長崎が蔚山現代からリオ五輪韓国代表DFチェ・キュベックを完全移籍で獲得「オファーをいただいた時はうれしかった」2018.02.05 11:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽V・ファーレン長崎は5日、Kリーグ1の蔚山現代から元U-23韓国代表DFチェ・キュベック(24)を完全移籍で獲得することを発表した。

▽チェ・キュベックは、大邱大学から2016年に全北現代モータースへと入団。リーグ戦で15試合に出場し1ゴールを記録、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では6試合に出場すると、2017シーズンは蔚山現代でプレー。リーグ戦で11試合に出場、ACLで1試合に出場 していた。

▽また、2016年のリオ・デ・ジャネイロ オリンピックでは、U-23韓国代表の一員として3試合に出場していた。チェ・キュベックはクラブを通じてコメントしている。

「アンニョンハセヨ。この度V・ファーレン長崎に移籍することになったチェ・キュベックと申します。Jリーグでプレーしたいという気持ちがあり、V・ファーレン長崎からオファーをいただいた時はうれしかったですし、本当に感謝しています。V・ファーレン長崎のために、個人としても成長して、チームの勝利に貢献できるように精一杯いっぱい頑張りますのでよろしくお願いいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

広島がパトとティーラシンのゴールで長崎とのピースマッチを制す!2位との勝ち点差を「8」に《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第21節、サンフレッチェvsV・ファーレン長崎が11日に行われ、2-0で広島が勝利した。 ▽被爆を経験した広島と長崎による平和への願いを込めたピースマッチ。2度目の顔合わせとなった今回は広島のホームで行われた。前節、試合終了間際のオウンゴールで湘南ベルマーレ相手にドローで終わった広島は今節も同じスタメンを起用。2試合ぶりの勝利を目指す。 ▽一方、前節は好調浦和レッズとスコアレスドローに持ち込んだ長崎は、高杉と黒木を代えて田上と磯村を先発起用。こちらは3試合ぶりの勝利を目指す。 ▽試合前に黙祷が捧げられたこの一戦。まずチャンスを迎えたのは長崎。2分、右サイドを突破した鈴木のグラウンダーのクロスにファンマが飛び込むが、シュートはGK林にセーブされる。その直後、今度は広島が右サイドに流れたパトリックのクロスから渡がファーサイドで合わせようとするがわずかに届かず。 ▽序盤は激しい攻防を見せた両者だが、その後はこう着状態に。互いに中盤の組み立てに苦労し、ゴール前まで攻め込むことが出来ない。そんな中、27分に広島が敵陣左サイドでFKを獲得。一度中央の青山に繋いで、クロスを供給するが反応したパトリックはオフサイドの判定に。 ▽試合が進むにつれて、広島が徐々にポゼッションを高めていく展開に。36分には、パトリックが柴崎とのワンツーでゴール前まで抜けて、GKと一対一になるがシュートは枠の左にわずかに逸れてしまう。その後、稲垣のシュートで再びゴールに迫った広島は44分、ボックス手前でパトリックと競り合った相手の手にボールが当たり、絶好の位置で広島にFKが与えられる。キッカーを務めた柴崎はそこから力の抜けた見事なシュートをゴール左上隅に突き刺し、広島が先制して前半を終えた。 ▽後半も互角の戦いを見せる。49分に嶋田のシュートで長崎がゴールに迫れば、54分には青山のパスからディフェンスラインの裏に抜け出した渡がシュートを放つがGKの正面。さらに65分には柏の得意のカットインからのシュートで広島もチャンスを迎える。 ▽長崎の運動量が落ちていく時間帯、広島が次々とゴールに迫る。まずは75分、自陣からのカウンターでパトリックが持ち上がると、途中交代のティーラシンとのワンツーで一気にGKと一対一に。決定的なシーンだったが、ここはGKに軍配。続く79分には青山のクロスから再びパトリック。頭で合わせたが枠には飛ばなかった。 ▽試合も終盤に入った88分、広島の自陣右サイドからのスローインを起点に、ティーラシンが川辺とのワンツーで、一気にディフェンスラインの裏を取る。そのまま華麗なループシュートでGKも制し、試合を決定付ける2点目を奪取。その後まもなく主審の笛が鳴り響き試合終了。広島と長崎による“ピースマッチ”は2得点を奪った広島が制した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.11 21:19 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】世界に2つしかない被爆地の2チームが戦う『ピースマッチ』《広島vs長崎》

▽11日、明治安田生命J1リーグ第21節が開催。サンフレッチェ広島とV・ファーレンン長崎の『ピースマッチ』がエディオンスタジアム広島で行われる。 <span style="font-weight:700;">◆被爆地の両チームが対戦</span> ▽首位をひた走る広島が、J1初参戦でギリギリの残留圏に位置する14位の長崎の対戦。第二次世界大戦で被爆した両地のクラブが、終戦の日を前に対戦する。 ▽『One Ball. One World. スポーツができる平和に感謝』をキャッチコピーにし、平和をメッセージに被爆地の両チームが対戦する一戦。フェアでありながら激しい試合が求められる。 <span style="font-weight:700;">◆中断明けの苦境を乗り越えるか</span>〜サンフレッチェ広島〜 ▽前半戦は下馬評を覆し、圧倒的な力で首位を独走していた広島。しかし、中断明けは2勝2分け1敗と、勝ち点を落とす試合が増えてきた。 ▽前半戦では安定した守備を構築し、先制して逃げ切るスタイルだった広島だが、中断明けは失点が増加。3試合連続失点は、今シーズン初の出来事だ。厳しい環境でもある夏場の戦いをどう乗り切るのか。平成30年7月豪雨の被災地でもあるだけに、勝利で県民を勇気づけたい。 <span style="font-weight:700;">◆革命児を手にし下位脱出へ</span>〜V・ファーレン長崎〜 ▽対する長崎は、中断明けで1勝1分け3敗と苦しみ、降格圏が近づいてきている。それでも前節は浦和レッズ相手にゴールレスドロー。全前節こそ北海道コンサドーレ札幌を相手に3失点を喫したが、その前の3試合もヴィッセル神戸、川崎フロンターレ、FC東京と攻撃力があるチームに対して2失点と守備の安定度が増した。 ▽今夏加入したオランダ人DFヨルディ・バイスの存在が大きく、守備面では耐性がついている状況。前線の選手がいかにしてゴールを奪うかが勝ち点3獲得のカギを握る。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆サンフレッチェ広島</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林卓人 DF:和田拓也、千葉和彦、水本裕貴、佐々木翔 MF:柴崎晃誠、稲垣祥、青山敏弘、柏好文 FW:パトリック、渡大生 監督:城福浩<hr>▽先発メンバーはいつもの11人と考えていいだろう。2トップには前々節にJ1初ゴールを記録したFW渡大生とFWパトリックが入るとみる。ホームで行われる『ピースマッチ』。被爆地のチームとして、この一戦に懸ける思いは強いだろう。 <span style="font-weight:700;">◆V・ファーレン長崎</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:徳重健太 DF:徳永悠平、高杉亮太、ヨルディ・バイス MF:飯尾竜太朗、島田譲、黒木聖仁、翁長聖 FW:澤田崇、鈴木武蔵 FW:ファンマ 監督:高木琢也<hr>▽対する長崎も、大きなメンバー変更はないと見る。守備の要になりつつあるDFヨルディ・バイスも先発。1トップにはFWファンマを起用する。課題は得点力だが、守備陣が広島の攻撃をどう封じるか。2度目の『ピースマッチ』では勝利を収めたいだろう。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF青山敏弘</span>(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽広島の注目選手は、キャプテンのMF青山敏弘だ。ピッチ内外でチームの中心となり、サポーター思いの青山にとっては、『ピースマッチ』に懸ける思いは強いはずだ。前半戦の勢いが止まりつつある状況なだけに、この大事な一戦でしっかりと勝利し、再びエンジンをかけたいはず。攻撃陣を生かす青山のゲームメイクにも注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆DFヨルディ・バイス</span>(V・ファーレン長崎)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽長崎の注目選手は、守備の要になりつつあるDFヨルディ・バイスだ。今夏加入したオランダ人DF。ファイタータイプのディフェンダーは、Jリーグでも異色の存在になりつつある。戦術理解度の高さに加え、一対一の強さ、局面での粘り強さなど、数試合で長崎の守備に欠かせない存在に。闘将という言葉が似合う助っ人DFがチームを浮上させるきっかけになるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆平和を胸にフェアで熱い試合を</span> ▽世界で2つしかない被爆地をホームタウンとする両チームが対戦。この『ピースマッチ』には34分の1という位置付けとは異なる意味がある。 ▽『平和』というキーワードと、『スポーツ』というコンテンツ。両者について考えさせられる1試合となることは間違いなく、見ている人の胸に残る試合が期待される。 ▽プロの試合だから、結果を求めることは当然。しかし、それ以上のものが期待される大事な一戦。激しく熱い展開が期待される中、フェアなゲームが展開できるか。広島vs長崎の『ピースマッチ』は11日(土)の19時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">2度目の『ピースマッチ』が開催!<br />広島vs長崎をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.11 12:02 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和vs長崎はゴールレス! 浦和は7戦無敗継続も徳重の牙城破れず連勝ストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第20節の浦和レッズvsV・ファーレン長崎が5日に埼玉スタジアム2002で行われ、0-0のドローに終わった。 ▽直近6戦負けなしの暫定7位の浦和と、直近2勝4敗の14位長崎による一戦。前節、川崎フロンターレに快勝した浦和はその試合と同じスタメンを起用。3トップには興梠とファブリシオの好調コンビと武藤が入った。一方、前節北海道コンサドーレ札幌に試合終盤の失点で敗れた長崎は前節ベンチ外のファンマが先発に復帰したほか、アルビレックス新潟から加入の磯村がベンチに入った。また、ヨルディ・バイスがキャプテンマークを巻いた。 ▽共に[3-4-3]のミラーゲームとなった中、立ち上がりはホームの浦和が押し込む展開に。開始6分にはファブリシオのパスに抜け出した興梠がボックス左でDFを振り切ってシュートを放つが、これはGK徳重の好守に遭う。さらにこのプレーで得た左CKの流れからエリア外でクリアボールに反応した宇賀神が絶妙なダイレクトボレーを枠に飛ばすが、これも徳重の好守に遭う。 ▽序盤のピンチを凌いだ長崎は徐々にカウンターから攻撃に転じると、15分には澤田のパスに抜け出したファンマがボックス右角度のないところからシュートもGK西川がきっちりニアのコースを消して対応する。 ▽前半半ばから終盤にかけては一進一退の攻防が続く。41分にはボックス手前左角で鈴木が倒されて得たFKをキッカーのヨルディ・バイスが直接狙うが、これは惜しくも枠の上隅を掠める。一方、浦和は45分に柏木の意表を突いたパスをボックス内で収めた興梠に決定機もここは打ち切れない。直後にはボックス手前で武藤から短い横パスを受けたファブリシオが右足を振り抜くが、枠の左を捉えたグラウンダーのシュートはGK徳重のワンハンドセーブに阻まれた。 ▽ゴールレスで折り返した後半もボールを持つ浦和が押し気味に試合を進めるが、49分にはヨルディ・バイスの直接FKで長崎も相手ゴールに迫る。さらに63分には左サイドで裏へのスルーパスに抜け出した鈴木がボックス左でGKと一対一を迎えるが、左足のシュートは右ポストを叩く。 ▽一方、59分に青木を下げて阿部を投入した浦和は66分にボックス手前右で得たFKを名手の柏木が枠の右に飛ばすが、GK徳重の好守に遭う。 ▽その後、ホームで勝ち切りたい浦和は武藤、橋岡に代えて李、森脇を続けて投入。対する長崎は澤田、島田、徳永を下げて新戦力の磯村、米田、田上らを投入していく。長崎が鈴木とファンマのコンビでカウンターを仕掛ければ、浦和も柏木と興梠を起点にコンビプレーからチャンスを作り出すが、共に相手の集中した守備を崩し切るまでには至らず。結局、試合はこのまま0-0でタイムアップとなり、浦和は7戦負けなしを継続もホームで勝ち切れず連勝がストップした。 2018.08.05 21:02 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場・都倉が劇的ゴール! 札幌、長崎との白熱のシーソーゲームを制し5試合ぶり白星!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第19節のV・ファーレン長崎vs北海道コンサドーレ札幌が1日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、3-2で札幌が勝利した。 ▽ここまで6勝2分け10敗で14位につける長崎(勝ち点20)と、7勝6分け4敗で6位に位置する札幌(勝ち点27/1試合未消化)の一戦。前節のFC東京戦を1-0で勝利して連敗を「3」でストップさせた長崎は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。ファンマに代えて平松を起用した。 ▽一方、第17節のジュビロ磐田戦をゴールレスドローで終え、4試合勝利がない札幌は、第18節の名古屋グランパス戦が台風12号の影響により延期に。そんな中迎えた一戦に、磐田戦から先発メンバーを1人変更。石川に代えて出場停止明けのキム・ミンテを起用した。 ▽J1最南端クラブ・長崎と、最北端クラブ・北海道の一戦。試合は両者共にボール保持しながら攻撃を組み立てようとするが、互いにゴールを脅かすには至らない。 ▽前半立ち上がりが経過すると、徐々に札幌の攻撃にリズムが生まれる。18分、ボックス手前でパスを受けたチャナティップが粘りのキープからボックス左手前に持ち込んでゴール前へ浮き球を供給。ジェイがヘディングシュートを放つも、枠を捉えることはできない。 ▽その後はやや試合がこう着した展開に。そんな中、長崎は34分に左サイドでボールを持った翁長がカットインしながらクロスと見せかけたミドルシュート。これがGKク・ソンユンの不意を突くも、クロスバーを叩いた。 ▽ヒヤリとする場面を作られた札幌は42分、右サイドの進藤からのクロスを中央でジェイが競り勝ってヘディングでゴールネットを揺らした。しかし、この際ジェイが手を使って相手DFに乗りかかっていたという判定でゴールが認められない。 ▽ゴールレスで試合を折り返すと、後半開始早々に札幌が先制点を奪う。51分、ボックス手前の三好からの浮き球パスにジェイが反応。ボックス内に侵攻して左足で強烈なシュートを放ち、ゴール右へと突き刺した。 ▽先制された長崎は58分、平松に代えて米田を投入する。すると迎えた72分、右CKの流れから深井がボックス右外からクロス。これをヨルディ・バイスが競り、相手DFに当たってボックス内に落ちると、こぼれ球に素早く反応した米田が振り向きざまにゴールへと蹴り込んで試合を振り出しに戻した。 ▽1-1に追いつかれた札幌。しかし、この嫌な雰囲気をタイのメッシが断ち切る。75分、ボックス手前でキープした三好のパスをボックス左でチャナティップが収める。すると小刻みなタッチでカットインし、右足を振り抜いてゴール左隅へと流し込んだ。 ▽すぐさま勝ち越しを許した長崎だったが88分、スローインをボックス内で受けた鈴木がキープから中央へパス。これを受けたヨルディ・バイスがワントラップから左足を振り抜いてゴール右隅を射抜き、2-2の同点に。 ▽このままドローで終わるかに思われた試合は試合終了間際、札幌が土壇場で勝ち越しに成功する。後半アディショナルタイム4分、駒井がボックス手前からミドルシュート。これはGK徳重に弾かれたが、石川がプッシュを試みるとボールは中央へ。これを途中出場の都倉が押し込んで試合を3-2に。 ▽このゴールが決勝点となり、札幌は5試合ぶり白星を手にした。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">長崎vs札幌をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.01 21:10 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟の主将MF磯村亮太が長崎に完全移籍! 「主将という立場にも関わらず、迷惑をかける決断をし申し訳ない」

▽V・ファーレン長崎は30日、アルビレックス新潟から元日本代表MF磯村亮太(27)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「38」に決定している。 ▽愛知県出身で地元の名古屋グランパスの下部組織で育った磯村は2010年にトップチームデビュー。2012年にはキリンチャレンジカップのアイスランド代表戦に向けた日本代表に選出されていた。その後、2017年には15年間を過ごした名古屋を離れて新潟に完全移籍。今季はキャプテンに指名され、明治安田生命J2リーグで19試合に出場し1ゴールを記録していた。 ▽今回の移籍に際して磯村は両クラブの公式サイトを通じてコメントを発表している。 ◆V・ファーレン長崎 「このたび、アルビレックス新潟から加入することになりました磯村亮太です。V・ファーレン長崎の力になれるように自分の持っているものすべてを捧げたいと思います。一体感のあるこのチームの一員になれることをすごくうれしく思いますし、長崎とともに自分自身ももっともっと成長していけるようにチャレンジしていきたいと思います。よろしくお願いします」 ◆アルビレックス新潟 「突然ですが、このたびV・ファーレン長崎に移籍することになりました。シーズン途中にキャプテンという立場にも関わらず、チームに迷惑をおかけする決断をしてしまい申し訳ありません。新潟で過ごした日々は、僕にとって素晴らしい時間でした。多くの方に助けてもらい、温かくしていただき、本当に感謝しかありません」 「自分の立場やチームの状況、さまざまなことを考え、思い悩みましたが、一選手として限りあるサッカー人生の中でもっと成長したい、もっとチャレンジしたいという思いが日々強くなりました。この1年間、ファン・サポーターの皆さんに恩をお返しすることができませんでしたが、どんなときでも温かい声援を送っていただけたこと、ビッグスワンの素晴らしい景色は忘れません。本当にありがとうございました」 2018.07.30 14:22 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース