アンデルレヒトデビュー森岡が初アシストも痛恨のPK失敗で最下位相手にドロー《ジュピラー・プロ・リーグ》2018.02.05 00:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本代表MF森岡亮太の所属するアンデルレヒトは4日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第25節でメヘレンと対戦し、2-2で引き分けに終わった。森岡は90分までプレーした。

▽リーグ連覇に向け巻き返しを図りたい3位アンデルレヒトが、ホームに最下位のメヘレンを迎えた一戦。今冬、ワースランド・ベベレンから新加入した森岡は、2シャドーの一角で先発デビューを飾った。

▽試合が動いたのは10分、ロングパスでボックス左深くまで侵攻した森岡がダイレクトクロスを供給すると、中央のガンヴラがダイビングヘッドで流し込み、アンデルレヒトが先制した。

▽幸先よく先制したアンデルレヒトだったが、メヘレンの反撃に遭うと15分にバンデに同点弾を許す。さらに22分には、左クロスをブロックに入ったスパイッチがオウンゴールを献上。メヘレンに逆転を許した。

▽1点を追うアンデルレヒトは、ハーフタイムで2枚替えを敢行。すると57分、デシャフトの左クロスからガンヴラが頭で叩き込んだ。さらにアンデルレヒトは、80分にPKを獲得。しかし、森岡のPKは枠の左に外れた。

▽結局、試合は2-2で終了。移籍後初先発で初アシストを記録した森岡だったが、痛恨のPK失敗でほろ苦い本拠地デビューとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

昌子源が仏デビュー トゥールーズの完封勝利に貢献《リーグ・アン》

トゥールーズに移籍した日本代表DF昌子源が新天地デビューを果たした。 トゥールーズは19日に敵地で行われたリーグ・アン第21節でニームと対戦。遠征メンバー入りの昌子は3バックの左でフル出場した。 試合は42分、元アーセナのヤヤ・サノゴが右サイドからのクロスに合わせ、トゥールーズが先制。その1点を守り抜き、1-0で勝利した。 トゥールーズは3試合ぶりの白星。6勝7分け8敗の勝ち点25で暫定13位につけている。 ニーム 0-1 トゥールーズ 【トゥールーズ】 ヤヤ・サノゴ(前42) 2019.01.20 08:10 Sun
twitterfacebook
thumb

宇佐美先発のデュッセルドルフ、劇的弾でアウグスブルクに競り勝ち4連勝!《ブンデスリーガ》

デュッセルドルフは19日、ブンデスリーガ第18節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は68分までプレーしている。 2018年終盤、宇佐美の活躍もあって3連勝とし、急浮上した14位デュッセルドルフ(勝ち点18)は、宇佐美がフラットな[4-4-2]の左MFで先発となった。 15位アウグスブルク(勝ち点15)に対し、押し込まれる入りとなったデュッセルドルフは13分、バイアーに左ポスト直撃のシュートを浴びるなど劣勢を強いられる。 さらに18分、CKからモラベクのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、右サイドのルケバキオのドリブルを起点に徐々に攻め手を見いだしていったデュッセルドルフは、27分にボックス手前からのドゥクシュのダイレクトシュートでゴールに迫った。 ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が続いていた中、45分にデュッセルドルフが先制した。ボックス右角からルケバキオが左足で送ったクロスをファーサイドのドゥクシュがヘッドで流し込んだ。 デュッセルドルフが1点をリードして迎えた後半、守備に比重を置きながら試合を進めるも、64分に同点とされる。ボックス手前右からシュミットに直接狙われたFKをGKレンジングが掻き出すも、ゴールラインをわずかに割っていたとして同点弾を奪われてしまった。 追い付かれたデュッセルドルフは宇佐美に代えてラマンを、ルケバキオに代えてバルコクを投入し、攻撃に変化を付けにかかる。 すると、終盤にかけて攻勢に出ていたデュッセルドルフに89分、劇的なゴールが生まれる。中盤でボールを奪取したモラレスがロングフィードを前線に送ると、これを受けたラマンがボックス中央へ侵入し、GKとの一対一を制した。 これが決勝点となってデュッセルドルフが勝利。連勝を4に伸ばしている。 2019.01.20 01:39 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部が先発復帰のフランクフルト、攻撃陣トリオ揃い踏みで後半戦白星スタート!《ブンデスリーガ》

フランクフルトは19日、ブンデスリーガ第18節でフライブルクをホームに迎え、3-1で快勝した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 2018年最終戦となった前節バイエルン戦を0-3と完敗した6位フランクフルト(勝ち点27)は、左足太ももを痛めて前半戦残り3試合を欠場していた長谷部が先発に復帰し、ドルトムントからレンタルで加入して4年半ぶりの復帰となったローデも早速スタメンとなった。 11位フライブルク(勝ち点21)に対し、長谷部が3バックの中央に位置する[3-4-1-2]で臨んだフランクフルトがボールを動かす展開で立ち上がっていく。 しかし、長谷部を軸にポゼッションするフランクフルトが押し込む展開が続くもシュートに持ち込めずにいると、29分にニーダーレヒナーにGKトラップを強襲するシュートを浴びてしまう。 それでも、その後もポゼッションで上回ったフランクフルトが36分に先制する。ショートコーナーを使って右サイドからローデがクロスを上げると、ニアサイドのレビッチが頭で逸らしたボールをアラーが打点の高いヘッドで押し込んだ。 さらに40分、フランクフルトが個人技でリードを広げる。ボックス手前左から中に切れ込んだレビッチがシュートフェイントでDF2人を外し、中央から左足で放ったミドルシュートがゴール右に決まった。 勢いの止まらないフランクフルトは45分、コッホのパスを敵陣でカットしたヨビッチがそのままゴールへ突進。GKとの一対一を確実に制して3-0とし、前半を終えた。 後半からアタッカー2枚を変更してきたフライブルクに対し、51分にショートカウンターからレビッチがGKを強襲するシュートを浴びせたフランクフルトが主導権を渡さない。 しかし、続く61分にヨビッチが決定的なシュートを浴びせたものの決めきれずにいると、63分に長谷部が交わされてホーラーに際どいシュートを許してしまう。そして69分、自陣左サイドを破られてペデルセンにゴールを奪われ、1点を返されてしまった。 78分にはヴィレムスがミドルシュートで4点目を挙げたかに思われたフランクフルトだったが、VARによりレビッチのプレーがファウルを取られ、取り消しとなってしまう。 それでも、3-1のまま試合を終わらせたフランクフルトが快勝し、後半戦白星スタートとしている。 2019.01.20 01:32 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田大地&関根貴大が先発のシント=トロイデン、ゲンクとのダービーで逆転負け《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは18日、ジュピラー・プロ・リーグ第22節でゲンクとホームで対戦し、2-3で敗れた。 2019年のリーグ戦初戦となったゲンク戦。日本代表としてアジアカップに出場しているDF冨安健洋、MF遠藤航が欠場した一方で、MF鎌田大地、MF関根貴大が先発出場。また、DF小池裕太が加入後初のベンチ入りを果たした。 シント=トロイデンは4-2-3-1のシステムで、鎌田はトップ下に、関根は左サイドに入りプレー。ゲンクとのダービーに臨んだ。 試合はゲンクサポーターの発煙筒が焚かれる中スタート。立ち上がり、鎌田が相手最終ラインにプレスをかけると、バックパスをGKが手でキャッチ。これで間接FKを得ると2分、味方が出したボールを鎌田がシュート。これが相手選手に当たると、ボタカがこぼれ球を詰めて、シント=トロイデンが先制する。 4分には鎌田のパスを受けた関根が右サイドからクロス。これをボリがシュートするも、相手DFにブロックされてしまう。 迎えた29分、鎌田がドリブルを仕掛けると相手が中盤でカット。そこからのスルーパスが通ると、抜け出したサマッタがGKもかわして冷静に流し込み、ゲンクが同点に追いつく。 1-1で前半を終了し迎えた後半、ゲンクが攻め込む展開が続くもGKステッペの活躍でシント=トロイデンはなんとか失点を免れる。すると69分、前線でボールをキープしたボリが倒され、ボックス手前でFKを獲得。これをボリが壁の下を抜くグラウンダーのシュートを沈め、シント=トロイデンが勝ち越しに成功する。 ホームでダービーの勝利を収めたいシント=トロイデンだったが、75分にカウンターから最後はスルーパスに抜け出したトロサードにボックス内左から決められ同点に。81分にもスルーパスがトロサードに通ると、中央への折り返しをムドンガラが押し込んでゲンクが逆転。 シント=トロイデンはその後に反撃することができず、試合が終了。2-3で逆転負けを喫してしまった。なお、鎌田はフル出場、関根は84分までプレー。小池は出場機会がなかった。 シント=トロイデンは、26日の28時から、アウェイでセルクル・ブルージュと対戦。2018年夏に鹿島アントラーズから加入したDF植田直通との対決も注目が集まる。 シント=トロイデン 2-3 ゲンク 【シント=トロイデン】 ボタカ(前2) ボリ(後26) 【ゲンク】 サマッタ(前29) トロサード(後30) ムドンガラ(後36) 2019.01.19 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「スタメンをとって、試合に出て、点を獲りたい」シント=トロイデン6人目の日本人選手となったFW木下康介が意気込み

ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのシント=トロイデンは17日、スウェーデンのハルムスタッズBKからFW木下康介(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 横浜FCユース出身の木下は、2013年にフライブルクのU-19チームへ入団。その後、ドイツのホンブルクを経て、2016年にハルムスタッズへと移籍。55試合で16ゴールを記録していた。 シント=トロイデンに移籍加入した木下は「チームのみんなが明るく、ウェルカムで初日から迎えてくれました。日本人選手もいてやりやすい部分もあると思いますし、すぐに溶け込めるかなと思っています」とコメント。また、ベルギーリーグについても「最近ベルギーリーグは日本人選手の活躍も話題ですし、ベルギー代表も強く、いい選手が揃っているという印象です。まずはスタメンをとって、試合に出て、点を獲りたいと思っています。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。 また、チームの立石敬之CEOは「全日本ユース選手権では2年連続得点王を獲った将来を嘱望された選手です。横浜FCユースからJリーグを経ずに海外に挑戦した経歴を持つ、アグレッシブなマインドの持ち主でもあります」と木下についてコメント。「ケガに悩まされた時期もありますが、持ち前の能力、タフネスを生かしてほしいと願っています。いよいよリーグ後半戦が再開します。PO1進出を目指して、新しく入ったメンバーとともにさらに挑戦し続けますので、応援よろしくお願いします」と、後半戦でのチームの飛躍に期待を語った。 シント=トロイデンは日本代表としてアジアカップに参加しているDF冨安健洋やMF遠藤航の他、MF鎌田大地、MF関根貴大、DF小池裕太が所属。木下は6人目の日本人選手となった。 リーグ再開となる第22節のゲンク戦は、1月18日(土)の28時30分にキックオフを迎える。 2019.01.18 12:40 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース