自身集大成のロシアW杯へ! パチューカ本田圭佑「もっとできる」2018.02.02 09:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が将来や目標に言及した。『TelevisaDeportes.com』が伝えている。

▽2016-17シーズン限りでミランとの契約が満了を迎えた本田は昨夏、1年契約でメキシコの強豪パチューカに電撃加入。パチューカの一員として昨年末にクラブ・ワールドカップに出場するなど、ここまで公式戦23試合8ゴール4アシストの活躍を披露している。

▽その本田は1日に行われた会見に出席。パチューカでのパフォーマンスレベルや目標、そして、今夏に迫るロシア・ワールドカップ後の進退に口を開いた。

「もっと良いプレーができると思う。今に満足してない。徐々に良くなってきたけど、もっとうまくプレーできる。ここに来たとき、標高の高い環境に慣れる必要があった。でも、今は快適。ただ、個人的にも、チームとしても、ベストな状況じゃない。もっとできる」

「(ワールドカップ終了後、パチューカから延長)オファーをもらえるのなら、ノーと言うつもりはない。でも、2018年のロシア・ワールドカップが終わってから分析してみないと。僕の目標はワールドカップ。僕にとって、最後になる」

コメント

関連ニュース

thumb

本田圭佑、惜しいFKも不発…パチューカはPK失敗響き連勝ストップ《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間18日、リーガMX後期(クラウスーラ)第8節でグアダラハラのホームに乗り込み、1-1の引き分けに終わった。本田はフル出場している。 ▽前節のクラブ・ティフアナ戦で後期初の連勝を飾ったパチューカ。本田は右サイドに入り、7試合連続となる先発出場を果たした。試合はグアダラハラが積極的に敵陣へと攻め入る中、パチューカが10分に敵陣中央でFKを獲得。これをキッカーの本田がゴール前にクロスを送るが、味方と合わない。直後にもFKのチャンスを迎えたが、シュートは枠の上へと外れた。 ▽対するグアダラハラは29分、敵陣中央やや右でのFKをプリドが右足で直接シュート。ボールはゴール左上へと飛んだが、クロスバーに直撃する。 ▽その後互いにシューチャンスを作るもゴールは生まれず。試合を折り返すと、パチューカはまたもセットプレーからチャンスを迎える。48分、敵陣中央で獲得したFKを本田が左足で直接狙う。ボールはGKの手前でワンバウンドし、ゴール右隅を捉えたが、GKの好守に防がれてしまう。 ▽先制点が欲しいパチューカは53分、ボックス右手前でパスを受けたサガルが中央へのカットインから左足シュート。しかし、わずかにゴール左外へと外れる。 ▽その後も攻勢を続けるパチューカは迎えた72分、ボックス左外でボールを受けたエリック・アギーレのクロスをサガルがヘディングシュート。GKに触られたが、ボールはそのままゴールに吸い込まれ、先制に成功する。 ▽しかし先制したのも束の間、パチューカは73分に右CKの流れからラウール・ロペスがボックス内でファウルを犯してPKが与えてしまう。これをオズワルド・アラニスに中央へ突き刺されてしまい、あっという間に試合は1-1の振り出しに。 ▽それでもパチューカは84分、カウンターから仕掛けたサガルがボックス内で倒されてPKを獲得する。しかし、自らキッカーを務めたサガルの思い切りの良い左足シュートは右ポストに直撃。絶好の逆転チャンスを不意にしてしまったパチューカにその後ゴールは生まれず試合は1-1で終了。パチューカの連勝は2でストップした。 2018.02.18 14:02 Sun
twitterfacebook
thumb

「ホンダはパチューカで最も危険な男」メキシコメディアが絶好調の本田圭佑に注目

現地時間17日、リーガMXのクラウスーラ(後期)第8節グアダラハラvsパチューカの一戦が行われる。この試合で、日本代表MF本田圭佑がパチューカのカギを握っていると、現地メディアが報じた。<br><br>メキシコメディア『vavel』はこの試合を前に「エドゥアルド・ロペスvsケイスケ・ホンダ」という対立構造をクローズアップして紹介。まずは、グアダラハラの中心選手としてロペスの名前を挙げ、「グアダラハラは2017年の後期リーグで優勝している。その中で主軸だったロペスは(マティアス)アルメイダ監督から絶大な信頼を受け、今シーズンはここまで607分に出場し、ゴールとアシストを量産している」と報じている。<br><br>その一方で、パチューカのカギを握る選手として本田の名前を挙げ「彼はFIFAクラブ・ワールドカップに出場すべくリーガMXにやってきた。最初こそ順応に苦労したが、今ではリーガMXで最高峰のアタッカーの一人と言える。素晴らしいプレービジョンを持ち、ディエゴ・アロンソ監督のチームでは不動の存在となった」と伝えている。<br><br>本田については「スペースがあれば中盤から正確なパスで攻撃の起点となるし、相手ゴールを脅かす強烈なキックも持っている。ホンダはパチューカの攻撃をリードする、同チームで最も危険な男だ。TUZA(パチューカの愛称)の得点力にも多大な貢献をしており、後期リーグでは3ゴールを決め、現在はチーム得点王。4アシストを記録し、ここまでリーグ戦7試合すべてに出場している」と続け、パチューカの中心選手であることを強調した。<br><br>グアダラハラvsパチューカの一戦は、日本時間18日12時ごろキックオフ予定。果たして本田は敵地でグアダラハラ撃破の立役者となれるのか、活躍が期待される。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 22:49 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑先発のパチューカが後期初の連勝!!《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間15日、リーガMX後期(クラウスーラ)第7節でクラブ・ティフアナをホームに迎え、1-0で勝利。本田は88分までプレーした。 ▽前節のベラクルス戦で後期2勝目を挙げたパチューカ。本田は[4-3-3]の右ワイドで7試合連続となる先発出場を果たした。試合は20分に動きをみせた。パチューカがダイレクトでショートパスを繋いで敵陣に侵攻。最後はボックス左に流れながらボールを受けたタピアが左足で流し込んでパチューカが先制した。 ▽先制後のパチューカは重心を下げてカウンターを狙っていくが、逆にアタッキングサードでボールを繋がれて危ない場面が目立つ。また、30分にはピッチ上に猫が乱入するアクシデントが発生したが、試合は止まることなく続けられた。 ▽迎えた36分にはパチューカがカウンターで決定機を作る。パラシオスが奪われたボールを取り返して攻め込んでいく。右サイドでは本田がフリーで構えていたがパラシオスは自身でシュートを放つと、ボールは相手のブロックに阻まれてしまう。 ▽そのまま後半に迎えると、自陣で構えていたパチューカが攻勢に出る。62分には左サイドからアギーレが持ち込み、最後はグティエレスが狙っていくが決め切れず。76分にはゴール正面からやや右のボックス手前でFKを獲得。本田が左足で直接狙うもボールは壁に当たった。 ▽83分には再び本田が決定機を迎える。スルーパスからボックス右に侵攻し、ボールを晒しながら切り返して左足でシュートを放ったが、惜しくもポストをかすめていく。すると88分には本田がお役御免となり、直後の89分にグティエレスのゴールが決まって勝負あり。パチューカが後期で初の連勝を飾った。 パチューカ 2-0 ティフアナ 【パチューカ】 タピア(前20) グティエレス(後43) 2018.02.15 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

本田圭佑絶好調! 決勝弾アシストでパチューカを勝利に導く!《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間12日、リーガMX後期(クラウスーラ)第6節でベラクルスをホームに乗り込み、1-0で勝利した。本田は72分までプレーし、決勝ゴールをアシストしている。 ▽後期開幕から1勝1分け3敗と苦しい状況が続いているパチューカ。試合は12分、敵陣中央右でFKを獲得すると、後期開幕から6試合連続スタメンの本田がゴール前にクロスを送る。味方が飛び込むもゴールとはならない。 ▽その後はベラクルスに押し込まれる嫌な時間帯が続くパチューカ。しかし35分、左CKのキッカーを務めた本田がニアサイドにボールを蹴り入れると、エリック・グティエレスがヘディングで合わせる。これが、相手GKの頭上を越え、左ポストを当たってゴールに吸い込まれた。 ▽先制点を演出した本田は44分、ボックス左手前でパスを受けると左足で強烈なミドルシュート。ここは相手GKに防がれたが、好調ぶりをアピールする。 ▽本田は72分にピッチを去ると、パチューカはその後ベラクルスの猛攻を受ける。しかし、なんとか耐え凌いだパチューカが1-0で3試合ぶりに白星を飾った。本田は後期リーグ開幕後6試合で3ゴール4アシストと好調ぶりを維持している。 ベラクルス 0-1 パチューカ 【パチューカ】 エリック・グティエレス(前35) 2018.02.12 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「ホンダが真の復活。太陽は再び輝き出した」躍動する本田圭佑に伊から止まぬ称賛

パチューカで2戦連続ゴールを記録した日本代表MF本田圭佑に、『Goal』イタリア編集部も4日、賛辞を送った。<br><br>本田は3日に行われたリーガMX第5節モナルカス・モレリア戦でFKを決め、公式戦9ゴール目をマーク。「パチューカで輝きを取り戻したホンダ。ミランでのラストシーズンは期待外れだったが、パチューカではミラン加入直後のように決定的な選手へと戻った」と綴り、メキシコでの活躍に注目した。<br><br>本田は2014年冬、CSKAモスクワからミランに加入し、華々しい記者会見を開き、栄光の10番を背負った。「直後の7試合で6ゴールを挙げ、ファンを熱狂させた」ものの、「近年、ミランが暗黒時代を迎えていたこともあり、彼の活躍も徐々に陰りを見せた」と振り返っている。ラストシーズンの出場はわずか9試合。得点もサンシーロへの惜別弾となったボローニャ戦の1ゴールにとどまった。<br><br>ミランとの契約満了後、新天地をメキシコに求めると、デビュー戦で得点を記録。パチューカの中心選手として躍動する本田について、「すぐさま高いレベルの選手であることを見せつけた。ミラン在籍時の終盤のような覇気のない選手ではない」と指摘。「日本人選手はまさに真の復活を遂げた」と健闘を称えた。最後に「ホンダの太陽は再び輝き出した」と締めくくった。<br><br>提供:goal.com 2018.02.06 12:45 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース