ベンゼマが“物品税回避”を示唆? 金ぴか時計見せびらかし動画をシェア2018.01.26 18:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが、物品税を回避したことを連想させる動画を投稿した。スペイン『マルカ』が報じている。▽コパ・デル・レイでの敗退、リーガエスパニョーラでの低迷と暗い今シーズンを過ごしているマドリーは、一挙手一投足がスペイン紙に取り沙汰され、多くのバッシングを受けている。クラブがそういった苦しい時期にある最中、得点力不足で最もバッシングを受けることの多いベンゼマが、世間への挑発と捉えられかねない動画を、自身インスタグラム(@karimbenzema)アカウントでシェアした。

▽現地時間25日12時42分にコパ敗退後の初練習を切り上げたベンゼマは、その90分後に動画を投稿。内容は同選手が運転する映像を主観目線で撮影したものであり、映り込んでいるのはフロントウィンドウからの景色と、ステアリング、運転する手の部分だ。

▽問題に挙げられているのは、“外交特権”という文字が編集によってその動画に載せられているということのようで、どうやらそれは『物品税や租税を回避する』という意味を連想させるそうだ。さらに悪いことに、動画の中で手にはめている金色の時計を見せびらかす仕草をしており、『マルカ』によればその時計が『ロレックス』の『スカイドゥエラー』という高給時計のようで、価値は4万5500ユ―ロ(約618万円)にも上る。

▽動画では、人気アーティスト『Drake』が先日リリースした“Diplomatic immunity(外交特権)”という曲が流れており、単にその曲を気に入っていることをアピールした可能性も高い。それでも、バッシングを受けかねない動画になっていることは間違いなく、配慮に欠けた行動と捉えられることは仕方がないことかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

解任危機ロペテギ「選手たちはこの罰に値しない」

▽レアル・マドリーのフレン・ロペテギ監督が、敗戦後の会見に出席した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽マドリーは20日、リーガエスパニョーラ第9節でレバンテをホームに迎えて1-2で敗戦。公式戦3連敗を喫しており、リーガでは直近4試合1分け3敗と最悪の状況だ。 ▽解任も取り沙汰されているロペテギ監督が、レバンテ戦後の会見で以下のように語った。 「私の仕事? 今はそれが私の胸中を占める最後の(最大の)ものだ」 「火曜日の非常に重要な試合に向けて、私は選手たちを仕上げなければならない」 「私たちが明白にこの試合の勝利に値したと信じている」 「フットボールは作るものであり、得点を最も決めたチームが勝利する」 「調子を変えるために、私たちは座って悪いプレーについて考えなくてはならない」 「ゴールは訪れていない。チームは多くのことを上手くやっていて、心配ないと主張しなければならない」 「私の選手たちはこの罰に値しない。チャンピオンズリーグの試合が控えていて、私たちは回復する必要がある」 ▽マドリーは23日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第3節ヴィクトリア・プルゼニ戦、そして28日にはリーガ第10節バルセロナ戦に臨む。 2018.10.21 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

あなたの忘れられないクラシコは? 超WSが劇的マッチをピックアップ!

▽リーガエスパニョーラ第10節バルセロナvsレアル・マドリー、今シーズン初めての伝統の一戦“エル・クラシコ”が、10月28日(日)の24時15分にカンプ・ノウでキックオフを迎える。 ▽シーズンの成績に関係なく、両チームのファン・メディア・関係者を熱くする“クラシコ”に備え、本稿では過去のクラシコから両クラブにとって思い出深い一戦をそれぞれピックアップ。当時の状況を整理しつつ、脈々と続く因縁の一端を垣間見ていく。 ◆スペインの盟主はバルセロナ! 衝撃のマニータ 試合日:2010年11月29日 2010-11シーズン リーガエスパニョーラ第13節 会場:カンプ・ノウ バルセロナ 5-0 レアル・マドリー 【バルセロナ】 シャビ(前10) ペドロ(前18) ビジャ(後10) ビジャ(後13) ジェフレン(後46)※下記文中には、87分という表記となっております。 ◆バルセロナ出場メンバー[4-3-3] 監督:グアルディオラ GK:バルデス DF:ダニエウ・アウベス、ピケ、プジョル、アビダル MF:シャビ(後42分/セイドゥ・ケイタ)、ブスケッツ、イニエスタ FW:ペドロ(後42分/ジェフレン)、メッシ、ビジャ(後31分/ボージャン) ◆レアル・マドリー出場メンバー[4-2-3-1] 監督:モウリーニョ GK:カシージャス DF:セルヒオ・ラモス、ペペ、カルバリョ、マルセロ(後15分/アルベロア) MF:クリスティアーノ・ロナウド、ケディラ、エジル(後0分/ラッサナ・ディアラ)、シャビ・アロンソ、ディ・マリア FW:ベンゼマ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://www.wowow.co.jp/sports/liga/bestofclasico_vote/&c=wowow_app_20181019_2" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">ベスト・オブ・クラシコは!?<br />記憶に残る“クラシコ”を投票しよう!</span></br></a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第12節を消化した時点で1位レアル・マドリー(勝ち点32)、2位バルセロナ(勝ち点31)の順位で並び、両者の勝ち点差は「1」。前シーズンにリーガ制覇を成し遂げたバルセロナから王座を奪還すべく、ジョゼ・モウリーニョを新指揮官に招へいしたマドリーが勇んで敵地に乗り込んだ。なお、名将モウリーニョにとっては、初の“エル・クラシコ”となる。 ▽雨の中で始まった試合、バルセロナはパスサッカーで序盤からマドリーを圧倒。イニエスタのスルーパスを受けたシャビが屈辱を与えるチップキックでカシージャスの頭上を抜いて易々と先制すると、完全に主導権を握る。18分にペドロが追加点を決めスコアが2点差に広がる中、マドリーは全く反撃の形を見出せずに前半を終えた。 ▽劣勢で迎えた後半、マドリーはエジルとの交代でより守備的なL・ディアラを投入し、まずはバルセロナの攻撃を鎮静化させにいく。しかし、相手の策を全く意に介さないホームチームはその後も悠々とパスを回し続け、55分にメッシのスルーパスに反応したビジャが3点目を奪取。ビジャは、直後の58分にもメッシのロングスルーパスからこの試合2得点目を記録した。 ▽4点差を付けられた後のマドリーはフラストレーションを溜め、イエローカードを4枚提示されるほどの荒々しいプレーに終始。試合終了間際の91分には、ペドロに代わって投入された若手FWジェフレンが、出場からわずか4分でダメ押しの5点目を記録。加えて、92分には激しくコンタクトしたS・ラモスが一発退場と散々な結末に。バルセロナが「マニータ(1試合5得点を奪うこと)」のスコア以上に内容でも完全勝利を飾った。 ▽このクラシコ完勝でさらに勢いを増したバルセロナはチャンピオンズリーグ(CL)、スーペル・コパのタイトルに加え、リーガエスパニョーラ3連覇を達成。タイトルがコパ・デル・レイのみに留まった白い巨人を置き去り、スペインの盟主として名を轟かせた。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=6A92YCES%26ai=a5bc8416a02665&c=wowow_app_20181019_1" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">気になるマドリー編は!?<br />続きはこちらでチェック!</span></a><hr></div> 2018.10.21 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「彼と一緒に心中する」…マルセロがロペテギ支持

▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロがフレン・ロペテギ監督の支持を表明した。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽今シーズンからロペテギ体制に移行したレアル・マドリー。だが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが去った攻撃陣の得点力低下に苛まれ、20日に行われたリーガエスパニョーラ第9節のレバンテ戦でも不覚を取り、公式戦3連敗を喫した。 ▽そのレバンテ戦で一矢報いる得点を挙げたマルセロ。試合後に『beIN SPORTS』のインタビューで解任論が取り巻くロペテギ監督について次のように語り、支持派の姿勢を示した。 「僕らは彼と一緒に心中する。彼は僕らに明確な話をしてくれるし、僕ら選手とも良い関係にある。もっと彼に仕事に集中させてあげないといけない。ロペテギと(ラファエル・)ベニテスと比べるなんて無理だ」 2018.10.21 11:55 Sun
twitterfacebook
thumb

CR7退団余波…レアル・マドリー、連続無得点時間がクラブ史最悪

▽レアル・マドリーが連続無得点時間のクラブワースト記録を更新した。データを扱う『Opta(@OptaJose)』が報じた。 ▽レアル・マドリーは、20日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたリーガエスパニョーラ第9節でレバンテと対戦。代表ウィークを経て巻き返しを目指したが、1-2で敗れ、公式戦3連敗の直近5試合で白星から遠ざかり、リスタートに失敗した。 ▽そのレバンテ戦、ブラジル代表DFマルセロが72分にゴールを挙げ、チームとして公式戦5試合ぶりの得点となり、連続無得点時間も480分でストップ。ただ、この数字は1985年の464分を塗り替えて、不名誉なクラブワースト記録という。 ▽こうした現状を受け、進退問題に待ったなしの様相が強まるフレン・ロペテギ監督。ユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが退団した余波をもろに露呈する戦いが続くが、そこからV字回復を遂げられるのだろうか。 2018.10.21 11:25 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが金字塔…史上初の欧州3大リーグ400発!

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)が金字塔だ。データを扱う『Opta(@OptaPaolo)』が報じた。 ▽ユベントスは20日に行われたセリエA第9節のウディネーゼ戦(1-1のドロー)に先発。18分に2試合連発となるシーズン5得点目をマークした。 ▽C・ロナウドにとって、このゴールは代表を除いてキャリア通算400点目。欧州5大リーグのみで到達した選手としては史上初だという。 ▽なお、内訳は以下のとおり。 ◆C・ロナウドの各国リーグ得点内訳 ・マンチェスター・ユナイテッド:プレミアリーグ/84得点 ・レアル・マドリー:リーガエスパニョーラ/311得点 ・ユベントス:セリエA/5得点 2018.10.21 09:55 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース