U-21日本代表の森保一監督と対談したシャビ・アロンソ氏、クリエイティビティなプレーには「勇気が必要」2018.01.31 21:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽レアル・ソシエダやリバプール、レアル・マドリー、バイエルンでプレーし、スペイン代表として2010年のロシア・ワールドカップを制したシャビ・アロンソ氏が30日、都内でトークイベントを実施。東京オリンピックに臨むU-21日本代表を率いる森保一監督と対談した。

▽今回の来日は、アディダスフットボールが、ロシア・ワールドカップを控える日本のフットボールにおけるクリエイティビティ強化のため、シャビ・アロンソを招へいした。

▽サンフレッチェ広島の監督としてJ1リーグを3度制し、2017年10月に東京五輪代表監督に就任した森保監督は、現役でプレーしていたときと比べて指導者との違いを聞かれ「自分がプレーするのか、選手にプレーしてもらうのかという違いはありますが、まずは小さい頃からサッカー選手になることが目標であり夢であってやってきました。指導者は人に伝えるのが大変だなというのを感じています」とコメント。1月にはAFC U-23選手権中国 2018で、ベスト8という結果に終わったチームを率いる難しさを語った。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、「サッカー観」については「選手の時に考えていたようなサッカー観と、指導者に学ばせてもらったことを指導者として活かしていきたいと思います。サッカー観自体は選手時代とは変わっていません」とコメント。チーム作りの秘訣としては、「まずは、自分の好きなことを仕事にできていることを楽しもうと。厳しいことも、難しいこともいっぱいありますが、楽しむことを忘れずにしています。チーム作りとしては、個の成長もですが、日本人のチームとして組織力でお互いが助けあって、協力しあって、1つのものを創りだすということ、日本人の良さを出してやっていこうと思います」と語り、広島でも見せた組織として機能するチーム作りを語った。

▽シャビ・アロンソ氏は、選手時代と指導者時代の差について「森保監督の話と重なるところはありますが、選手のときは自分の事を考えて、自分のベストを尽くすこと、そのあとにチームのことを考えていました。指導者になると、全員のことを考えなくてはいけません。自分のアイデアをどういう風に上手く理解度を高めて伝えるというチャレンジもあります。監督の方が大変だと思います」とコメント。また、今後のキャリアについては「現役をやめてからあまり時間が経っていなく、指導者になってからも数カ月しか経っていません。あまり偉そうなことは言えませんが、自分が大好きなサッカーに関わっていきたいという気持ちはあります」とコメント。「現役は終わったので、指導者としてです。そのためには、自分のサッカー観をみんなに上手く伝えるかというチャレンジがあります。それが上手く行けば、なんらかの形で監督としてやっていきたいと思います。責任は相当大きいので、プレッシャーもあります」と指導者の道に進む希望があると明かした。
(C)CWS Brains,LTD.
▽今回招へいされたテーマでもある、「クリエイティブなプレー」について問われたシャビ・アロンソ氏は「クリエイティブというものは、才能の1つだと思います。それを磨くこともできますが、活かすためにはチームプレーや相手の選手がどれだけ自分がやりたいことをやらせてくれるかというのもあります。そういった要素も大事です」とコメント。また、自身が思い描くクリエイティビティのあるプレーは「これというのはないですが、自分の良いポイントというのは得点を取るということではなく、パスの精度、ポジショニングです。周りのプレーを見ながらのビジョンと試合展開をどうやって変えられるかを考えてパスを出していました」と語った。

▽また、2006-07シーズンのニューカッスル戦で決めた超ロングシュートについて「あのプレーはクリエイティブなプレーでしたが、どちらかというと勇気が必要なプレーだったと思います」と振り返り、「あのチャレンジは何度も失敗していますが、あの日はたまたま上手くいきました。リスクや失敗するかもしれないという恐れがあってはいけないと思います」と、失敗を恐れない結果が、伝説に残るプレーを生み出すとの見解を示した。

▽チャレンジやクリエイティビティを身につけるために必要なこととしては、「バランス」が大事と語ったシャビ・アロンソ氏。「組織的にやることや精度は大事です。組織的にやることは凄く大事ですが、選手は指示通りプレーすることにプラスアルファ、勇気がなくてはいけないということ、ヤンチャでなくてはいけないと思います。チャンスがあった時には約束事とは違っても、クリエイティビティ、自分を信じてチャレンジしていかないとサッカーは成り立たないと思う。良い子でやっているとあまり良くないと思います」と語り、指示通りに動いているだけでは行けないと明かした。
(C)CWS Brains,LTD.
▽森保監督もシャビ・アロンソ氏に対して質問。「世界の名だたる監督の指導を受けてきたが、印象に残っていることや自分と合っている監督はいたのか」と聞くとシャビ・アロンソは、「今名前が挙がったジョゼップ・グアルディオラやジョゼ・モウリーニョ、ビセンテ・デル・ボスケやカルロ・アンチェロッティなどに指導を受けたことはラッキーだったと思う」とコメント。また、「監督のやり方それぞれで教えてくれることも変わってくるが、共通点はどの監督も説得力があること。選手たちが信じて納得できて、「監督のためにやろう」とまとめることが上手な監督が多かった」と語り、経験豊富なシャビ・アロンソならではの解答に森保監督も納得の表情を見せていた。

▽また、「パズルを組み立てることに例えますが、良いピースばかりだとパズルが組み立たないことがありまう。ベストな選手だけにこだわらず、なぜこういった組み立てなのかを言葉で言わなくても選手たちが感じられれば成り立つと思います」と語り、奥深い解答で会場に集まっていたファンを唸らせていた。

▽森保監督は続いて「育成の段階でどういった言葉を掛けられていたか」と質問。シャビ・アロンソは「個人差はあると思いますが、自分は注意されることが好きなタイプでした。監督に注意されるほど期待されている、見られていると感じて頑張る気になっていました。人によってはそうではないので、自分がミスした時に監督が見てくれているという喜びがあって、モチベーションにつながっていました」と解答。指導者がしっかりと目を掛けることが大事であると語った。

▽さらに、招待されたファンからも「試合に臨むときに自信がないときにどうメンタルをポジティブに捉えて対応していたのか」という質問が飛ぶと、シャビ・アロンソは「良い質問だ」と驚いた様子を見せ「大事な試合があって自信がないとき、自分との戦いになる。自己説得、これまでやってきた練習や力を信じて、大丈夫だ、上手く出来るという自己説得のメンタルワークがあって、勝たなくてはいけない。そのままピッチに入ってもろくなことは起こらない」と解答。メンタルコントロールが重要になることを語った。

▽また、イスタンブールの奇跡についても質問が飛び、「ビハインド時にどの様なことをピッチで起こしていたのか」と問われると、シャビ・アロンソは「あのシチュエーションも自分との戦いが始まります。あの時、3点必要だった。選手はみんなフラストレーションが溜まっていたし、何人かの選手はこの試合はもうダメだというメンタルで控室に居た。ただ、何人かの選手はまだ行ける、何とかしようという気持ちで居た」と舞台裏を明かした。「なんとかしようという気持ちが奇跡を起こしたし、チャンピオンズリーグのカップを掲げることができた」とコメントした。

▽森保監督は東京五輪に臨む選手に求めるものを聞かれ、「それぞれ個性があると思いますし、チームで決められたことをできる技術や戦術理解は大切ですが、リスクを犯してやる時があるので、そういったときに思い切ってチャレンジしてくれるメンタルを培って欲しい」とコメントした。
コメント
関連ニュース
thumb

「無敵のフィットで、無双する。」アディダスがプレースタイルに特化したフィットを追求した『EXHIBIT PACK』を発表

アディダスは19日、それぞれのプレースタイルに特化したフィットを追求した「EXHIBIT PACK(イグジビット・パック)」を発表した。 アディダスが展開する「COPA(コパ)」、「PREDETOR(プレデター)」、「X(エックス)」、「NEMEZIZ(ネメシス)」の4つのスパイクの、それぞれのプレースタイルに特化し、フィット感を追求したスパイクは、2019年1月22日(火)よりアディダス オンラインショップ、サッカーショップKAMO原宿店にて先行発売。1月29日(火)より一般発売される。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://shop.adidas.jp/football/" target="_blank">アディダス オンラインショップはこちら</a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20190119_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 「COPA」は「鬼フィット。神タッチ。」のコピーとともに、圧倒的な柔らかさによる素足感覚フィットを追求したモデル。「レザーの概念を変えるフュージョンスキンテクノロジーが生み出すフィット」が体感できる。パウロ・ディバラ、トニ・クロース、宇佐美貴史、酒井高徳、長澤和輝、平川怜が着用予定。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20190119_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 「PREDATOR」は「鬼フィット。神コントロール。」のコピーとともに、ワンピース構造のアッパーによる一体感フィットを追求。「ボールコントロールのみならずオフザボールでも安定性をもたらす包み込むようなフィット」が体感できる。ポール・ポグバ、メスト・エジル、デレ・アリ、内田篤人、権田修一、山本脩斗、扇原貴宏、飯倉大樹が着用予定。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20190119_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 「X」は「鬼フィット。神スピード。」のコピーとともに、極限までこだわった薄さによる軽量フィットを追求。「極薄のアッパーと足首の前後をホールドしスピードに還元するクローカラーのフィット」が体感できる。ガブリエル・ジェズス、ガレス・ベイル、モハメド・サラー、香川真司、槙野智章、武藤嘉紀、植田直通、三好康児、遠藤渓太、岩崎悠人が着用予定。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20190119_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 「NEMEZIZ」は「鬼フィット。神アジリティ。」のコピーとともに高伸縮性バンデージによるブレない安定感を求めたもの。「足首周りを強固にロックし、鋭いターンや細かなステップに貢献するバンデージによるフィット」が体感できる。リオネル・メッシ、ロベルト・フィルミーノ、ジェシー・リンガード、中島翔哉、南野拓実、中村航輔が着用予定。メッシは、ネメシス メッシを着用する。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://shop.adidas.jp/football/" target="_blank">アディダス オンラインショップはこちら</a><hr></div> 2019.01.19 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アディダスが女子W杯公式試合球『CONEXT19』を発表! 2019年の開催国フランスにインスピレーション

▽国際サッカー連盟(FIFA)のオフィシャルパートナーのアディダスは6日、2019年6月7日から7月7日にかけて、フランスで開催される2019 FIFA女子ワールドカップ公式試合球『CONEXT19(コネクト19)』を発表した。 ▽『CONEXT19(コネクト 19)』は"CONNECTION"と"NEXT"から生まれた造語。スポーツを通じてすべての人種、世代、国々が団結する、世界中のつながりを表し、2019FIFA 女子ワールドカップの開催地フランスよりインスピレーションを得ている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181206_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽1998FIFA ワールドカップフランス大会公式試合球トリコロールにインスパイアされたデザインで、伝統的なフランスのシンボルである雄鶏と近代フランスのシンボルである高速列車とタービンを融合し、更にグリッチエフェクトによって現代の革新性を表現している。 ▽カラーリングは、2019FIFA 女子ワールドカップのエンブレムの輝きを表すオレンジと開催国のフランスをイメージするトリコロールカラーが配色されている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181206_16_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽日本国内ではアディダス社(本社:ドイツ CEO:カスパー・ローステッド)とのライセンス契約に基づき、株式会社モルテン(本社:墨田区横川、代表取締役社長:民秋清史)が12月6日(木)よりアディダスオンラインショップはじめ、全国のスポーツ店で順次販売される。 2018.12.06 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「鬼フィット。神タッチ。」アディダス『COPA』がフルモデルチェンジ!

▽アディダスフットボールは、しなやかなボールタッチを求めるプレーヤー向けのレザースパイク『COPA(コパ)』が圧倒的な柔らかさを追求し、フルモデルチェンジした『COPA19(コパ19)』を発表した。また、13日(火)の18時より、アディダスオンラインショップとサッカーショップKAMO原宿店で先行発売することも発表している。 ▽『COPA19』は、アディダスフットボール史上初となる、独自の加工を施したプレミアムカンガルーレザーとプライムニットをシームレスに融合させた新たなテクノロジー「フュージョンスキン」を採用。圧倒的な柔らかさを追及し、足全体を包み込む優れたフィット性を実現している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/adidas20181111_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽また、特殊なコーティング加工をアッパー素材に施すことで雨天時のシューズ内の不快感を軽減する撥水性を向上。優れたボールタッチでゲームをコントロールするスパイクとなっている。 ▽今回のリニューアルに伴い、パウロ・ディバラやトニ・クロースなど『COPA』史上初めて欧州の主要リーグで活躍するトップ選手が着用するスパイクとなる。また、日本人では、宇佐美貴史、内田篤人、平川怜が着用予定となっている。ディバラは、この新スパイクについてコメントした。 「私は、常にクラシックなデザインで、すばらしいボールタッチを可能にしてくれる COPA のファンでした。なぜなら、私自身のプレースタイルにふさわしいシューズだからです。そして、進化した COPA は、いくつかの新しい機能を備え、デザインも進化しています。この COPA でよいパフォーマンスをゲームで発揮できることを楽しみにしています」 ▽先行発売は11月13日(火)の18時から。その後、12月5日(木)より、全国のアディダスフットボール取扱店で発売される。 2018.11.11 22:01 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、アディダスと10年で約1420億円の大型新契約合意! スポーツ界で最も高価なユニフォームに!

▽レアル・マドリーとユニフォームサプライヤーである大手スポーツメーカー『アディダス』との新契約が合意に達したようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽1998年からアディダスとユニフォームサプライヤー契約を結んでいるマドリー。現行契約では年間5200万ユーロ(約66億円)の契約料となっているが、同契約の2倍を上回る契約が締結されようとしているようだ。 ▽今回伝えられるところによると、2020年から2030年の新契約が合意に。ボーナス含め1年1億1000万ユーロ(約140億円)、計11億ユーロ(約1420億円)に達する可能性がある大型新契約のようだ。これにより、現時点でサッカー界最高額とされているマンチェスター・ユナイテッドとアディダスが交わしている1年8500万ユーロ(約110億円)、バルセロナとナイキの1年8300万ユーロ(約107億円)を上回り、マドリーのユニフォームはスポーツ界で最も高価なユニフォームになるという。ちなみに、この額は大手スポーツメーカー『ナイキ』がNBAに対して8年間支払う年間の契約料に相当するようだ。 ▽マドリーのマーケティング部は数年間に渡って交渉を継続。契約額で大きな開きがあったようだが、チャンピオンズリーグ3連覇を含めた近年の同大会での活躍などが、今回の大型契約につながった模様だ。 2018.11.05 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルがサプライヤー変更! 来季からアディダスユニ着用へ合意を発表

▽2019-20シーズンからユニフォームが変わる。アーセナルは、ドイツの大手スポーツメーカー『アディダス』と契約締結で合意したと発表した。イギリス『インデペンデント』が報じた。 ▽アーセナルは、2014年からプーマと契約。アーセナル側が年間3000万ポンド(約44億4000万円)の契約の改善を求めていたが合意に至らず。一方で、アディダスとは年間6000万ポンド(約88億8000万円)の契約を締結し、収入が倍増するとのことだ。 ▽プーマのユニフォームを着用する以前は、1994年からナイキ製のユニフォームを着用。それ以前の1986年からはアディダス製のユニフォームを着用していた。それ以前は、アンブロやファッションブランドで知られるバクタ(Bukta)のユニフォームを着用していた。 ▽近年はビッグクラブのユニフォームサプライヤー変更が多く起こっており、マンチェスター・ユナイテッドは長年着用してきたナイキから2015年にアディダスへと変更。ユベントスも同じ2015年にナイキからアディダスへと変更していた。一方で、チェルシーは2017-18シーズンにアディダスからナイキへと変更。ミランは2018-19シーズンにアディダスからプーマへと変更している。 2018.10.08 18:40 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース