブとともに個人としても成長していけることを大変幸せに感じます」 「自分らしくサッカーを楽しみ、満足することなく、毎日を大切に過ごして、V・ファーレン長崎の勝利に貢献できるよう全力で頑張りたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆FC琉球 「今回、FC琉球を退団することになりました。恩のあるチームをこんなに簡単に去っていいのか、本当に悩みました。僕を拾い、チームの一員として受け入れてくれたFC琉球には感謝してもしきれません。FC琉球でプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできたこと、本当に誇りに思います」 「僕がこれからのサッカー人生で結果を残し、活躍していくことが、今できる恩返しだと思っています。FC琉球で学んだことをこれからのサッカー人生の糧として頑張っていきたいと思います。ファン、サポーター、そして選手、スタッフの方々、1年間本当にありがとうございました」 2018.01.15 10:50 Mon
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース