井手口陽介加入のリーズ、新エンブレムがダサいと話題に…2018.01.25 11:08 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF井手口陽介が加入したリーズが新エンブレムを発表するも、ファンやサポーターがソーシャルメディア上で酷評しているようだ。イギリス『BBC』が報じた。

▽リーズは2019年にクラブ創設100周年を迎える。そのため、新たなクラブエンブレムを作成し、24日にはその完成形を発表。来シーズンから新たなクラブエンブレムを用いることを併せて発表した。クラブ側は、「クラブの中を深く貫く情熱と個性を表現。クラブの新時代を告げるための1つの変化であり、願いが込められている。そういう思いを反映したエンブレムとなった」と明かした。

▽期待される新エンブレムは、上段に『リーズ・ユナイテッド』と名前が刻まれている。そこまでは普通のエンブレムなのだが、下部には選手が胸に手を当てている絵があしらわれており、これまで見たことがない斬新なものとなっている。

▽この新エンブレムが発表された後、すぐにリーズのサポーターが反応。SNSでは「冗談だろ?」、「ひどすぎる」、「ウイイレ6のクオリティ(パッケージ画像)じゃないか」と酷評。クラブの思いとは裏腹に、サポーターたちは全く気に入っていないようだ。

▽現在、井手口はスペイン2部のクルトゥラル・レオネッサにレンタルで移籍している。来シーズンにリーズに復帰した際には、新たなクラブエンブレムと共に戦うことになりそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

どんだけ喉渇いていたんですか? 独2部GKが給水中に失点許す…

▽ブンデスリーガ2部に所属するデュイスブルクのオランダ人GKマルク・フレッケンが24日に行われたインゴルシュタット戦で信じがたい形でゴールを許した。イギリス『CAUGHT OFFSIDE』が伝えている。 ▽24日に行われたブンデスリーガ2部第24節でデュイスブルクは、日本人MF関根貴大が所属するインゴルシュタットと対戦し、2-1で勝利した。なお、関根は招集外となっている。 ▽この試合にスタメン出場したフレッケンは、試合開始11分に味方が与えたPKを見事なワンハンドセーブで阻み、チームを救った。しかし、直後の13分にチームが先制した後の18分にとんでもない失態を演じた。 ▽相手のゴールキックの場面で完全に気を抜いたフレッケンは、プレーが再開されたことに全く気付かずに、呑気にゴールネットの中に置いてあった給水用のウォーターボトルを取りに行く。すると、相手GKのロングボールがデュイスブルクのボックス付近に飛ぶと、相手FWと競り合った味方DFがフレッケンに頭でバックパス。しかし、ウォーターボトルを取って喉を潤そうとしていたフレッケンはこのバックパスに全く反応できず、相手FWクチュケにゴールへ流し込まれた。 ▽そして、ウォーターボトルを片手に相手のゴールをゴールネットの中で確認したフレッケンのあまりに間抜けな姿が、ここからSNS上を中心に世界中へ届けられることになった。ただ、幸いなことに相手選手が前半に退場したことで、チームはその後に勝ち越して2-1の勝利を収めた。 ▽試合開始直後のPKストップにチームの勝利によって、戦犯を免れたフレッケンだが、幾ら喉が渇いていようと、インプレーになりそうな状況での給水は気を付けてほしいところだ。 ◆シュール過ぎる絵面です https://twitter.com/wijor/status/967410309379092480 2018.02.25 13:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、暴行・監禁で逮捕のDFルベン・セメドとの契約を一時凍結

▽ビジャレアルは23日、暴力事件で逮捕されたポルトガル人DFルベン・セメド(23)との雇用関係を一時凍結することを発表した。 ▽スペイン『マルカ』によると、セメドと男2人を含めた3人は、一般男性をセメドの自宅に監禁。その間に、被害者の家に侵入し金銭や恐喝するための品を盗み出したという。 ▽被害者が警察に駆けつけた際には、打撲痕や足首のケガ見つかっており、バレンシア市民警察は20日午後にセメド容疑者ら3人を逮捕。また、3人が銃を所持していた疑いもあり、その内の1人が脅しのために2回発砲したとも伝えられている。これにより、“暴行”ではなく“殺人未遂”として起訴される可能性も。 ▽このことを把握したビジャレアルは、推定無罪の理念を尊重するとしつつ、潔白が証明されるまでセメドとの雇用を凍結。その期間中は、給与の支払いも行われない。 ▽セメドが起こした暴力事件はこれが初めてではなく、昨年11月にはクラブで口論になった相手に銃を脅しに使ったとして、逮捕されていた。既に超えてはいけないラインを越えていたが、今回の事件でさらに衆人の下で脚光を浴びるのが困難になっただろう。 ▽昨年夏の移籍市場でスポルティング・リスボンからビジャレアルに加入したセメドは、次代を担う逸材として期待されていたが、今シーズン序盤に負傷。公式戦5試合の出場に留まっていた。 2018.02.24 03:22 Sat
twitterfacebook
thumb

FIFAもお手上げ? バルサ&ネイマールのボーナス巡る泥沼騒動の続きは法廷で

▽国際サッカー連盟(FIFA)は、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールと同選手の古巣・バルセロナの間で巻き起こっているボーナス未払い騒動の仲裁から手を引くことにしたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽2013年から所属するバルセロナで、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐスタープレーヤーに成長を遂げたネイマールは、2017年夏に史上最高額となる2億2200万ユ―ロ(現在のレートで約299億円)の移籍金でPSGに移籍。サッカー界の話題をかっさらった。 ▽新天地でもここまで公式戦29試合29ゴールと、輝かしい活躍を披露してクラブの主役に躍り出たネイマール。しかし引き換えに、欧州での出発地となったバルセロナとの間にわだかまりを作ってしまった。 ▽問題の発端は2016年10月。ネイマールは、“2017年7月末まで所属していれば2600万ユ―ロ(約34億円)のボーナスが発生する”という条項が加えられた内容で、バルセロナとの契約延長にサインした。そして、ネイマールのPSGへの移籍が発表となったのは2017年8月3日のことだ。 ▽このため、ネイマール側はボーナスを受け取る権利があると主張した。対するバルセロナは、契約条項に“選手が他クラブと交渉しないこと”、“支払いは移籍期間終了後の9月1日に行う”などの条件を設けていたと反論。もつれた議論は、ネイマール側の訴えによってFIFAに持ち込まれていた。 ▽結局、ネイマール側の訴えは2月中旬に却下に。そして今度は逆に、契約不履行としてバルセロナがネイマールに800万ポンド(約12億円)の返済を求める訴訟を起こし、問題のフィールドは法廷に移されることとなった。 ▽この件に関して、FIFAは「裁判所で行われているため不明」と述べ、スポークスマンは以下のようにコメントして仲裁から離脱することを明らかにした。 「それは認識したが、明らかに同じ議題が同じ当事者たちによって、(法廷、FIFAという)異なる組織に同時に提出された。FIFA側は当事者たちに伝えたよ…。どうやら事件について調査する立場にないということをね」 ▽ネイマールとバルセロナの論争は法廷に一本化されることに。FIFAからの罰則ではなく、法的な処罰をどちらかが受ける可能性も高まり、泥沼の騒動はさらに深刻に過熱していくかもしれない。 2018.02.24 01:53 Sat
twitterfacebook
thumb

自動車事故に巻き込まれたカリアリDFピザカーネが負傷…大事には至らず

▽カリアリに所属するイタリア人DFファビオ・ピザカーネが、自動車事故に巻き込まれ負傷したようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽カリアリではレギュラーとしてプレーし、今シーズンのセリエAでは17試合に出場していたピザカーネ。報道によると、カリアリのトレーニング施設であるアッセミネッロへ向かう途中、複数の車両が関わった事故に巻き込まれてしまったようだ。 ▽この事故でピザカーネは深刻なケガを負うことはなかったものの、右ヒザを切るケガをした模様。全治などはまだ判明していないが、大事には至っていないという。 ▽降格圏とは勝ち点差が離れているものの、残留を早く決めたいカリアリにとっては、主力センターバックが離脱することは痛手となりそうだ。 2018.02.22 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

踏んだり蹴ったりのシティ…アグエロが殴られる

▽リーグ1(イングランド3部相当)のウィガンにまさかの敗戦を喫したマンチェスター・シティに対して、さらなる悲劇が怒ったようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽シティは19日、FAカップ5回戦でウィガンと対戦した。4冠の可能性を残すシティだったが、前半でデルフが一発退場となるなど苦しい戦いとなる。すると79分、自分たちのミスから失点を喫すると、試合終盤はGKブラーボも相手陣内に攻め込むパワープレーを見せたが及ばず。格下相手にまさかの敗戦となった。 ▽今シーズンのプレミアリーグで無類の強さを見せて首位を快走するシティに、完封勝利を収めたウィガン。この快挙にサポーターも大喜びを見せ、試合後には複数のサポーターがピッチになだれ込む事態となった。『アス』によると、ほとんどのサポーターはウィガンの選手たちの健闘を称えていたようだが、一人のサポーターだけは違う行動をとったという。 ▽そのサポーターは敗れたシティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに近づき、いきなり右ストレートを見舞った模様。これに怒り狂ったアグエロが反撃に出ようとしたところで、ウィガンのイングランド人DFシャイアン・ドンクリーが仲裁に入ったようだ。 ▽今回の事件を受けてウィガンのデイビッド・シャープ会長は「サッカーは感情的なスポーツだ。特にファンはそうだが、試合の最後にこういう光景は見たくなかった。素晴らしい結果だと思うが、もっと上品に振舞うべきであり、このような行為は好きではない」と、ファンの行動に苦言を呈している。 2018.02.20 11:58 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース