井手口獲得のリーズ、クリスチャンセン監督を解任 直近6試合で白星なし2018.02.05 08:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今冬に日本代表MF井手口陽介を獲得したリーズ・ユナイテッドは4日、トーマス・クリスチャンセン監督(44)の解任を発表した。

▽スペイン人のクリスチャンセン監督は、2017年夏からリーズを指揮。だが、直近のリーグ6試合(2分け4敗)で勝利がなく、昇格プレーオフ圏内の6位ブリストル・シティまで7ポイント差の10位に沈んでいる。

▽なお、クリスチャンセン監督にとってラストゲームとなった3日に行われたチャンピオンシップ第30節のカーディフ戦は、1-4と惨敗していた。

コメント

関連ニュース

thumb

驚愕! レアル・マドリー、149億円+ベイルでアザール獲りか

▽レアル・マドリーが、チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)の獲得に向けてビッグオファーを用意している可能性があるようだ。 ▽現在、リーガエスパニョーラで2試合未消化ながら首位のバルセロナに勝ち点20差をつけられて4位に沈んでいるレアル・マドリーは、シーズン終了後の大型補強が噂されている。イギリス『エクスプレス』によれば、その最優先ターゲットがアザールのようで、1億ポンド(約149億円)に加えてウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)を譲渡するというオファーを用意しているとのことだ。 ▽現行契約が2020年までとなっているアザールに関しては、クラブが契約延長を望んでいるものの、交渉を先延ばしにしているとみられる。選手側がレアル・マドリー移籍を見据えたものとも伝えられているが、夏に大型移籍が実現するのだろうか。 2018.02.18 15:22 Sun
twitterfacebook
thumb

移籍金史上2位の237億円選手誕生へ! PSGが怪物フランス代表FWを完全獲得へ

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、昨年の夏にモナコからレンタルで獲得したフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)の買い取りオプションを行使することが事実上決まったようだ。フランス『RMC Sport』が伝えている。 ▽モナコで台頭したムバッペはPSG入りした今シーズン、公式戦32試合に出場して15得点を記録。リーグ戦では9得点8アシストを記録するなど、FWネイマール、FWエディンソン・カバーニと共に、『MCN』と呼ばれる世界屈指のアタッカーの一翼を担っている。 ▽そのムバッペに関して、PSGは今シーズン終了後の買い取りが事実上決まったようだ。現在リーグ・アンの首位を走るPSGは、17日に行われた第2節でストラスプールに5-2で勝利。この結果、数字上でリーグ・アンの残留が決まった。報道によれば、来シーズンもPSGがリーグ・アンに残ることが契約条項起動の条件だったようだ。 ▽なお、ムバッペの買い取り価格は、1億8000万ユーロ(約237億円)になることが伝えられていた。滞りなく完全移籍が決まれば、同じく昨年の夏にバルセロナからPSG入りしたFWネイマールに次ぐ歴代2位の移籍金となる。 2018.02.18 14:41 Sun
twitterfacebook
thumb

ビルバオ、MFアケチェとの契約解消! MLS移籍へ

▽アスレティック・ビルバオは16日、スペイン人MFアヘル・アケチェ(24)との契約を解消したことを発表した。また、同選手がアメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)に所属するクラブに加入する予定だと伝えている。 ▽ビルバオの下部組織出身の攻撃的MFのアケチェは2014年にトップチームデビュー。U-20スペイン代表でのプレー経験もある同選手は、ビルバオで公式戦34試合に出場し1ゴールを記録。また、昨シーズンの途中にはスペイン2部のカディスに半年間のレンタルで加わり、18試合5ゴールの数字を残していた。 ▽今シーズンはここまで公式戦12試合に出場していたアケチェだが、MLS移籍を望み2018年6月までとなっていた現行契約を解消することになった。 ▽なお、『ESPN』の伝えるところによれば、アケチェの新天地はトロントFCとなる模様だ。 2018.02.18 06:20 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールがセレソン正守護神と合意か…移籍金はGK史上最高額

▽リバプールが、ローマに所属するブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)の獲得に動いているようだ。個人条件で合意したことを『ESPN』が伝えている。 ▽2016年の夏にインテルナシオナウからローマ入りしたアリソンは今シーズン、セリエAとチャンピオンズリーグの全試合でゴールマウスを守っており、出色のパフォーマンスを継続。ブラジル代表のチッチ監督が明かしたとされる15名のロシア・ワールドカップ行き“内定者”の中にも唯一GKとして選出されており、セレソンでも正守護神の座を掴んでいる。 ▽そのアリソンに関して、リバプールが獲得に迫っているようだ。リバプールでは現在、GKヨリス・カリウスがGKシモン・ミニョレとのポジション争いでリードしてゴールマウスを守っているが、ユルゲン・クロップ監督からの信頼を勝ち取っているとは考えられていない。リバプールは、多くのクラブが狙っているとみられるアリソンの獲得に動いているようで、選手の代理人と個人条件に関して合意したようだ。 ▽しかし、クラブ間合意は移籍実現に向けて小さくない壁だ。ローマはGKとして世界最高額となる7000万ユーロ(約92億円)を求める構えのようで、リバプールがこの金額に対してどのように交渉に臨むか注目される。 2018.02.17 17:08 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟から母国に復帰して2カ月…呂比須ワグナー、成績不振で監督解任

▽ブラジル1部のパラナは16日、呂比須ワグナー監督(49)の解任を発表した。 ▽現役時代に日本代表としても活躍した呂比須ワグナー氏は、昨年5月からアルビレックス新潟を指揮。だが、J2降格の責任を取り、同シーズン限りで退任した。 ▽その後、同年12月には、新潟を率いるまで指揮を執ったパラナの監督に復職。チームとして2007年以来となる1部参戦の重要なシーズンの指揮を託された。 ▽だが、開幕からここまで1勝2分け3敗。パラナは早い段階で監督交代に踏み切った格好だ。 2018.02.17 14:45 Sat
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース