ベンゼマが“物品税回避”を示唆? 金ぴか時計見せびらかし動画をシェア2018.01.26 18:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが、物品税を回避したことを連想させる動画を投稿した。スペイン『マルカ』が報じている。▽コパ・デル・レイでの敗退、リーガエスパニョーラでの低迷と暗い今シーズンを過ごしているマドリーは、一挙手一投足がスペイン紙に取り沙汰され、多くのバッシングを受けている。クラブがそういった苦しい時期にある最中、得点力不足で最もバッシングを受けることの多いベンゼマが、世間への挑発と捉えられかねない動画を、自身インスタグラム(@karimbenzema)アカウントでシェアした。

▽現地時間25日12時42分にコパ敗退後の初練習を切り上げたベンゼマは、その90分後に動画を投稿。内容は同選手が運転する映像を主観目線で撮影したものであり、映り込んでいるのはフロントウィンドウからの景色と、ステアリング、運転する手の部分だ。

▽問題に挙げられているのは、“外交特権”という文字が編集によってその動画に載せられているということのようで、どうやらそれは『物品税や租税を回避する』という意味を連想させるそうだ。さらに悪いことに、動画の中で手にはめている金色の時計を見せびらかす仕草をしており、『マルカ』によればその時計が『ロレックス』の『スカイドゥエラー』という高給時計のようで、価値は4万5500ユ―ロ(約618万円)にも上る。

▽動画では、人気アーティスト『Drake』が先日リリースした“Diplomatic immunity(外交特権)”という曲が流れており、単にその曲を気に入っていることをアピールした可能性も高い。それでも、バッシングを受けかねない動画になっていることは間違いなく、配慮に欠けた行動と捉えられることは仕方がないことかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

世界1位は936億円超のCL3連覇のレアル・マドリー! 前回1位のユナイテッドは3位に

世界で最大規模を誇る会計事務所『デロイト』が、2017-18シーズンの「フットボール・マネーリーグ」の結果を発表した。 「フットボール・マネーリーグ」とは、デロイト社が毎年行っているもの。世界各国のサッカークラブを対象に、入場料収入や放映権収入、スポンサー収入などを集計し、ランキング化したものだ。 2017-18シーズンの1位に輝いたのは、チャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げたレアル・マドリー。その額は7億5090万ユーロ(約936億4600万円)となり、12回目の1位に輝いた。 2位にはバルセロナが入り、6億9040万ユーロ(約861億200万円)、2016-17シーズンの1位だったマンチェスター・ユナイテッドは3位に下がり、6億6660万ユーロ(約831億3400万円)だった。 ブンデスリーガ王者のバイエルンが4位に入り、6億2920万ユーロ(約786億7000万円)、プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティは5位で5億6840万ユーロ(約708億9000万円)となった。 リーグ・アン王者のパリ・サンジェルマンは1つ順位を上げて5億4170万ユーロ(約675億5800万円)で6位、チャンピオンズリーグ準優勝のリバプールは2つ順位を上げ5億1370万ユーロ(約640億6500万円)で7位に入った。 その他、2017-18シーズンは20年ぶりにチャンピオンズリーグ出場を逃したアーセナルが3つ順位を落とし9位となり4億3920万ユーロ(約547億7500万円)で減収している。 また、ローマ(2億5000万ユーロ/約311億7800万円)、ミラン(2億770万ユーロ/約259億500万円)、ニューカッスル(2億150万ユーロ/約251億3200万円)が新たにトップ20にランクイン。一方で、2016-17シーズンは14位だったレスター・シティ、18位のサウサンプトン、19位のナポリがトップ20から外れた。 ◆「デロイト・フットボール・マネーリーグ 2019」トップ20 <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">1位:レアル・マドリー(昨年2位)</span> 2017-18/7億5090万ユーロ(約936億4600万円) 2016-17/6億7460万ユーロ(約841億3000万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">2位:バルセロナ(昨年3位)</span> 2017-18/6億9040万ユーロ(約861億200万円) 2016-17/6億4830万ユーロ(約808億5200万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">3位:マンチェスター・ユナイテッド(昨年1位)</span> 2017-18/6億6660万ユーロ(約831億3400万円) 2016-17/6億7630万ユーロ(約843億4400万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">4位:バイエルン(昨年4位)</span> 2017-18/6億2920万ユーロ(約786億7000万円) 2016-17/5億8780万ユーロ(約733億700万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">5位:マンチェスター・シティ(昨年5位)</span> 2017-18/5億6840万ユーロ(約708億9000万円) 2016-17/5億2770万ユーロ(約657億2400万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">6位:パリ・サンジェルマン(昨年7位)</span> 2017-18/5億4170万ユーロ(約675億5800万円) 2016-17/4億8620万ユーロ(約606億3600万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">7位:リバプール(昨年9位)</span> 2017-18/5億1370万ユーロ(約640億6500万円) 2016-17/4億2420万ユーロ(約529億円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">8位:チェルシー(昨年8位)</span> 2017-18/5億570万ユーロ(約630億6800万円) 2016-17/4億2800万ユーロ(約533億7700万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">9位:アーセナル(昨年6位)</span> 2017-18/4億3920万ユーロ(約547億7500万円) 2016-17/4億8760万ユーロ(約608億1000万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">10位:トッテナム(昨年11位)</span> 2017-18/4億2830万ユーロ(約534億1500万円) 2016-17/3億5950万ユーロ(約448億3500万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">11位:ユベントス(昨年10位)</span> 2017-18/3億9490万ユーロ(約492億5000万円) 2016-17/4億570万ユーロ(約506億円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">12位:ドルトムント(昨年12位)</span> 2017-18/3億1720万ユーロ(約395億6000万円) 2016-17/3億3260万ユーロ(約414億8000万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">13位:アトレティコ・マドリー(昨年13位)</span> 2017-18/3億440万ユーロ(約379億2800万円) 2016-17/2億7250万ユーロ(約339億8500万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">14位:インテル(昨年15位)</span> 2017-18/2億8080万ユーロ(約350億2000万円) 2016-17/2億6210万ユーロ(約326億8800万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">15位:ローマ(トップ20圏外)</span> 2017-18/2億5000万ユーロ(約311億7800万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">16位:シャルケ(昨年16位)</span> 2017-18/2億4380万ユーロ(約304億500万円) 2016-17/2億3020万ユーロ(約287億1000万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">17位:エバートン(昨年20位)</span> 2017-18/2億1290万ユーロ(約265億5000万円) 2016-17/1億9920万ユーロ(約248億4300万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">18位:ミラン(トップ20圏外)</span> 2017-18/2億770万ユーロ(約259億500万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">19位:ニューカッスル(トップ20圏外)</span> 2017-18/2億150万ユーロ(約251億3200万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">20位:ウェストハム(昨年17位)</span> 2017-18/1億9790万ユーロ(約246億8300万円) 2016-17/2億1330万ユーロ(約266億円) 2019.01.24 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、“新銀河系”目指しディバラ獲得へ128億円準備か

レアル・マドリーが、ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)獲得へ9000万ポンド(約128億円)を準備しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 伝えられるところでは、マドリーは新たな“銀河系軍団”の形成を目指しており、センターフォワードの補強としてディバラ獲得を画策。今年夏の移籍市場での目玉として狙いを定めているようだ。 昨年夏にFWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出して以来、スーパースターの不在が叫ばれているマドリー。同選手に代わるターゲットとしてはチェルシーFWエデン・アザールが繰り返し挙げられているが、ディバラと共存させるプランもあるのだろうか。 2015年にパレルモからユベントスに移籍したディバラは、今シーズンも公式戦25試合で7ゴール4アシストを記録。“宝石”とも称される華々しいプレーで、C・ロナウドと共にクラブを牽引している。 2019.01.23 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ、急成長ザニオーロとの新契約締結に動く! 代理人「すべてがうまくいっている」

今季のブレイクでビッグクラブの関心を集めるローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)だが、クラブとの新契約締結に向けて動いているようだ。 今夏、元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとのトレードで元イタリア代表DFダビデ・サントンと共にインテルからローマに加入した若きトレクァルティスタ。 シーズン当初は元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ、イタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニに次ぐ3番手の評価だったが、190cm近い大型レフティは懐深いボールキープや力強い持ち上がり、繊細なボールタッチを生かした密集地帯での突破や視野の広さを生かしたチャンスメークとローマ攻撃陣を見事にけん引。ここまで公式戦17試合に出場し2ゴールを記録している。 その逸材MFに関してはアーセナルやレアル・マドリーが獲得に関心を示していると伝えられており、にわかに去就に注目が集まっている。 しかし、ザニオーロの代理人を務めるクラウディオ・ヴィゴレッリ氏は、イタリア『Tele Radio Stereo』でクラブとの新契約締結に向けて何の障壁もないと主張している。 「彼(ザニオーロ)の契約延長に関していかなる問題も感じていないよ」 「私はまだクラブと会っていないが、すべてがうまくいっていると思っている」 なお、イタリア『Pagine Romaniste』が伝えるところによれば、ローマは現行契約で年俸27万ユーロ(約3360万円)を受け取っているとみられるザニオーロに対して、およそ4倍増の100万ユーロ(約1億2400万円)以上の新契約を掲示している模様。また、この新契約には契約解除条項が盛り込まれないようだ。 2019.01.23 17:56 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが罰金&懲役に合意…退去時には「オール・パーフェクト」 シャビ・アロンソも同日出廷

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、自身の脱税を認めた。スペイン『マルカ』が報じている。 2011年から2014年にかけての4件の脱税が疑われ、スペイン検察に告発されていたC・ロナウド。総額で1470万ユーロ(約18億3000万円)の肖像権収入を申告しなかったとされており、事前に当人が認めていることも報じられていた。 そして、C・ロナウドは妻のジョージナ・ロドリゲスさんとスペインに赴き、現地22日の朝にマドリッド裁判所に出廷。容疑に関して税務当局と正式に合意に至り、罰金1880万ユーロ(約23億4000万円)と23ヵ月間の懲役刑が科されることとなった。とはいえ、スペインの法律では初犯で2年以内の懲役であれば収監を免れることが可能だ。 また、『マルカ』によるとC・ロナウドは裁判所を出入りする際に裏口の使用を求めていたが、これは却下に。そのため、メディア陣の集まった正面玄関を通らざるを得なくなり、退去時に「大丈夫か? 」と声をかけられた際には「オール・パーフェクト」と返答したという。 さらに、同日には元スペイン代表のシャビ・アロンソ氏も200万ユーロ(約2億5000万円)の脱税容疑で初めて出廷。スペイン検察は、脱税額全額の納税と罰金400万ユーロ(約5億円)、懲役5年を求刑しているが同氏は認めておらず、罪は確定していない。 2019.01.23 14:05 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーに朗報! 小指骨折のベンゼマが手術回避の見込み

レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマが、手術を回避するようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ベンゼマは13日に行われたリーガエスパニョーラ第19節のベティス戦でハーフタイムに負傷交代。その後、右手小指が骨折していることが判明し、手術を受ける可能性が伝えられていた。 しかし今回伝えられるところによると、手術をする必要はなく、右手をプロテクトする器具をつけてプレーするようだ。同器具は3週間ほど着用する必要があるという。 2019.01.23 11:15 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース