ホテル「CR7」がマドリッド、ニューヨーク、マラケシュでもオープンへ2018.01.25 18:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽世界最高峰のサッカー選手でありながら、実業家の側面も持ち合わせるレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。自身が手掛けるホテル「CR7」を3都市でもオープンさせるようだ。スペイン『アス』が報じた。▽C・ロナウドは、ポルトガルのホテル運営会社、ペスターナ・ホテル・グループ(Pestana Hotel Group)と提携し、2016年に母国ポルトガルのリスボンと地元であるマデイラ諸島のフンシャルでオープンしている。
Getty Images

▽今回新たにホテル「CR7」をオープンさせるのは、モロッコのマラケシュ、自身が所属するクラブのホームであるマドリッド、そしてアメリカのニューヨークとのこと。ホテル事業の拡大は2020年までに完了するとのことだ。

▽最初にオープンするのは、フットボーラーがバカンスを楽しむことでも知られているマラケシュになる見込み。ペスターナ・ホテル・グループの開発責任者であるホセ・ロケットは、すでに作業が始まっており、164室の客室を準備する予定とのこと。18カ月以内にオープンする準備だという。

▽なお、ホテルに関しては、C・ロナウドが50%、ペスターナ・ホテル・グループが50%出資している。
コメント
関連ニュース
thumb

イングランドの名守護神・バンクス氏が81歳で死去…イングランドにW杯優勝をもたらす

かつてはイングランド代表の守護神として活躍し、1966年のイングランド・ワールドカップ優勝メンバーでもあるゴードン・バンクス氏が11日に亡くなった。81歳だった。 バンクス氏は、1955年に18歳でチェスターフィールドに加入。1959年にレスター・シティへと移籍すると、1964年にリーグカップ優勝。1966年にストーク・シティへと移籍すると、1972年にもリーグカップを制覇した。 その後は、南アフリカのヘレニックFCやアメリカのフォートローダーデール・ストライカーズ、アイルランドのセント・パトリックスなどでプレー。1978年に現役を引退した。 イングランド代表としても活躍し、73キャップを記録。前述の通り1966年のイングランド・ワールドカップで優勝に貢献。1970年のメキシコ・ワールドカップではベスト8に終わったが、ブラジル代表戦では圧巻のパフォーマンスでペレのゴールをセーブ。後に、ペレから「今までで見た最高のセーブ」と称されていた。なお、個人として1966年から6年連続でFIFA年間最優秀GKに選ばれていた。 引退後はテルフォード・ユナイテッドで監督を務めた後、2000年2月からは古巣のストーク・シティでクラブの会長を務めていた。 ストーク・シティのピーター・コーツ会長はバンクス氏の氏に対し哀悼の意を表した。 「ゴードンは、イングランドサッカーだけでなく、世界中で象徴的な人物であり、彼を失いとても悲しい思いです」 「彼がゴールキーパーとしてどれほど優れているのかを知っているのは、私の世代の人々だけではありません。あらゆる年齢の人々が、ゴードンについて敬意を表して語っていました。彼は傑出しており、ストーク・シティでプレーするのを見ることは名誉でした」 「彼はまた、我々の街の熱心なサポーターでもあり、彼の第二の故郷でした。そして、彼らはフットボールファンではない地元の全ての分野の人々に惜しまれています」 2019.02.12 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

セインツサポ2名が逮捕 サラの死を中傷で

イギリス『BBC』は9日、アルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)の死を侮辱したサウサンプトンサポーター2名の逮捕を報じた。 先日に今冬加入予定だったサラを小型機事故で失ったカーディフは9日、プレミアリーグ第26節でサウサンプトンとアウェイで対戦。両軍の選手は黒い喪章を着け、試合前に黙祷も行った。 そうしたなか、スタンドで観戦したサウサンプトンサポーター2名がサラの死を嘲笑するような飛行機のジェスチャー。これを受け、ハンプシャー警察が当該者を拘束して事情聴取したという。 また、サウサンプトン側も当該者のホーム戦入場禁止処分を科す見込みとのことだ。 2019.02.10 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、レアル・マドリー時代の脱税を受容

マンチェスター・ユナイテッド前監督のジョゼ・モウリーニョ氏(56)が脱税罪による1年間の懲役刑を承諾した。イギリス『BBC』が報じた。 モウリーニョ氏を巡っては以前、2010〜2013年まで指揮を執ったレアル・マドリー時代に330万ユーロ(現在のレートで約4億1000万円)に及ぶ肖像権収入の隠ぺい容疑が浮上。これを受け、スペイン税務当局が2017年6月にモウリーニョ氏を相手取り、起訴している状況だった。 これにより、モウリーニョ氏は罰金として200万ユーロ(約2億5000万円)を支払うことに。ただ、スペインにおいて、初犯で懲役2年未満の刑や傷害でない限り、執行猶予が与えられるため、収監されることはないという。 ちなみに、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも先日、モウリーニョ氏と同様にレアル・マドリー時代の脱税容疑を受容。1880万ユーロ(約23億6000万円)の罰金を支払うこととなった。 2019.02.05 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

まるでコメディ…モウリーニョ、ホッケー式典ですっ転ぶ

マンチェスター・ユナイテッド前監督のジョゼ・モウリーニョ氏に災難だ。スペイン『マルカ』が報じた。 モウリーニョ氏は4日、ロシアのバラシアで行われたコンチネンタル・ホッケー・リーグ(KHL)のセレモニーに出席。野球やサッカーで始球式にあたるパックドロップの大役を務めた。 アイスリンク上に登場したモウリーニョ氏は、見事にパックをドロップ。だが、立ち去ろうとした際、アイスリンク上に敷いてあったレッドカーペットに足下をとられ、思い切り転倒した。 モウリーニョ氏を襲ったコメディのような光景にスタンドのファンから大歓声。選手に助け起こされたモウリーニョ氏は、握手を交わして、照れくさそうにアイスリンクを後にした。 ちなみに、モウリーニョ氏が公の場で転倒する姿は昨年9月にも…。ウェンブリー・スタジアムに出向いた際、乗り越えようとした赤いロープに足がひっかかって転び、気まずそうな笑みを浮かべてその場を立ち去った。 今シーズン途中にユナイテッド監督の座を追われるなど、災難が続くモウリーニョ氏。いまだ新天地も決まっていない状況だが、幸が訪れる日はやってくるのだろうか。 2019.02.05 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ベン・アルファがPSGを訴訟! 約1年半のハラスメントに関して

スタッド・レンヌに所属する元フランス代表FWハテム・ベン・アルファが、パリ・サンジェルマン(PSG)を相手に訴訟を起こした。スペイン『アス』が報じている。 フランス屈指のドリブラーとして知られるベン・アルファは、2015-16シーズンにニースでリーグ・アン34試合17ゴール6アシストの成績を残し、翌シーズンにPSGに加入。しかし、移籍後に期待された活躍を披露することはなく、昨年夏の移籍市場でレンヌに活路を求めた。 PSGでは、2017-18シーズンに当時のウナイ・エメリ前監督(現アーセナル監督)との確執も囁かれ、完全に構想外に。2017年4月5日のクープ・ドゥ・フランス準々決勝のアブランシュ戦から一切のプレー機会を与えられず、約1年半に渡りプレーヤーとして最大の屈辱を味わうこととなった。 『アス』によると、ベン・アルファは長期に渡りファーストチームから除外されたことで、700万~800万ユーロ(約8億8000万~10億1000万円)の損害を被ったと主張。当時のPSGの対応を「職場での差別やハラスメント」だったと糾弾し、弁護士は「スポーツ上の理由に限りプロを一時的にトップチームから除外できる」としながらも、ベン・アルファの件は法律的に問題があるとリーグ・デ・フットボール・プロフェッショナル(LFP)に訴えかけている。 実質的には、ベン・アルファはボーナスや業務目標の面で損害を被っているとのこと。具体的な一例では、2017年12月にカタールでのフレンドリーマッチを病気により欠場した際、同選手に有効だったはずの10万ユーロ(約1300万円)のボーナス受け取り権をPSGが認めず。その不正を証明するため、診断書も提出されている。 なお、PSGはベン・アルファを純粋にスポーツ的な理由でトップチームに参加させなかったと反論。この一件は年末に審理される予定であり、同選手が実際には名誉の回復を意味する1ユーロで訴訟を行っていることも伝えられている。 なお、レンヌでのベン・アルファは、今シーズンここまで公式戦23試合5ゴール3アシストを記録。決して万全ではなかった状態から、実力を発揮し始めている。 2019.02.05 09:50 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース