メス今季最多6失点…川島&酒井宏の日本人対決はマルセイユに軍配! ハットのトヴァンは今季13得点目《リーグ・アン》2018.02.03 06:43 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第24節のマルセイユvsメスが2日に行われ、6-3でホームのマルセイユが勝利。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹、メスの日本代表GK川島永嗣はともにフル出場した。

▽直近のリーグ5戦で4勝1分けと負けのない3位マルセイユ(勝ち点48)が、直近5戦で3勝1分け1敗と同じく好調も最下位を脱出できていないメス(勝ち点18)をホームに迎えた一戦。

▽マルセイユは、勝ち点48で並びながらも得失点差を「4」上回られている2位リヨンを暫定で追い抜く可能性のある試合に、引き続き酒井を左サイドバックで先発起用。メスの川島も、リーグ10戦連続の出場となった。

▽試合は開始から間もなく大きな動きを見せる。6分、ボックス手前でボールを持ったサンソンが、ジェルマンとのワンツーでボックス中央フリーの状態に。GK川島は飛び出してボール奪取を試みるも、絶妙なタイミングでサンソンの足がもつれ、ボールに触ることができない。GK川島が不在となったゴールに、サンソンが流し込んで先制点とした。

▽さらに10分には、カウンターからトヴァンがメス陣内中央をドリブルで持ち上がり、右サイドががら空きに。広大なスペースに走り込んだサンソンがフリーでボールを受けてボックス内にクロスを供給すると、駆け込んだトヴァンが足で合わせ、GK川島の股下を射抜いた。

▽早めに点差を詰めたいメスは、25分に右CKを獲得する。高い弾道のクロスが上がると、飛び込んだマンジェクが強烈なヘディングシュートを放ったが、GKマンダンダが驚異的な跳躍力を発揮してゴール右上隅に飛んだボールをキャッチ。マルセイユにとって良い時間帯が続いていく。

▽前半終了間際の45分、ディフェンスラインからのロングフィード一本でジェルマンが抜け出し、ボックス内左に侵攻してシュート。GK川島は再び飛び出してシュートコースを狭めつつ身体に当てようとするが、阻むことはできず。DFディアニェがボールをかき出そうとするも、最後は詰めたトヴァンが押し込んだ。

▽ややチャンスの生まれつつあるメスだったが、結局3点のビハインドを抱えて試合を折り返すことに。

▽後半に入っても、マルセイユの勢いは止まらない。49分、右サイドでボールを持ったトヴァンがボックス内左にクロスを供給。DFリヴィエレーズの背後でマークを外したジェルマンがワンタッチで合わせ、チームの4点目とした。

▽さらに56分、左サイドからパイェがクロスを入れると、ボックス内ファーの位置でトヴァンが完全にフリーの状態に。落ち着いて足で流し込み、今シーズン13得点目となるハットトリックを決めた。

▽大差を付けたマルセイユは、60分に右SBを務めていたB・サールに代えてベディモを投入。酒井は主戦場である右SBにポジションを移すことに。

▽それでも74分、FKの流れからルーズボールを拾いボックス内で決定機を迎えたモレが左足を振り抜き、メスが1点を返すことに成功。しかし、直後の75分にはメスのディフェンスラインがオフサイドトラップに失敗し、GK川島はボックス内でトヴァンと途中出場のミトログルを相手取ることに。ボールを持っていたトヴァンがGK川島を引き付けて冷静に横に流し、ミトログルが流し込んだ。

▽84分には、モレが再び左足でシュートを沈め自身の2得点目。さらに、試合終了間際の90分にも途中出場のニアニェが得点を決めたが、追いつくことは叶わず。試合は6-3のスコアで終了を迎えた。

▽この結果、メスは今シーズン最多となる6失点を喫することに。対するマルセイユは終盤に立て続けの失点を許したものの、6戦負けなしで暫定2位に浮上することとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

マルセイユ、ガルシア監督との延長に動く

▽マルセイユが、同クラブを率いるルディ・ガルシア監督(54)との契約延長に動いているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ▽伝えられるところによれば、ガルシア監督との現行の契約は2019年までとなっており、その手腕を高く評価しているマルセイユ首脳陣は今後数週間にわたり、新契約締結を目指して話し合いを予定しているという。 ▽なお、フランス『レキップ』によれば、マルセイユはガルシア監督に2021年までの延長オファーを提示するという。 ▽これまでル・マンやサンテチェンヌ、ローマを率いたガルシア監督は、2016年10月にフランク・パッシ前監督(52)の後任としてマルセイユの指揮官に就任。2016-17シーズンのリーグ・アン第9節終了時点で12位と低迷していたチームをチームを立て直し、最終的に17勝11分け10敗の5位でフィニッシュした。 ▽5季ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目標とした昨シーズンは、フランス代表DFアディル・ラミや元ブラジル代表MFルイス・グスタボ、FWヴァレール・ジェルマンら実力者を積極的に補強。 ▽開幕からパリ・サンジェルマン、モナコ、リヨンと共に上位争いを繰り広げたが、CL出場圏の3位にはわずかに及ばず、4位でシーズンを終了。しかし、ヨーロッパリーグでは、前身UEFAカップ時代の2003-04シーズン以来、3度目の決勝進出へクラブを導いた。 2018.10.19 04:50 Fri
twitterfacebook
thumb

“ロマニスタ”公言のマルセイユ指揮官ガルシア、ELラツィオ戦は「特別な試合」

マルセイユの指揮官リュディ・ガルシアが、16日付のイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じ、25日に行われるヨーロッパリーグ(EL)ラツィオ戦などについて語った。<br><br>日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは25日、ELのグループH第3節でラツィオと対戦する。指揮官のガルシアは過去にラツィオと敵対するローマで監督を務めた経験もあり、敵意を燃やしている。<br><br>「特別な試合だよ。私の記録(ダービー無敗)を更新したい。マルセイユにとって非常に重要な試合だ。ラツィオファンからブーイングを浴びるだろうが、構わない。私は今もこれからもずっとロマニスタだからね。試合やフェアプレーの範囲内である限り何でも結構だ。ただ敵対するのはピッチの中だけであり、外はダメだ。戦争ではないからね」<br><br>「私がラツィオ(監督)に? 絶対ない。ローマで私が行くクラブはただ一つだ。だがラツィオもリスペクトに値する。ラツィオのサポーターも常に私をリスペクトしてくれたようにね」<br><br>今も教え子であるフランチェスコ・トッティ氏やMFダニエレ・デ・ロッシ、MFアレッサンドロ・フロレンツィと連絡を取っていることを明かしているガルシアだが、2016年1月、ローマ指揮官の座を解任された際には、トッティ氏の反感を買ったことにより権威を失ったのではないかと囁かれていた。<br><br>「でたらめだ。ローマで私に問題が起きたきっかけは皆、知っている。2シーズン目の終盤、ダービーを終えて2位が確定した。その時、(首位)ユベントスとの差やスクデット獲得が不可能であることについて私の考えを伝えた。そこですべてが終わった。シーズンの開幕から私は烙印を押されていたようなものだ。(この件について)つい数週間前、フランチェスコもまさに同じことを言ってくれたので嬉しかったよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.17 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

トヴァンが仏代表離脱…練習中に右足負傷

▽フランスサッカー連盟(FFF)は15日、マルセイユに所属するFWフロリアン・トヴァンの負傷離脱を発表した。 ▽トヴァンは、トレーニング中に右足を負傷。治療のため、代表から離れ、マルセイユに戻ったという。 ▽日本代表DF酒井宏樹の僚友であるトヴァン。今シーズンもここまで公式戦10試合7得点4アシストと活躍している。 ▽フランス代表は、16日にサンドニで行われるUEFAネーションズリーグでドイツ代表と対戦する。 2018.10.16 08:15 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯経験のDF酒井宏樹、同サイドでコンビを組む堂安律について「自分が合わせる感じ」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は14日、16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向け、さいたま市内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)がメディア陣による取材に応対。右サイドでの関係性や、新たな代表チームについて語った。 ◆DF酒井宏樹(マルセイユ) 「特に僕のポジションは受け手なので、試合ごとに色々なタイプの選手が出てきて、サッカーのスタイルが変われば新たな攻撃のスタイルが出てきて、毎日毎日試行錯誤しています。だから、目標というのは、1試合1試合ですね。楽しいですし、充実しています」 ──チームとしては2試合連続で無失点ですが、次無失点だと記録更新のようですが 「記録は全く頭に無いです。守備陣としてゼロに抑えるのは、目標というよりはマストなことです。ただ、失点するときはします。前の2チームとは精度が違うので、全力でケアしたいです」 ──縦関係はメンバーが変わってくるが、堂安と組むとしたらイメージは 「僕が生かすことはあまりないかなと思います。彼が先頭を切って勝負して、自分が合わせる感じですね。前の選手が堂々としていた方が、相手の守備、受ける側としては混乱するかなと思います。サイドバックが舵を握っている縦関係ではないですね」 2018.10.14 19:45 Sun
twitterfacebook
thumb

フランス代表、フェキル負傷離脱でパイエを追加招集《UEFAネーションズリーグ》

▽フランスサッカー連盟(FFF)は8日、リヨンFWナビル・フェキルが負傷を理由にフランス代表から離脱し、マルセイユMFディミトリ・パイエを追加招集したことを発表した。 ▽フェキルは7日に行われたリーグ・アン第9節のパリ・サンジェルマン戦の前半序盤に左足首を痛めて負傷交代していた。 ▽一方、今季もマルセイユで好調を継続するパイエは2017年10月以来の代表復帰となる。 ▽UEFAネーションズリーグ2018-19でドイツ代表とオランダ代表と同じリーグA・グループ1所属のワールドカップ王者は、ここまで2試合を終えて1勝1分けという成績。今回の代表ウィークでは11日にアイスランド代表との国際親善試合を戦った後、16日にホームでドイツと対戦する。 2018.10.08 20:02 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース