「顔を上げてこのクラブを離れたい」浦和、FWラファエル・シルバの中国移籍を公式発表2018.02.03 14:24 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズは3日、ブラジル人FWラファエル・シルバ(25)が中国2部リーグに所属する武漢卓爾職業足球倶楽部に完全移籍することを発表した。

▽ラファエル・シルバに関しては、先月17日に浦和が中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部からオファーを受け、メディカルチェックのためチームを離脱することを発表していた。

▽この度、正式に移籍が決定し、ラファエル・シルバは浦和の公式サイトで以下のコメントを出している。

「親愛なるファン・サポーターのみなさん、すでにご報告していますが、武漢へ移籍することが正式に決まりました。浦和レッズでは、1年という短い期間でしたが、日々、怠ることなく常に自分のベストを尽くすことができたと思います。チームの歴史に貢献をすることができて、誇りに思いますし、顔を上げてこのクラブを離れたいと思います。念願だったタイトルを獲得することもでき、個人的にも男としてすごく成長させてもらいました。このクラブで得ることのできた経験や実績は、自分の人生において掛け替えのないものです。みなさん、ありがとうございました」

▽2017シーズンにアルビレックス新潟から浦和入りしたラファエル・シルバは昨シーズン、リーグ戦25試合で12得点を記録。AFCチャンピオンズリーグでは11試合9得点を挙げるなど、クラブの10年ぶりとなるアジア制覇の原動力となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ファブリシオ圧巻ハットの浦和が磐田との中位対決に4発快勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグの浦和レッズvsジュビロ磐田が15日に埼玉スタジアム2002で行われ、ホームの浦和が4-0で快勝した。 ▽9位の浦和と10位の磐田による中位対決。前節、サガン鳥栖相手に惜敗した浦和はリーグ戦8戦ぶりの黒星で2戦未勝利と上位進出に向けて踏ん張りどころだ。5連戦の初戦となる今回の磐田戦に向けては先発2人を変更。累積警告で出場停止のマウリシオに代えて阿部、橋岡に代えてより攻撃的な森脇を右ウイングバックで今季初先発させた。 ▽一方、前節イニエスタのJ初ゴールに屈した磐田はヴィッセル神戸戦で6戦ぶりの黒星。今節では森下を開幕節以来となる先発起用し、[3-4-2-1]の布陣で臨んだ。前節初先発の大久保はベンチスタートとなった。 ▽立ち上がりからボールを保持した浦和が5分に最初の決定機を創出。柏木のロングフィードに抜け出した興梠がボックス左に持ち込んでDFをかわしてシュートを放つが、ここはGKカミンスキーの好守に遭う。 ▽その後も右サイドを細かく崩して逆サイドの宇賀神に大きな展開を見せると、ボックス左の宇賀神がシュートを狙うも枠に飛ばせない。さらに24分にはファブリシオの落としから柏木が出した浮き球スルーパスに抜け出した宇賀神が並走する興梠に再び浮き球のパス。これをボックス中央で興梠がコントロールしに行くが、ボールの落ち際をDF森下にブロックされ、最終的にGKカミンスキーに処理される。 ▽一方、立ち上がりから劣勢が続いた磐田も30分に絶好機を作り出す。前線で足元への斜めのパスを収めた川又が左に走り込んだ小川に繋ぐ。ここからボックス左に持ち込んだ小川のクロスはクリアに遭うも、ボックス中央でルーズボールに反応した山田が左足を一閃。しかし、このシュートは左ポストを叩く。その後は押し込む浦和、ロングカウンターで応戦する磐田という構図の下で一進一退の攻防が続くが互いにゴールを割れないまま前半を終えた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、早い時間帯にゴールが生まれる。55分、右サイドから森脇が入れたグラウンダーのクロスのクリアボールをボックス手前に走り込んだ青木が強烈なミドルシュート。これはGKカミンスキーに弾かれるも、ボックス左で浮いたクリアボールに反応したファブリシオが見事な左足のボレーシュートでゴール左上隅を射抜いた。 ▽待望の先制点を奪った浦和は59分に1枚カードをもらっていた柏木を下げて負傷明けの長澤を7試合ぶりにピッチに送り出す。その後も勢い付いて攻め立てる浦和は60分に宇賀神のボックス左からのカットインシュートで2点円に迫ると、直後の61分にはペナルティアーク付近で青木から斜めのパスを受けた武藤が反転からボックス付近のファブリシオの足元へ絶妙なパスを通すと、ファブリシオが左足の巧みなファーストタッチで前向きにボールを収めて最後はGKカミンスキーのタイミングをズラすチップキックで2点目を奪った。 ▽ファブリシオの見事な2ゴールによって窮地に立たされた磐田は66分、川又と山本を下げて大久保と上原を同時投入。68分には右CKの場面でキッカーの上原がファーを狙ったボールを田口がドンピシャのタイミングで頭で合わすが、これはわずかに枠の左に外れる。 ▽その後、互いに菊池、荒木と交代カードを切った中、カウンターに戦い方をシフトした浦和がペースを握っていく。85分には右CKの場面でキッカーの武藤がアウトスウィングで入れた浮き球のクロスをファーに走り込んだ槙野がDFを完璧に振り切ってダイビングヘッドで流し込み、試合を決定付ける3点目を奪取した。 ▽さらに90分には浦和の高速カウンターが発動。前線へのクリアボールをファブリシオが頭で落としたところを途中出場の荻原が回収してそのまま中央突破。ボックス左に走り込むファブリシオへラストパスを送ると、これをファブリシオが冷静に左足で流し込み、ハットトリックでこの日のゴールショーを締めくくった。ファブリシオの圧巻のハットトリックで完勝の浦和が3試合ぶりの白星を手にした。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.15 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和MF阿部勇樹、最年少でJ1通算550試合出場達成!

▽浦和レッズに所属する元日本代表MF阿部勇樹(36)が、J1通算550試合出場を達成した。史上4人目となる。 ▽阿部は11日に行われたJ1第21節のサガン鳥栖戦に途中出場して550試合出場を達成した。 ▽阿部のJ1デビューはジェフユナイテッド市原(現・ジェフユナイテッド千葉)在籍時の1998年8月5日に万博記念競技場で行われたJ1・1stステージ第16節のガンバ大阪戦だった。 ▽これまで達成したのは、名古屋グランパスGK楢崎正剛、ガンバ大阪MF遠藤保仁、横浜F・マリノスDF中澤佑二。なお、阿部の36歳11カ月5日での達成は最年少記録となる。 ◆年度別成績(左から年度、当時所属、J1出場数 J1得点数) 1998 市原 1 0 1999 市原 30 1 2000 市原 25 0 2001 市原 17 3 2002 市原 24 1 2003 市原 27 3 2004 市原 24 5 2005 千葉 33 12 2006 千葉 33 11 2007 浦和 33 3 2008 浦和 33 6 2009 浦和 34 2 2010 浦和 20 3 2012 浦和 34 4 2013 浦和 33 6 2014 浦和 34 4 2015 浦和 34 3 2016 浦和 34 1 2017 浦和 33 3 2018 浦和 14 0 合計 550試合71得点 2018.08.11 22:55 Sat
twitterfacebook
thumb

高橋秀人のヘディング弾を守り抜いた鳥栖が今季リーグ戦初連勝!浦和は8試合ぶり黒星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第21節、サガン鳥栖vs浦和レッズが11日に行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ▽前節のセレッソ大阪戦に勝利した鳥栖は、第13節以来の勝利で降格圏から脱出。今季リーグ戦初の連勝に向けて、前節からスタメンを1人変更。高橋義代わって小野が起用された。夏の新加入フェルナンド・トーレスは加入から4試合未だノーゴールだが、Jリーグ初ゴールは生まれるのだろうか。 ▽対する浦和はリーグ戦ここ7試合で無敗をキープ。ワールドカップによる中断明けいこう最も勢いのあるチームだ。更なる上位進出を目指して臨む今節は、前節のV・ファーレン長崎戦と同じスタメンを起用。好調を維持できるか。 ▽先に仕掛けたのはアウェイの浦和。8分に右サイドの橋岡のクロスから興梠が頭で合わせるが枠の上へ。負けじと鳥栖も11分に、小野のパスをトーレスがワンタッチで落としたところに福田がダイレクトシュート。しかし、ボールが足下に入り過ぎたか、こちらも上手くミートできずに枠を捉えることが出来なかった。 ▽19分には浦和のファブリシオが敵陣中央付近から思い切りよくミドルシュートを狙っていく。このシュートは枠を捉えていたものの、GK権田が横っ飛びでかき出した。対して鳥栖も27分、トーレスのドリブルのこぼれ球を拾った金崎がボックス手前からシュートを放つが、こちらもGKのセーブに遭う。 ▽一進一退の攻防を見せる両者。38分には、浦和はゴール前で柏木とファブリシオのコンビから最後は武藤が狙っていくが、クロスバー直撃。その直後、足を痛めていた鳥栖の吉田がプレーを再開できず安在と交代を余儀なくされてしまった。 ▽試合が動いたのは53分、左CKを獲得した鳥栖は、原川のクロスを高橋秀が橋岡のマークの上から頭で押し込み先制点を奪った。 ▽失点後、攻撃のテンポを上げた浦和が柏木、宇賀神がゴールに迫るがあと一歩のところでゴールを奪えない。鳥栖も60分、敵陣深くでボールを奪ったフェルナンド・トーレスのクロスをゴール前で金崎がフリーで受けるが、ステップが合わず、シュートはGK西川のファインセーブに防がれてしまう。 ▽その後、試合はこう着状態に突入。両チームともなかなか決定機が作れないまま迎えた88分、浦和が右CKを獲得。柏木のクロスからマウリシオがヘディングシュートを放つと、ボールは相手の足に当たってポストを弾く。それにいち早く反応した途中出場の李忠成が押し込んでネットを揺らしたが、同選手にファウルがあったとしてゴールは認められず。 ▽その後の6分の後半アディショナルタイムも守り抜いた鳥栖が1-0で勝利。高橋秀のゴールで逃げ切り、今季初の連勝を掴んだ。一方の浦和はリーグ戦8試合ぶりの黒星となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.11 21:17 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和vs長崎はゴールレス! 浦和は7戦無敗継続も徳重の牙城破れず連勝ストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第20節の浦和レッズvsV・ファーレン長崎が5日に埼玉スタジアム2002で行われ、0-0のドローに終わった。 ▽直近6戦負けなしの暫定7位の浦和と、直近2勝4敗の14位長崎による一戦。前節、川崎フロンターレに快勝した浦和はその試合と同じスタメンを起用。3トップには興梠とファブリシオの好調コンビと武藤が入った。一方、前節北海道コンサドーレ札幌に試合終盤の失点で敗れた長崎は前節ベンチ外のファンマが先発に復帰したほか、アルビレックス新潟から加入の磯村がベンチに入った。また、ヨルディ・バイスがキャプテンマークを巻いた。 ▽共に[3-4-3]のミラーゲームとなった中、立ち上がりはホームの浦和が押し込む展開に。開始6分にはファブリシオのパスに抜け出した興梠がボックス左でDFを振り切ってシュートを放つが、これはGK徳重の好守に遭う。さらにこのプレーで得た左CKの流れからエリア外でクリアボールに反応した宇賀神が絶妙なダイレクトボレーを枠に飛ばすが、これも徳重の好守に遭う。 ▽序盤のピンチを凌いだ長崎は徐々にカウンターから攻撃に転じると、15分には澤田のパスに抜け出したファンマがボックス右角度のないところからシュートもGK西川がきっちりニアのコースを消して対応する。 ▽前半半ばから終盤にかけては一進一退の攻防が続く。41分にはボックス手前左角で鈴木が倒されて得たFKをキッカーのヨルディ・バイスが直接狙うが、これは惜しくも枠の上隅を掠める。一方、浦和は45分に柏木の意表を突いたパスをボックス内で収めた興梠に決定機もここは打ち切れない。直後にはボックス手前で武藤から短い横パスを受けたファブリシオが右足を振り抜くが、枠の左を捉えたグラウンダーのシュートはGK徳重のワンハンドセーブに阻まれた。 ▽ゴールレスで折り返した後半もボールを持つ浦和が押し気味に試合を進めるが、49分にはヨルディ・バイスの直接FKで長崎も相手ゴールに迫る。さらに63分には左サイドで裏へのスルーパスに抜け出した鈴木がボックス左でGKと一対一を迎えるが、左足のシュートは右ポストを叩く。 ▽一方、59分に青木を下げて阿部を投入した浦和は66分にボックス手前右で得たFKを名手の柏木が枠の右に飛ばすが、GK徳重の好守に遭う。 ▽その後、ホームで勝ち切りたい浦和は武藤、橋岡に代えて李、森脇を続けて投入。対する長崎は澤田、島田、徳永を下げて新戦力の磯村、米田、田上らを投入していく。長崎が鈴木とファンマのコンビでカウンターを仕掛ければ、浦和も柏木と興梠を起点にコンビプレーからチャンスを作り出すが、共に相手の集中した守備を崩し切るまでには至らず。結局、試合はこのまま0-0でタイムアップとなり、浦和は7戦負けなしを継続もホームで勝ち切れず連勝がストップした。 2018.08.05 21:02 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和が興梠7季連続2ケタ到達弾含む2発で上位陣連破! 川崎F、GK西川の牙城崩せず連勝ストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第19節の浦和レッズvs川崎フロンターレが1日に埼玉スタジアム2002で行われ、2-0で浦和が勝利した。 ▽ここまで6勝6分け6敗で9位につける浦和(勝ち点24)と、10勝3分け4敗で3位に位置する川崎F(勝ち点33/1試合未消化)の一戦。前節のサンフレッチェ広島戦に4-1で勝利して5試合無敗中の浦和は、その一戦と同様の先発メンバーをピッチに送り込んだ。 ▽一方、第17節のV・ファーレン長崎戦を1-0で勝利して4連勝を飾ったものの、前節の湘南ベルマーレ戦が台風12号の影響で延期となった川崎Fは、長崎戦から先発メンバーを1人のみ変更。阿部に代えて長谷川を起用した。 ▽昨シーズンのアジア王者と、J1王者の一戦は、立ち上がりから球際の激しい展開となる。そんな中、7分にホームの浦和が幸先よく先制する。自陣右サイドでボールを持った岩波が前線へロングパス。これに抜け出した武藤が右サイドを突破してグラウンダーのクロスを送ると、興梠がループシュートでGKチョン・ソンリョンをかわしてゴールへ流し込んだ。 ▽先制点を奪われた川崎Fは18分、ボックス左外でパスを受けた長谷川が右足クロス。ファーサイドで小林が頭で合わせるも、シュートはゴールの上へと外れた。23分にはボックス手前でのパスワークから中村のクロスに小林が相手DFとの競り合いの中、強引にヘディングするがこれも枠を捉えることはできない。 ▽ボールを保持する川崎Fに対して、浦和はカウンターから素早く攻撃を仕掛ける展開が続く。そんな中、川崎Fにチャンスが。30分、自陣で谷口が身体を張ってパスをカットすると、大島からパスを受けた中村がハーフウェイライン付近からダイレクトで相手最終ラインの裏へとスルーパス。これに反応していた小林がボックス右に侵攻し、切り返しから左足を振り抜いたが、シュートはゴール左外へと外れた。 ▽前半終盤に入っても試合は川崎Fペースで続く。37分、敵陣中央から奈良が柔らかいボールをボックス内へ送ると、小林が抜け出す。ワントラップでボールを収め、GKと一対一を迎えたが、右足で放ったシュートはGK西川に左足でブロックされて決めきることができない。 ▽エース小林がチャンスに幾度となく絡むも得点を奪えきれない川崎F。前半アディショナルタイムには、中村の右CKを中央で小林が頭で合わせるも、今度はバーに直撃。再三ゴールに見放されてしまい、浦和リードで試合を折り返した。 ▽後半に入っても攻勢を続ける川崎Fは54分、大島の縦パスから守田とつなぎ、車屋がボックス左手前から突破を図る。ここは相手DFに阻まれるも、こぼれ球を守田がミドルシュート。しかし、GK西川の正面に飛んでしまう。 ▽60分、61分と立て続けに大島がミドルシュートを放つなど、激しくゴールに迫る川崎F。すると66分に思わぬビッグチャンスが訪れる。右サイドでボールを持った橋岡の不用意なバックパスをボックス手前で小林がカットして一対一を迎える。しかし、ここもGK西川が立ちはだかり、同点ゴールを奪うことができない。 ▽ここまで押し込まれる展開が続く浦和はその後武藤に代えて阿部、橋岡に代えて森脇を投入。一方の川崎Fは中村に代えて知念を投入する。この交代により、守備を固める浦和に対して、川崎Fが攻めあぐねる時間帯が増加する。 ▽それでも1点を渇望する川崎Fは84分、後方から奈良がゴール前へクロス。これにまたも小林が頭で合わせるも、シュートはゴール右外へ。 ▽ここまで引いたディフェンスで守備を固めていた浦和。すると試合終盤にカウンターからチャンスを迎える。後半アディショナルタイム、ハーフウェイライン付近でボールを受けた李がドリブルを開始。まず股抜きで奈良をかわすと、大島も身体を上手く入れ替えて突破する。ボックス内に侵攻し、鈴木に倒されると、PKを獲得する。これをキッカーのファブリシオが落ち着いてスコアを2-0にし、勝負を決定づけた。 ▽興梠の7シーズン連続2ケタ到達となるゴールに加えてファブリシオのPK、そしてGK西川の鉄壁ぶり披露で川崎Fを破った浦和が連勝を飾った。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">浦和vs川崎FをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.01 21:07 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース