選手にキックかました主審、処罰確定 3カ月間の職務停止2018.02.02 11:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『BBC』は1日、選手にキックをかまして物議を醸したトニー・チャプロン主審に対する処罰が確定したと報じた。

▽チャプロン主審は、1月14日に行われたリーグ・アン第20節のナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)を担当。偶発的に自身と接触したナントDFジエゴ・カルロスにキックをお見舞いした挙句、2枚目の警告で退場を宣告した。

▽後日、選手自身に謝罪したチャプロン主審だったが、フランスサッカー連盟(FFF)は15日に処分を科すことを発表。1日に行われた懲戒委員会の審議により、3カ月間の職務停止および3カ月の執行猶予が決定したという。

▽チャプロン主審はフランス出身の45歳。2004年からフランスのトップリーグで主審を務め、2014年の国内リーグカップ決勝を含めて400試合以上を担当したキャリアを持つ。

コメント

関連ニュース

thumb

PSG監督就任のトゥヘル、CL制覇について「時期尚早。目標が高すぎると…」

パリ・サンジェルマン(PSG)の監督就任が発表されたトーマス・トゥヘル氏は、チャンピオンズリーグ優勝について考えるのは「時期尚早」と『SFRスポーツ』に語った。<br><br>元ドルトムント監督のトーマス・トゥヘル氏は20日、ウナイ・エメリ監督の後任として国内3冠を達成したPSGの新指揮官に就任することが発表された。<br><br>PSGはネイマールやキリアン・ムバッペなどの大型補強もCLでは2年連続ベスト16で敗退。ヨーロッパ制覇について聞かれた新監督は、「そのような考え方は危険」と明かした。<br><br>「もし目標が高すぎる場合、彼らを満足させることは永遠にできない。いくつのクラブがCL優勝する力を持っていると思う? 恐らく12から14チームだ。それでも1つのクラブしかトロフィーを掲げることはできない。それを考えるにはまだ早すぎる、というのが私の本心だ。チャンピオンズリーグについて話しているのではなく、すべてにおいてだ」<br><br>さらに、44歳のドイツ人監督はクラブからCL制覇を厳命されたことはないと明かした。<br><br>「『この大会で必ず優勝しなければならない』と言われたことはない。我々はチームスピリッツやプレースタイルにおいて特別なものを作りたいと考えている。スタジアムにいる観客やテレビの前のサポーターが感じられるものだ。チャンピオンズリーグの準決勝についての話をしたくはない。時期尚早だ。もし我々が準備をできているのであれば春に聞いてくれ。我々にはまだまだ長い道のりが残されている」<br><br>最後に、トゥヘル氏は勝つためにパリへやってきたことを主張した。<br><br>「優先順位を付けないでほしい。もし全員がチームをさらに進化させるプロジェクトに打ち込むことができれば、美しいことを成し遂げることができるだろう。そして確かなことは、私は勝つためにパリにいるということ、そして我々のゴールは最も高いものであるということだ。選手やチームにおいて私より野心的な人間はいないだろう。しかし、段階を踏んでいく必要がある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.22 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

酒井フル出場のマルセイユ、ホーム最終戦を白星で飾るも来季CL出場権を逃す…リヨンがデパイのハットトリックで3位を死守!!《リーグ・アン》

▽19日にリーグ・アン最終節の10試合がフランス各地で行われた。 ▽日本代表DF酒井宏樹の所属する4位のマルセイユ(勝ち点74)は、本拠地ベロドロームで12位アミアン(勝ち点45)と対戦し、2-1で勝利した。酒井はフル出場した。 ▽ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)決勝でアトレティコ・マドリーと対戦したマルセイユは、その試合からスタメンを6人変更。アトレティコ戦で負傷したパイエやジェルマン、アンギッサらに代えてミトログルやマキシム・ロペス、酒井宏樹らがスタメンに名を連ねた。 ▽奇跡のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を狙うマルセイユは、10分に先制する。バイタルエリア中央でボールを拾ったブバカル・カマラのパスをボックス内で受けた山村が右足のシュートをゴール右に突き刺した。 ▽幸先よく先制したマルセイユは、18分にもトヴァンの右クロスをオカンポスがヘディングシュート。これは相手GKに弾かれるも、こぼれ球をミトログルが押し込んで追加点を奪った。その後、30分にコナテのゴールで1点を返されるも2-1で前半を終える。 ▽後半も立ち上がりから攻勢に出るマルセイユは、55分にオカンポスがモンコンデューに後方からふくらはぎを踏みつけられ倒されると、主審がこの危険行為にレッドカードを提示した。 ▽数的有利となったマルセイユは、その後もアミアンを圧倒したが最後まで追加点は奪えず。試合はそのまま2-1で終了。マルセイユがホーム最終戦を白星で飾った。 ▽また、マルセイユと来季のCL出場を争う3位のリヨン(勝ち点75)は、ホームで6位ニース(勝ち点54)と対戦し、3-2で勝利した。 ▽試合が動いたのは18分、センターサークル付近でパスを受けたバロテッリが前線のスペースにロングボール供給。これに反応したプレアが、ボックス内からダイレクトシュートをゴールネットに突き刺した。 ▽1点ビハインドで後半を迎えたリヨンだが、49分に待望の同点弾が生まれる。左サイドからの折り返しをペナルティアーク付近で受けたデパイが素早くボックス内のフェキルにつけると、反転したフェキルがゴール左に持ち上がりクロス。これをゴール前に走り込んだデパイが右足で流し込んだ。 ▽後半開始早々の同点弾で主導権を握ったリヨンは、66分に勝ち越す。ボックス手前でトラオレが倒されFKを獲得すると、デパイの直接FKがゴール左隅に突き刺さった。さらに87分にもトラオレのパスからボックス左に侵入したデパイが、飛び出したGKの上を越すチップキックで流し込み、ハットトリックを達成。 ▽直後の89分にプレアのゴールで1点を返されたリヨンだったが、試合はそのまま3-2で終了。デパイのハットトリックで逆転勝利リヨンが3位をキープし、来季のCL出場権を獲得した。 ▽そのほかの試合では、逆転での昇格降格プレーオフを狙う19位トロワ(勝ち点)が、2位のモナコ(勝ち点77)と対戦し、0-3で敗戦した。 ▽トロワは、22分にロニー・ロペスのゴールでモナコに先制を許すと、71分にもR・ロペスにゴールネットを揺らされ2失点。試合終了間際には、途中出場のジョルディ・ムブラにもゴールを許し、0-3で完敗。この結果、トロワのシーズン19位が決定し、来季の2部降格が決まった。 ◆リーグ・アン第38節 結果 ▽5/19(土) トロワ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 モナコ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">トゥールーズ 2</span>-1 ギャンガン <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">サンテチェンヌ 5</span>-0 リール レンヌ 1-1 モンペリエ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ナント 1</span>-0 ストラスブール メス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ボルドー</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">マルセイユ 2</span>-1 アミアン <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">リヨン 3</span>-2 ニース <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ディジョン 2</span>-1 アンジェ カーン 0-0 パリ・サンジェルマン 2018.05.20 06:16 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマールがチーム練習に復帰!

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールがチーム練習に復帰した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽2月末に行われたリーグ・アン第27節のマルセイユ戦で右足首の捻挫および第5中足骨の骨折という重傷を負ったネイマール。これまで母国・ブラジルで同代表のチームドクターを務めるロドリゴ・ラスマル氏の下で手術を受けて療養していたが、今月4日にフランスに戻り、別メニューでの調整を続けていた。 ▽今回PSGの公式サイトでは、17日に本拠地パルク・デ・プランスで行われたトレーニングの一部が映像で公開。そこにはネイマールがロンドに混じり、チームメイトと笑う姿が映し出されていた。 ▽14日に発表されたロシア・ワールドカップに向けたブラジル代表暫定メンバー入りを果たしたネイマール。今月に入り、19日に行われるリーグ・アン第38節カーン戦での復帰の可能性が伝えられているが果たして…。 2018.05.18 08:40 Fri
twitterfacebook
thumb

モナコ在籍時に対戦経験があるムバッペ、PSG新監督トゥヘルに期待「新たな章の始まりだ」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペは、新指揮官に就任したトーマス・トゥヘル氏について言及した。フランス『Le Parisien』を引用して伝えている。 ▽トゥヘル氏は、アウグスブルクやマインツを指揮したの後、2015年7月にドルトムントの監督に就任した。2016-17シーズンにはDFBポカールを獲得したが、選手との折り合いやクラブとうまくいかないことから、2017年5月に退任。多くのクラブからオファーを受けるもフリーに。そんな中、5月14日にウナイ・エメリ監督の後任として、PSGの新指揮官に就任することが発表された。 ▽モナコ在籍時にトゥヘル氏率いるドルトムントとの対戦経験があるムバッペは、同氏の監督就任についてコメント。チームの現有戦力と同氏の掲げるスタイルを照らし合わせて期待を寄せている。 「僕はモナコに居たときに(2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ)で、彼が率いるチームと対戦したことがあるよ」 「彼は攻撃的なスタイルで戦うことに慣れているし、PSGでもそうなるんじゃないかな。PSGの選手たちも攻撃することが好きだし、良い基盤があると思う」 「これはPSGの新たな章の始まり。ウナイ・エメリ監督の契約が終わり、トーマス・トゥヘルが来る。それは彼が野心を持つ監督ということだからさ」 2018.05.17 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

マルキーニョス、ネイマールの残留を確信「出ていくなんて考えられない」

パリ・サンジェルマンのDFマルキーニョスは、FWネイマールが退団することを考えていないと話す。『Canal Footclub』が報じた。<br><br>ネイマールはリーグ・アン1年目にしてMVPを獲得し、チームとしても国内3冠を達成。チャンピオンズリーグを除く全ての主要タイトルを獲得したが、バルセロナ復帰やレアル・マドリー移籍など退団のうわさが絶えることはない。<br><br>しかし、先日クラブのナセル・アル・ケライフィー会長が「2000%残る」と話し、ブラジル代表でも同僚のマルキーニョスが同調している。<br><br>「ネイマールは残ると思うよ。会長からもそう聞いた。出ていくことなんて考えられない。それについて話したこともないよ。彼はトラブルに適応しなければならない時もあったかもしれないが、監督や選手たちはそれに取り組んできた。退団について話したことはないよ」<br><br>ネイマールはリーグ・アン20試合で19ゴール13アシストを達成。13日に発表されたリーグ・アンアウォーズでは見事最優秀選手賞を獲得していた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.15 13:51 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース