ベンゼマが“物品税回避”を示唆? 金ぴか時計見せびらかし動画をシェア2018.01.26 18:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが、物品税を回避したことを連想させる動画を投稿した。スペイン『マルカ』が報じている。▽コパ・デル・レイでの敗退、リーガエスパニョーラでの低迷と暗い今シーズンを過ごしているマドリーは、一挙手一投足がスペイン紙に取り沙汰され、多くのバッシングを受けている。クラブがそういった苦しい時期にある最中、得点力不足で最もバッシングを受けることの多いベンゼマが、世間への挑発と捉えられかねない動画を、自身インスタグラム(@karimbenzema)アカウントでシェアした。

▽現地時間25日12時42分にコパ敗退後の初練習を切り上げたベンゼマは、その90分後に動画を投稿。内容は同選手が運転する映像を主観目線で撮影したものであり、映り込んでいるのはフロントウィンドウからの景色と、ステアリング、運転する手の部分だ。

▽問題に挙げられているのは、“外交特権”という文字が編集によってその動画に載せられているということのようで、どうやらそれは『物品税や租税を回避する』という意味を連想させるそうだ。さらに悪いことに、動画の中で手にはめている金色の時計を見せびらかす仕草をしており、『マルカ』によればその時計が『ロレックス』の『スカイドゥエラー』という高給時計のようで、価値は4万5500ユ―ロ(約618万円)にも上る。

▽動画では、人気アーティスト『Drake』が先日リリースした“Diplomatic immunity(外交特権)”という曲が流れており、単にその曲を気に入っていることをアピールした可能性も高い。それでも、バッシングを受けかねない動画になっていることは間違いなく、配慮に欠けた行動と捉えられることは仕方がないことかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

ベンゼマ友人が誘拐に恐喝未遂…自称代理人が被害

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマの友人が、誘拐及び恐喝未遂で捜査されているようだ。フランス『Mediapart』の情報を基にスペイン『マルカ』が報じた。 ▽その事件はパリのバーで7日に発生した。被害に遭ったのは“自称”ベンゼマの代理人と名乗るレオ・ディ・ソウザ氏だ。動機は、ベンゼマが受け取る権利があった5万ユーロ(約644万円)を同氏が懐に収めたためであると見られている。ディ・ソウザ氏は、誘拐、監禁、暴力に関してベンゼマの友人を起訴した。 ▽なお、その5万ユーロは、ベンゼマが今夏にモロッコへ旅行した際にスポンサーが支払おうとしたものだった模様。だが、同選手には渡らなかったようだ。 ▽ベンゼマの弁護士を担当するシルヴァン・コルミエ氏は、ディ・ソウザ氏が虚言を吐いているとして非難した。また、コルミエ氏は、ディ・ソウザ氏がベンゼマの代理人だったことは一度もないと主張している。 2018.10.19 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG移籍後悔のネイマール、脱出のチャンスあり

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)にバルセロナ復帰の可能性があるようだ。スペイン『アス』が『Cadena SER』を情報源に報じた。 ▽昨夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億2000万円)でバルセロナからPSGに移ったネイマール。その当時、PSGと5年契約を締結したが、選手側に有利な条項が盛り込まれているという。 ▽その契約には、2019年夏から有効な2億2000万ユーロ(約282億6000万円)の解除条項が存在。さらに、2020年夏を過ぎれば、移籍金2億ユーロ(約256億9000万円)以下で移籍可能なオプションも含まれている模様だ。 ▽また、ネイマールはバルセロナと連絡を取り合う中でPSG移籍の後悔を吐露。実現こそしなかったが、今夏の移籍市場でもネイマール自らバルセロナに対して、再獲得を求めたとみられる。 ▽ただ、ネイマールに対しては現在、バルセロナの宿敵であるレアル・マドリーも関心を抱いているとされる。今後の動向から目が離せない。 2018.10.19 08:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントス、A・サンドロ後釜にマルセロorジョルディ・アルバ?

▽ユベントスが、レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロ(30)か、バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)を獲得する可能性があるようだ。イタリア『Tuttosport』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽ユベントスは左サイドバックを務めるブラジル代表DFアレックス・サンドロとの契約延長が難航している。そのA・サンドロに代わる選手としてリストアップされているのが、スペインの二大巨頭に籍を置くマルセロとJ・アルバだという。 ▽トップターゲットと見られている前者は、今夏ユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドを追ってビアンコネロ入りするのではないかとの憶測が出ている。しかし以前、マルセロは「多くの馬鹿げた話を耳にした。僕は引退するまでここにいる」として、マドリーに忠誠を誓っていた。 ▽一方、後者はバルセロナとの契約が2020年夏までとなっているものの、未だ契約延長の話は出ていない。本人は「クラブの決定に依存することだけど、僕はバルセロナを離れたくない」とコメントしていたが、なかなか新契約を提示してこないクラブに少なからず不満を感じているようだ。 2018.10.18 20:50 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、指揮官交代へ本格化!コンテ氏と接触か

▽レアル・マドリーがイタリア人のアントニオ・コンテ氏(49)と接触したようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽マドリーは今シーズンから元スペイン代表のフレン・ロペテギ監督が就任。しかし、リーガエスパニョーラでは第8節終了時点で4勝2分け2敗の4位と本調子からは程遠い成績だ。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では格下と思われていたCSKAモスクワに0-1で敗れるなど33年ぶりに公式戦4試合無得点、今季の勝率も5割を切るという不振に陥っている。 ▽こうした状況下の中、マドリーは15日にコンテ氏に就任可能かコンタクトを取ったという。同氏は昨季までチェルシーを率いていたが7月中旬に解任。チェルシーに対して契約期間中に解任されたとして違約金1000万ユーロ(約13億円)の支払いを求め係争中の身だ。 ▽マドリーは20日にホームでレバンテと対戦する。5試合ぶりのゴールで勝利することができるのか注目が集まる。 2018.10.18 14:09 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー憧れるアザール残留へ全力を…チェルシー会長「世界中のファンは彼が大好きなんだ」

▽チェルシーのブルース・バック会長が、ベルギー代表MFエデン・アザール(27)の残留に向けて尽力するつもりであることを明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽アザールは今夏レアル・マドリー行きが取り沙汰されながら残留を決断。チェルシーは現在2020年6月末までとなっている同選手の契約延長を望んでいるが、同選手が最近「レアル・マドリーは子どもの頃から夢見るクラブ」と明かしたことが話題に。スペインメディアでは来冬の移籍市場でマドリーがアザール獲得に再び動く可能性があるとも伝えられている。 ▽しかし、チェルシーの会長を務めるブルース・バック会長は、アザールが同クラブファンから愛されている選手だと主張し、残留を望んでいることを明かした。 「ロンドン、そして世界中の全チェルシーファンは、エデン・アザールが大好きなんだ」 「私も彼が偉大なフットボール選手であることだけでなく、素晴らしい若者だと思っている。我々はこのクラブにいて欲しいと思っている。そうするために、我々は彼を魅了しなくてはならない」 2018.10.18 11:20 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース