メス今季最多6失点…川島&酒井宏の日本人対決はマルセイユに軍配! ハットのトヴァンは今季13得点目《リーグ・アン》2018.02.03 06:43 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第24節のマルセイユvsメスが2日に行われ、6-3でホームのマルセイユが勝利。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹、メスの日本代表GK川島永嗣はともにフル出場した。

▽直近のリーグ5戦で4勝1分けと負けのない3位マルセイユ(勝ち点48)が、直近5戦で3勝1分け1敗と同じく好調も最下位を脱出できていないメス(勝ち点18)をホームに迎えた一戦。

▽マルセイユは、勝ち点48で並びながらも得失点差を「4」上回られている2位リヨンを暫定で追い抜く可能性のある試合に、引き続き酒井を左サイドバックで先発起用。メスの川島も、リーグ10戦連続の出場となった。

▽試合は開始から間もなく大きな動きを見せる。6分、ボックス手前でボールを持ったサンソンが、ジェルマンとのワンツーでボックス中央フリーの状態に。GK川島は飛び出してボール奪取を試みるも、絶妙なタイミングでサンソンの足がもつれ、ボールに触ることができない。GK川島が不在となったゴールに、サンソンが流し込んで先制点とした。

▽さらに10分には、カウンターからトヴァンがメス陣内中央をドリブルで持ち上がり、右サイドががら空きに。広大なスペースに走り込んだサンソンがフリーでボールを受けてボックス内にクロスを供給すると、駆け込んだトヴァンが足で合わせ、GK川島の股下を射抜いた。

▽早めに点差を詰めたいメスは、25分に右CKを獲得する。高い弾道のクロスが上がると、飛び込んだマンジェクが強烈なヘディングシュートを放ったが、GKマンダンダが驚異的な跳躍力を発揮してゴール右上隅に飛んだボールをキャッチ。マルセイユにとって良い時間帯が続いていく。

▽前半終了間際の45分、ディフェンスラインからのロングフィード一本でジェルマンが抜け出し、ボックス内左に侵攻してシュート。GK川島は再び飛び出してシュートコースを狭めつつ身体に当てようとするが、阻むことはできず。DFディアニェがボールをかき出そうとするも、最後は詰めたトヴァンが押し込んだ。

▽ややチャンスの生まれつつあるメスだったが、結局3点のビハインドを抱えて試合を折り返すことに。

▽後半に入っても、マルセイユの勢いは止まらない。49分、右サイドでボールを持ったトヴァンがボックス内左にクロスを供給。DFリヴィエレーズの背後でマークを外したジェルマンがワンタッチで合わせ、チームの4点目とした。

▽さらに56分、左サイドからパイェがクロスを入れると、ボックス内ファーの位置でトヴァンが完全にフリーの状態に。落ち着いて足で流し込み、今シーズン13得点目となるハットトリックを決めた。

▽大差を付けたマルセイユは、60分に右SBを務めていたB・サールに代えてベディモを投入。酒井は主戦場である右SBにポジションを移すことに。

▽それでも74分、FKの流れからルーズボールを拾いボックス内で決定機を迎えたモレが左足を振り抜き、メスが1点を返すことに成功。しかし、直後の75分にはメスのディフェンスラインがオフサイドトラップに失敗し、GK川島はボックス内でトヴァンと途中出場のミトログルを相手取ることに。ボールを持っていたトヴァンがGK川島を引き付けて冷静に横に流し、ミトログルが流し込んだ。

▽84分には、モレが再び左足でシュートを沈め自身の2得点目。さらに、試合終了間際の90分にも途中出場のニアニェが得点を決めたが、追いつくことは叶わず。試合は6-3のスコアで終了を迎えた。

▽この結果、メスは今シーズン最多となる6失点を喫することに。対するマルセイユは終盤に立て続けの失点を許したものの、6戦負けなしで暫定2位に浮上することとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

酒井宏樹がフル出場のマルセイユがトヴァン弾で2位モナコを追走!《リーグ・アン》

▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは18日、リーグ・アン第26節でボルドーと対戦し、1-0で勝利した。酒井はフル出場を果たしている。 ▽リーグ戦7試合負けなしの3位マルセイユ(勝ち点52)が、ホームに7位ボルドーを迎えた一戦。ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグのブラガ戦を行い3-0と快勝したマルセイユは、その試合から先発を4人変更。オカンポスやエンジエ、マキシム・ロペス、B・サールに代えて酒井宏樹やトヴァン、サンソン、アンギッサを先発で起用した。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が続いた中、徐々に流れを引き寄せたマルセイユは23分に決定機。パイエの右CKをアンギッサがヘディングシュート。GKコスティルの弾いたボールをゴール左のジェルマンがダイレクトで狙ったが、シュートは再びコスティルの好セーブに阻まれた。 ▽その後、ポゼッションでボルドーを圧倒するマルセイユは、34分にセットプレーからスコアを動かす。パイエの左CKをニアサイドのトヴァンがヘディングでゴールに叩き込んだ。 ▽迎えた後半、先にチャンスを作ったのはマルセイユ。59分、パイエのスルーパスで抜け出したサンソンが相手GKとの一対一を迎えたが、シュートは飛び出したGKコスティルに当たり、戻ったDFにクリアされた。 ▽膠着状態の続く中、マルセイユは68分にパイエを下げてオカンポスを投入。さらに75分にはジェルマンを下げてエンジエ、87分にトヴァンを下げてマキシム・ロペスをピッチに送り出した。 ▽結局、試合は1-0で終了。前半のトヴァン弾で逃げ切ったマルセイユが、2位モナコ(勝ち点56)追走に成功している。 2018.02.19 06:57 Mon
twitterfacebook
thumb

途中出場酒井が2試合連続アシスト! ジェルマン2発などでマルセイユがホームで先勝!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、マルセイユvsブラガが15日に行われ、ホームのマルセイユが3-0で先勝した。なお、マルセイユのDF酒井宏樹は59分から途中出場した。 ▽MF南野拓実を擁するザルツブルクと同居したグループIを2位通過したマルセイユが、グループステージで対戦したヴィトーリア・ギマランエスと同じポルトガル勢のブラガと対峙したラウンド32初戦。 ▽国内リーグで2位に位置するマルセイユはモナコ、リヨンと熾烈なCL出場権争いの真っただ中にいるため、週末のボルドー戦を睨んで酒井やサンソン、トヴァンなど一部主力をベンチスタートとした。それでも、ルイス・グスタボやパイエ、ラミといった主力クラスがピッチに立った。 ▽試合は開始早々にホームチームがスコアを動かす。4分、相手陣内右サイド深くでボールを奪ったパイエがGKとDFの間に絶妙なグラウンダーのクロスを入れる。これをニアに走り込んだジェルマンがワンタッチで流し込んだ。 ▽ジェルマンの先制点で勢いづくマルセイユはその後も優勢に試合を運ぶ。19分にはゴール前に高く上がったボールに素早く反応したオカンポスがダイレクトシュートもGKの好守に遭う。 ▽前半半ばを過ぎると、試合は徐々に拮抗した展開となるが、地力で勝るマルセイユがより多くの決定機を作り出す。29分にはセットプレーのこぼれ球をエンジエが抑えの利いた強烈なミドルシュートで枠に飛ばすが、GKのファインセーブに遭う。続く42分にはパイエに決定機もシュートはクロスバーを叩き、前半のうちに追加点を奪うことはできず。 ▽迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。その中でマルセイユは59分、アマヴィを下げて酒井を左サイドバックとして投入する。64分にはパイエのクロスからゴール前のオカンポスに再び決定機も、ここは相手GKの好守に遭う。 ▽流れを変えたいガルシア監督は68分に切り札のトヴァンをピッチサイドでスタンバイさせる。すると、これに触発されたのか、交代予定だったジェルマンが再び魅せる。69分、左サイド深くのスローインの流れからマキシム・ロペスのスルーパスに抜け出した酒井が丁寧に折り返す。これをゴール前に走り込んだジェルマンがダイレクトシュートで決め切り、交代直前に大仕事をこなしたジェルマンはトヴァンとの交代時にスタンディングオベーションを受けた。 ▽酒井の公式戦2試合連続アシストでリードを広げたマルセイユは投入直後のエースが早速仕事を果たす。74分、ボックス手前でマキシム・ロペスと細かいパス交換を見せてゴール前に侵攻したトヴァンが得意の左足のシュートでネットを揺らした。 ▽この3点目で勝利を決定的なモノとしたマルセイユは最後まで相手に決定機を許さず、ホームで3-0の完勝。来週に敵地で行われる2ndレグを前に大きなアドバンテージを手にしている。 2018.02.16 05:38 Fri
twitterfacebook
thumb

酒井先制点アシストもマルセイユは2度のリード守り切れずドロー…《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第25節、サンテチェンヌvsマルセイユが9日に行われ、2-2のドローに終わった。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場した。 ▽前節、メスに6-3の快勝を収めた2位のマルセイユは、ミッドウィークに行われたクープ・ドゥ・フランスでも格下相手に9-0の圧勝を収めて公式戦2連勝。12位のサンテチェンヌのアウェイに乗り込んだ一戦では、酒井やジェルマン、トヴァンら主力を揃って先発に復帰させた。 ▽雪が降りしきる厳しいコンディションの中でスタートした一戦。試合はここ最近、攻撃陣が爆発しているアウェイチームが早々に動かす。4分、左サイドでボールを持った酒井が入れたクロスが相手DFに微妙にディフレクトしてファーサイドで待つトヴァンの元へ。ここでトヴァンが身体を倒しながら見事な左足のボレーで流し込んだ。 ▽酒井のアシストでエースに先制ゴールが生まれたマルセイユだが、緩い守備からすぐさま追いつかれる。9分、左サイドでDFラミがアムマに簡単に抜かれてゴール前を狙ったクロスを許す。ここでバンバ、モネ=パケの2人を1人でみる形となったDF酒井はニアでバンバに対応も、ボールは両者の間を抜けてファーでドフリーのモネ=パケへ。これを難なく流し込まれた。 ▽それでも、攻勢を続けるマルセイユは、今度は右サイドからの攻撃が機能する。20分、右サイドを攻め上がった右サイドバックのブナ・サールが低くて速いクロスをボックス中央へ供給。これを絶妙なタイミングで走り込んだサンソンが右足ダイレクトで合わせ、ゴール左隅に突き刺した。 ▽持ち味の攻撃力を発揮して再びリードを手にしたマルセイユはここから危なげない試合運びを見せる。しかし、前半終盤の43分にはゴールキックの際に足を痛めたGKマンダンダがプレー続行不可能となり、控えGKプレの投入を余儀なくされた。 ▽2-1で折り返した試合は後半に入ってより拮抗した展開に。互いに攻め合うものの、前半に比べて決定的な場面を作り出せない。この状況を打開したい両ベンチは積極的に動く。逃げ切りを図りたいマルセイユは67分、ジェルマンを下げてよりカウンター向きのエンジエを投入。対するサンテチェンヌはエンテプ、エルナニ、ベリッチと攻撃的なカードを切っていく。 ▽するとこの選手交代が試合を動かす。75分、右サイドでルーズボールを回収したサンテチェンヌは右サイド深くからバンバが浮き球のクロスを供給。これをファーサイドのベリッチが頭で流し込んだ。 ▽課題の守備が耐え切れず、再び追いつかれたマルセイユは失点直後にサンソンを下げてミトログルを投入。ここからリスクを冒して前に出るが、後半に入って攻め手を欠くチームは流れを引き寄せきれない。後半アディショナルタイムにはボックス右でこぼれ球に反応したトヴァンに絶好機も、左足のシュートはGKリュフィエのビッグセーブに阻まれた。2度のリードを生かせず逃げ切り失敗のマルセイユは、モナコの結果次第で3位転落の可能性が浮上した。 2018.02.10 06:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ディ・マリアのハットに終盤GKアウベス誕生! 4発PSGが8強進出! 酒井不出場のマルセイユも9発大勝《クープ・ドゥ・フランス》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は6日、クープ・ドゥ・フランスのラウンド16ソショー戦をアウェイで行い、4-1で勝利した。 ▽PSGは、この一戦に向けて3-0で完勝した直近のリーグ・アン第24節リール戦からスタメンを5名変更。ネイマールやダニエウ・アウベスらを休ませた一方で、ムバッペやラサナ・ディアラらを起用した。 ▽試合は開始早々にPSGが動かす。1分、ドラクスラーがピッチ中央付近でボールを奪うとカウンターが発動。右サイドを駆け上がるムバッペにボールが渡ると、ボックス内に精度の高いクロスが供給される。最後は完全にフリーとなっていたディ・マリアが頭で合わせてネットを揺らした。 ▽幸先の良いスタートを切ったPSGだったが、相手のクロスをカットしたクルザワが自陣ボックス内で処理にもたつくと、混戦気味に。ボールを拾ったマルタンが鋭いシュートを放ち、スコアを振り出しに戻す。 ▽それでも28分、ディ・マリアが相手陣内やや左を侵攻して左サイドをオーバーラップしたクルザワにボールを渡す。クルザワが中央にグラウンダーのクロスを入れると、反応したカバーニが足で合わせて勝ち越し弾とした。 ▽再び追う展開となったソショーは攻勢をかけようとしたものの、なかなかボールを持つことができない。試合はPSGがリードして折り返しを迎えることに。 ▽後半に入ると、再びPSGがスコアを動かす。58分、カウンターからヴェッラッティが持ち上がり、ボックス左のディ・マリアにラストパスを送る。すると、ディ・マリアが左足を振り抜いて豪快に決め切った。 ▽さらに62分、ボックス左でボールを持ったカバーニがカットインして右足で強烈なシュートを放つと、GKアティが弾き出す。こぼれたところにディ・マリアが詰め、ハットトリックとした。 ▽3点のリードを得たPSGは、68分にカバーニ、ヴェッラッティをダニエウ・アウベス、パストーレに代える2枚替えを敢行。さらに73分にはラサナ・ディアラに代えてモッタを起用するなど、差のついたゲームで強度の維持を試みた。 ▽そのままのスコアで試合を終えるかに思われたが、試合終了間際の90分にPSGに不運な出来事が発生。途中出場のFWロビネが裏に抜け出すと、反応してボックス外までクリアに出たGKトラップが交錯して倒してしまい、レッドカードが提示される。 ▽交代枠を3枚使い切った後だったため、ダニエウ・アウベスが急造GKとしてゴールマウスを守ることに。絶体絶命の展開となったが、ボックス手前やや左からのFKで直接狙ったタルディエのシュートは壁に阻まれ、そのまま試合が終了。ダニエウ・アウベスがGKとしてのプレーぶりを発揮する機会は与えられなかった。この結果、PSGが準々決勝に進出することとなった。 ▽また、日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは6日、クープ・ドゥ・フランスのラウンド16ブール・ペロンナ戦をアウェイで行い、9-0で圧勝。酒井はベンチ入りも出場しなかった。 ▽マルセイユは、試合開始早々の9分にルイス・グスタボがミドルシュートを決めて先制すると、続く12分にはボックス手前中央からのFKでパイェが追加点。勢いに乗ると、16分にはオカンポスがゴールに流し込み、20分、40分にはミトログルが得点して計5得点で圧倒して試合を折り返す。 ▽後半に入るとマルセイユの勢いはやや衰えたものの、展開は変わらず。48分、71分にはオカンポスが得点を重ね、ハットトリックを達成。さらに81分にもミトログルが頭で沈め、この試合2人目のハットトリック記録者に。 ▽8点差としたマルセイユは、攻撃の手を緩めずに89分にもPKを獲得。そして、これをエンジエが決めたところで試合が終了。マルセイユが準々決勝に進出する結果となった。 2018.02.07 07:25 Wed
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹がフランス語習得より大事だと感じること「日常会話は理解できるので…」

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は、フランス語を理解するよりも重要なことがあると話した。フランス『Canal+』が報じている。<br><br>酒井は2016年夏にハノーファーから加入以降、マルセイユで公式戦72試合に出場。確かな進歩を遂げ、チームにとって無くてはならない選手の一人となった。一方で、指揮官のリュディ・ガルシア監督からは冗談交じりで「フランス語の習得を」と度々メディアの前でコメントされており、語学面が課題の一つと考えられている。<br><br>酒井自身も課題であることを認識しつつ、もっと重要なことがあると語った。<br><br>「フランス語を理解するよりピッチ上での自分をより理解されるように努力しています。監督からの教えをもっと理解できれば、ストレスなくプレーできると思います。日常の会話より前に、チームとしての戦い方を学ぶようにします。日常会話はある程度わかりますしね」<br><br>今シーズンは左サイドバックとしても起用され、新境地を開拓しつつある酒井。今後の活躍に注目が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.06 17:29 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース