ユナイテッド、中盤改善案のターゲットにサンチェスの同胞&ポグバ元同僚のビダル2018.02.03 15:26 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、バイエルンのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(30)を今夏のターゲットとしているようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えた。

▽2016年の夏にMFポール・ポグバ、2017年の夏にMFネマニャ・マティッチを獲得し、その2人を中盤の主軸としているユナイテッド。しかし、今シーズンはMFマイケル・キャリックが心臓に問題を抱え、MFアンデル・エレーラもパフォーマンスを落としたため、ポグバやマティッチを欠く状況になると頼れる代役がいない状態が続いた。

▽さらに、MFマルアン・フェライニの契約も今季限りとなっているため、モウリーニョ監督は今季終了後に少なくとも1人を補強したいと考えているようだ。そこで白羽の矢が立ったのがビダルだという。

▽バイエルンでは、来シーズンからシャルケのMFレオン・ゴレツカが加入することが決まっている。これを受けて、同ポジションのビダルは定位置から押し出される形となることが予想されており、バイエルンも売却することを考慮するとみられている。

▽FWアレクシス・サンチェスとチリ代表と同僚であり、ポグバともユベントス時代に好連係を築いたビダルならば経験値も高く、チームの中盤を改善できる理想的な存在になると、モウリーニョ監督は考えているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

スパーズが超逸材ライアン・セセニョン獲得に成功か! ユナイテッド、リバプールとの争奪戦制す!

▽トッテナムがフルアムに所属するU-19イングランド代表DFライアン・セセニョン(17)の獲得に成功したようだ。フルアムOBのリロイ・ロゼニアー氏がイギリス『Totally Football Show』で来季のスパーズ入りを主張した。 ▽ベナン代表MFステファン・セセニョンの従兄弟としても知られるセセニョンは、2008年に双子のスティーブンと共にフルアムのアカデミーに加入。昨季、16歳でトップチームデビューを飾った逸材は、公式戦31試合に出場し、7ゴール5アシストを記録した。 ▽卓越した身体能力と高精度の左足、フットボールセンスを併せ持つ左サイドバックの大器には、昨夏の移籍市場でトッテナムやリバプール、マンチェスター・ユナイテッドが争奪戦を繰り広げてきたが、出場機会を優先するセセニョンは、フルアムとのプロ契約にサインし残留を決断した。 ▽だが、今季のチャンピオンシップ(イングランド2部)で33試合12ゴール4アシストと、驚異の進化を見せ続ける逸材は、来季からマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下でプレーする道を選んだようだ。 ▽ロゼニアー氏は『Totally Football Show』で、「個人的にライアンに関する契約はすでに結ばれたと思う。プレミアリーグで強い関心が報じられていたトッテナムだ。彼は夏に移籍するまでフルアムに留まるが、彼の将来はすでに描かれている。ライアンは素晴らしいポテンシャルを持ち、今後偉大なプレーヤーになるはずだ」と、セセニョンのトッテナムへの移籍交渉がすでに完了しているとの見解を示した。 ▽なお、ロゼニアー氏の発言はあくまで確定情報ではなく、クラブに近い筋の推測と思われるが、左サイドバックから徐々にポジションを上げて世界屈指のアタッカーに成長したウェールズ代表MFガレス・ベイルと共通点も少なくないセセニョンは、スパーズ加入を選んで偉大なる先達の後継を担うことになるのか。 2018.02.23 07:48 Fri
twitterfacebook
thumb

ファーディナンド氏が明かしたデ・ヘア加入当時の反応「皆は実力を疑っていた」

マンチェスター・ユナイテッドOBリオ・ファーディナンド氏が、GKダビド・デ・ヘアが加入してきた当時は、選手の間ですら実力に疑いを向けられていたことを明かした。<br><br>デ・ヘアは21日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのセビージャ戦に先発。終始ホームチームのペースで試合が進むも、守護神が好セーブを連発し、敵地での引き分けに大きく貢献した。<br><br>2011年にアトレティコ・マドリーから加入して以来、ユナイテッドで不動の守護神の地位を築くデ・ヘアだが、加入当時はチームメイトですらその実力に疑いの目を向けていたことをファーディナンド氏が告白した。<br><br>「彼がチームに来たとき、選手たちですら彼の実力に疑問を抱いていたよ。まだ若い少年がユナイテッドに来たんだ。私たちは毎年優勝しなければいけないチームだった。『経験もなく、自信も無さそうに見える少年とどうしろって言うんだ』と話をしていた。しかし、今の彼がいる。これはいるべき場所にいるために努力を続けてきた選手の証だ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.22 20:09 Thu
twitterfacebook
thumb

「チームを変えた方がいい」デニス・ワイズ氏がユナイテッドのヤングスターに助言

▽元イングランド代表MFデニス・ワイズ氏が、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードにある助言を送っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽現役時代はチェルシーでも活躍したワイズ氏。そのチェルシーが25日に行われるプレミアリーグ第28節のユナイテッド戦を控えていることを受け、同氏はユナイテッドについて言及。その中でも、現在2番手、3番手に甘んじているラッシュフォードにアドバイスを送っている。 ▽ユナイテッドのアカデミー育ちであるラッシュフォードは2015-16シーズンのヨーロッパ・リーグのミッティラン戦でトップチーム初出場を果たすと、いきなり2ゴールを挙げ衝撃デビューを飾った。昨シーズンから本格的にトップチームに定着した同選手だが、途中出場が多く、今冬にチリ代表FWアレクシス・サンチェスが加入してからは、出場時間はさらに減っている。 ▽そのような状況から、ワイズ氏は「ラッシュフォードはチームを変えた方がいい」と助言。以下のように続けている。 「ある段階で、彼がレギュラーを勝ち取ることが出来なかった場合、状況はより厳しいものになる。(ユナイテッドには)高いクオリティを持った選手がたくさんいる。(ロメル・)ルカクとポジションを奪い合うのは現実的ではない」 「ルカクが良いパフォーマンスを見せている訳ではないが、アレクシス・サンチェスも含めて、彼らは(ジョゼ・)モウリーニョが獲得した選手だ。問題はユナイテッドがラッシュフォードをどのポジションに起用するかだ」 「ラッシュフォードはプレー機会を求めているからどんなポジションだって受け入れる。だが、そのチャンスを生かすことが出来なければ、よりベンチに座っている時間は増えるだろう」 2018.02.22 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「悪いケガ」モウリーニョ、セビージャ戦負傷交代のエレーラの状態について言及

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、スペイン代表MFアンデル・エレーラの負傷について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ユナイテッドは21日にチャンピオンズリーグベスト16・1stレグでセビージャのホームに乗り込んだ。エレーラはこの日先発出場を果たしたが、16分に右足を痛めてピッチに座り込み、自ら交代を要求。プレー続行不可能となり、ベンチに退いた。試合は0-0のゴールレスドローに終わっている。 ▽試合後、モウリーニョ監督はエレーラの状態について「悪いケガだと思う」とコメントしている。 「悪いケガのように思う」 「彼は小さなケガを抱えていてここ2試合は出場させなかった。しかし、メディカルチームは彼が100%の状態で準備ができていると土曜日に言っていた。万全な状況ではなかったようだ」 2018.02.22 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「ELとCLとでは訳が違う」モウリーニョ、気を引き締め2ndレグへ意気込み

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のセビージャ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽グループAを首位で通過したユナイテッドは21日、ベスト16・1stレグでグループEを2位で通過したセビージャと対戦。公式戦初対決となった一戦は、セビージャにポゼッションで上回られ、GKデ・ヘアの好守に助けられる展開に。攻撃の糸口を掴めないユナイテッドは、アウェイゴールを奪えず0-0で試合は終了した。 ▽試合後、モウリーニョ監督は試合を回想。試合内容について「良くも悪くもない」と主張し、「ヨーロッパリーグとチャンピオンズリーグとでは訳が違う」と気を引き締めて2ndレグに意気込んだ。 「唯一チームが安心できた瞬間は、前半終盤、チームがポゼッションに関するミスを犯して相手に良い状況を作れらながら、ダビドの素晴らしいセーブに救われた場面だ。あの場面が、この素晴らしいスタジアムに通常のフィーリングを与えた。それ以外に安心できた場面は一度もなかった。試合はイーブンだった。スタッツはスタッツ。15本シュートを打って、13本はスタッツに残るだけのシュート数の時もある」 「スタッツが試合を物語っている。良い結果かどうかを聞かれれば、良くも悪くもない。これは2試合で勝敗を決めるもので、オールド・トラフォードでの試合が残っている。オールド・トラフォードは、チャンピオンズリーグのノックアウトステージを待ち望んでいる。昨季はヨーロッパリーグのノックアウトステージを経験したが、チャンピオンズリーグとは訳が違う。それまではグループステージで脱落していたと思うので、オールド・トラフォードでのチャンピオンズリーグ・ノックアウトステージは、大きな試合になる」 2018.02.22 09:21 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース