長崎が蔚山現代からリオ五輪韓国代表DFチェ・キュベックを完全移籍で獲得「オファーをいただいた時はうれしかった」2018.02.05 11:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽V・ファーレン長崎は5日、Kリーグ1の蔚山現代から元U-23韓国代表DFチェ・キュベック(24)を完全移籍で獲得することを発表した。

▽チェ・キュベックは、大邱大学から2016年に全北現代モータースへと入団。リーグ戦で15試合に出場し1ゴールを記録、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では6試合に出場すると、2017シーズンは蔚山現代でプレー。リーグ戦で11試合に出場、ACLで1試合に出場 していた。

▽また、2016年のリオ・デ・ジャネイロ オリンピックでは、U-23韓国代表の一員として3試合に出場していた。チェ・キュベックはクラブを通じてコメントしている。

「アンニョンハセヨ。この度V・ファーレン長崎に移籍することになったチェ・キュベックと申します。Jリーグでプレーしたいという気持ちがあり、V・ファーレン長崎からオファーをいただいた時はうれしかったですし、本当に感謝しています。V・ファーレン長崎のために、個人としても成長して、チームの勝利に貢献できるように精一杯いっぱい頑張りますのでよろしくお願いいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

イニエスタ復帰の神戸、リージョ監督初陣でドロー! 最下位・長崎下せずも連敗は「5」でストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグのヴィッセル神戸vsV・ファーレン長崎が、6日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽5連敗中の11位・神戸(勝ち点36)は、0-5で大敗した前節の鹿島アントラーズ戦からスタメンを1名のみ変更。藤谷に代えて、郷家を起用した。負傷により2試合欠場していたイニエスタは、ベンチスタート。また、リージョ新監督にとっての初陣となった。 ▽対する最下位・長崎(勝ち点27)は、1-2で敗北し3連勝を逃した川崎フロンターレ戦からスタメンを3名変更。島田、中村、鈴木に代えて、磯村、大本、ファンマを起用した。 ▽ホームの神戸は立ち上がりから攻勢をかける。4分、7分と立て続けにウェリントンのシュートが長崎ゴールを襲えば、9分にも右CKのこぼれ球に反応した三原がボックス右からダイレクトで狙う。いずれも得点にはならなかったが、神戸はリージョ監督招へいの効果を感じさせるような攻撃的なプレーを続けていく。 ▽対する長崎は神戸の勢いに押される時間が続くが、ワンプレーで試合を動かす。22分ボックス手前やや右で縦パスを受けた澤田が、神戸DFの激しいチェックを逆手に取りゴール方向へ流すようにトラップ。そのまま入れ替わってボックス右に侵攻し、GKキム・スンギュとの一対一を制した。 ▽ビハインドを背負った神戸はその後、サイドに厚みを持たせつつより攻勢に出ていきまずは1点をもぎ取りに行く。すると、30分に長崎陣内左サイドでスローインを獲得。藤田のロングスローがボックス内まで届くと、ニアで飛び上がったウェリントンが頭で逸らしてボールは中央へ。走り込んだ三原が滑り込みつつ右足で強烈なシュートを放ち、スコアを同点に戻した。 ▽中盤から前線に縦パスを打ち込みシャドーの選手がスルー、1トップに入っているウェリントンがワンタッチでゴール方向にパスを送り、3人目の動きをしていたシャドーが最終ラインの裏でボールを受けるという形を多用する神戸。能動的なアプローチでチャンスを作り出していくが、徐々に長崎のカウンターを受け始めるシーンも増えていく。 ▽結局、試合はお互い譲らずに1-1のスコアのまま折り返し。勝負の行方は後半に持ち越された。 ▽後半の立ち上がり50分、DF渡部が最終ラインでのパスミスを犯し長崎にチャンス。しかし、ボールを奪取しボックス左に侵攻したファンマはシュートまで繋げることができず。勝ち越し弾は奪えない。 ▽流れを変えたい神戸は、59分に選手交代を敢行。郷家に代えて、イニエスタを投入した。直後の60分、ディフェンスラインからのフィードをウェリントンが頭で落とし、古橋がボックス左に抜け出す。左足で放ったシュートは長崎DFにディフレクトして枠を外れたものの、神戸に逆転ムードが漂う。 ▽神戸のポゼッションが続いている69分、ボックス手前左でボールを持ったイニエスタが長崎DF2人を背負いつつヒールでボックス内左にスルーパスを供給。すると、藤田が完全にフリーで抜け出したが、クロスを中央のウェリントンに合わせることができず。 ▽神戸が得点を決め切ることができない時間が続き、両指揮官は交代カードを切りつつ変化を付けていく。しかし、打開することができないまま時間が流れる。神戸はアタッキングサードでイニエスタから幾度か虚を突くパスが供給されるが、味方との呼吸が合わずにシュートまで至らない。 ▽試合終盤の86分、長崎に大チャンスが訪れる。右サイドからクロスを上げると、ボックス内左の翁長が中央に折り返す。すると、ゴール目前に構えていたファンマがシュートを放ったが、枠の上を越えていく。 ▽92分、ティーラトンが飯尾に深くスライディングしてしまい一発レッドで退場。しかし、神戸が10人になったことのアドバンテージを、長崎が残り時間の内に生かせないまま試合は終了した。 ▽この結果、神戸は連敗こそ5試合でストップさせたものの、リージョ監督の初陣を勝利で飾れず。対する長崎も残留に向けて勝ち点3を手にすることはできなかった。 2018.10.06 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

長崎MF幸野志有人、左ヒザ前十字じん帯損傷で来季開幕絶望か

▽V・ファーレン長崎は6日、MF幸野志有人が左ヒザ前十字じん帯損傷で5日に手術を受けたことを発表した。全治は約8か月。 ▽クラブの発表によると、幸野は9月8日に負傷したようだ。 ▽2013年にも長崎で期限付き移籍で加入していた幸野は、2017年にFC東京から完全移籍。今シーズンはここまで公式戦9試合1ゴールを記録していた。 2018.10.06 14:55 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南戦決定機逸の2人が歓喜に導く! 川崎F、長崎撃破でついに首位奪取!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第28節のV・ファーレン長崎vs川崎フロンターレが、29日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、2-1で川崎Fが勝利した。 ▽ここまで8勝3分け16敗で最下位に沈む長崎(勝ち点27)と、16勝5分け6敗で2位につける川崎F(勝ち点53)が激突した。前節のベガルタ仙台戦を1-0で勝利して連勝を飾った長崎は、その一戦と同様の先発メンバーを送り出した。 ▽一方、26日に行われた第18節延期分の湘南ベルマーレ戦をゴールレスドローで終えて3戦無敗中の川崎F。中2日で迎える今節に向けて湘南戦から先発メンバーを2人変更した。下田と阿部に代わり、登里と知念が先発に名を連ねた。 ▽残留を目指す長崎と、優勝を目指す川崎F。試合前に行われたガンバ大阪vsサンフレッチェ広島で首位・広島(勝ち点56)が敗れたため、勝利すれば得失点の差で上回り、首位に立てる川崎Fは序盤から攻勢に出る。 ▽川崎Fは5分、ボックス手前でFKを獲得。これをキッカーの中村憲剛が右足で直接狙うが、ボールは落ち切らずにゴール右上へと外れた。さらに10分、敵陣中央やや左でセカンドボールを拾った登里がボックス左外に持ち込んでグラウンダーのクロス。中央で知念が飛び込むも、わずかに届かない。ゴールとはならなかったが、川崎Fが序盤から首位浮上への強い気持ちを見せる。 ▽しかし、残留に向けて負けられない長崎も鈴木武蔵をターゲットにカウンターから攻撃を仕掛ける。16分、飯尾が右サイド敵陣深い位置からクロスを供給。中央で鈴木武蔵がヘディングで合わせる。さらに19分には鈴木武蔵が右サイドからスピードを生かしたドリブルで中央へと切れ込んで、左足を振り抜いたがどちらもゴール左へと外れた。 ▽中2日の疲れからか前線からのプレスに強度を欠く川崎F。それでも26分、右サイドの家長にボールが渡ると、ボックス右手前から左足でクロスを送る。ボックス中央で相手DFの前で競り勝った小林が頭で合わせるも、シュートはわずかにゴール右へと外れた。 ▽前半半ばが経過すると、川崎Fが敵陣でボールを操る時間が増加。32分、敵陣中央から中村憲剛が右足を一振りしてボックス右に浮き球のパスを送る。飛び出したエウシーニョが中央へ折り返し、ニアサイドで小林が右足を合わせる。しかし、ここは右ポストに嫌われてしまう。 ▽それでも迎えた35分、川崎Fが右CKを獲得する。キッカーを務めた中村憲剛が右足でゴール前に蹴り込み、ニアサイドの小林悠が頭で逸らすと、混戦地帯の中からゴール前に顔を出していた知念が右足で押し込んだ。 ▽欲しかった先制点を奪った川崎Fはその後、長崎を押し込み始める。すると41分、中盤での巧みなパスワークから登里が左サイドを抜け出す。登里からの落としを家長がペナルティアーク内からシュート。ここはGK徳重に弾かれたが、こぼれ球を小林がプッシュしてスコアを2-0にした。 ▽試合を折り返すと、リードする川崎Fが攻勢を強める。50分、ボックス手前での細かいパスワークから最後は大島がミドルシュートを放つが、ここはGK徳重の正面に飛んでしまう。 ▽後半立ち上がりが経過すると、中2日の川崎Fに対して体力的なアドバンテージがある長崎が徐々に相手に陣内に侵攻し始める。69分、右サイドでパスを受けた飯尾が敵陣中央右からクロス。ボックス内でファンマがヘディングシュートを放つも、威力は弱くGKチョン・ソンリョンに処理される。72分には再び飯尾のクロスを今度は鈴木武蔵が合わせる。しかし、これは枠を捉えることができない。 ▽反撃を続ける長崎だったが、終盤にアクシデントが起こる。ここまでゴール前に顔を出し続けていた鈴木武蔵が足を負傷。米田との途中交代を余儀なくされる。 ▽これで長崎はやや勢いが停滞。それでも試合終了間際、敵陣中央左からのロングボールをファンマがボックス内で収めて左足を振り抜き、1点差に詰め寄った。しかし、反撃はここまで。2-1で勝利した川崎Fは勝ち点で広島に並ぶも、得失点差で上回り第4節以来の首位浮上を果たした。一方の長崎は連勝が「2」でストップ。残留に向けて手痛い敗北となった。 2018.09.29 20:56 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】上との勝ち点差は「3」…残留&優勝へ追うのみの両者激突《長崎vs川崎F》

▽明治安田生命J1リーグ第28節が29日から30日にかけて行われる。29日には、最下位のV・ファーレン長崎(勝ち点27)と、2位の川崎フロンターレ(勝ち点53)がトランスコスモススタジアム長崎で激突する。 ◆体力面のアドバンテージ生かせるか~V・ファーレン長崎~ ▽残留への可能性を十分残している最下位・長崎。前節のベガルタ仙台戦では、試合を通して劣勢を強いられたものの、最後のところでゴールを許さず。終盤にセットプレーから決めたFW澤田崇のゴールを守り切り、ホームで4カ月ぶりの勝利。前々節の名古屋グランパス戦(◯4-3)に続く勝利で、今シーズン2度目の連勝を飾った。 ▽これで残留圏内の15位・サガン鳥栖との勝ち点差は「3」に。7連勝中の名古屋、連勝中の仙台と好調な相手からの勝利で自信も手にした。今節迎える相手は、3戦無敗中の川崎Fと難敵だ。しかし、相手は中2日での試合。苦戦は予想されるが、付け入る隙は十分にある。体力的なアドバンテージを生かして、堅守速攻で王者を苦しめたい。現在17位・ガンバ大阪から15位・鳥栖までの3チームが勝ち点30で並んでいる。そこに追いつくためにも大きな勝利を手にしたい。 ◆総合力の高さを見せられるか~川崎フロンターレ~ ▽一方、川崎Fは優勝争い一騎打ちに臨む。前節の名古屋グランパス戦では、3-1で勝利した。続く26日の延期分湘南ベルマーレ戦では、GK秋元陽太の好守に阻まれて白星を逃したものの、強い雨風の中で貴重な勝ち点1を奪取。独走を許していた首位・サンフレッチェ広島との勝ち点差もついに「3」まで縮めた。 ▽だが、今節に向けては心配な点も。延期分を消化したことで今節は中2日でのアウェイ戦に臨む。コンディション面で相手に分があるのは否めない。質の高い攻撃とカウンターへのケアが湘南戦以上に重要となるだろう。現在首位・広島に対しては得失点差で上回っており、今節の結果次第では首位に立つ可能性もあるだけにポイントロスは避けたいところ。総合力の高さを見せつけて、しっかりと勝ち点3を積み上げたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆V・ファーレン長崎[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180929_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:徳重健太 DF:田上大地、ヨルディ・バイス、高杉亮太 MF:飯尾竜太朗、黒木聖仁、島田譲、翁長聖 FW:澤田崇、中村慶太 FW:鈴木武蔵 監督:高木琢也<hr>▽DF徳永悠平が出場停止から復帰も、前節同様のメンバーを起用することを予想。前節決勝ゴールをあげた澤田は、川崎FのDF谷口彰悟と同級生。シャドーの位置から相手を翻弄できるか注目だ。1トップはチームトップの9得点を記録しているFW鈴木武蔵が務める。 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180929_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、下田北斗 MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:小林悠 監督:鬼木達<hr>▽川崎Fも直帰の湘南戦同様のメンバーを予想。しかし、中2日ということを考慮すれば、数名の入れ替えはあるかもしれない。長崎の澤田と同級生の谷口は、奈良とセンターバックでコンビを組む。また、DF車屋紳太郎も澤田の後輩。先輩たちの前で躍動なるか。 【注目選手】 ◆DFヨルディ・バイス(V・ファーレン長崎)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180929_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽王者撃破のカギを握るのは、今夏加入のDFヨルディ・バイスだ。前節3試合ぶりに先発復帰を果たすと、持ち味である大人の強さで7試合ぶりクリーンシートに貢献。さらに攻撃面でもセットプレーから決勝ゴールのきっかけを作った。前回対戦では加入間近のため、ベンチ入りも出場せず。屈指の攻撃力を誇る川崎F相手に粘り強さを見せつけられるか。 ◆FW小林悠(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180929_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽川崎Fのキープレーヤーは、FW小林悠だ。前節では流動的な動きでチャンスを創出。しかし、自身が獲得したPKは正面に蹴るも失敗に。それでも本人は「後悔していない」と落ち込む素振りはない。責任感の強いエースはこれまでにも数々のミスを取り返してきた。名誉挽回に意気込むエースが勝利に導けるか注目だ。 ◆上を目指すのみの両者…立場は違えど求めるのは同じ勝ち点3 ▽残留を目指す長崎と、優勝を目指す川崎F。置かれている立場は違うが、現在長崎は降格圏内の15位・まで勝ち点差「3」、川崎Fも首位まで勝ち点差「3」と求めるものは同じ勝ち点3だ。もちろん、同じ目標を争うライバルたちの試合結果によって、今節で上との差を縮められるかはわからない。それでもここで勝ち点3を奪えるか、奪えないかで今後の戦いを大きく左右するのは間違いない。 ▽長崎は体力面のアドバンテージを生かして、いかに粘り強い守備から力のあるカウンターを繰り出せるか。一方、川崎Fは精度の高い攻撃でミスを減らし、押し込んでいけるかがカギとある。目標達成へ重要な一戦。勝利するのは長崎か、それとも川崎Fか。29日の19時にトランスコスモススタジアム長崎でキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">両者勝ち点3を渇望する一戦<br />長崎vs川崎FをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.29 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表GKシュミット・ダニエルが痛恨の飛び出し…最下位長崎が仙台下し連勝! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節のV・ファーレン長崎vsベガルタ仙台が、22日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、1-0で長崎が勝利した。 ▽最下位に沈む長崎(勝ち点24)は、4-3で制してリーグ8試合ぶりの白星を飾った前節の名古屋グランパス戦からスタメンを1名のみ変更。徳永に代えて、ヨルディ・バイスを起用した。 ▽連勝中で4位に付けている仙台(勝ち点41)は、1-0で勝利した前節のFC東京戦からスタメンを変更せず。現状のベストメンバーで臨んだ。 ▽試合は、5バック気味のディフェンスラインを敷く長崎が集中した入りをみせ、仙台に簡単にはチャンスを作らせない。仙台はポゼッションをして左右に揺さぶりをかけつつ打開を試みるが、なかなか良い形に持ち込むことができず。14分には板倉がボックス手前中央からミドルシュートを放ったが、枠を右に外れていく。 ▽互いに攻め手を欠く中、やや優勢に試合を運ぶ仙台が24分にボックス手前左でFKを獲得。すると、キッカーの関口が直接狙ったシュートが枠を捉えたが、GK徳重に弾き出された。 ▽長崎は27分に決定機を迎える。ボックス内左で野津田からボールを奪取した翁長がそのまま中央に侵攻しつつ右足を振り抜く。しかし、枠を捉えたシュートはGKシュミット・ダニエルのファインセーブに阻まれた。 ▽仙台は前半を通して主導権を握り続けているものの、得点機を迎えることができない。逆に長崎が鈴木を起点としたカウンターからゴールに迫るシーンが目立ったが、GKシュミット・ダニエルの牙城を崩せないまま試合の折り返しを迎えた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽迎えた後半、両ワイドの位置取りを高めに設定し直し中盤の圧力を強めた長崎がややボール保持の時間を増加させていく。56分にボックス左に侵攻した鈴木武蔵が左足で狙ったシュートは枠を外れたものの、徐々に主導権を奪い始める。 ▽流れを変えたい仙台は、57分に選手交代を敢行。関口に代えて、より突破力に秀でる中野を投入した。 ▽仙台は、66分に右CKを獲得。野津田が上げたクロスがボックス手前中央にこぼれると、反応した奥埜がすかさず右足を振り抜く。すると、強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GK徳重が弾き出した。 ▽ややオープンになってきた試合、J1残留に向け勝ち点3が欲しい長崎は72分に中村慶に代えてファンマを投入。攻勢を強めていく。 ▽すると、79分に長崎にとって待望の瞬間が訪れる。ハーフウェイライン付近右で得たFKをキッカーのヨルディ・バイスが大きく蹴ると、ボックス内浅い位置のファンマが胸で落とす。前に飛び出していたGKシュミット・ダニエルのパンチングは空振りに終わり、落としを受けた澤田が無人のゴールに難なく蹴り込んだ。 ▽その後、仙台は富田、阿部に代えて梁勇基、ハーフナー・マイクを立て続けに送り出したが、追いつくことは叶わず。長崎がリードを守ったまま、試合終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、長崎はホームで連勝を飾ることに成功。対する仙台は、連勝をストップさせた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 20:00 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース