U-21日本代表の森保一監督と対談したシャビ・アロンソ氏、クリエイティビティなプレーには「勇気が必要」2018.01.31 21:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽レアル・ソシエダやリバプール、レアル・マドリー、バイエルンでプレーし、スペイン代表として2010年のロシア・ワールドカップを制したシャビ・アロンソ氏が30日、都内でトークイベントを実施。東京オリンピックに臨むU-21日本代表を率いる森保一監督と対談した。

▽今回の来日は、アディダスフットボールが、ロシア・ワールドカップを控える日本のフットボールにおけるクリエイティビティ強化のため、シャビ・アロンソを招へいした。

▽サンフレッチェ広島の監督としてJ1リーグを3度制し、2017年10月に東京五輪代表監督に就任した森保監督は、現役でプレーしていたときと比べて指導者との違いを聞かれ「自分がプレーするのか、選手にプレーしてもらうのかという違いはありますが、まずは小さい頃からサッカー選手になることが目標であり夢であってやってきました。指導者は人に伝えるのが大変だなというのを感じています」とコメント。1月にはAFC U-23選手権中国 2018で、ベスト8という結果に終わったチームを率いる難しさを語った。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、「サッカー観」については「選手の時に考えていたようなサッカー観と、指導者に学ばせてもらったことを指導者として活かしていきたいと思います。サッカー観自体は選手時代とは変わっていません」とコメント。チーム作りの秘訣としては、「まずは、自分の好きなことを仕事にできていることを楽しもうと。厳しいことも、難しいこともいっぱいありますが、楽しむことを忘れずにしています。チーム作りとしては、個の成長もですが、日本人のチームとして組織力でお互いが助けあって、協力しあって、1つのものを創りだすということ、日本人の良さを出してやっていこうと思います」と語り、広島でも見せた組織として機能するチーム作りを語った。

▽シャビ・アロンソ氏は、選手時代と指導者時代の差について「森保監督の話と重なるところはありますが、選手のときは自分の事を考えて、自分のベストを尽くすこと、そのあとにチームのことを考えていました。指導者になると、全員のことを考えなくてはいけません。自分のアイデアをどういう風に上手く理解度を高めて伝えるというチャレンジもあります。監督の方が大変だと思います」とコメント。また、今後のキャリアについては「現役をやめてからあまり時間が経っていなく、指導者になってからも数カ月しか経っていません。あまり偉そうなことは言えませんが、自分が大好きなサッカーに関わっていきたいという気持ちはあります」とコメント。「現役は終わったので、指導者としてです。そのためには、自分のサッカー観をみんなに上手く伝えるかというチャレンジがあります。それが上手く行けば、なんらかの形で監督としてやっていきたいと思います。責任は相当大きいので、プレッシャーもあります」と指導者の道に進む希望があると明かした。
(C)CWS Brains,LTD.
▽今回招へいされたテーマでもある、「クリエイティブなプレー」について問われたシャビ・アロンソ氏は「クリエイティブというものは、才能の1つだと思います。それを磨くこともできますが、活かすためにはチームプレーや相手の選手がどれだけ自分がやりたいことをやらせてくれるかというのもあります。そういった要素も大事です」とコメント。また、自身が思い描くクリエイティビティのあるプレーは「これというのはないですが、自分の良いポイントというのは得点を取るということではなく、パスの精度、ポジショニングです。周りのプレーを見ながらのビジョンと試合展開をどうやって変えられるかを考えてパスを出していました」と語った。

▽また、2006-07シーズンのニューカッスル戦で決めた超ロングシュートについて「あのプレーはクリエイティブなプレーでしたが、どちらかというと勇気が必要なプレーだったと思います」と振り返り、「あのチャレンジは何度も失敗していますが、あの日はたまたま上手くいきました。リスクや失敗するかもしれないという恐れがあってはいけないと思います」と、失敗を恐れない結果が、伝説に残るプレーを生み出すとの見解を示した。

▽チャレンジやクリエイティビティを身につけるために必要なこととしては、「バランス」が大事と語ったシャビ・アロンソ氏。「組織的にやることや精度は大事です。組織的にやることは凄く大事ですが、選手は指示通りプレーすることにプラスアルファ、勇気がなくてはいけないということ、ヤンチャでなくてはいけないと思います。チャンスがあった時には約束事とは違っても、クリエイティビティ、自分を信じてチャレンジしていかないとサッカーは成り立たないと思う。良い子でやっているとあまり良くないと思います」と語り、指示通りに動いているだけでは行けないと明かした。
(C)CWS Brains,LTD.
▽森保監督もシャビ・アロンソ氏に対して質問。「世界の名だたる監督の指導を受けてきたが、印象に残っていることや自分と合っている監督はいたのか」と聞くとシャビ・アロンソは、「今名前が挙がったジョゼップ・グアルディオラやジョゼ・モウリーニョ、ビセンテ・デル・ボスケやカルロ・アンチェロッティなどに指導を受けたことはラッキーだったと思う」とコメント。また、「監督のやり方それぞれで教えてくれることも変わってくるが、共通点はどの監督も説得力があること。選手たちが信じて納得できて、「監督のためにやろう」とまとめることが上手な監督が多かった」と語り、経験豊富なシャビ・アロンソならではの解答に森保監督も納得の表情を見せていた。

▽また、「パズルを組み立てることに例えますが、良いピースばかりだとパズルが組み立たないことがありまう。ベストな選手だけにこだわらず、なぜこういった組み立てなのかを言葉で言わなくても選手たちが感じられれば成り立つと思います」と語り、奥深い解答で会場に集まっていたファンを唸らせていた。

▽森保監督は続いて「育成の段階でどういった言葉を掛けられていたか」と質問。シャビ・アロンソは「個人差はあると思いますが、自分は注意されることが好きなタイプでした。監督に注意されるほど期待されている、見られていると感じて頑張る気になっていました。人によってはそうではないので、自分がミスした時に監督が見てくれているという喜びがあって、モチベーションにつながっていました」と解答。指導者がしっかりと目を掛けることが大事であると語った。

▽さらに、招待されたファンからも「試合に臨むときに自信がないときにどうメンタルをポジティブに捉えて対応していたのか」という質問が飛ぶと、シャビ・アロンソは「良い質問だ」と驚いた様子を見せ「大事な試合があって自信がないとき、自分との戦いになる。自己説得、これまでやってきた練習や力を信じて、大丈夫だ、上手く出来るという自己説得のメンタルワークがあって、勝たなくてはいけない。そのままピッチに入ってもろくなことは起こらない」と解答。メンタルコントロールが重要になることを語った。

▽また、イスタンブールの奇跡についても質問が飛び、「ビハインド時にどの様なことをピッチで起こしていたのか」と問われると、シャビ・アロンソは「あのシチュエーションも自分との戦いが始まります。あの時、3点必要だった。選手はみんなフラストレーションが溜まっていたし、何人かの選手はこの試合はもうダメだというメンタルで控室に居た。ただ、何人かの選手はまだ行ける、何とかしようという気持ちで居た」と舞台裏を明かした。「なんとかしようという気持ちが奇跡を起こしたし、チャンピオンズリーグのカップを掲げることができた」とコメントした。

▽森保監督は東京五輪に臨む選手に求めるものを聞かれ、「それぞれ個性があると思いますし、チームで決められたことをできる技術や戦術理解は大切ですが、リスクを犯してやる時があるので、そういったときに思い切ってチャレンジしてくれるメンタルを培って欲しい」とコメントした。

コメント

関連ニュース

thumb

いざコロンビア戦へ! アディダスが「勝色 THE NEW STORY 3」を公開

▽アディダスは19日、ロシア・ワールドカップに臨む日本代表を応援する動画「勝色 THE NEW STORY 3」を公開した。 ▽今年1月、“勝色MOVIE / THE NEW STORY”が発表。15日には第二弾が発表されたが、コロンビア代表戦を迎える本日は、第三弾となっている。 ▽5分間に渡るムービーでは、ベルギー代表戦やウクライナ戦、ガーナ戦、パラグアイ戦の模様や、香川真司、宇佐美貴史、武藤嘉紀、槙野智章らのメッセージが盛り込まれている。 ▽6大会連続6度目のワールドカップ出場となる日本代表。4年前のブラジル大会終了後から、選手たちはそれぞれの場所で、それぞれの活躍を見せてきた。 ▽その集大成を最初に見せる場が、6月19日、コロンビア代表戦。4年前の記憶を塗り替えるために、男たちは立ち上がる。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/JGyQzL2ou0E" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe></div> <hr>答えはひとつ、じゃない。 勝利するために、この日のために、やってきたこととはなんだろう。 その答えは、きっとプレイヤーの数だけある。 何が、正しくて、何が間違っているのか? そこに絶対の答えはない。だけど、これだけは絶対と言える。 クリエイティビティのないところに、進化と勝利はない。 日本のクリエイティビティとは、なんだろう。 CREATIVITY IS THE ANSWER 答えはひとつ、じゃない。 2018.06.19 ワールドカップ初戦 コロンビア すべては、この日勝利するために。<hr> <div style="text-align:center;"><a href="https://shop.adidas.jp/football/world-cup-2018/" target="_blank">アディダス WorldCup特設ページは<br/>コチラ</a></div><hr> 2018.06.19 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

いざ決戦へ! アディダスが「勝色 THE NEW STORY 2」を公開

▽アディダスは15日、ロシア・ワールドカップに臨む日本代表を応援する動画「勝色 THE NEW STORY 2」を公開した。 ▽今年1月、“勝色MOVIE / THE NEW STORY”が発表された。今回はそれに続く第2弾となっている。 ▽6大会連続6度目のワールドカップ出場となる日本代表。4年前のブラジル大会終了後から、選手たちはそれぞれの場所で、それぞれの活躍を見せてきた。 ▽その集大成を最初に見せる場が、6月19日、コロンビア代表戦。4年前の記憶を塗り替えるために、男たちは立ち上がる。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/fa1DJjOW7Ng?ecver=1" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe></div> <hr>長き、サバイバル。 それぞれのクリエイティビティをピッチで表現する。そしてチームと共鳴させる。 長く過酷なサバイバルを勝ち抜いた日本最高峰のプレイヤーたちが、 勝利のために全力で立ち向かう。 06.19.ロシア。 ここからが本当の勝負。<hr> <div style="text-align:center;"><a href="https://shop.adidas.jp/football/world-cup-2018/" target="_blank">アディダス WorldCup特設ページは<br/>コチラ</a></div><hr> 2018.06.15 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

アディダスがロシアW杯で着用される「ENERGY MODE PACK」を発表!

▽アディダスフットボールは28日、2018FIFAワールドカップ ロシアTMで着される「ENERGY MODE PACK」のフルラインナップを発表した。 ▽エネルギー色を表現した、世界の舞台にふさわしいビビッドカラーのスパイクは、ワールドカップに出場するアディダス契約選手が着用。24日に先行して発表された『X18』に加え、『COPA』、『PREDATOR』、『NEMEZIZ』もニューモデルが発表された。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180528_29_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽フランス代表MFポール・ポグバやドイツ代表MFメスト・エジル、日本代表FW宇佐美貴史らが着用する『PREDATOR 18』はソーラーイエロー、コアブラック、ソーラーレッドの配色。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、日本代表FW武藤嘉紀が着用する『NEMEZIZ18』はゼスト、コアブラック、ソーラーレッドの配色となり、メッシモデルはソーラーグリーン、コアブラックの配色となる。 ▽いずれのシューズも、31日により販売開始。アディダスオンラインショップやサッカーショップKAMO原宿店では、28日17時より先行発売される。 2018.05.28 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯に向け、新スパイク『X18』を手にした香川真司「自分自身が一番望んでいる軽さ」

▽アディダスフットボールは24日、スピードプレーヤー向けのフランチャイズ『X(エックス)』を更に軽量化し、フルモデルチェンジした『X18(エックス18)』を発表した。 ▽20日に行われた「ADIDAS WORLD CUP DAY 2018」では、『X18』が日本最速で先行公開されており、日本代表MF香川真司がゲストとして登場した。 ▽香川は、新たなスパイク『X18』についてコメント。「ドイツ杯の前だったと思いますが、すごく衝撃でした。非常に軽く、自分自身が一番望んでいる軽さでした。それでW杯に望めるのは嬉しいです」と語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20180524_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、今回のテーマである“スプリントスパイク”については「僕自身はプレースタイル的にスプリントタイプの選手ではないですが、ターンだったり俊敏性でどれだけ早く前を向けるかだと思います。そういった意味ではこの軽さはいいです。こういったスパイクを履けることは自分のプレーにあっていると思います。W杯に向けてしっかり良い準備をしていきたいです」と語り、迫るロシア・ワールドカップへの意気込みを語っていた。 ▽『X18』は、2018年5月26日(土)現地時間に開催されるUEFA チャンピオンズリーグTM 2017/18 シーズン決勝戦で、ワールドカップ出場国の主要選手たちがXのみ先行して着用予定。主に、欧州主要リーグで今シーズン得点記録を塗り替えたモハメド・サラーが着用する。その他、ガブリエウ・ジェズス、ルイス・スアレス、香川真司、酒井高徳らが着用予定となっている。 ▽『X18』は2018年5月24日(木)17:00よりアディダスオンラインショップ、サッカーショップKAMO原宿店限定でトップモデルを先行発売されている。 2018.05.24 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯に向けて“スプリントスパイク”が誕生! アディダスが『X18』を発表

▽アディダスフットボールは24日、スピードプレーヤー向けのフランチャイズ『X(エックス)』を更に軽量化し、フルモデルチェンジした『X18(エックス18)』を発表した。 ▽スピードを追求したゲームチェンジャーに愛されてきた『X17(エックス 17)』を、2018 FIFAワールドカップ ロシアTM大会に向けてフルモデルチェンジ。とにかくシンプルを追求し無駄をそぎ落としながら、最新のテクノロジーによって耐久性を追求することで、フットボールにおける“スプリントスパイク”が登場した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20180524_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽新しい『X18(エックス18)』では、同フランチャイズで初となる足とシューズの一体感を高めるレースレスシステムを採用したほか、アッパー素材には極薄ウーブン素材を使用したスケルタルウィーヴを採用。履き口には優れたホールド性と軽量性を兼ね揃えたクローカラーを採用、アウトソールは刃型を組み合わせた鋭角のスピードスタッドを使用。『X18(エックス18)』は、スプリントにより一瞬のスピードでゲームを決めるゲームチェンジャーにとって決定的なギアとなる、フットボールにおけるスプリントスパイクとなっている。 ▽また、2018年5月26日(土)現地時間に開催されるUEFA チャンピオンズリーグTM 2017/18 シーズン決勝戦で、ワールドカップ出場国の主要選手たちがXのみ先行して着用予定。主に、欧州主要リーグで今シーズン得点記録を塗り替えたモハメド・サラーもそのうちの1人。その他、ガブリエウ・ジェズス、ルイス・スアレス、香川真司、酒井高徳らが着用予定となっている。 ▽『X18』は2018年5月24日(木)17:00よりアディダスオンラインショップ、サッカーショップKAMO原宿店限定でトップモデルを先行発売されている。 2018.05.24 22:25 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース