窃盗容疑で逮捕のJFLテゲバジャーロ宮崎MF松田大成が登録抹消により退団2018.01.31 19:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽JFLのテゲバジャーロ宮崎は31日、MF松田大成(21)が窃盗容疑で逮捕され、退団したことを発表した。

▽クラブの発表によると、松田は2017年3月15日の17時25分頃、宮崎市内のリサイクルショップからDVDレコーダー1台(販売価格54,000円)を窃盗した容疑で2018年1月15日7時頃に逮捕。2018年1月26日15時30分頃、略式起訴され罰金20万で、同日釈放されたとのこと。クラブは釈放後に選手と面談を行った結果、「登録抹消で退団」という処分に至ったとのことだ。

▽クラブとしては、「選手の指導ができていなかった事実を重く受け止め、更正させる使命を受け持ちたい」と考えていたようだが、「本人との面談を重ねる中で本人が、今後の人生を考えた上で退団・引退の意向を持っていた為、弊クラブでの更正指導に向き合う気持ちが持てないのでは」という懸念もあり、起こした事実の大きさを考え苦渋の決断を下したようだ。

▽松田は、福岡県出身で、豊国学園高校から阪南大学を経て2016年2月に入団していた。松田はクラブを通じて謝罪した。

「この度は、被害店舗様はじめ、クラブ、スポンサー、サポーターの皆様に多大なご心配とご迷惑をお掛け致しまして、誠に申し訳ございませんでした」

「私の考えの未熟さにより、窃盗をしてしまいました。テゲバジャーロ宮崎に関わる全ての方たちの期待を裏切る行為をしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。今からでは悔いても遅いのですが、しっかりと反省し、いつの日か皆様が私を見て頂く日があった時には、しっかりと自立している、と認めて頂けるよう今後の日々を精進して参ります。この度は、期待を裏切ってしまい誠に申し訳ございませんでした」

▽また、テゲバジャーロ宮崎の柳田和洋代表取締役もクラブを通じて謝罪した。

「弊クラブ所属選手が、このような行為を起こしたこと、クラブを代表として被害店舗様、応援頂いているスポンサー様、サポーター様、全てのテゲバジャーロ宮崎に関わる全ての方たちに心よりお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした」

「今回、皆様に多大なご心配とご迷惑をお掛けした事実と、窃盗による罰金刑の事実から、処分内容を深く悩みました。その中で、今回の行為は罰を受けるという社会の現実をしっかりと当該選手に示すことが一番なのでは、と考え苦渋の決断ではございましたが、「登録抹消し、退団」とさせて頂きました」

「しかしながら、弊クラブ所属選手が起こした事実は変わりませんので、そのことをクラブとして強く重く受け止め、選手・スタッフに社会人としての基礎から徹底して指導して参ります。今回は、チームビジョンの「真摯」を掲げるに相応しくない現状で反省の言葉しかございません。その上で今後、一歩ずつ再度精進し、「真摯」を少しでも体現できるクラブに近づいて参る事で、皆様にお返しして参りたいと存じます。この度は誠に申し訳ございませんでした」

コメント

関連ニュース

thumb

ベンゼマ友人が誘拐に恐喝未遂…自称代理人が被害

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマの友人が、誘拐及び恐喝未遂で捜査されているようだ。フランス『Mediapart』の情報を基にスペイン『マルカ』が報じた。 ▽その事件はパリのバーで7日に発生した。被害に遭ったのは“自称”ベンゼマの代理人と名乗るレオ・ディ・ソウザ氏だ。動機は、ベンゼマが受け取る権利があった5万ユーロ(約644万円)を同氏が懐に収めたためであると見られている。ディ・ソウザ氏は、誘拐、監禁、暴力に関してベンゼマの友人を起訴した。 ▽なお、その5万ユーロは、ベンゼマが今夏にモロッコへ旅行した際にスポンサーが支払おうとしたものだった模様。だが、同選手には渡らなかったようだ。 ▽ベンゼマの弁護士を担当するシルヴァン・コルミエ氏は、ディ・ソウザ氏が虚言を吐いているとして非難した。また、コルミエ氏は、ディ・ソウザ氏がベンゼマの代理人だったことは一度もないと主張している。 2018.10.19 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

セクハラ、銃器不法所持、傷害…トルコ代表アルダ・トゥランに最大12年半の懲役刑の可能性

▽イスタンブール・バシャクシェヒルのトルコ代表MFアルダ・トゥラン(31)に、最大12年半の懲役刑が科される可能性があるようだ。トルコ『Hurriyet』が伝えている。 ▽トゥランは10日、ナイトクラブでトルコの有名歌手ベルカイ・シャヒン氏の妻であるエズレムさんにアプローチをかけたことから喧嘩が勃発。トゥランはベルカイ氏の鼻の骨を折ったほか、同氏が搬送された病院でエズレムさんにベルカイ氏を撃ち殺すよう銃を促したと報道されている。 ▽これに関し、トゥランは“セクシャルハラスメント”“銃器不法所持”“傷害罪”の疑いで起訴され、最大12年半の懲役刑が科される可能性があるという。なお、ベルカイ氏側にも、トゥランを侮辱した疑いがかけられており、最大2年間の懲役が科される可能性もあるようだ。 2018.10.16 00:16 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGに八百長の疑い! ネイマールハットのCLツルヴェナ・ズヴェズダ戦で

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に八百長の疑いがかけられている。フランス『レキップ』の情報を基に、イギリス『BBC』が報じた。 ▽PSGは4日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第2節でツルヴェナ・ズヴェズダを本拠地パルク・デ・プランスに迎え、6-1と大勝。ネイマールのハットトリックが話題を呼んだ一戦だ。 ▽しかし、『レキップ』が伝えたところでは、ツルヴェナ・ズヴェズダの関係者がこの試合を対象に500万ユーロ(約6億4900万円)を賭けたと発言。「ツルヴェナ・ズヴェズダが5点を失って敗北する」と予想したとされている。 ▽この情報を掴んだ欧州サッカー連盟(UEFA)はフランス国家財政検察(PNF)に協力を要請。調査が開始されている。 ▽この件に関しては、両クラブともに即座に否定。ツルヴェナ・ズヴェズダは「最大の怒りと憎悪でこの話題を拒絶する。クラブの評判に大きな損害を与える疑いが晴れることを期待する」と声明を出しており、PSGは「パリ・サンジェルマンのスポーツ基本原則、健全性に対するコミットメントに従い、この疑惑を否定する」と伝えた。 2018.10.13 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

サラーは不起訴! 運転中のスマホ操作で捜査を受ける…

▽リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが不起訴処分となったようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 ▽サラーは8月12日、プレミアリーグ開幕戦でリバプールの4-0の勝利に貢献。試合後、渋滞で止まっているサラーの車に一般市民が集まり、その中の1人が撮影したとされる動画に、スマートフォンを操作しながら運転している場面が映し出され、この動画はソーシャルメディアを通じて一斉に拡散されていた。 ▽マージーサイド警察は翌日に動画を確認したと発表。イギリスではスマートフォンを操作しながらの運転には最大で6点の減点及び200ポンド(約2万8000円)の罰金が科されるが、今回は不起訴となったようだ。 ▽マージ―サイド警察によると、「捜査が行われていたが、訴追を裏付ける証拠が不十分であった」とのことで、「さらなる措置はとられない」と発表。サラーに対しては「運転中の携帯電話の使用について指導した」とのことだ。 2018.10.12 21:50 Fri
twitterfacebook
thumb

トゥランがまたも暴力行為、トルコの有名歌手の鼻を折る暴挙とさらに…

▽イスタンブール・バシャクシェヒルに所属するトルコ代表MFアルダ・トゥランが暴力行為を働いていたことが分かった。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽現在、バルセロナからイスタンブール・バシャクシェヒルにレンタル中のトゥラン。今年5月に審判への暴力行為で16試合の出場停止処分を科された男が、またしても暴力沙汰をを起こしたようだ。 ▽事が起こったのは10日、トゥランがトルコで有名な歌手・Berkay氏の奥さんにアプローチをかけたことが原因となったようだ。Berkay氏がトゥランを牽制しようと真正面に立ったところ、その刹那喧嘩が勃発。トゥランが相手の鼻を折り、Berkay氏は病院に搬送される事態にまでなったようだ。 ▽しかし、いくつかの地元メディアが伝えるところによると、この話はここで終わりではないようだ。その後、病院に向かったトゥランは再び奥さんに近づき、あろうことかBerkay氏を銃で撃ち殺すよう声をかけたという。 ▽だが、トゥランは直ちにこれを否定。それでも喧嘩を起こしたことは認めたようだ。 2018.10.11 17:01 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース