オーストラリア代表新監督はサウジアラビアをロシアW杯に導いたファン・マルバイク氏に決定2018.01.25 12:46 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オーストラリアサッカー連盟(FFA)は25日、オーストラリア代表監督にオランダ人指揮官のベルト・ファン・マルバイク氏(65)が就任することを発表した。当面はロシア・ワールドカップまで指揮することになる。

▽ファン・マルバイク氏は、現役時代にオランダ代表としてもプレー。指導者としてはフェイエノールトやドルトムント、オランダ代表、ハンブルガーSVの監督を歴任。2015年9月からサウジアラビア代表の監督を務めていた。

▽ロシア・ワールドカップ アジア最終予選では、サウジアラビアを率いて日本代表と同じグループBを戦い、最終戦で日本に勝利して3大会ぶりのW杯出場に導いていた。しかし、直後に連盟との確執により辞任していた。

▽オーストラリア代表は、大陸間プレーオフに臨み、ロシア・ワールドカップ出場権を獲得。本大会ではグループCに入り、フランス、ペルー、デンマークと同居している。

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月6日は、豪州史上最多出場記録を持つ守護神のバースデー

◆マーク・シュウォーツァー 【Profile】 国籍:オーストラリア 誕生日:1972年10月6日 現役時代所属クラブ:ミドルズブラ、フルアム、チェルシーなど ポジション:GK 身長:195㎝ 体重:85kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月6日は、元オーストラリア代表GKマーク・シュウォーツァー氏だ。 ▽母国のマルコーニ・スタリオンズでデビューを飾ったシュウォーツァー氏は、ディナモ・ドレスデン、カイザースラウルテン、ブラッドフォード・シティを渡り歩き、1997年に入団したミドルズブラで定位置を奪取。2011年の退団までにクラブでの公式戦通算381試合に出場し、外国人としての1クラブ最多出場記録を打ち立てた。 ▽その後はフルアムでも活躍し、2013年に第2GKとしてチェルシー入り。そのシーズンには41歳と66日でチャンピオンズリーグ(CL)に初めて出場し、史上最高齢デビュー記録を残した。 ▽また、オーストラリア代表では長らく守護神として君臨。通算110試合に出場し、2位のティム・ケイヒル(107試合)を抑えて同国史上最多出場者となっている。 ※誕生日が同じ主な著名人 リカルド・ペレイラ(サッカー選手/レスター・シティ) テオ・エルナンデス(サッカー選手/ソシエダ) キム・ボギョン(サッカー選手/柏レイソル) 山口蛍(サッカー選手/セレッソ大阪) GAKU-MC(ヒップホップMC) 堀北真希(元女優) 横山たかし(漫才師) 2018.10.06 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯で主将を務めたジェディナクがオーストラリア代表を引退

▽オーストラリアサッカー連盟(FFA)は1日、キャプテンを務めていたMFミル・ジェディナク(34)がオーストラリア代表を引退することを発表した。 ▽ジェディナクは、シドニー・ユナイテッドでキャリアをスタート。セントラル・コースとでもプレーすると、トルコのゲンチレルビルリイ、アンタルヤシュポルを経て、2011年8月にクリスタル・パレスへ完全移籍。2016年8月からはアストン・ビラでプレーしている。 ▽2008年3月にオーストラリア代表初招集を受けると、同年6月の中国代表との南アフリカ・ワールドカップ予選でデビュー。2010年、2014年、2018年とワールドカップ3大会に出場。2014年のブラジル大会ではオランダ戦でゴールを記録。2018年のロシア大会では、フランス代表戦、デンマーク代表戦で1ゴールずつを記録。代表通算では74試合に出場し19ゴールを記録していた。 ▽日本代表戦は3試合に出場しており、2016年10月のロシア・ワールドカップ アジア最終予選で1ゴールを記録していた。 ▽ジェディナクは、自身のインスタグラム(milejedinak15)を更新。自身が代表引退を決断したことに加え、多くの人への感謝を述べた。 「慎重に健闘を重ねた結果、オーストラリア代表から引退することを決断した」 「成長をしたとき、オーストラリアのためにプレーし、国を代表する有名な緑と金のシャツを着ることが夢だった。その夢を実現するだけでなく、79試合もプレーする機会を与えられ、その多くでキャプテンを務めたことは、信じられないほど誇りであり、感謝しています」 「僕が経験した数えきれないほどの信じられない瞬間は、僕とともに永遠に残るでしょう。正直に言って、オーストラリア代表のためにピッチでプレーしたことは、人生における最高の瞬間だった」 「国を代表するということはとても大きな特権であり、軽くは考えていなかった。オーストラリアを代表するときに、僕が感じていた大きな誇りの感情は、決して言葉では正しく表すことができない。我が国のために成功を収めるようにした全ての試合において、持っている全てのことを出した」 「しかしながら、近しい人との話し合いや議論に多くの時間を費やした結果、僕はクラブでのサッカーに集中し、その旅路を延ばすためにも別の場所に移ることが適切な時期だと感じている」 「振り返れば、生涯続く思い出を残すことができ、祝福されている。2015年に母国にアジアカップでの優勝を与え、オーストラリアの成功に貢献できた感触は、僕の中で永遠に残るだろう。また、2つのワールドカップでキャプテンとしてプレーし、ゴールを決めたことは、少年として夢に見ていたものだった。全てに言及するには、あまりにも多くのハイライトがある」 「可能な限り全てのヒチに感謝したいと思っている。FFAのチームのメンバー全員、そしてチームメイトに感謝する。みんなとともに、信じられない旅だった。国際的なキャリアの中で、揺るぎない愛を送り、サポートしてくれた家族に感謝する」 「そして最後に、私を信じて、厚く支えてくれたオーストラリアのファンに特別な感謝を送ります。ピッチに足を踏み入れる度に、誇り高いものにしようと思っていた。僕たちにはエキサイティングな世代の選手が出てきているので、将来のチームを応援するのが待ちきれないよ」 2018.10.02 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

アーノルド新体制の豪州代表が31名招集! ミッチェル・デュークに加えGKランゲラックが代表復帰《トルコ遠征》

▽オーストラリアサッカー協会(FFA)は30日、9月のトルコ遠征に向けた同国代表メンバーを発表した。 ▽かつてベガルタ仙台でも指揮を執ったグラハム・アーノルド監督を新指揮官に招へいしたオーストラリア代表は、今回31名を招集。Jリーグ勢からは、名古屋グランパスのGKミッチェル・ランゲラックと清水エスパルスのFWミッチェル・デュークが選出された。また、今夏横浜F・マリノスからレッドスター・ベオグラードへ移籍したDFミロシュ・デゲネクも選ばれている。 ▽そのオーストラリア代表は、9月2日から11日までトルコのアンタルヤでトレーニングキャンプを予定している。なお、アーノルド監督初陣は11月17日の韓国代表戦となっている。 ◆オーストラリア代表メンバー GK ブラッドリー・ジョーンズ(アル・ナスル/サウジアラビア) ミッチェル・ランゲラック(名古屋グランパス) マシュー・ライアン(ブライトン/イングランド) ダニエル・ヴコヴィッチ(ヘンク/ベルギー) DF アジズ・ベヒッチ(ブルサスポル/トルコ) ミロシュ・デゲネク(レッドスター・ベオグラード/セルビア) アレックス・ガーズバック(ローゼンボリ/ノルウェー) アポストロス・ギアヌー(ラルナカ/キプロス) マシュー・ジャーマン(アル・イテハド/サウジアラビア) マーク・ミリガン(ハイバーニアン/スコットランド) ジョシュ・リズドン(ウェスタン・シドニー/オーストラリア) トレント・セインズベリー(PSV/オランダ) アレクサンダー・シュシニアル(ジリナ/スロバキア) ベイリー・ライト(ブリストル・シティ) MF ムスタファ・アミニ(オーフスGF/デンマーク) ケネス・ドゥーガル(バーンズリー/イングランド) ベン・ガルーチョ(ハーツ/スコットランド) デニス・ジャンロー(ズヴォレ/オランダ) アジディン・フルスティック(フローニンヘン/オランダ) ジャクソン・アーバイン(ハル・シティ/イングランド) ミル・ジェディナク(アストン・ビラ/イングランド) ロビー・クルーズ(ボーフム/ドイツ) マッシモ・ルオンゴ(QPR/イングランド) アワー・メイビル(ミッティラン/デンマーク) アーロン・ムーイ(ハダース・フィールド/イングランド) ディミトリ・ペトラトス(ニューカッスル・ジェッツ/オーストラリア) FW ダニエル・アルザニ(セルティック/スコットランド) ミッチェル・デューク(清水エスパルス) ジョン・アイルデール(ヘーレンフェーン/オランダ) トミ・ユリッチ(ルツェルン/スイス) ジェイミー・マクラーレン(ハイバーニアン/スコットランド) 2018.08.30 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 8月20日は、名古屋のJ1初優勝に貢献した元豪州代表長身FW

◆ジョシュア・ブレイク・ケネディ 【Profile】 国籍:オーストラリア 現役時在籍クラブ:名古屋グランパス、ヴォルフスブルク、ケルン、カールスルーエ etc 誕生日:1982年8月20日 ポジション:FW 身長:194㎝ 体重:84㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 8月20日は、元オーストラリア代表FWジョシュア・ブレイク・ケネディ氏だ。 ▽1999年に母国のカールストンでプロキャリアをスタートさせたケネディ氏は、ヴォルフスブルク、ケルン、ニュルンベルク、カールスルーエといったドイツ複数クラブでプレーした後に、2009年6月に名古屋グランパスに加入。194㎝の長身を生かしたプレーで同シーズンのJ1リーグで15試合6ゴールを記録すると、翌年には31試合17ゴール7アシストという数字を叩きだし、得点王を獲得すると共に、名古屋のJ1初優勝に大きく貢献した。 ▽翌2011シーズンにもリーグ戦19ゴールで2年連続得点を獲得したケネディ氏は、2014年シーズン終了後に母国Aリーグのメルボルン・シティへ移籍。半年間のプレーを終え、2015年6月に現役を退いた。オーストラリア代表としては32試合16ゴールの成績を残し、ワールドカップに3度出場。今年3月には豊田スタジアムに訪れて元気な姿を見せていた。 ※誕生日が同じ主な著名人 アルバロ・ネグレド(サッカー選手/ベシクタシュ) ユーリ・ジルコフ(サッカー選手/ゼニト) 黒津勝(サッカー選手/J.FC MIYAZAKI) 中島浩司(元サッカー選手) 秋元真夏(アイドル/乃木坂46) 白石麻衣(アイドル/乃木坂46) 勝地涼(俳優) 森山未來(俳優) 七尾旅人(シンガーソングライター) 梅宮アンナ(タレント) 2018.08.20 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、アメリカ遠征3戦全敗 最終戦も豪州女子代表に黒星《2018 Tournament of Nations》

▽なでしこジャパンは日本時間3日、2018 Tournament of Nations第3戦のオーストラリア女子代表戦に臨み、0-2で敗れた。なでしこは3戦全敗となる。 ▽初戦のアメリカ女子代表戦に続き第2戦のブラジル女子代表戦も落としたなでしこジャパン。中3日で迎えた第3戦は、第2戦に引き続き[4-4-2]を用い、代表デビューのGK平尾知佳が初先発を飾った。 ▽序盤から前線からのプレスがハマったなでしこジャパンは、相手のミスに乗じたカウンターで徐々にペースを掌握。その中で、ボールの主導権を握る時間も増やしていき、オーストラリア女子代表のゴールに迫る。 ▽だが、なでしこジャパンは良いリズムを得点に結びつけられぬまま後半へ。すると、立ち上がりの47分、途中出場の三浦が与えたボックス付近のFKからアランナ・ケネディに直接決められ、先制を許してしまう。 ▽リズムを狂わされたなでしこジャパンは、反撃に出るが、ゴールが遠い。結局、80分に許したカウンターからサマンサ・カーに追加点を奪われ、万事休す。なでしこジャパンは今大会を3戦全敗で終えている。 なでしこジャパン 0-2 オーストラリア女子代表 【オーストラリア】 アランナ・ケネディ(後2) サマンサ・カー(後35) 2018.08.03 10:45 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース