去就揺れたエジルが2021年までの新契約にサイン! クラブ史上最高給の週給5460万円に!2018.02.02 02:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは1日、ドイツ代表MFメスト・エジル(29)との契約を延長したことを発表した。契約期間は“長期”とのみ明かされているが、イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』は2021年6月までの3年半と伝えている。

▽また、『ロンドン・イブニング・スタンダード』の伝えるところによれば、今回の契約延長によってエジルは現行受け取っている週給15万ポンド(約2340万円)から2倍以上増額されたクラブ史上最高額の週給35万ポンド(約5460万円)を受け取ることになるようだ。

▽今シーズン終了後に契約満了を迎える予定だったエジルは、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍したチリ代表FWアレクシス・サンチェスとともに移籍の噂がついて回り去就が注目されていたが、アーセナルは残留させることに成功した。

▽エジルは2013年9月にレアル・マドリーから当時のクラブレコードである、4240万ポンド(現在のレートで約62億円)でアーセナルに加入。多くのアシストを記録するなどチームの攻撃を牽引。今シーズンはここまでプレミアリーグで20試合に出場し、4ゴール6アシストを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

カソルラ、ガナーズに別れ「クラブの歴史に加われたことを誇りに思う」

▽アーセナルを退団する元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(33)が、クラブに対する感謝を伝えている。スペイン『アス』が伝えた。 ▽カソルラは2012年にアーセナルに入団すると、小柄ながら偉大なプレーメーカーとして活躍。在籍6シーズンで公式戦180試合28得点46アシストの成績を収め、3度のFAカップ制覇を経験した。 ▽しかし、2016年10月以降は計10回の手術を余儀なくされ、思うように試合に出場できず。今年4月には練習復帰が伝えられていたが、21日にクラブ公式サイト上で退団が正式発表された。 「あんなにも素晴らしい時を過ごしたのに離れなければならないのはとても残念だ。このクラブでの時間を愛してきたし、寄り添った時は特別な思い出として残るだろう」 「2014年のFAカップ優勝は忘れることができないものだ。僕自身とこのクラブにとって素晴らしい瞬間だったね。いつも特別なサポートをしてくれたことに多大な感謝を述べたい。このクラブの歴史に加われたことを、とても誇りに思う」 2018.05.22 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ウナイ・エメリ、アーセナルへ 英『BBC』報道

▽イギリス『BBC』は21日、ウナイ・エメリ氏(46)のアーセナル監督就任を報じた。 ▽22年間にわたるアーセン・ヴェンゲル政権に終止符を打ったアーセナル。次期指揮官として、マンチェスター・シティでアシスタントコーチを務めるクラブOBのミケル・アルテタ氏を招へいする動きが取り沙汰されてきたが、状況が一転した模様だ。今週末にも監督就任が発表され、記者会見も予定されているという。 ▽セビージャで前人未到のヨーロッパリーグ3連覇を成し遂げたエメリ氏は、2016年夏からパリ・サンジェルマン(PSG)を指揮。今シーズンこそブラジル代表FWネイマールやフランス代表FWキリアン・ムバッペら有力タレントの加入により、リーグ・アン制覇を含む国内3冠を達成したものの、クラブが悲願とするチャンピオンズリーグ優勝にまたしても届かず、退任が決定していた。 2018.05.22 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

グラシアス、サンティ! アーセナル、カソルラの退団発表

▽アーセナルは21日、元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(33)の退団を正式発表した。 ▽カソルラは2012年夏にマラガから加入。小柄で偉大なプレーメーカーとして、在籍6シーズンで公式戦180試合28得点46アシストの成績を収め、3度のFAカップ制覇を経験した。 ▽だが、カソルラは2016年10月以降、計10回の手術を余儀なくされ、戦線離脱が続く日々。今年4月にようやく練習復帰を果たした中、延長報道も取り沙汰されたが、退団が決まった。 ▽退団が決まったカソルラは、自身のツイッター(@19SCazorla)を通じて、ファンに別れの言葉を送っている。 「離れることになり、寂しい気持ちだ。僕はクラブと共に過ごす時間が大好きで、この先も特別な瞬間を忘れない。みんな、いつも特別なサポートをしてくれた。悲しいよ。みんな、ありがとう」 2018.05.22 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

マックス・マイヤーの新天地はホッフェンハイム! プレミア勢との争奪戦制し加入と報道

▽今季限りでシャルケとの契約が終了するドイツ代表MFマックス・マイヤー(22)がホフェンハイムにフリーで加入することが決定的となった。ドイツ『Sportbuzzer』が伝えている。 ▽2013年にトップチームデビューを果たしたマイヤーは、デビュー2年目となった2013-14シーズンから主力に定着。卓越した攻撃センスと高精度の両足のキックを武器に左右のウイングや攻撃的MFとして4シーズンに渡って活躍。さらに、ドメニコ・テデスコ新監督の就任に伴い、今季はアンカーやインサイドハーフにコンバートを果たし新境地も開いていた。 ▽しかし、今後のステップアップを図るマイヤーはクラブからの再三に渡る契約延長オファーを固辞し、先日には今季限りでの退団が発表されていた。新天地に関してはアーセナルやリバプール、トッテナムなどプレミアリーグ勢が有力と見られていたが、母国のライバルチームという意外な移籍先を選んだ。 ▽なお、ホッフェンハイムは今季のブンデスリーガをバイエルン、シャルケに次ぐ3位で終えており、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ・ストレートインを果たしている。 2018.05.21 02:01 Mon
twitterfacebook
thumb

カソルラが古巣ビジャレアル復帰へ! クラブがオファーを準備か

▽今季限りでのアーセナル退団が決定的な元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(33)の新天地は古巣ビジャレアルになるのかもしれない。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽2016年10月以降、計10回の手術を受け、戦線離脱が続くカソルラ。今月に入ってようやくチームの練習に合流を果たしたものの、今季中の復帰は叶わなかった。現在、アーセナルではアーセン・ヴェンゲル監督の後任として、カソルラの同胞で元同僚のミケル・アルテタ氏(36)の新指揮官就任が決定的な状況だが、クラブがカソルラに契約延長オファーを掲示する可能性は低いようだ。 ▽そのため、今後の去就に注目が集まるカソルラだが、古巣のビジャレアルがオファーを掲示する準備を進めているようだ。現役時代にスペイン代表とビジャレアルで共にプレーし、現在はビジャレアルでアンバサダーを務めるマルコス・セナ氏はかつての同僚の復帰の可能性を示唆している。 「私は彼の移籍を確定させたいと思っている」 「ただ、現時点ではサンティ・カソルラとビジャレアルはプレシーズンの時期に練習とプレーの場を与えるということで話し合いが進んでいるだけだ」 「ただ、彼はフリーエージェントになる」 ▽生まれ故郷のオビエドの下部組織を経て17歳のときにビジャレアルに加入したカソルラは、2003年にトップチームデビュー。その後、2006年にレクレアティーボに完全移籍するも、翌年に買い戻しオプションで復帰を果たした同選手は2011年にマラガに引き抜かれるまで合計7シーズンプレー。公式戦241試合に出場し、34ゴール35アシストの記録を残していた。 ▽古巣からのラブコールに応えてカソルラの8シーズンぶりのイエロー・サブマリン復帰は実現するのか。 2018.05.20 23:53 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース