【会見&質疑応答】日本代表ブルーノ・ガルシア監督「アルゼンチンとの距離はそんなに遠くない」《国際親善試合》2018.01.26 00:23 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽25日、フットサル日本代表は国際親善試合のアルゼンチン代表戦を東京の大田区総合体育館で行い、2️–4️で敗北️。日本表のブルーノ・ガルシア監督が試合後の会見に出席し、試合内容を振り返った後、質疑応答に応じた。

ブルーノ・ガルシア監督(日本代表)
「まずは今日の試合に来ていただいてありがとうございます。多くの局面で私たちが支配したゲームだったと思っています。ただ、フットサルを決める2つの重要なポイントがあり、1つは得点機をしっかりと決めるということです。そして、そういった得点機を自陣の深い位置で相手に作らせないということです。そのことが集約された今日のゲームだったと思います。向こうは非常に効率性、確率という意味で自分たちのチャンスをものにし、勝利を持って行きました」

「私たちにとってはAFC(フットサル選手権)に向けた準備の一環でもあります。そういう意味で非常に有効なゲームだったと思いますし、彼らに感謝したいと思います。これからやることは、今日の試合を振り返ってディテールの改善が必要な部分をきちんと分析し、次の試合をさらに良いものにしていくことです。勝ちに行くために。そして、その後のAFCのための準備にしたいと思います」

「今日のゲームでみていただいた通り、彼らはああいう長所があるために非常に競争力のある強さを持っており、確率、効率の高いゲームがいつもできます。だから、世界チャンピオンになっています。ただ、ゲームの内容については皆さんに楽しんでいただけたのではないか、と思っています」

――世界王者との試合で、日本の現在地は掴めたか
「そんなに遠くないと感じたのが率直な感想です。ただ、自分たちがそこの距離を詰めていくために必要なことは、先ほども言ったゲームを決定づけるものです。そこが、本当に成長して自分たちを高めるために必要なことだとはっきりしました。これを反省して、じゃあ次の試合で、この試合のタイミングでそういったものを発揮する、距離を縮めていける、というものではないということは確信しています。アルゼンチンはああいうゲーム、少ないチャンスでも確実に効率良く戦って、競争力の高く強度の高いゲームを続けることができる、ということで世界チャンピオンになったチームです」

「この試合の前に3日間の合宿で日本がこういうゲームをしたということを考えると、これから先もこのようなゲームを常に続けていきながら、なおかつ今の話でも出ていた決定機での確率、効率といったところを高めていくことができれば、確実に差をぐっと縮めていけると思っています」

――日本がアルゼンチンに追いつくために時間のかからない部分、かかる部分は?
「沢山の要因があるという風に考えています。ただ、1つの要因としては12人居るアルゼンチン代表の中で、11人はスペインとイタリアという本当にトップレベルのリーグを抱えている国のチームでプレーしています。ということは、世界最高峰のリーグでプレーして日常を過ごしている選手たちが集まっているチームだと言えると。そういうものを考えつつ、例えば1年間活動があれば私たちはもっともっとボリュームを持った強化活動が必要だと考えています」

「あとは、こういったアイデンティティーを示す国際トップレベルのチームが集まる大会や試合を沢山経験していくことも必要だと思います。そういうベース強化の方針が軸にあり、そこから具体的な要素を洗い出し、成長していくということが必要であり、できると思います。そのような道をアルゼンチンも辿ったのではないかと理解しています」

――どういったことを試そうとしたか
「今やろうとしていることはAFC選手権に向けての準備だと考えています。そういう意味では、今日の試合もそうですし、日曜日のゲーム(アルゼンチン戦)もそうですが、自分たちのレベルがどこにあるのかということ自体を、全般にテストする機会だと捉えています」

「タイのバンコクで昨年、予選を戦いましたが、そこでの3チームは非常に固くディフェンスを絞ってそこからカウンターを狙うというスタイルでした。そうではないスタイルを持っている相手と対戦した時に、私たちのやり方は通用するのか、どういったことが修正されるべきかということを測るために、試合を経験する必要がありました。だからこそ、アルゼンチンを指名したということです。ただの練習試合という捉え方は全くしていませんし、目的はここ1週間で始まるAFCのための準備、強化ということです。そのための、全体的なテストです」

――高い位置からのプレスでチャンスを作った反面、カウンターからピンチを招きましたが、攻撃パターンの熟成は考えているか
「そういった傾向というのは明らかで、その背景にあるのはまだ3日間という短い間しか親和を高める時間がなかったということです。なおかつ、その3日間も長いハードなリーグを戦った後にそのまま迎えました。まだまだ、改善する余地があることは明らかです」

「言われている通り、相手が引いたところやビルドアップのところでは、私たちが非常に支配的に進められたことは多かったと思います。ここから良くしなければならないのは、そこから”本当の意味でのゴールチャンス”にどうやって持っていくかということです。その回数や精度を高めていくことだと思います。その辺の調整をしていくために、引き続き取り組んでいきます」

――試合前のプランを変えずに戦っていたようにみえたが、その狙いは? また、FP加藤未渚実を今日の試合で起用しなかった理由は?
「ゲームプランに関してはおっしゃる通り。もともと予定していた12人フルで使って速い交代を活用し、強度を落とさないようにしました。それは、AFC本戦を目した回し方だと考えながらやっていました。AFCに向けて準備期間がふんだんにあるタイプの国ではないと、私たちの代表チームを認識しておりますので、この短い時間の中でもシナジーを最高効率に高めるやり方として、このやり方が良いんじゃないかと考えました。今日はFP加藤未渚実だけでなくGK矢澤大夢も出場していませんが、本戦を目して14人のメンバーを活用するというイメージで臨みました」

コメント

関連ニュース

thumb

Fリーグ新シーズン開幕! 新加入FP森洸躍動の昨季最下位・大分が白星スタート!《DUARIG Fリーグ》

▽16日に東京・駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場でDUARIG Fリーグ2018/2019が開幕した。 ◆ヴォスクオーレ仙台 vs バサジィ大分 ▽昨シーズン9位で終わった仙台と、最下位と苦しいシーズンを送った大分の一戦。試合は2分、デウソン神戸から加入したFP森洸のゴールで大分が先制する。さらに8分、左CKを受けたFP森村孝志がシュート。これはGKに弾かれたが、ファーサイドに入っていた新加入のFP上福元直人に当たってゴールに吸い込まれた。10分にはFP森洸が豪快なボレーシュートを突き刺して、大分が3-0でリードして前半を折り返した。 ▽後半に入ると、ここから仙台が反撃。FP荒牧太郎が25分、28分にゴールを決めて1点差まで詰め寄る。しかし、34分にFP森洸がハットトリックとなる追加点を挙げると、試合終了間際にはFP田村研人が決めて勝負あり。5-2で大分が開幕を白星で飾った。 ◆エスポラーダ北海道 vs 立川・府中アスレティックFC ▽昨シーズン10位で終わった北海道と、6位で惜しくもプレーオフ進出を逃した府中の一戦。試合は開始早々、府中のFP丸山将輝が先制点を挙げると、14分にFP渡邉知晃、17分にFP小村航生、19分にFP内田隼太が追加点を奪い、前半だけで試合を4-0にする。 ▽リードする府中の勢いは止まらず。23分にFP丸山将輝が、31分にはFP酒井遼太郎がゴールを決めてリードを6点に広げた。ここままでは終われない北海道はその後、FP水上玄太とFP鈴木裕太郎がゴールを奪ったものの、6-2で試合終了。府中が好スタートを切った。 ◆バルドラール浦安 vs 湘南ベルマーレ ▽昨シーズン7位で終えた浦安と、3位の大躍進を見せた湘南の一戦。試合は9分、FPロドリゴのゴールで湘南が先制に成功する。試合はこのまま湘南リードで試合を折り返したが、後半は浦安が猛反撃に出る。まずは22分、FP加藤竜馬が試合を振り出しに戻す。1-1のまま迎えた終盤39分、FP宮崎岳が逆転ゴールを奪って逆転に成功すると、40分にGK藤原潤がダメ押しゴール。3-1で逆転勝利した浦安が初戦をモノにした。 ◆第1節 ▽6月16日(土) ヴォスクオーレ仙台 2-5 バサジィ大分 エスポラーダ北海道 2-6 立川・府中アスレティックFC バルドラール浦安 3-1 湘南ベルマーレ ▽6月17日(日) 《14:30》 シュライカー大阪 vs Fリーグ選抜 《16:45》 アグレミーナ浜松 vs 名古屋オーシャンズ 《19:00》 フウガドールすみだ vs ペスカドーラ町田 2018.06.16 22:31 Sat
twitterfacebook
thumb

AFCフットサルクラブ選手権インドネシア2018組み合わせが決定! 名古屋オーシャンズはグループA《AFCフットサルクラブ選手権》

▽AFCフットサルクラブ選手権インドネシア2018の組み合わせ抽選会が18日に行われた。 ▽大会は8月1日から12日までインドネシアのジョグジャカルタで開催。DUARIG Fリーグ2017/2018を制した2年ぶりの出場となる名古屋オーシャンズは、バモス FC(インドネシア)、大連元朝足球倶楽部(中国)、ヴィクトリア・ユニバーシティ・カレッジ FC(ミャンマー)と同組のグループAに入った。 ▽名古屋オーシャンズは、2011年、2014年、2016年にアジア制覇を経験。今回は2016年以来2年ぶりの優勝を目指す。今大会の組み合わせは以下の通り。 【グループA】 バモス FC(インドネシア) 名古屋オーシャンズ(日本) 大連元朝足球倶楽部(中国) ヴィクトリア・ユニバーシティ・カレッジ FC(ミャンマー) 【グループB】 タイ・ソンナム FC(ベトナム) アルダフラ FC(UAE) ナフィト・アルワサト(イラク) 全州 MAG FC(韓国) 【グループ C】 チョンブリ・ブルーウェーブ(タイ) アルサイリヤ(カタール) FC エレム(キルギス) ヴィック・ヴァイパーズ(オーストラリア) 【グループ D】 メス サンガン ヴァルザガン(イラン) バンク・オブ・ベイルート FC(レバノン) AGMK FC(ウズベキスタン) FC シパル(タジキスタン) 2018.05.18 21:31 Fri
twitterfacebook
thumb

クラブ・代表共に背番号10を背負う大分のフットサル日本代表FP仁部屋和弘が活動休止

▽Fリーグのバサジィ大分は9日、フットサル日本代表FP仁部屋和弘(30)の活動休止を発表した。 ▽クラブの発表によると、休止理由は家庭の事情とのこと。休止期間については未定となっている。 ▽大分県出身の仁部屋は、2006年にバサジィ大分に入団。2008年2月にはフットサル日本代表候補に初選出され、2014年にはAFCフットサル選手権では背番号10番を背負い、日本代表の連覇に貢献した。また、昨年8月27日に行われたDUARIG Fリーグ2017/2018第12節のフウガドールすみだ戦ではFリーグ史上6人目となるFリーグ通算150得点を記録していた。 ▽クラブ・代表共に背番号10を背負いながら、活動休止となった仁部屋は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「いつもご声援ありがとうございます。今回悩みぬいた結果、フットサル選手としての活動を休止することにしました」 「家庭の事情により、今は何よりも家庭を優先すべき時と判断したからです。自分のプレーを楽しみにしてくれていたファンの皆様には、大変申し訳なく思っています。いつ復帰できるかはまだわかりませんが、必ず戻ってきます。その時を待っていてくれたら嬉しいです」 「引き続き、バサジィ大分へのご声援よろしくお願いします」 2018.05.09 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

王者・名古屋から最多5人選出&立川・府中FP酒井遼太郎が初招集! フットサル日本代表メンバー発表《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は8日、5月14日から16日に静岡県で実施するトレーニングキャンプに向けたフットサル日本代表メンバーを発表した。 ▽今回発表されたメンバーは、2017/2018シーズンに国内3冠を達成した名古屋オーシャンズからGK篠田龍馬、GK関口優志、FP安藤良平、FP八木聖人、FP齋藤功一の5人が選出。また、エスポラーダ北海道から立川・府中アスレティックFCに加入したFP酒井遼太郎が日本代表初選出となった。 ▽フットサル日本代表は、14日に集合。同日と15日にトレーニングを行い、最終日の16日にアグレミーナ浜松とのトレーニングマッチを実施する。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">篠田龍馬</span>(名古屋オーシャンズ) <span style="font-weight:700;">関口優志</span>(名古屋オーシャンズ) <span style="font-weight:700;">矢澤大夢</span>(フウガドールすみだ) <span style="font-weight:700;">FP</span> <span style="font-weight:700;">森岡薫</span>(ペスカドーラ町田) <span style="font-weight:700;">滝田学</span>(ペスカドーラ町田) <span style="font-weight:700;">皆本晃</span>(立川・府中アスレティックFC) <span style="font-weight:700;">安藤良平</span>(名古屋オーシャンズ) <span style="font-weight:700;">前鈍内マティアスエルナン</span>(アグレミーナ浜松) <span style="font-weight:700;">内村俊太</span>(湘南ベルマーレ) <span style="font-weight:700;">森村孝志</span>(バサジィ大分) <span style="font-weight:700;">酒井遼太郎</span>(立川・府中アスレティックFC)※フットサル日本代表候補メンバーに初招集 <span style="font-weight:700;">室田祐希</span>(ペスカドーラ町田) <span style="font-weight:700;">小門勇太</span>(湘南ベルマーレ) <span style="font-weight:700;">加藤未渚実</span>(シュライカー大阪) <span style="font-weight:700;">堀内迪弥</span>(ヴォスクオーレ仙台) <span style="font-weight:700;">八木聖人</span>(名古屋オーシャンズ) <span style="font-weight:700;">齋藤功一</span>(名古屋オーシャンズ) <span style="font-weight:700;">清水和也</span>(フウガドールすみだ) <span style="font-weight:700;">植松晃都</span>(湘南ベルマーレ) 2018.05.08 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

フットサル日本代表、浦安FP星翔太を追加招集《欧州遠征》

▽日本サッカー協会は22日、ヨーロッパ遠征に臨むフットサル日本代表にバルドラール浦安のFP星翔太を追加招集したことを発表した。 ▽フットサル日本代表は3月25日に出発し、現地でトレーニングマッチを実施。4月3日と4日に国際親善試合のフットサルフランス代表戦を行う。 2018.03.22 15:22 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース