選手にキックかました主審、処罰確定 3カ月間の職務停止2018.02.02 11:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『BBC』は1日、選手にキックをかまして物議を醸したトニー・チャプロン主審に対する処罰が確定したと報じた。

▽チャプロン主審は、1月14日に行われたリーグ・アン第20節のナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)を担当。偶発的に自身と接触したナントDFジエゴ・カルロスにキックをお見舞いした挙句、2枚目の警告で退場を宣告した。

▽後日、選手自身に謝罪したチャプロン主審だったが、フランスサッカー連盟(FFF)は15日に処分を科すことを発表。1日に行われた懲戒委員会の審議により、3カ月間の職務停止および3カ月の執行猶予が決定したという。

▽チャプロン主審はフランス出身の45歳。2004年からフランスのトップリーグで主審を務め、2014年の国内リーグカップ決勝を含めて400試合以上を担当したキャリアを持つ。

コメント

関連ニュース

thumb

ブッフォン、CL決勝でのユーベとの対決に拒否反応「元同僚の涙と引き換えの優勝は嫌だ」

パリ・サンジェルマンに所属するGKジャンルイジ・ブッフォンが、19日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じた。古巣ユベントスなどについて語っている。l<br><br>40歳のブッフォンは今夏、17年間にわたり所属したユベントスを退団し、PSGで新たなキャリアを築いていくことを決断した。「5年前よりも強くなったと感じている。1週間経って、衰え始めた選手が来たのではないことを理解してもらえた。自分の知識を活かし、チームの成長につなげていきたい」と意気込む。<br><br>一方、古巣のユベントスに別れを告げたことについて後悔はないと口にするものの、チャンピオンズリーグ(CL)決勝での対戦は避けたいと考えている。<br><br>「後悔もなければ失望もない。かなり前から僕とユベントスとで一緒に計画してきたことであり、別れに至るまでのプロセスは完璧だった。CL決勝がPSG対ユベントスになったら? それは嫌だね。僕の喜びが、元同僚やユーベのサポーターの涙と引き換えになるなんてね。これまで何度も一緒に泣いてきたから、心置きなく喜べる状況になってほしいものだ。もしどうしてもユベントスと対戦しなければならないとしたら、決勝より前に当たりたい」<br><br>■イタリア代表復帰の可能性はゼロ?またブッフォンは、新生イタリア代表の指揮官ロベルト・マンチーニから招集の可能性を示唆されていたことを明かした。だが招集が実現する可能性はほぼないと断言している。<br><br>「マンチーニからは、『緊急事態が起きた場合、招集してもよいか』と連絡を受けたので、『シー(はい)』と答えた。だがその必要はないだろう。(ジャンルイジ)ドンナルンマの控えには、(マッティア)ペリン、(サルヴァトーレ)シリグがいる。それに(アレッシオ)クラーニョも成長しているし、(アレックス)メレットも復帰するだろう。アッズーリで僕の姿を見る可能性は低い?可能性はないだろう」<br>提供:goal.com 2018.10.20 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

監督デビュー控えるアンリ、低迷モナコで気を吐くファルカオを称賛「カリスマ的リーダー」

モナコ新指揮官ティエリ・アンリが、チームのエースであるFWラダメル・ファルカオを称賛した。<br><br>現役時代はアーセナルやバルセロナ、フランス代表で点取り屋として活躍したアンリ監督。引退後はベルギー代表のアシスタントコーチを務めた後、先日レオナルド・ジャルディム前監督が去ったモナコの新指揮官に就任し、選手時代にトップチームデビューを果たした古巣で監督としてのキャリアをスタートさせた。<br><br>そんなアンリ監督が、初采配を振るう21日のリーグ・アン第10節ストラスブール戦を前に、称賛したのが主将のファルカオ。第9節を終えて18位と苦しむチームの中で4ゴールと気を吐くエースを、「カリスマ的リーダー」と賛辞を送った。<br><br>「ファルカオは我々のゴールスコアラーであり、カリスマ的なリーダーだ。彼が今まで何をこのチームに示してきたかは、誰もが知っていることだろう。次節ストラスブール戦で良い結果を残すために、彼が戻ってきてくれて幸せだ」<br><br>開幕戦で白星を挙げたものの、それ以降公式戦で3分7敗と、10試合勝利から見放されるモナコ。苦しい状況で就任したアンリ監督だが、次節への意気込みを語っている。<br><br>「勝利が簡単ではないことはわかっている。前節(レンヌ戦1-2)では勝利を掴むことができなかったが、次は良い試合を見せれると思う。我々は何をできるか、そこで示そう」<br />アンリ監督の初陣となる9位ストラスブール戦は、日本時間10月21日に行われる。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.10.19 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ブッフォンも驚くムバッペの才能「ほとんど見たことがない。怪物」

パリ・サンジェルマンに所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、フランスのテレビ番組『Tout le Sport』に招かれ、チームメイトのキリアン・ムバッペについて語った。<br><br>若くしてロシア・ワールドカップ優勝、バロンドールノミネートなど躍進を続けているムバッペ。パリにて成長を間近で見届けているブッフォンも驚きの存在であることを明かしている。<br><br>「彼はワールドカップでも見せたように本当に決定的な存在だ。イタリアだったら、ロベルト・バッジョ、アレッサンドロ・デル・ピエロ、フランチェスコ・トッティらと比較できるだろう。でも彼は並外れた才能と技術を持っていて、ほとんど見たことがないよ」<br><br>「怪物だよ。最高の選手になりたいのなら、普通に今までどおりのことを続けていけば、とても長い間そうあり続けるだろう」<br><br>世界最高の選手へと歩を進めるムバッペ。ブッフォンの期待通り、世界のトップへと上り詰めることになるのだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.10.18 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

モナコで監督キャリアをスタートさせるアンリ「手本はペップ」

▽古巣モナコで監督キャリアをスタートさせるティエリ・アンリ監督が、恩師であるジョゼップ・グアルディオラ監督について語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽バルセロナ移籍2年目の2008-09シーズン、グアルディオラ監督にとって初の監督挑戦となったシーズンでアンリはアーセナル時代の輝きを取り戻して活躍。バルセロナの3冠に貢献していた。 ▽アンリはグアルディオラ監督について次のように語っている。 「ペップは私にとっての手本だよ。私はバルセロナで試合をプレーする方法を学んだ。ペップは試合について語ることができ、寝る間すら惜しんでいた。こっちが眠っていてもまだ話していたね(笑)。彼は幾つかの戦術を生み出した。そして試合で起こることを予見できていたんだ」 ▽また、8シーズンを過ごし、自身の能力を開花させたアーセン・ヴェンゲル監督については次のように述べている。 「アーセンはプロとはいかなるものかを理解させてくれた監督だった。そして何を実行するべきかを教えてくれた。内面を大きく変えてくれたよ。監督一人一人から学ぶことがあったんだ」 ▽アンリ監督の初陣は20日に行われるリーグ・アン第10節ストラスブール戦となる。 2018.10.18 03:12 Thu
twitterfacebook
thumb

高いor安い? マテュイディとのランチ会食権が約100万円で落札

▽ユベントスに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディとランチを共にできる権利が7200ユーロ(約93万6000円)で落札された。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽今回のランチ会食権は、フランス人の環境活動家ヤン・アルトゥー=ベルトラン氏が代表を務める環境保全や人道支援を目的に設立された『GoodPlanet foundation』の活動資金を得るためのチャリティーオークションで出品されたものだった。 ▽そして、サンテチェンヌやパリ・サンジェルマン、ユベントスで活躍するロシア・ワールドカップ王者の一員と1度ランチを共にできる会食権は、最終的に7200ユーロで一般人によって落札されたようだ。 ▽玄人好みのマテュイディとの会食権に約100万円を支払うのは高いか、安いか判断しかねるところだ。ただ、参考までにかつてプロテニスの世界ランキングで最高12位に入った元プロテニスプレーヤーのポール=アンリ・マテュー氏(37)に全仏オープンの会場であるスタッド・ローラン・ギャロスで個人レッスンを受けられる権利に関しては2000ユーロ(約26万円)で落札されている。 2018.10.16 16:07 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース