磐田FW岩元颯オリビエが21歳で現役引退2018.02.03 16:06 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ジュビロ磐田は3日、ガイナーレ鳥取に期限付き移籍していたFW岩元颯オリビエ(21)が2017シーズンをもって現役引退することを発表した。

▽鹿児島城西高校出身の岩元颯オリビエは、2015年に磐田に入団。2017年は鳥取に期限付き移籍し、明治安田生命J3リーグで24試合4得点の記録を残していた。磐田では公式戦の出場はなかった。

▽岩元颯オリビエは、磐田と鳥取の公式サイトで以下のコメントを残している。

◆磐田
「今回16年間続けてきたサッカーを引退することになりました。ジュビロは僕にとって、ずっと憧れでした。小学生の時、鴨池のゴール裏でサポーターの方と応援して以来常に大好きなチームでした。見ていた選手が今ではスタッフとなり、大好きなクラブで大好きな選手とサッカーが出来る夢のような時間でした。サックスブルーのユニフォームを着てヤマハスタジアムに立ちゴールを決め名波さんのところにみんなで喜びにいきたかった」

「入団して以来なかなか結果を出せずチームに貢献出来ませんでしたが、それでも気にかけてくれ応援してくれた方々には本当に感謝しています。サッカーから学んだたくさんのことと、みなさんから貰った愛と力をまた次の人生でも生かしていきたいと思います。これからはいちジュビロファンとして、ジュビロ磐田をずっと応援していくとともにジュビロに関わる全ての方に幸せが訪れることを願っています。本当にありがとうございました」

◆鳥取
「今回16年間続けてきたサッカーを引退することになりました。結果的にガイナーレでのプレーが僕にとってサッカー選手として最期の1年となりました。この1年なかなか勝てず苦しい時間をサポーターの方に味わわせてしまいましたが、それでもスタジアムや練習に足を運んで応援してくれた方々に本当に感謝しています。若い選手が多かったり、勝てない時間が続いた分、雰囲気作りだったり、少しでも何か伝えられたら、またサポート出来たらと考えていました。ガイナーレでの1年チームのために全力で闘い、練習から常に本気で取り組んできたからこそ後悔はありません。今の選手がきっとこれからのガイナーレを背負っていく存在になると信じています。強小復活とまた新しい歴史を作っていくことを願っています。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

鳥取が栃木MF仙石廉を期限付きで獲得

▽ガイナーレ鳥取は14日、栃木SCに所属するMF仙石廉(27)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2019年1月31日まで。背番号は「35」に決定している。 ▽仙石は2009年に柏レイソルでプロデビュー後、ファジアーノ岡山、AC長野パルセイロプレー。2017年から栃木に加わり、今シーズンのここまで明治安田生命J2リーグで出番がない。移籍決定を受け、両クラブで次のようにコメントしている。 ◆ガイナーレ鳥取 「栃木SCから加入しました仙石です。J2昇格を目標に残り14試合、チームの勝利に貢献できるように日々精進します。よろしくお願いします」 ◆栃木SC 「この度、ガイナーレ鳥取に期限付移籍することになりました。一年半という短い間でしたが、サポーターの熱い声援に後押しされ、昨年昇格を果たせたことは、私のサッカー人生において忘れられない経験の一つとなりました」 「サポーターはもちろんのこと、クラブをご支援頂いているスポンサーやボランティアスタッフ、そして選手が力を発揮できるように尽力してくださったクラブスタッフの皆様に心から御礼申し上げます。一年半、お世話になりました。ありがとうございました」 2018.08.14 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

今季C大阪加入のMF魚里直哉、鳥取へ完全移籍

▽ガイナーレ鳥取は12日、セレッソ大阪からMF魚里直哉(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「41」を着用する。 ▽魚里は2018年に関西学院大学からC大阪に入団。今シーズンはU-23チームとして明治安田生命J3リーグに18試合出場し、1得点を記録していた。 ▽鳥取への加入が決定した魚里は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ガイナーレ鳥取 「この度ガイナーレ鳥取に加入することになりました魚里直哉です。いち早くチームに馴染み、ガイナーレのJ2昇格に貢献できるように精一杯努力していきたいと思います。よろしくお願いします」 ◆セレッソ大阪 「この度ガイナーレ鳥取に移籍することになりました。短い間でしたが、恵まれた環境、すばらしい選手の中でプレー出来たことは自分にとって大きな財産となりました。このチームで得たものを次のチームで活かし、成長した姿を見せられるように日々努力していきたいと思います。サポートしてくれた皆さま本当にありがとうございました」 2018.08.12 17:10 Sun
twitterfacebook
thumb

群馬が鳥取を逆転で破り6位浮上!相模原vs沼津は台風の影響で延期に《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第17節のガイナーレ鳥取vsザスパクサツ群馬が28日に行われ、2-1で群馬が勝利した。 ▽試合が動いたのは58分。ボックス手前右でFKを得た鳥取は、可児のクロスにファーサイドでレオナルドが頭で合わせ先制点を挙げる。その後、57分に小林と高橋を下げて小牟田と鈴木の2枚替えを敢行した群馬が勢力を上げる。 ▽74分、代わって入った鈴木の右サイドからのクロスに、大島がダイビングヘッドで合わせて同点に。81分には、先制点と同じように右サイドへの展開から、星原のクロスに小林竜がファーサイドから走り込んでヘディングシュート。これは枠を捉えていなかったが、ゴール前の大島が押し込んで、群馬が逆転した。 ▽その後は互いにチャンスなく試合終了。勝利した群馬は6位まで順位を上げた。 ▽なお、同日に開催が予定されていたJ3第3節SC相模原vsアスルクラロ沼津は、台風12号の影響により試合中止が発表されている。代替日は未定となっている。 2018.07.28 22:28 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥取がYS横浜からDF西山雄介を獲得! 「目標のために全力を」

▽ガイナーレ鳥取は12日、Y.S.C.C.横浜に所属するDF西山雄介(23)の完全移籍加入を発表した。背番号は「33」に決定している。 ▽東京都出身の西山は、2017年に山梨学院大学からYS横浜に入団。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグ10試合に出場した。両クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆ガイナーレ鳥取 「はじめまして! この度、Y.S.C.C.から加入することになりました西山雄介です。シーズン途中での加入にはなりますが、いち早くチームに適応し、ガイナーレ鳥取の勝利に貢献したいと思います! J2昇格という目標のために全力を注ぎ、シーズンが終わった時にガイナーレ鳥取に関わる全ての皆様で喜びを分かち合いましょう! ニシ、ユースケと気軽に呼んで頂けたら嬉しいです! よろしくお願い致します」 ◆Y.S.C.C.横浜 「この度、ガイナーレ鳥取に移籍することになりました。チームが目標達成に向かって邁進している中、シーズン途中でチームを抜けるということに対して非常に申し訳なく思っていますし、自分の中でも決断に迷うこともありました。しかし挑戦したいという思いが強く、今回移籍する決断に至りました。大学も都リーグ所属で、無名の自分をJリーグという舞台でキャリアをスタートさせて頂いたYSCC。吉野理事長をはじめ、樋口監督、高田コーチ、チームメイト、関わってくださった全ての方々に感謝しています」 「また、どんな時も力強い声援を送ってくださったサポーターの皆様には、感謝していると共にシーズン途中でチームを離れることになってしまい非常に申し訳なく思っています。違うチームにはなりますが、選手としてこれからピッチで輝くことがそういった方々への恩返しになると思っているので、「あんな選手もいたなぁ」と覚えてもらえていたら嬉しいです! 一年半ありがとうございました」 2018.07.12 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥取、森岡隆三監督を解任…塚野社長「目標の勝ち点50、得点50、失点30の達成が困難であると判断」

▽ガイナーレ鳥取は4日、森岡隆三監督(42)を解任したことを発表した。後任には須藤大輔氏(41)が就任することも併せて発表している。 ▽森岡氏は現役時代に鹿島アントラーズ、清水エスパルス、京都サンガF.C.でプレー。2002年には日本代表のフラット3の中心選手として日韓・ワールドカップにも出場していた。2008年に現役を退くと、2015年に京都U-18監督に就任、2017年には鳥取の監督に就任した。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで4勝9分け19敗の最下位で終了。今シーズンは開幕6戦無敗の好スタートを切ったが、そこから一転5試合勝利なし。2日に行われたJ3第12節のブラウブリッツ秋田戦では6戦ぶり白星を飾り、順位も7位に上げていたものの、今回解任されることとなった。 ▽今回の件について鳥取の代表取締役社長を務める塚野真樹氏は、クラブ公式サイトで以下のように説明している。 「順調に勝ち点を積み重ねた序盤でございましたが、その後の試合結果から、現状のままでは掲げた目標である勝ち点50・得点50・失点30を達成することが困難であると判断し交代を決断致しました」 「森岡氏におかれましては、昨シーズンより今日まで、監督業務に全身全霊、真摯に取り組んで頂きました。またその他のクラブ業務にも積極的に関わって頂きました。そのご尽力に心より感謝申し上げます」 「シーズン中のリスタートとなりますが、サポーターの皆様をはじめ、多くの皆さんに感動をお届けできるよう最大の努力を続けて参ります。ガイナーレ鳥取へのご支援ご声援を何卒よろしくお願い致します」 ▽また、解任された森岡氏は、以下のようにコメントしている。 「この度、ガイナーレ鳥取TOPチーム監督の任を解かれ、クラブを去ることとなりました。昨シーズンより1年半、苦しい時も常に応援してくださった全ての方々に、心より感謝を申し上げます。ありがとうございました」 「今期はクラブとしても戦う体制が整い、チーム状態も上向きつつある中、チームを去ることは本当に無念であり、選手たちに混乱を与えてしまったことも申し訳なく思います。私自身、全てをかけ、チームの勝利のために努めてきたことに偽りはなく、後悔もありません。今はただ、チームがより前を向き、選手たちがこれまで以上にピッチで躍動出来るよう、心より願っております」 「今日まで一緒に戦ってくれた選手、スタッフ、フロント、苦しい時にもチームを支えてくださったサポーター、スポンサーの皆様、ガイナーレに関わる全ての皆様方に、改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました」 2018.06.04 16:15 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース