インゴルシュタットMF関根貴大が元SKE48で浦和ファンの金子栞さんとの結婚を発表「生涯を共にしたいと素直に思い結婚を決意しました」2018.01.22 21:29 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽インゴルシュタットのMF関根貴大(22)が、自身のツイッター(@sktk10)を通じて結婚を発表した。お相手はタレントで女性アイドルグループSKE48の元メンバーである金子栞さん(22)との事だ。

▽関根は、浦和レッズのジュニアユース、ユースト経て2014年にトップチームへと昇格。1年目から出場機会を得ると、2017年8月にドイツ2部のインゴルシュタットへと移籍していた。また、世代別の日本代表を経験している。

▽金子さんは埼玉県さいたま市出身で、関根の古巣でもある浦和のファンとしても知られている。2010年にSKE48のオーディションに合格。2014年4月にSKE48を卒業していた。関根は自身のツイッターで結婚を報告した。

「この度、私事で恐縮ですが、かねてよりお付き合いしてまいりました、タレントの金子栞さんと入籍いたしましたのでご報告させて頂きます。良い時期も苦しい時期も近くで支えてくれ、初めての海外挑戦の決断も尊重してくれた彼女と生涯を共にしたいと素直に思い結婚を決意しました」

「これからは、二人で力を合わせていつまでも明るく楽しい家庭を築いて行きたいと思っています」

「半年前にドイツに渡り、中々試合に絡めない悔しい状況が続いていますが、自ら望んでいた世界」

「レベルの厳しい環境に身を置き、サッカー選手としてここからが本当に勝負だと思っています」

「奥さんや応援して頂いている皆さんを笑顔にできるように頑張りますので引き続き応援宜しくお願いします!」

コメント

関連ニュース

thumb

セルタ戦の乾貴士、スペインメディアは決定力不足を指摘「理解しかねる枠外シュート」

24日のリーガエスパニョーラ第25節、エイバルは敵地バライドスでのセルタ戦を0&minus;2で落とした。MF乾貴士は、スペインメディアから決定力不足を指摘されている。<br><br>この日も先発出場を果たした乾は、43分にペナルティーエリア内フリーで放ったシュートを外すなど、迎える決定機を決め切れなかった。スペイン『マルカ』の採点(3点満点)では、乾はチームメートほか7選手と並び1点の評価。電子版の戦評では「乾の嘆き」との小見出しとともに、次のように言及している。<br><br>「エイバルが手にした最も明確な決定機は乾のもの。左サイドのクロスからセルタGKだけを目前にしてシュートを打ったが、不可解に枠外へ飛んだ」<br><br>一方『アス』による乾の採点(3点満点)は、チームメートほか3選手と同じ2点となり、それ以上の点数となる3点を付けられたのはDFアナイツ・アルビージャのみだった。電子版の戦評では、日本代表MFについてこう記されている。<br><br>「ハーフタイム直前、乾はルベン・ブランコ(セルタGK)を前にミスを犯している。日本人はゴールエリアでフリーとなっていたが、ボールを予期しておらず、シュートはミートしなかった」<br><br>バルセロナ戦に続いて敗戦を喫したエイバルは、次節で本拠地イプルーアにビジャレアルを迎える。2得点を決めた第17節ジローナ以来ゴールから遠ざかっている乾の活躍にも期待したところだ。<br><br>提供:goal.com 2018.02.25 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

残留争うブレーメンとのノルト・ダービーを終盤被弾で敗戦のHSV、クラブ史上初の降格が現実味《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは24日、ブンデスリーガ第24節でブレーメンとのノルト・ダービーに臨み、0-1で敗れた。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉はベンチ入りしなかった。 ▽前節レバークーゼン戦を1-2と力負けし、10戦勝利のない17位HSV (勝ち点17)は、酒井高が右ウイングバックではなく[4-2-3-1]の右サイドバックで先発となった。 ▽積極的な入りを見せた15位ブレーメン(勝ち点23)に対し、HSVは自陣に守備ブロックを作って応戦。慎重に試合を進めると、17分にチャンス。フントのヘディングでの落としをボックス内のジャッタがダイレクトでシュートに持ち込むも、GKの守備範囲に飛んだ。 ▽前半半ば以降もブレーメンにボールを持たせたHSVは、ピンチを作られることなく時間を消化。酒井高も守備に徹し、思惑通りゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半も自陣に引きながらカウンターを狙うHSVは51分にフントがボックス内から際どいシュートを浴びせて牽制。 ▽その後も重心を下げてブレーメンの攻撃を受けるHSVは72分にピンチ。エッゲシュタインにミドルシュートでゴールを脅かされた。さらに82分、再びエッゲシュタインにヘディングシュートでゴールに迫られるもGKマゼニアが守備範囲で防いだ。 ▽しかし87分、バルグフレーデのインターセプトからボックス左のヨハンソンにシュートを打たれると、ボールはGKの股間を抜けてゴール方向へ。ファン・ドロンゲレンがゴールライン際でクリアにかかったが、詰めたベルフォディルにブロックされてボールはそのままゴールラインを割った。リプレーで見ると、ベルフォディルのポジションがオフサイドで微妙な判定だったが、ゴールは認められた。 ▽これが決勝点となってHSVは惜敗。ダービーを落として11戦未勝利となり、ブレーメンとは9ポイント差を付けられ、クラブ史上初の降格が現実味を帯びてきている。 2018.02.25 04:33 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、復調シュツットガルトの一撃に沈む《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第24節、シュツットガルトvsフランクフルトが24日に行われ、1-0でシュツットガルトが勝利した。シュツットガルトのFW浅野拓磨はベンチ入りも出場せず、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽前節ライプツィヒとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを逆転で制して3位に浮上したフランクフルト(勝ち点39)は、長谷部が2試合連続[3-5-2]の中盤アンカーで先発となった。 ▽浅野が5試合ぶりにベンチ入りした13位シュツットガルト(勝ち点27)に対し、フランクフルトが良い入りを見せると、9分にダ・コスタの左足ミドルがバーを直撃してゴールを脅かす。 ▽しかし13分、ロングボールの処理を誤ったアブラアムのミスを突いてギンチェクがボックス右に侵入。GKをかわして放ったシュートはゴールライン前でルスにクリアされるも、ルーズボールをトミーが詰めてシュツットガルトが先制した。 ▽先制を許したフランクフルトは引き続き長谷部を軸にボールを動かし、ポゼッションを高めていく。しかし、シュツットガルト守備陣を脅かすような攻撃は仕掛けられず、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽後半からルスに代えてファビアンを投入したフランクフルトは、長谷部を3バックの中央に配置。だが、ギンチェクに立て続けにゴールを脅かされる。開始1分にはディフェンスライン背後を取られ、直後にはCKからヘディングシュートでGKフラデツキーを強襲された。 ▽ひやりとしたフランクフルトだったが、前半同様にボールを保持してシュツットガルトを押し込みにかかっていく。長谷部も最終ラインでフィジカルに優れるギンチェクとゴメスを封じていった。 ▽すると79分に同点のチャンス。ファレットが左サイドを持ち上がってクロスを送り、ガシノビッチがシュート。しかし、DFにブロックされた。さらに追加タイムのファビアンのミドルシュートもわずかに枠を外れて0-1のままタイムアップ。連勝がストップしている。一方、3戦連続1-0で勝利したシュツットガルトは3連勝としている。 2018.02.25 01:43 Sun
twitterfacebook
thumb

乾フル出場エイバル、名手ペドロ・レオン復帰も敵地で敗北し連敗《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表MF乾貴士が所属するエイバルは24日、リーガエスパニョーラ第25節でセルタと敵地で対戦し、0-2で敗北。なお、乾はフル出場した。 ▽前節、バルセロナに敗戦した7位のエイバル(勝ち点35)が11位のセルタ(勝ち点32)のホームに乗り込んだ中位対決。エイバルはバルセロナ戦から先発3人を変更。前節退場のオレジャーナや負傷のラミスに代わってシャルレス、パウロ・オリベイラが入り、乾は引き続き左サイドハーフで起用された。 ▽メンディリバル監督が前節の退席処分によって2試合のベンチ入り禁止処分を科され、指揮官不在の中で臨んだエイバル。それでも、立ち上がりから組織的なプレッシングから手数をかけない攻撃をみせ、幾度か相手ゴールに迫っていく。 ▽11分にはボックス手前でパスを受けたジョルダンが鋭い反転シュートを枠内に飛ばすが、これはGKのセーブに阻まれる。さらに直後にはペーニャがミドルシュートを狙うが、わずかに枠の上を越えた。 ▽一方、エイバルのプレスにハメられてビルドアップがうまくいかないセルタは、なかなか前線まで効果的にボールを繋ぐことができない。それでも、30分にはボックス手前左のマキシ・ゴメスから浮き球のパスが出ると、これをアスパスがファーサイドのゴールライン際でマイナスの方向にダイレクトで落とす。しかし、シストのダイレクトシュートは枠を大きく外れる。 ▽その後は中盤で潰し合うこう着状態が続く中、セットプレーやショートカウンターを軸に相手ゴールへ迫るエイバルは前半終了間際の44分に絶好機。ボックス左角でホセ・アンヘルが上げたクロスに対して、中央のシャルレスがニアに走り込んでうまくDFを引っ張ると、後方で控えていた乾がドフリーに。しかし、乾はうまくバウンドを合わせ切れず、窮屈な体勢で放った右足シュートは枠の左に外れ、先制点を奪うことはできなかった。 ▽ゴールレスで試合を折り返すと、打開を図るセルタはハーフタイム中にシストに代えてエムレ・モルを起用。すると、そのエムレ・モルが指揮官の期待に応える結果を出す。 ▽ボックス左でボールを持ったエムレ・モルは、縦に突破していく。左足でグラウンダーのクロスを供給すると、飛び込んだのはアスパス。ニアで合わせて、ネットを揺らすことに成功した。 ▽反撃に出たいエイバルは61分、満を持してペドロ・レオンを復帰させる。負傷に悩まされたクラブの最重要選手を今シーズン初めてピッチに送り出し、巻き返しを図っていく。 ▽しかし79分、エイバルの最終ラインでのパス回しを狙ったセルタが、ショートカウンターを発動。ボックス右に抜け出したマージョが、精度の高いクロスを中央に送る。マキシ・ゴメスが一対一を確実に沈め、点差を広げた。 ▽結局、試合はこのままのスコアで終了。この結果、エイバルは連敗に突入することに。対するセルタは、4試合ぶりの白星をホームで手にすることとなった。 2018.02.24 22:54 Sat
twitterfacebook
thumb

長友佑都は新天地で絶好調…両チームトップの走行距離を記録し現地紙も賛辞

トルコのシュペルリガ第23節ガラタサライvsブルサスポルは、5-0でホームのガラタサライが勝利を収めた。この試合でフル出場を果たした日本代表DF長友佑都に対して、現地メディアも称賛している。<br><br>試合後、長友は現地メディアの取材に応じ、次のようなメッセージを発した。トルコメディア『webaslan』が伝えている。<br><br>「僕らはホームの大声援を受けて、勝利することができました。トレーニング中からチームはうまくいっていたので、いい結果に結びついたと思います」<br><br>ガラタサライ加入から3週間ほど経過したが、長友は「暫定首位に立ったし、ライバルチームの結果を待ちます。チームのコンディションもいい。試合に集中できる環境でうまくいっているし、ガラタサライのみんなとも良好な関係にあると思います」と、新天地でうまく順応していると明かした。<br><br>現地メディア『futbolarena』は、「ブルサスポル戦で、試合中最も走行距離を記録したのは長友で、11.31キロをマークした」と、『biIN SPORTS』内のデータを用いて報道。ガラタサライでの走行距離2位はガリー・メンデスの10.82キロとなっており、「この試合のトップランナーは経験豊かな日本代表選手だった」と伝えている。<br><br>出場機会を求め、半年間の期限付き移籍でガラタサライに新天地を求めた長友佑都。2月上旬にはパパになり、新天地イスタンブールと、妻と子のいるミラノを行き来する状況となっているが、試合では突出した走行距離を記録するなど、良好なコンディションを維持しているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.24 18:59 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース