90年イタリアW杯でイタリア代表を率いたビチーニ氏が84歳で死去2018.02.02 15:24 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリアサッカー連盟(FGCI)は1月31日、かつてイタリア代表監督を務め、1990年のイタリア・ワールドカップで3位に導いたアゼリオ・ビチーニ氏の死去を発表した。84歳だった。

▽ビチーニ氏は、現役時代はヴィチェンツァやサンプドリア、ブレシアでプレー。1966年に現役を退くと、1967年からブレシアで監督を務めていた。

▽その後は、U-23イタリア代表、U-21イタリア代表監督を務め、U-21イタリア代表監督は10年間指導。1986年にA代表の監督に就任していた。

▽イタリア代表監督としては、前述のイタリアW杯で指揮。ロベルト・バッジョ、サルバトーレ・スキラッチを起用し順調に勝ち上がったが、準決勝でディエゴ・マラドーナ擁するアルゼンチン代表に敗れ敗退。チームは3位に終わっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

世界1位は936億円超のCL3連覇のレアル・マドリー! 前回1位のユナイテッドは3位に

世界で最大規模を誇る会計事務所『デロイト』が、2017-18シーズンの「フットボール・マネーリーグ」の結果を発表した。 「フットボール・マネーリーグ」とは、デロイト社が毎年行っているもの。世界各国のサッカークラブを対象に、入場料収入や放映権収入、スポンサー収入などを集計し、ランキング化したものだ。 2017-18シーズンの1位に輝いたのは、チャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げたレアル・マドリー。その額は7億5090万ユーロ(約936億4600万円)となり、12回目の1位に輝いた。 2位にはバルセロナが入り、6億9040万ユーロ(約861億200万円)、2016-17シーズンの1位だったマンチェスター・ユナイテッドは3位に下がり、6億6660万ユーロ(約831億3400万円)だった。 ブンデスリーガ王者のバイエルンが4位に入り、6億2920万ユーロ(約786億7000万円)、プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティは5位で5億6840万ユーロ(約708億9000万円)となった。 リーグ・アン王者のパリ・サンジェルマンは1つ順位を上げて5億4170万ユーロ(約675億5800万円)で6位、チャンピオンズリーグ準優勝のリバプールは2つ順位を上げ5億1370万ユーロ(約640億6500万円)で7位に入った。 その他、2017-18シーズンは20年ぶりにチャンピオンズリーグ出場を逃したアーセナルが3つ順位を落とし9位となり4億3920万ユーロ(約547億7500万円)で減収している。 また、ローマ(2億5000万ユーロ/約311億7800万円)、ミラン(2億770万ユーロ/約259億500万円)、ニューカッスル(2億150万ユーロ/約251億3200万円)が新たにトップ20にランクイン。一方で、2016-17シーズンは14位だったレスター・シティ、18位のサウサンプトン、19位のナポリがトップ20から外れた。 ◆「デロイト・フットボール・マネーリーグ 2019」トップ20 <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">1位:レアル・マドリー(昨年2位)</span> 2017-18/7億5090万ユーロ(約936億4600万円) 2016-17/6億7460万ユーロ(約841億3000万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">2位:バルセロナ(昨年3位)</span> 2017-18/6億9040万ユーロ(約861億200万円) 2016-17/6億4830万ユーロ(約808億5200万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">3位:マンチェスター・ユナイテッド(昨年1位)</span> 2017-18/6億6660万ユーロ(約831億3400万円) 2016-17/6億7630万ユーロ(約843億4400万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">4位:バイエルン(昨年4位)</span> 2017-18/6億2920万ユーロ(約786億7000万円) 2016-17/5億8780万ユーロ(約733億700万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">5位:マンチェスター・シティ(昨年5位)</span> 2017-18/5億6840万ユーロ(約708億9000万円) 2016-17/5億2770万ユーロ(約657億2400万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">6位:パリ・サンジェルマン(昨年7位)</span> 2017-18/5億4170万ユーロ(約675億5800万円) 2016-17/4億8620万ユーロ(約606億3600万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">7位:リバプール(昨年9位)</span> 2017-18/5億1370万ユーロ(約640億6500万円) 2016-17/4億2420万ユーロ(約529億円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">8位:チェルシー(昨年8位)</span> 2017-18/5億570万ユーロ(約630億6800万円) 2016-17/4億2800万ユーロ(約533億7700万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">9位:アーセナル(昨年6位)</span> 2017-18/4億3920万ユーロ(約547億7500万円) 2016-17/4億8760万ユーロ(約608億1000万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">10位:トッテナム(昨年11位)</span> 2017-18/4億2830万ユーロ(約534億1500万円) 2016-17/3億5950万ユーロ(約448億3500万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">11位:ユベントス(昨年10位)</span> 2017-18/3億9490万ユーロ(約492億5000万円) 2016-17/4億570万ユーロ(約506億円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">12位:ドルトムント(昨年12位)</span> 2017-18/3億1720万ユーロ(約395億6000万円) 2016-17/3億3260万ユーロ(約414億8000万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">13位:アトレティコ・マドリー(昨年13位)</span> 2017-18/3億440万ユーロ(約379億2800万円) 2016-17/2億7250万ユーロ(約339億8500万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">14位:インテル(昨年15位)</span> 2017-18/2億8080万ユーロ(約350億2000万円) 2016-17/2億6210万ユーロ(約326億8800万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">15位:ローマ(トップ20圏外)</span> 2017-18/2億5000万ユーロ(約311億7800万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">16位:シャルケ(昨年16位)</span> 2017-18/2億4380万ユーロ(約304億500万円) 2016-17/2億3020万ユーロ(約287億1000万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">17位:エバートン(昨年20位)</span> 2017-18/2億1290万ユーロ(約265億5000万円) 2016-17/1億9920万ユーロ(約248億4300万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">18位:ミラン(トップ20圏外)</span> 2017-18/2億770万ユーロ(約259億500万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">19位:ニューカッスル(トップ20圏外)</span> 2017-18/2億150万ユーロ(約251億3200万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">20位:ウェストハム(昨年17位)</span> 2017-18/1億9790万ユーロ(約246億8300万円) 2016-17/2億1330万ユーロ(約266億円) 2019.01.24 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

“スポーツライフは終わった”フットボーラーを諦めたボルトが新たな人生へ

元陸上短距離選手のウサイン・ボルト(32)は、プロサッカー選手になる夢を諦めたようだ。 2017年に陸上を引退後、子どもの頃からのだったと語るプロフットボーラーへの転身を目指して、練習やトライアルに励んでいたボルト氏。ドルトムントの練習に参加した時には、華麗な足技を披露し、プロ相手にナツメグをかましていた。 マルタのバレッタというクラブからのオファーがあった世界最速男は、最近ではオーストラリア・Aリーグのセントラルコースト・マリナーズでトライアルを受け、練習試合では2得点を記録する活躍を披露。だが、同クラブとの契約には至らず、昨年末にディエゴ・マラドーナ氏が監督に就任したメキシコのドラドスへの加入も見送られ、最終的にプロになる夢を諦めたようだ。イギリス『ガーディアン』がボルト氏のコメントを紹介している。 「今まで楽しかったよ。適切に対処されなかったとは言いたくないけど、我々が進む道ではなかったと思う」 「いい経験になったよ。チーム一員になれたことは本当に楽しかった」 「僕はいま多くのことに取り組んでいる。スポーツライフは終わったんだ。今は別のビジネスに動いているよ」 「いろんなパイプラインを持っていてね。ビジネスマンになるためにあらゆることに挑戦しているんだ」 2019.01.23 15:23 Wed
twitterfacebook
thumb

サラの消息不明にハリルホジッチ監督も心痛「最悪の事態を想定」

ナントのヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、行方不明となったエミリアーノ・サラについてコメントした。フランス『レキップ』が報じた。 今シーズン途中からナントの指揮官に就任したハリルホジッチ監督は、低迷していたチームの立て直しに成功。その中で一役買っていたのが、サラだった。 チームのエースとして、前半戦で自身のキャリアハイに並ぶ12ゴールを記録。しかし、19日にカーディフ・シティへと完全移籍が発表されていた。 サラがチームを退団することは、ナントにとって大きな痛手となったが、そのサラはカーディフ行きの飛行機とともに消息が不明に。捜索も難航している状況だが、ハリルホジッチ監督がその胸中を明かした。 「とてもデリケートな時期だ。そして、今はとても難しい状況だ」 「我々は待っている。しかし、多くの幻想を見てはいけない。我々は最悪の事態を想定している」 サラと飛行機の捜索は一旦中断。23日の日の出とともに再開されることとなっている。 2019.01.23 11:13 Wed
twitterfacebook
thumb

飛行機とともに行方不明のサラ、日没のため捜索は一旦中断

小型飛行機とともに消息が不明となっているアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(28)だが、飛行機の捜索は一旦中断されたようだ。イギリス『BBC』が報じている。 サラは、今冬の移籍市場で、ナントからカーディフへと完全移籍。カーディフ史上最高額での獲得となり、後半戦に向けて大きな期待が寄せられていた。 ガーンジー警察は、カーディフ行きのフライトに関して、「痕跡はなかった」と発表し、22日夜の捜索を一旦中断。日の出から再開するとしている。 捜索結果については「船上からはそういった兆候が見出せなかった」とし、飛行機が海に着陸、または墜落した可能性が見当たらないと発表。一方で、「もし彼らが水上に着陸したのであれば、残念ながら現時点での生存の可能性は低いだろう」としている。 捜索チームの最高責任者であるジョン・フィッツジェラルド氏は「海の温度と海の状況によって、誰かが生存しているとわかる可能性は常に減って行く」とコメント。「海水温は非常に冷たく、水中の人間の体温を急速に低下させる」とし、海に投げ出されている場合の生存の低さを語った。 サラは、前日本代表指揮官であるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下、今シーズンはリーグ・アンで躍動。前半戦だけでキャリア最多タイの12ゴールを記録する活躍を見せていた。 19日にカーディフと契約し、一旦ナントに戻ったサラは、チームメイトに挨拶を済ませカーディフへと空路で移動。しかし、英国海峡に浮かぶチャンネル諸島付近で消息を絶ったとされ、捜索が行なわれていた。 なお、小型飛行機は、5000フィート付近を飛行中にジャージー航空管制にエマージェンシーを送り、着陸を要求。その後、2300フィートまでの間に連絡が絶たれたとされている。行方不明になった場所は、多くの難破船が生まれる場所として、船乗りの間では悪名高い場所だった。 2019.01.23 09:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ガーナの汚職事件を追っていた記者が射殺される

昨年6月に発覚したガーナサッカー協会による汚職疑惑を追っていたガーナ人ジャーナリストが何者かによって射殺される事件が起きた。フランス『フランス・フットボール』が伝えている。 記事によると、ガーナサッカー協会による汚職に関する調査を行っていたジャーナリストのアーメド・フセイン氏が、同国の首都アクラで射殺されたという。同氏は同僚が設立した『アンダーカバー・レポーターズ』というチームの一員で、昨年6月に汚職を摘発した。 伝えられるところによれば、警察は、フセイン氏は首や胸を撃たれ殺害されたと説明。犯人はまだ捕まっていないようだ。また、ガーナのメディア委員会はこの行為を非難し、徹底的な調査を進めるよう警察に求めている。「この犯罪の加害者を捕まえることは国家にとって重要なことである」と、委員長は述べている。 事件は昨年6月、ガーナの審判団66名と協会職員14名が、多額の賄賂を受けとっていることが発覚して起こった。その中にはクウェシ・ニャンタキー会長(写真)も含まれていたとされており、同会長を含むガーナサッカー協会の職員らが逮捕されていた。 2019.01.17 20:53 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース