元イタリア代表FWマトリがサッスオーロと1年間の契約延長!2018.02.02 01:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サッスオーロは1日、元イタリア代表FWアレッサンドロ・マトリ(33)との契約を2019年6月30日まで延長したことを発表した。

▽ミランのプリマヴェーラ出身のマトリは、2013年にミラン復帰を果たすも、同クラブではなかなか出場機会を得られず、フィオレンティーナ、ジェノア、ユベントスへのレンタル移籍を繰り返していた。

▽その後、2016年に2年契約で加入したサッスオーロでは、加入初年度にセリエA32試合で8ゴールを記録。今シーズンここまではセリエA18試合に出場し3ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、ディ・フランチェスコ初凱旋試合で勝利! 今季を3位で終える《セリエA》

▽セリエA最終節、サッスオーロvsローマが20日にマペイ・スタジアムで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。 ▽すでに4位以内を確定させている3位ローマが11位サッスオーロのホームに乗り込んだ今季最終戦。マペイ・スタジアム初凱旋のディ・フランチェスコ監督は前節のユベントス戦から先発6人を変更。出場停止のナインゴランに代えてストロートマン、負傷のアリソンに代わって今季リーグ戦初出場のGKスコルプスキ、マノラスとペロッティ、シック、ゴナロンが起用された。 ▽引き分け以上で3位確定となるローマは立ち上がりから相手を押し込んでいく。12分にはゴール右で細かいフェイントを見せたシックが右足のシュートを放つが、これは左ポストを叩く。さらに23分にはボックス手前でペロッティのパスを受けたゼコが枠を捉えたシュートを放つが、これはGKペーゴロの好守に遭う。 ▽立ち上がりの決定機を決め切れないローマはここから続けてピンチを招く。29分には最終ライン裏へ完璧なタイミングで抜け出したポリターノに絶好機を許すが、ここはGKスコルプスキの圧巻のセーブと相手のシュートミスに救われる。 ▽すると、このピンチを凌いだローマは前半終了間際の45分、セットプレーの流れからボックス右でルーズボールを拾ったマノラスがゴールライン際でダンカンを振り切って鋭いクロスを供給。これがGKペーゴロのオウンゴールを誘い、前半を1点リードで終えた。 ▽後半もややピリッとしないローマはサッスオーロの攻勢に晒されると、立ち上がりにはベラルディに決定機を許すが、ここはGKスコルプスキの果敢な飛び出しで凌ぐ。 ▽何とか流れを変えたいローマは70分を過ぎてエル・シャーラウィ、カプラドッシ、ジェルソンと交代枠を切っていく。だが、前半に比べてチャンスを作れない。それでも、途中出場のババカルの決定機をDFコラロフの絶妙なカバーで凌ぐなど、粘り強い守備でゴールを許さない。試合最終盤にはカウンターからゼコに2点目のチャンスが訪れるも、ここは相手GKのビッグセーブに阻まれる。結局、試合はこのまま1-0でタイムアップを迎え、苦しみながらもきっちり勝ち切ったローマが今季を3位で終えることに成功した。 2018.05.21 06:01 Mon
twitterfacebook
thumb

コンシーリ躍動のサッスオーロに痛恨敗戦のインテル、CL出場権獲得が絶望的に… ローマのCL出場が決定《セリエA》

▽インテルは12日、セリエA第37節でサッスオーロをホームに迎え、1-2で敗戦した。 ▽前節ウディネーゼに4発快勝して4位ラツィオに2ポイント差とした5位インテル(勝ち点69)は、最終節にラツィオとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを控える中、ウディネーゼ戦のスタメンからボルハ・バレロに代えてヴェシーノのみを変更した。 ▽残留を決めている12位サッスオーロ(勝ち点40)に対し、立ち上がりからインテルが圧力をかけていくもシュートにつなげることはできない。 ▽すると25分、ボックス手前右で与えたFKをポリターノに壁の下を抜くシュートで決められ、先制を許してしまう。 ▽ワンチャンスを決められたインテルは31分にブロゾビッチがミドルシュートでGKコンシーリを強襲。その後もラフィーニャやカンドレーバがミドルシュートを浴びせていったが、GKコンシーリの牙城を崩すには至らない。42分にはイカルディがブロゾビッチのスルーパスを受けてネットを揺らしたがオフサイドを取られてしまう。 ▽さらに44分、ペリシッチの左クロスをイカルディがゴール至近距離で合わせたシュートもGKコンシーリのファインセーブに阻まれ、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽後半も前がかるインテルは立ち上がり、ベラルディに2度ゴールを脅かされてしまう。ゴールチャンスを作りながらも決めきれないインテルは60分にカンドレーバに代えてカラモーを投入。 ▽70分にはブロゾビッチのロングフィードでペリシッチが抜け出し、ボックス内のイカルディがシュートに持ち込んだが、ここもGKコンシーリのファインセーブに阻まれた。すると72分、ベラルディの個人技でインテルが窮地に立たされる。ボックス手前左でボールを持ったベラルディがシュートフェイントでシュクリニアルを外し、右足を一閃。強烈なシュートがゴール左上に突き刺さった。 ▽3点が必要となったインテルはラノッキアに代えてボルハ・バレロを投入。すると80分、ペリシッチのパスを受けたラフィーニャがボックス左から左足で放ったシュートが右ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれ、1点を返した。 ▽しかし、終盤の猛攻も実らず1-2で痛恨の敗戦。この結果、3位ローマがCL出場権を獲得し、明日行われる試合でラツィオがクロトーネに勝利するとインテルのCL出場権獲得が最終節を前に消滅することとなった。 2018.05.13 05:51 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、上位陣の躓き生かせずサッスオーロにドローでCL出場権獲得遠のく《セリエA》

▽ミランは8日、セリエA第31節でサッスオーロをホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽前節インテルとのミラノ・ダービーを引き分けてチャンピオンズリーグ出場権争いに加わることが困難となってきた6位ミラン(勝ち点51)だったが、今節ローマとインテルが勝ち点を落としたことで可能性を残した。そのミランはガットゥーゾ監督と契約延長を結んだ中、ダービーを出場停止で欠場したビリアが先発に復帰し、アバーテが8試合ぶりに先発となった。 ▽14位サッスオーロ(勝ち点29)に対し、開始1分にミランは絶好機。左サイドからのR・ロドリゲスのクロスにケシエが胸で合わせたが、ボールはゴールライン上でGKコンシーリに描き出された。 ▽良い入りを見せたミランだったが、6分にアクシデント。左足太ももを痛めたロマニョーリがプレー続行不可能となってムサッキオが投入された。 ▽それでも、ミランが押し込む流れが続くと、13分にチャルハノールの強烈なミドルシュートがGKを強襲。25分にはスソのカットインシュートで再びGKコンシーリを脅かした。 ▽その後、ポリターノのミドルシュートをGKドンナルンマがセーブしたミランは、ハーフタイムにかけても押し込み続けたが、決定機を生み出すには至らずゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半も攻め手を見いだせないミランは55分にアバーテに代えてアンドレ・シウバを投入。3バックとし、攻撃的な布陣に変更した。 ▽しかし、引き続き攻めあぐねるミランは67分にクトローネを諦めてカリニッチを投入。しかし75分に痛恨の失点を喫する。マッツィテッリのパスを受けてペナルティアーク右までボールを持ち出したポリターノが右足を一閃。正確にコントロールされたシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽苦しいミランは84分にようやくチャンス。左サイドからのチャルハノールのクロスにカリニッチがヘッド。しかし、枠を捉えきれなかった。それでも86分、カリニッチが汚名を返上する。ムサッキオの右サイドからのアーリークロスを、絶妙なトラップで収めたボックス中央のカリニッチがDFを背負いながら反転して左足でシュート。これがゴールネットを揺らした。 ▽さらに追加タイム1分、左CKからカリニッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKコンシーリの正面を突くと、試合終了間際のボナヴェントゥーラのミドルシュートはGKコンシーリのビッグセーブに阻まれ、1-1でタイムアップ。勝ち点1を積み上げるに留まり、CL出場権獲得がさらに遠のいている。 2018.04.09 05:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ、奮闘サッスオーロに痛恨ドローで首位ユーベにプレッシャーをかけられず…《セリエA》

▽ナポリは3月31日、セリエA第30節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節ジェノア戦をアルビオルの一撃で辛勝して3試合ぶりに勝利を飾り、首位ユベントスに2ポイント差に迫った2位ナポリ(勝ち点73)は、代表戦で負傷したヒサイが先発となった一方、扁桃腺摘出手術を受けたハムシクはベンチスタートとなった。 ▽前節10試合ぶりに勝利した15位サッスオーロ(勝ち点27)に対し、ナポリは5分にメルテンスの右クロスにヘディングで合わせたカジェホンのシュートがネットを揺らしたが、オフサイドに阻まれる。続く7分にもインシーニェのボレーシュートでGKコンシーリを強襲したナポリが攻勢に出るも、22分に失点する。 ▽左サイドのFKからペルーゾにヘディングで合わせられたシュートが右ポストを直撃すると、ルーズボールをポリターノに蹴り込まれた。 ▽1stチャンスを生かされたナポリは26分に同点のチャンス。ジエリンスキのフィードに抜け出したインシーニェがボックス左でDFを外してシュート。決定的だったが、枠の左に外してしまった。 ▽その後、やや攻めあぐねていたナポリだったが39分、アランの右クロスをインシーニェがボレーで押し込みにかかるも、GKコンシーリの正面に飛んでしまい、同点とはならなかった。 ▽ナポリが1点ビハインドで迎えた後半、開始5分にクリバリのボールロストからポリターノにGKレイナを強襲されたナポリは、続く52分にもロジェリオにGKレイナを強襲されてしまう。 ▽ひやりとしたナポリがギアを上げて反撃に出る中、65分にジョルジーニョに代えてミリクを投入。すると68分、右CKからミリクが際どいヘディングシュートでゴールに迫ると、75分にはメルテンスを諦めてハムシクを投入した。 ▽そして、80分にミリクのボレーでGKコンシーリを強襲したナポリは、直後に試合を振り出しに戻す。左サイドからのマリオ・ルイのクロスがファーサイドに流れ、詰めたカジェホンの前でクリアにかかったロジェリオに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽その後も猛攻に出るナポリはミリクのバイシクルシュートなどでゴールに迫ったが、勝ち越し弾を奪うには至らず1-1で試合終了。痛恨のドローで首位ユベントスにプレッシャーをかけることはできなかった。 2018.04.01 03:02 Sun
twitterfacebook
thumb

ミリンコビッチ=サビッチのドッピエッタとインモービレのPK弾でラツィオがサッスオーロとの10人対決を完勝《セリエA》

▽ラツィオは25日、セリエA第26節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、 3-0で完勝した。 ▽前節ヴェローナ戦をインモービレの1カ月半ぶりのゴールで2-0と快勝し、連敗を3で止めてチャンピオンズリーグ出場圏内の4位に浮上したラツィオ(勝ち点49)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のステアウア・ブカレスト戦をインモービレのハットトリックなどで逆転でのベスト16進出を決めた。そのステアウア戦のスタメンから大幅に7選手を変更。インモービレやフェリペ・アンデルソン、ルーカス・レイバにGKストラコシャのみ引き続きスタメンとなって、デ・フライやL・アルベルト、パローロら主力がベンチスタートとなった。 ▽7試合勝利のない16位サッスオーロ(勝ち点23)に対し、オープンな立ち上がりとなった中、7分にラツィオが先制する。バイタルエリア左でパスを受けたミリンコビッチ=サビッチがゴール右上へ完璧なコントロールシュートを蹴り込んだ。 ▽GKが一歩も動けないパーフェクトシュートで先制したラツィオがその後の流れを引き寄せると、30分にVARの末PKが与えられる。ボックス内で浮き球を処理にかかったペルーゾの手にボールが当たったと判定された。このPKをインモービレが決めてリードを広げたラツィオは、ハーフタイムにかけてもサッスオーロに付け入る隙を与えずに2-0で前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始2分にラツィオがダメ押しの3点目を奪いきる。右サイドからのフェリペ・アンデルソンのアーリークロスをゴール前に走り込んだミリンコビッチ=サビッチが頭で押し込んだ。 ▽そして54分には数的優位となる。ベラルディがドリブルでの持ち出しが大きくなったところで足を伸ばすと、ラドゥの足首にスパイクが入り、一発退場となった。 ▽余裕のラツィオはルーカス・レイバとJ・ルカクをお役御免とし、パローロとルリッチを投入。しかし63分、ラツィオも退場者を出してしまう。マルシッチが競り合いの際に対応したロジェリオにエルボーを見舞ってしまった。 ▽それでも、終盤にかけてのサッスオーロの反撃をシャットアウトしたラツィオが3-0で完勝。10人対決を制し、CL圏内を死守している。 2018.02.26 00:55 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース