選手にキックかました主審、処罰確定 3カ月間の職務停止2018.02.02 11:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『BBC』は1日、選手にキックをかまして物議を醸したトニー・チャプロン主審に対する処罰が確定したと報じた。▽チャプロン主審は、1月14日に行われたリーグ・アン第20節のナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)を担当。偶発的に自身と接触したナントDFジエゴ・カルロスにキックをお見舞いした挙句、2枚目の警告で退場を宣告した。

▽後日、選手自身に謝罪したチャプロン主審だったが、フランスサッカー連盟(FFF)は15日に処分を科すことを発表。1日に行われた懲戒委員会の審議により、3カ月間の職務停止および3カ月の執行猶予が決定したという。

▽チャプロン主審はフランス出身の45歳。2004年からフランスのトップリーグで主審を務め、2014年の国内リーグカップ決勝を含めて400試合以上を担当したキャリアを持つ。
コメント
関連ニュース
thumb

ヴェッラッティ重傷か トゥヘルの見解は…

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督がイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティの重傷を懸念した。フランス『Canal+』が報じた。 PSGは19日にホームで行われたリーグ・アン第21節でギャンガンと対戦。フランス代表FWキリアン・ムバッペとウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの“ダブルハット”達成もあり、9-0で爆勝した。だが、この試合に先発したヴェッラッティは19分に左足首を痛めてピッチを去り、そのまま病院に直行。トゥヘル監督は試合後、ヴェッラッティについて次のように語った。 「良いニュースはない。深刻だと思う。起こり得る最悪の出来事だ。悲しさと嬉しさがある。良いスピリットとクオリティを示して、9-0で勝利したのだからね。だが、マルコ・ヴェッラッティに関しては残念だ。数週間ほど離脱する可能性がある」 PSGは現在、移籍志願のフランス代表MFアドリアン・ラビオがリザーブチームに降格したこともあり、ボランチの陣容が手薄な状況。ヴェッラッティは2月12日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのマンチェスター・ユナイテッド戦に間に合うのだろうか。 2019.01.20 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

昌子源が仏デビュー トゥールーズの完封勝利に貢献《リーグ・アン》

トゥールーズに移籍した日本代表DF昌子源が新天地デビューを果たした。 トゥールーズは19日に敵地で行われたリーグ・アン第21節でニームと対戦。遠征メンバー入りの昌子は3バックの左でフル出場した。 試合は42分、元アーセナのヤヤ・サノゴが右サイドからのクロスに合わせ、トゥールーズが先制。その1点を守り抜き、1-0で勝利した。 トゥールーズは3試合ぶりの白星。6勝7分け8敗の勝ち点25で暫定13位につけている。 ニーム 0-1 トゥールーズ 【トゥールーズ】 ヤヤ・サノゴ(前42) 2019.01.20 08:10 Sun
twitterfacebook
thumb

昌子源が19日ニーム戦で仏デビューも?アウェー戦の遠征メンバー入り

リーグ・アン第21節で、トゥールーズはアウェーでニームと戦う。この一戦で昌子源がフランスデビューする可能性がある模様。<br><br>フランスメディア『レキップ』は「1月上旬に加わった昌子源は、OL(リヨン)戦まで登録の関係で間に合わなかったが、リーグ・アン第21節ニーム戦の遠征メンバーに入っている」と伝え、昌子が次節リーグ戦デビューする可能性があると強調した。<br><br>またフランス紙『Ladepeche』も「登録などの関係もあり前節まで間に合わなかったが、トゥールーズにとってニーム戦は日本のセンターバックを披露する機会になるかもしれない」と伝えている。<br><br>トゥールーズは13日に第20節ストラスブール戦、16日には第17節順延分のリヨン戦があったものの、ともに昌子はメンバー入りはならず、ベンチから外れて試合を見守ることに。だが現地時間19日のニーム戦では遠征メンバー入りを果たしており、昌子がピッチに送り出される可能性があるようだ。<br><br>果たして昌子のリーグ・アンデビューはニーム戦で実現するのか。ニームとトゥールーズの一戦は、現地時間19日20時(日本時間20日4時)キックオフとなる。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.19 19:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「少しの間嫌いになるかもね」アンリ、親友ヴィエラとの指揮官として初対決に意気込む

モナコのティエリ・アンリ監督が、かつての盟友との対戦を前に意気込みを語った。<br><br>リーグ・アンは16日に第17節の延期分が開催される。現在19位と苦しむモナコは、ホームに8位ニースを迎え、&ldquo;コートダジュール・ダービー&rdquo;に臨むことになる。<br><br>今回の一戦は、指揮官の対戦に大きな注目が集まっている。アンリ監督とニースのパトリック・ヴィエラ監督は、アーセン・ヴェンゲル氏が率いるアーセナルで無敗優勝を達成するなど、数多くのタイトルを獲得。さらに、フランス代表としては1998年にワールドカップも制すなど、ともに数々の栄光を収めてきた。<br><br>フランス紙『レキップ』は、16日付けの一面に&ldquo;Sons of Wenger(ヴェンゲルの子供達)&rdquo;という言葉とともに両者の写真を掲載。指揮官としての初対決をへ向け、大きな盛り上がりを見せている。<br><br>会見に臨んだアンリ監督は、かつての盟友について以下のように語った。<br><br>「彼は友達であり、私が憧れる男でもある。選手としてだけではなく男としてね」<br><br>「だが、これはモナコとニースの対戦であることが最も重要な事だ。少しの間、お互いを嫌いになるかもね」<br><br>なお、モナコには先日MFセスク・ファブレガスが加入。ヴェンゲル政権下のアーセナルでプレーした3選手の姿を、同じピッチで拝めることになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 21:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「これからもPSGとともに…」カバーニ、チェルシー行きが報じられるもフランスで幸せと強調

パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、チェルシー行きの噂が流れているものの現状に幸せを感じていると話した。<br><br>今冬の移籍市場が開幕した1月上旬から、ストライカーの獲得を目指すチェルシーがカバーニの獲得に興味。ウルグアイ代表FWの獲得に向けてPSGに5000万ポンド(約70億円)を支払う意思があったと考えられていた。過去にはネイマールとの不仲説が報じられ、退団に大きく傾いていたとされる同選手だが『Goal』に対して、フランスの地でプレーすることに喜びを感じており、今後も同チームの一員としてプレーしたいとの考えをあらわにした。<br><br>「フットボールだけではなくて、人生においても、人として常に成長しようと努力し、目標を持つ必要があると思う。僕の目標は毎年同じだ。勝利すること、100%のコンディションを維持すること、PSGとともにできる限り歩み続けることだ。個人的に難しい時期を送っているけれど、ハードワークを続けることだけが成功や結果につながる唯一の方法だと思う。常に100%で取り組み、チームメイトのためにベストを尽くしたい」<br><br>「アップダウンのある困難な時だとしても、僕を妨げるものは何もない。なぜなら選手である限りキャリアの中で我慢するときは誰にだって必ず訪れるとわかっているからだ。チームを助けたいと考えているからこそ、ゴールを奪えない状況に満足できないのは当然だ。ゴールを奪うことはセンターフォワードとしての僕に課された役割だ」<br><br>昨夏に就任したトーマス・トゥヘル監督の下、PSGはここまでリーグ戦で無敗を維持し、2位以下に勝ち点13差をつけて独走。ここ7年間で6度目のリーグ・アン制覇もすでに手中に収まっていると考えられている。さらに、チャンピオンズリーグでも強豪ひしめくグループを首位で通過するなど好調をキープする。これを受け、カバーニは今シーズンよりチームを率いるドイツ人指揮官の手腕を称賛した。<br><br>「コーチがチーム内のポジティブな雰囲気を作り出している。それに、フィールド内外で選手たちが少しずつ今まで以上に繋がりを持てるように彼が管理している。これは簡単なことではない。でも、僕たちは団結していると感じているし、友達のような気分だ。僕たち全員はこの状態が続いてほしいと願っている。ゆっくりだけれど、確実にチームとしてさまざまな局面に向かい合うことができている。このことが僕たちをさらに上のレベルへ導いてくれると信じている」<br><br>一方で、9日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ準々決勝では、ギャンガンに1-2で敗れて6連覇の夢が潰えた。この敗戦についてカバーニは「フットボールでは起こり得ること」と話し、以下に続けた。<br><br>「ときどき全員が揃って戦えるけれど、ある時には何人かの選手が出場できず、代わりの選手を必要とするときがある。これは至って普通のことだ。2019年の始まりに過ぎないし、僕たちはウィンターブレイクを取っていた。カップ戦での戦いは終わったけれど、シーズン前半でチャンピオンズリーグのグループリーグ突破を決め、リーグ戦では首位を走っている。他のチームも良くなっているけれど、僕たちだってこれからも力をつけていけるはずだ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 19:11 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース