長友元同僚のジャッケリーニ、キエーボにシーズンローン2018.02.01 12:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽キエーボは1月31日、ナポリに所属する元イタリア代表MFエマヌエレ・ジャッケリーニ(32)のシーズンローンを発表した。

▽かつて日本代表DF長友佑都とも共闘したチェゼーナでプロデビューのジャッケリーニはその後、ユベントスやサンダーランド、ボローニャなど複数プレーを転々。2016年夏からナポリに活躍の場を求めた。

▽だが、今シーズンはナポリでセリエAわずか4試合の途中出場のみ。そうした状況を受けて、サンプドリアへの移籍も持ち上がっていたが、最終的にキエーボ行きが決定した格好だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ビジャレアル、今季途中就任で5位に導いたカジェハ監督と来季の契約を更新!

▽ビジャレアルは20日、ハビエル・カジェハ監督(40)と2018-19シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽フラン・エスクリバ前監督の解任を受け、昨年9月にビジャレアルのリザーブチームからトップチームの指揮官に昇格したカジェハ監督。[4-3-1-2]や[4-2-3-1]、[4-4-2]と複数のシステムを併用しながら堅守速攻のスタイルをチームに植え付けると、最終的に今季のリーグ戦を5位でフィニッシュさせ、クラブに来シーズンのヨーロッパリーグ出場権をもたらした。 2018.05.20 23:24 Sun
twitterfacebook
thumb

元ドイツ代表DFのマルクス・バッベル氏がウェスタン・シドニーの監督に就任!

▽ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは19日、元ドイツ代表のマルクス・バッベル氏(45)の監督就任を発表した。 ▽現役時代にバイエルン、ハンブルガーSV、リバプール、シュツットガルトで活躍したDFマルクス・バッベル氏は現役引退後、2008年11月にアルミン・フェー監督の解任に伴った暫定監督への就任により、監督業をスタートさせた。これまでシュツットガルトやヘルタ・ベルリン、ホッフェンハイムを指揮。2014年10月からはスイスのルツェルンで指揮を執っており、今年1月に解任されて以降は、フリーになっていた。 ▽ウェスタン・シドニーはかつて北海道コンサドーレ札幌MF小野伸二やセレッソ大阪DF田中裕介、清水エスパルスMF楠神順平が所属していたクラブ。今シーズンはここまでリーグ戦で10チーム中7位と低迷していた。 2018.05.20 19:58 Sun
twitterfacebook
thumb

セルタ、ペップやルイス・エンリケの下バルサでコーチを務めたウンスエ監督の退任を発表

▽セルタは19日、フアン・カルロス・ウンスエ監督(51)が今シーズン限りで退任することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽現役時代はオサスナの下部組織で育ち、オサスナの他、バルセロナやセビージャ、テネリフェ、レアル・オビエドでプレー。引退後はバルセロナのGKコーチに就任し、監督としては2010年7月にヌマンシアでキャリアをスタートさせた。 ▽ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、バルセロナでGKコーチを務めると、2014年7月から2017年6月まではルイス・エンリケ監督のしたでバルセロナでアシスタントコーチを務め、2017年7月からセルタで指揮を執っていた。 ▽契約期間は2019年6月まで残っているものの、クラブの発表によると、来シーズンは指揮を執らない事が決定。今シーズンは13勝10分け15敗の勝ち点49で12位だった。 2018.05.20 12:18 Sun
twitterfacebook
thumb

レスターがポルトガル代表右サイドバックを獲得!

▽レスター・シティは19日、ポルトからポルトガル代表DFリカルド・ペレイラ(24)を獲得したことを発表した。契約2023年までの5年契約となる。 ▽ロシア・ワールドカップの代表メンバーにも選ばれているリカルド・ペレイラ。レスター加入を以下のようにコメントしている。 「ここにこられてとても嬉しい。このチームで早くベストを尽くしたい。プレミアリーグの雰囲気、ファン、そしてフットボールは世界一だ。僕はチームを助けるため、チームの目標を達成させるためにここに来たんだ」 ▽2013年に、スポルティング・リスボンやヴィトーリアの下部組織を経てポルトの下部チームに入団したリカルド・ペレイラは、ニースへのレンタル移籍も経験しつつ、今シーズンからポルトにレンタルから復帰。右サイドバックを主戦場にリーグ戦27試合に出場し2ゴール5アシストを記録し、チームの5年ぶりの優勝に貢献した。 2018.05.20 04:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、引退ヴァイデンフェラーの後釜にスイス代表GKを確保

▽ドルトムントは19日、スイス代表GKマルビン・ヒッツ(30)を獲得したことを発表した。契約は2021年までとなる。 ▽今季限りで引退するGKロマン・ヴァイデンフェラーの後釜として加入したヒッツは、その喜びを以下のようにコメントしている。 「アウグスブルクで5年間過ごして、僕は異なる体験がしたかった。ドルトムントのようなビッグクラブでのチャレンジを楽しみにしている。特にチャンピオンズリーグをね」 ▽スイスのザンクト・ガレン出身のヒッツは2008年にヴォルフスブルクに加入。2013年からプレーするアウグスブルクでは公式戦157試合に出場。今季はリーグ戦32試合に出場した。 ▽ドルトムントには同胞のGKロマン・ビュルキやDFマヌエル・アカンジ、在籍。また、新指揮官はスイス人のルシアン・ファブレが最有力とされており、ドルトムントのスイス化が進んでいるようだ。 2018.05.19 22:40 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース