選手にキックかました主審、処罰確定 3カ月間の職務停止2018.02.02 11:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『BBC』は1日、選手にキックをかまして物議を醸したトニー・チャプロン主審に対する処罰が確定したと報じた。

▽チャプロン主審は、1月14日に行われたリーグ・アン第20節のナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)を担当。偶発的に自身と接触したナントDFジエゴ・カルロスにキックをお見舞いした挙句、2枚目の警告で退場を宣告した。

▽後日、選手自身に謝罪したチャプロン主審だったが、フランスサッカー連盟(FFF)は15日に処分を科すことを発表。1日に行われた懲戒委員会の審議により、3カ月間の職務停止および3カ月の執行猶予が決定したという。

▽チャプロン主審はフランス出身の45歳。2004年からフランスのトップリーグで主審を務め、2014年の国内リーグカップ決勝を含めて400試合以上を担当したキャリアを持つ。

コメント

関連ニュース

thumb

ブッフォン、古巣加入のC・ロナウドに「ユーヴェが彼に失望させられることはもうない」

今シーズンからパリ・サンジェルマンでプレーするGKジャンルイジ・ブッフォンが13日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。古巣ユベントスを称賛した一方、デビューを果たしたばかりのリーグ・アンでの感想も述べている。<br><br>40歳のブッフォンは今夏、17年間所属したユベントスを退団し、PSGで新たな一歩を踏み出したが、古巣には特別な思いを抱いている。ユベントスを称賛したほか、レアル・マドリーから加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについても太鼓判を押した。<br><br>「彼ならこれまでのチームと同様に力を発揮してくれるだろう。近年、ユーヴェは彼に何度もがっかりさせられてきたが、もうがっかりさせられることはないだろう。重要なライバルを取り除き、自分の家へ連れ帰ったのだから。もはやユベントスには驚かない。経営力があるし、偉大な会長がいる。サポーターもいるし、歴史もある。選手たちも非常に重要でまじめな人ばかりだ。もしユーベが優勝できないとしても、その近くまで行けるだろう」<br><br>元ユベントスGKは12日、リーグ・アン第1節カーン戦に出場し、リーグ戦デビューを飾った。4日に行われたモナコとのトロフェ・デ・シャンピオンに引き続き、相手チームに1点も許さず、3-0での勝利に貢献。だがブッフォンは気を引き締めた。<br><br>「パルク・デ・プランスでプレーすることは、待ち望んでいたよ。僕の出番もあったけど、当然かな。僕はGKだし、シュートを止めるためにここにいるんだ。だがもう守備陣の要になったなどとは思っていない」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.14 18:34 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG新指揮官トゥヘル、連覇に向け好発進も改善点口に…ブッフォンはホームスタジアムに感銘

パリ・サンジェルマンのDFチアゴ・シウバとトーマス・トゥヘル監督は、開幕戦の勝利を喜んだ。<br><br>12日に行われたリーグ・アン開幕戦でPSGはカーンと対戦。10分にネイマールが先制点を挙げると、その後もアドリアン・ラビオ、ティモシー・ウェアが追加点を奪い、またチアゴ・シウヴァやジャンルイジ・ブッフォンら守備陣もカーンの反撃をゼロに抑え、3-0で快勝した。<br><br>試合後、キャプテンのシウバはフランス『カナル+』で「最高の試合ができたと思う。特に前半は良かった。でも、まだ100%ではない。何人かの選手は合流が遅れ、準備ができていない。だから僕たちにはまだまだ改善の余地があると思う」と勝利を喜ぶとともに先を見据えた。<br><br>そして、先日ミランの幹部に就任したレオナルド氏からコンタクトがあったかと問われた同選手は「彼は電話をかけてこなかった。僕はパリで幸せだ。それに契約もある。ここでキャリアを終えられると願っている」と残留を強調した。<br><br>一方、今夏にPSGの指揮官に就任して、リーグ開幕戦で白星を飾ったトーマス・トゥヘル監督はアドリアン・ラビオの去就に関する質問に答えた。「ラビオ? 彼が残るかは定かではない。私は残留を望んでいるが、彼次第だ。最高のポテンシャルを彼は持っているのだから、まだまだ良くなることができる。彼はトッププレーヤーになれるが、そのためには我々と一緒に戦わなければならない」<br><br>そして、PSGで幸せかと問われた同指揮官は「もちろん幸せだ。最初の2試合で2度勝利をつかめたんだ。しかし、我々にはまだまだ改善すべき部分がある」とコメントを残した。<br><br>また、リーグ・アンデビューとなったブッフォンは「パルク・デ・プランスには特別なエネルギーがあった。この試合への熱を感じたよ。チームメイトやファン全員からね。勝利できて、そして2試合連続で無失点を続けられたからハッピーだよ」と話している。<br><br>開幕戦に勝利したPSGは、18日の第2節でギャンガンと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2018.08.13 08:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ニース指揮官ヴィエラ、悪童バロテッリの退団を容認「彼が残留することはないだろう」

これまでニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリには移籍のうわさが浮上していたが、指揮官パトリック・ヴィエラも教え子の退団を容認しているようだ。<br><br>11日に行われたリーグ・アン第1節で、ニースはスタッド・ランスをホームで迎え撃った。ニースは開始2分で失点してしまうと、その後は試合の大半で主導権を握りながらも1点が遠く、0-1で開幕ゲームを落としている。<br><br>試合後、この試合でバロテッリがベンチ外だったことについて指揮官ヴィエラは「マリオは異なるチームに移りたいと主張していたので、この試合では戦力として想定していなかった」とコメント。<br><br>「彼がここに残留することはないだろう。我々は選手たちの自主性やモチベーションを重視する。ここを去りたいと言っている選手をつなぎ止める理由はないので、彼の移籍を後押しするよ」<br><br>ヴィエラ監督は現役時代に同僚だったバロテッリの退団を容認した一方で、その動きは停滞している状況だ。<br><br>今夏の移籍市場でバロテッリにはマルセイユ、パルマ、ボローニャ、トリノ、ドルトムントなどが関心を示していたが、いずれも具体的な段階まで話は進展せず。指揮官ヴィエラはバロテッリを構想外と見ているだけに、ニース退団は確実と見られるが、果たしてイタリアの悪童はどのチームに新天地を求めるのか。引き続きその動向が注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2018.08.12 13:55 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井開幕フル出場マルセイユは4発快勝スタート! 今季から採用のVARが早速活躍《リーグ・アン》

▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは10日、リーグ・アン開幕戦でトゥールーズと対戦し、4-0で勝利した。酒井はフル出場している。 ▽昨季を4位で終え、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したマルセイユが、昨季18位のトゥールズを本拠地ベロドロームに迎えたホーム開幕戦。試合は満員となったスタジアムの大歓声を受けるマルセイユが、立ち上がりから押し気味に進める。 ▽すると、前半終了間際にマルセイユが均衡を破る。42分、マキシム・ロペスの右クロスをゴール前でジェルマンが頭で合わせると、後方で守っていたケルビン・アミアンの広げた手に当たり、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末にPK判定となった。そしてキッカーのパイエがゴール左へ決めてマルセイユが先制に成功した。 ▽後半に入っても主導権を握るマルセイユは、62分に追加点。ボックス右でボールを受けたオカンポスが相手DFの寄せにボールをロストするも、これを拾ったB・サールがゴール右からシュート。これはGKレネに弾かれたが、こぼれ球をパイエが押し込んだ。 ▽リードを広げたマルセイユは、試合終了間際の89分にも決定機。サンソンのロングパスで相手DFの裏に抜け出したジェルマンがボックス内まで侵攻すると、冷静にゴール右隅へシュートを流し込み、試合を決定づける3点目。 ▽さらに93分にも、アマヴィのクロスをゴール前のトヴァンがワントラップから流し込み、4-0で試合終了。マルセイユが2018-19シーズンの開幕戦を快勝で飾った。 2018.08.11 05:50 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン・シーズンプレビュー】フランスのW杯優勝で注目集まるもPSG連覇濃厚か

▽2018-19シーズンのリーグ・アンが8月10日(金)に開幕を迎える。昨シーズンは、FWネイマール、FWムバッペの加入で沸いたパリ・サンジェルマン(PSG)が圧倒的な強さを見せて2シーズンぶりの優勝を果たした。ロシア・ワールドカップでのフランス代表の優勝で俄然注目を集める今季の覇権の行方はいかに。 ◆戦術マニアの新指揮官との相性に懸念も連覇に死角なし~パリ・サンジェルマン~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180809_102_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽本命は連覇を目指すパリの巨人だ。今夏の移籍市場序盤にはエースのFWネイマール、W杯でさらに評価を高めたFWムバッペ、FWカバーニの前線3選手に揃って移籍の噂が出ていたものの、いずれも残留の可能性が高くなっている。そのほかのポジションでは換金対象だったDFユーリやMFパストーレの放出、FWゴンサロ・ゲデスらの今後の放出、MFモッタの現役引退によってやや戦力値を落としたものの、補強ポイントのGKに百戦錬磨のベテランGKブッフォンをフリーで獲得。加齢によるパフォーマンスの低下は否めないが、そのリーダーシップと経験は大きなプラス要素をロッカールームにもたらすはずだ。 ▽また、良くも悪くも今夏の注目ポイントはエメリ前監督に代わって新指揮官に就任するトゥヘル監督だ。複数のシステムや柔軟な選手起用からブンデスリーガ屈指の戦術家と評されるドイツ人指揮官だが、ドルトムント時代には自身のスタイルに固執するあまりスター選手の扱いがおざなりになった結果、求心力を失い解任に至った経緯もありネイマールを筆頭に曲者揃いのスター軍団のマネジメントに不安を残す。プレシーズンでは[3-4-3]の布陣をメインに使っていたが、主力の復帰に伴いどんな戦い方を採用するのか注目したい。 ◆大エース残留濃厚でPSGのライバル筆頭に~リヨン~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180809_102_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽対抗は、昨季の3位チームのリヨンだ。ジェネジオ監督の下で攻守にバランスの取れた安定した戦いを昨季見せたリヨンに関してはシーズン終了時に退団が決定的となっていたエースでキャプテンのFWフェキルの残留の可能性が高まっている。さらに、MFエンドンベレやFWマリアーノ、FWデパイらその他の主力の慰留にも成功した。 ▽また、今夏の移籍市場ではバレンシアに去ったDFディアカビの後釜にリストアップしたバルセロナDFミナらの獲得に失敗したものの、リーグ屈指の右サイドバックのDFデュボワをナント、快速アタッカーのFWテリエをストラスブール、イングランド期待の若手FWのグリフィスをトッテナムから獲得しており、若きタレントの加入により選手層が増している。その一方で、今季は2シーズンぶりのチャンピオンズリーグ(CL)参戦となるため、巨大戦力を誇るPSGからの覇権奪還に向けては二足の草鞋を履く年内の戦いが重要になる。 ◆エースFW獲得が急務! 3年目酒井は更なる高みへ~マルセイユ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180809_102_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3番手には日本代表DF酒井宏樹を擁する昨季4位チームにしてヨーロッパリーグ(EL)ファイナリストのマルセイユを挙げたい。アメリカ人の新オーナーの就任に伴い、積極的な補強でクラブの立て直しに成功したマルセイユだが、更なる飛躍を求められる今季はCL出場権獲得が第一の目標となる。ただ、今夏の移籍市場ではエースFWトヴァンやMFサンソンらの慰留に成功した一方、ここまでの補強はレッドブル・ザルツブルクからクロアチア代表DFチャレタ=ツァルを獲得したのみ。逆に守備的MFとして主力を担ったザンボ=アンギッサがクリスタル・パレスに移籍し、プラスマイナス0という状況だ。 ▽PSGとリヨンに食い下がるためにはチーム最大の補強ポイントである、エースストライカーの獲得が急務だ。ここまではニースFWバロテッリ、チェルシーFWジルーの獲得に動いてきたもののいずれの交渉も停滞しており、移籍市場閉幕までにいずれの選手か新たな選手を獲得する必要がある。なお、マルセイユ2年目となった昨季に左右のサイドバックに3バックの一角と獅子奮迅の活躍を見せた酒井はW杯の舞台でもマルセイユでの充実ぶりを窺わせるハイレベルのパフォーマンスを披露しており、今季はいよいよリーグ最高のサイドバックを目指すシーズンになるはずだ。 ◆主力大量流出で新星台頭必須~モナコ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180809_102_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は終盤に勝負強さを見せて最終的に2位フィニッシュしたモナコだが、今季はより一層厳しいシーズンが予想される。FWムバッペ、MFベルナルド・シウバ、MFバカヨコ、DFメンディらが引き抜かれた昨夏に続き、今季はここまでMFファビーニョ、MFモウティーニョ、MFレマルと3人の主力が流出することに。代わって加入したのはW杯で活躍したロシア代表MFゴロビンやDFバレッカ、MFアホルと戦力値の低下は避けられないところだ。さらに、主力FWケイタにインテル行きの噂も出ており、仮に同選手まで引き抜かれれば、昨夏以上に厳しいシーズンになるはずだ。 ▽そのため、移籍市場終了までに数人の即戦力の獲得が急務だ。また、加入1年目で期待を裏切ったFWヨベティッチやMFティーレマンスらの奮起も必要となる。また、育成路線に切り替えた中で第2のムバッペやレマル、ベルナルド・シウバらの台頭にも期待したい。その候補としてイタリア人FWペッレグリ、スペイン人FWムボウラ、フランス人FWジーベルズら3人のティーンエイジャーの名前を挙げたい。 ◆ヴィエラ率いるニースや各クラブの逸材に注目~そのほかのチーム~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180809_102_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は4位のマルセイユと5位レンヌの勝ち点が20近く開いていたこともあり、優勝争いに関しては前述の4チームの争いになることに間違いない。それ以外の16チームに関しては資金力などの影響で少なからず差はあるものの、昨季同様に混戦が予想される。 ▽その中で注目チームはかつてアーセナルやユベントスで活躍した元フランス代表MFのパトリック・ヴィエラ新監督が率いるニースだ。ドルトムントにステップアップしたファブレ監督の下、昨季8位に入ったニースだが、絶対的司令塔のセリ、FWバロテッリと共にゴールを量産したFWプレア、主力DFマルロンらが揃って移籍。さらに、現時点で実績のある後釜の加入はなくヨーロッパのトップリーグで監督初挑戦のヴィエラ監督は難しい船出となりそうだ。これまでレ・ブルーの黄金期を支えた同年代の選手ではジダンやデシャン、ブランが指揮官として実績を残している一方、リザラズやマケレレらは思うように成績を残せておらず、ヴィエラ監督は前者の道を歩むのか、はたまた後者の道をたどるのか。 ▽リールにビエルサ監督、ナントにラニエリ監督が就任した昨季と異なり、前述の4チーム以外にトピックが少ない今季のリーグ・アンだけに最後は各クラブの注目選手に関して少し紹介したい。 ▽まずはロシアW杯の日本代表戦で躍動したセネガル代表でレンヌに所属するFWイスマイラ・サール。爆発的なスピードとパワー、決定力を兼ね備えた20歳の逸材は今季15ゴール以上が期待される。 ▽サールと同様に個での打開力のあるアタッカーではリールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)やニースのフランス人FWアラン・サン=マクシマン(21)も昨季に圧巻のパフォーマンスを見せており、今季も躍動が期待される。 ▽また、PSGとギャンガンに所属するジョージ・ウェアとリリアン・テュラムの息子である、FWティモシー・ウェアやFWマルクス・テュラムにも注目。さらにユベントスやバルセロナも関心を示すアンジェの逸材左サイドバックのアイト・ヌーリらも今季の活躍が期待されている。 2018.08.10 18:01 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース