ベンゼマが“物品税回避”を示唆? 金ぴか時計見せびらかし動画をシェア2018.01.26 18:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが、物品税を回避したことを連想させる動画を投稿した。スペイン『マルカ』が報じている。

▽コパ・デル・レイでの敗退、リーガエスパニョーラでの低迷と暗い今シーズンを過ごしているマドリーは、一挙手一投足がスペイン紙に取り沙汰され、多くのバッシングを受けている。クラブがそういった苦しい時期にある最中、得点力不足で最もバッシングを受けることの多いベンゼマが、世間への挑発と捉えられかねない動画を、自身インスタグラム(@karimbenzema)アカウントでシェアした。

▽現地時間25日12時42分にコパ敗退後の初練習を切り上げたベンゼマは、その90分後に動画を投稿。内容は同選手が運転する映像を主観目線で撮影したものであり、映り込んでいるのはフロントウィンドウからの景色と、ステアリング、運転する手の部分だ。

▽問題に挙げられているのは、“外交特権”という文字が編集によってその動画に載せられているということのようで、どうやらそれは『物品税や租税を回避する』という意味を連想させるそうだ。さらに悪いことに、動画の中で手にはめている金色の時計を見せびらかす仕草をしており、『マルカ』によればその時計が『ロレックス』の『スカイドゥエラー』という高給時計のようで、価値は4万5500ユ―ロ(約618万円)にも上る。

▽動画では、人気アーティスト『Drake』が先日リリースした“Diplomatic immunity(外交特権)”という曲が流れており、単にその曲を気に入っていることをアピールした可能性も高い。それでも、バッシングを受けかねない動画になっていることは間違いなく、配慮に欠けた行動と捉えられることは仕方がないことかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマールの去就巡り父母対立?!

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールの母親が、クラブに対する悪印象を語った。スペイン『ABC』のインタビューをスペイン『アス』が伝えている。 ▽ネイマールは昨年の夏に史上最高額となる移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約290億円)でバルセロナからPSGに移籍。しかし、今シーズンの公式戦30試合28ゴール19アシストと圧倒的な結果を残しているにも関わらず、チーム内での不和報道をきっかけとしてホームスタジアムでブーイングを受けるような事態に発展している。 ▽『ABC』のインタビューに応じたネイマールの母親が、以下のようにPSGに対する不快感を露わにした。 「私の息子はキャリア上のリスクを冒してバルセロナを離れ、パリ・サンジェルマンのようなクラブに移籍した。ヨーロッパの巨大なクラブの間で戦うためにね。だから、なぜファンがブーイングを浴びせるのかが理解できないわ」 「彼はPSGを大きくするために来たのに、こうなっている。快くはないわね」 ▽レアル・マドリーへの移籍も噂されているネイマール。父親はPSG残留を支持しているとみられているが、母親は違った見方をしているようだ。 2018.05.22 10:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ミチェル氏、スペイン代表選外のモラタについて「レアル・マドリーを去らない方が良かった」

スペイン人監督ミチェル氏が、ロシア・ワールドカップに臨むスペイン代表メンバーからチェルシーFWアルバロ・モラタが外れたことについて、自身の見解を述べた。<br><br>チェルシーで出場機会に恵まれず、当落線上にあるとされたモラタだが、フレン・ロペテギ監督は結局メンバーに含めず。ストライカーにはイアゴ・アスパス(セルタ)、ロドリゴ・モレノ(バレンシア)、ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリー)を選択している。<br><br>現役時代にレアル・マドリーでプレーしたミチェル氏はスペイン『EFE通信』とのインタビューで、モラタが昨夏にレアル・マドリーからチェルシーに移籍したことが、結果的にマイナスになったとの見解を示した。<br><br>「チェルシーで、彼はあまり試合に参加しておらず、ジルーの方がプレーしている。そうした情報をより多く手にしているのが監督で、どうしてそのような決断を下すのか、しっかりとした自覚がある」<br><br>「彼がなぜ(レアル・マドリーを)退団したのか、私には分からない。もっと出場機会がほしかったのか、もっと良い契約を望んでいたのか、プレミアリーグでプレーしたかったのかは、私には分かりかねる。結局のところ、彼はレアル・マドリーにいた頃と同じ状況にいる。私は、レアル・マドリーに在籍している選手はクラブから去るべきでないと考える人間の一人だ。けれども、彼の考えは私には分からないし、その決断を尊重すべきだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.22 00:29 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーが20歳のジャマイカ人ウインガーに興味…バイエルン&シティとの獲得レースに参戦へ

▽前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇を目指すレアル・マドリー。今夏の移籍市場では、若手ウインガーに注目しているようだ。『ESPN』が報じた。 ▽マドリーが関心を寄せているのは、レバークーゼンのMFレオン・ベイリー。20歳のウインガーだ。 ▽ジャマイカ出身のベイリーは、バイエルンやマンチェスター・シティなども獲得に興味。バイエルンは6000万ユーロ(約78億5500万円)を支払う予定のようだ。 ▽マドリーは、今夏ウェールズ代表MFガレス・ベイルの売却を考えており、代役としてベイリーの獲得を目指すようだ。 ▽ベイリーは今シーズンのブンデスリーガで、30試合に出場し9ゴール6アシストを記録。DFBポカールでは4試合で3ゴールを記録していた。 2018.05.21 23:23 Mon
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモス「僕らが勝てば、僕らが時代の覇者になる」

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝戦を前に大きく出た。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽マドリーは26日、リバプールとのCL決勝戦を戦う。キャプテンのセルヒオ・ラモスは、同クラブが3連覇すれば、時代の支配者であることを証明することになるだろうと語っている。 「僕らはCL決勝がどういうものかわかっている。ここ数年、何度か経験してきたからね」 「僕らはこれまでにも多くの称賛を受けてきたけど、今度の決勝も勝てることを望んでいる。再びCLで優勝することは勝利を意味するだけでなく、このチームが時代の中心であることを意味するからね」 2018.05.21 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ジダン、ここ5試合5得点の好調ベイルを称賛「決してあきらめなかった」

19日のリーガ・エスパニョーラ最終節、レアル・マドリーは敵地エスタディオ・デ・ラ・セラミカでのビジャレアル戦を2&minus;2のドローで終えた。ジネディーヌ・ジダン監督は、この試合でも1ゴールを記録するなど好調MFガレス・ベイルに対して称賛の言葉を述べている。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>負傷の影響もあって、今季存在感を失っていたベイルだが、シーズン終盤に入り復調。ここ5試合では5得点を記録するなど、チャンピオンズリーグ決勝リヴァプール戦を前に一気に調子を上げている。<br><br>ジダン監督はビジャレアル戦直後の会見で、そんなウェールズ代表MFについて次のようにコメントしている。<br><br>「彼は決してあきらめることがなかったし、今は多くのゴールを決めている。彼が成し遂げていることに満足しているよ。ただ、彼が変化したわけではない。違いがあるとすれば、最近はゴールを決めているということだ」<br><br>レアル・マドリーはこの引き分けによって、アトレティコ・マドリーにリーガ2位の座を譲っている。<br><br>「リーガについて、もう話すことはできない。だが私たちはチャンピオンズを勝ち取れる。決勝でプレーできることには満足だ」<br><br>「いつだって良い結果を収めることを望んでいるが、リーガではそれがかなわなかった。しかし、もう終わったことなんだよ。私たちはシーズン序盤のスーパーカップ、またクラブ・ワールドカップと違うタイトルを獲得してきたし、今はチャンピオンズが残っている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.20 22:30 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース