大迫先発復帰のケルン、テローデのドッペルパックで伊藤途中出場のHSVに勝利し3連勝《ブンデスリーガ》2018.01.21 04:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第19節、ハンブルガーSVvsケルンが20日に行われ、0-2でケルンが勝利した。HSVのDF酒井高徳はベンチ入りも出場せず、FW伊藤達哉は77分からプレー、ケルンのFW大迫勇也は64分までプレーしている。

▽前節アウグスブルク戦を0-1で敗戦し、3連敗中の17位HSV(勝ち点15)は、酒井高と伊藤が引き続きベンチスタートとなった。

▽一方、前節ボルシアMG戦をテローデの復帰弾で2-1と劇的に勝利した最下位ケルン(勝ち点9)は、大迫がリーグ戦5試合ぶりに先発となった。

▽大迫がテローデと2トップを形成したケルンに対し、HSVは開始30秒にハーンがボレーシュートでゴールに迫った。そのHSVが良い入りを見せた中、ケルンは6分にヨイッチが直接FKで応戦する。

▽引き続き前がかるHSVに対し、ケルンは11分に大迫にビッグチャンス。しかし、スルーパスに抜け出した大迫は独走するも、GKとの一対一を決めきれない。すると直後、ロングカウンターに転じたHSVはコスティッチが枠内シュートを浴びせたが、GKホルンの好セーブに阻まれた。

▽互いにゴールに迫った中、27分にケルンが先制する。左CKからテローデが右足ボレーで押し込んだ。新戦力テローデの2戦連発弾で先手を取ったケルンは、ハーフタイムにかけてHSVに付け入る隙を見せずに1点をリードしたまま前半を終えた。

▽迎えた後半、50分にマフライのクリアミスからテローデが際どいシュートを浴びせたケルンは、HSVに押し込まれる時間が続いたものの、決定的なシュートは打たせずに時間を進めていく。

▽そして64分にはポストプレーで存在感を示していた大迫を下げて中盤のレーマンを投入し、逃げ切り体勢を整えた。

▽すると67分、カウンターに転じたケルンは、ヨイッチの浮き球パスをボックス中央に走り込んだテローデがボレーで流し込み、追加点を奪った。

▽2点を追うHSVは76分にフントの直接FKが枠の右角に当たる決定機を演出するもゴールが遠い。結局、伊藤を右サイドに投入して攻撃の活性化を図ったものの、最後までゴールは奪えず0-2で敗戦。4連敗となった。一方、勝利したケルンは3連勝を飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

移籍志願で出場拒否、HSVコスティッチの退団が間近に…伊藤達哉の出番にも影響か

ドイツ2部のハンブルガーSV所属のセルビア人アタッカー、フィリップ・コスティッチは退団する可能性が高く、その去就が伊藤達哉の出場機会にも大きく影響しそうな状況となっている。<br><br>地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』は「セルビア人FWは退団を視野に入れる」との見出しで次のように伝えた。<br><br>「彼はハンブルガーのために走ろうとすることを辞めつつある。クラブ側も彼に決断を下すよう、急かしている状況だ」<br><br>「コスティッチは(12日の)ザントハウゼン戦で出場することを拒んだと、我々は以前に報じた。彼はヴォルフスブルク、バーンリーと移籍交渉をしていたが、実現せず。そして、さらに異なるクラブとも話し合いを望んでいた。だが、ここまでその話も具体化せず、HSV側も業を煮やしているようだ」<br><br>ハンブルガーSVのスポーツディレクター、ラルフ・ベッカー氏は「彼がハンブルガーのためにプレーできないと言った瞬間から、チームにおいての立ち位置は大きく変わった。彼がどこに行きたいのか分からないが、すぐさま決断を下してほしいね」と語っており、退団希望を公言したコスティッチの移籍を容認している。<br><br>記事ではコスティッチに対してスペイン、イタリア、ブンデスリーガ1部のクラブから関心があると伝え、今夏の退団は既定路線であると強調している。<br><br>1992年生まれ、現在25歳のセルビア代表MFコスティッチはエールディヴィジのフローニンゲンで評価を高め、14-15シーズンにシュトゥットガルトへ移籍。その後、2016年夏からハンブルガーSVに在籍しているが、昨シーズンは1部17位となり、同クラブ史上初の2部降格となってしまった。コスティッチは30試合5ゴールの成績を残している。<br><br>左右どちらのウイングもこなすコスティッチが退団となれば、左ウイングを本職とする伊藤達哉の出場機会にも影響を及ぼすこととなりそうだ。果たしてコスティッチはハンブルクを去り、どのチームに新天地を求めるのか。決断の時は間近に迫っている。<br><br>提供:goal.com 2018.08.14 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ブンデス2部降格のHSVがシュツットガルトからマンガラをレンタルで獲得

▽日本人DF酒井高徳、MF伊藤達哉の所属するハンブルガーSV(HSV)8日、シュツットガルトからU-21ベルギー代表MFオレール・マンガラ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 ▽母国アンデルレヒトの下部組織から2017年6月にシュツットガルトに移籍したマンガラは、同年にプロデビュー。昨シーズンは、ブンデスリーガ20試合に出場していた。 ▽また、世代別のベルギー代表経験は豊富で、U-15からU-21に選出されており、これまで通算で49試合に出場し4ゴールを記録している。 2018.08.09 03:32 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井高&伊藤が先発もHSV、ホームでの2部開幕戦で3失点を喫し完敗…《ブンデスリーガ2部》

▽ハンブルガーSV(HSV)は3日、ブンデスリーガ2部の開幕戦でホルシュタイン・キールと対戦し、0-3で敗戦した。HSVのDF酒井高徳、MF伊藤達哉は共にフル出場いる。 ▽昨季クラブ史上初の2部降格を喫し、1年での1部復帰を目指すHSVは、[4-1-4-1]の布陣を採用。酒井は右サイドバック、伊藤は左サイドハーフで先発出場した。 ▽立ち上がりから攻勢に出るHSVは3分、左サイドからカットインした伊藤がシュート。19分には高い位置でボールを奪った酒井のクロスからネイリーが右足を振り抜いたが、シュートは枠を大きく外した。 ▽ゴールレスで迎えた後半、試合が動く。キールは56分、左サイドでスローインを受けたイ・ジェソンのパスをボックス左手前で受けたメファートがダイアゴナルなカットインからシュートをゴール右上に突き刺した。 ▽反撃に出たいHSVだったが78分、GKポラースベックのパスミスを自陣で奪われるとショートカウンターを受ける。すると、ビエリーのパスでボックス左に抜け出したイ・ジェソンの折り返しをキンソンビに押し込まれた。 ▽リードを広げられたHSVは、試合終了間際93分にもキンソンビの右クロスからDFの裏に抜け出したホンサクにゴールネットを揺らされ、万事休す。ホームで3失点を喫したHSVは、開幕黒星スタートとなった。 ハンブルガーSV 0-3 ホルシュタイン・キール 【キール】 メファート(後11) キンソンビ(後33) ホンサク(後48) 2018.08.04 05:55 Sat
twitterfacebook
thumb

2部降格のハンブルガーSV、酒井高徳に代わりフントがキャプテンに就任

▽ハンブルガーSVは11日、2018-19シーズンのキャプテンを発表した。新キャプテンにはMFアーロン・フント(31) が就任することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽ハンブルガーSVは、日本代表DF酒井高徳がキャプテンを務めていたが、2017-18シーズンのブンデスリーガで17位に終わり、クラブ史上初の2部降格となっていた。 ▽今回フントが新キャプテンに就任し、副キャプテンにはMFルイス・ホルトビー(27)、MFクリストフ・モリッツ(28)が就任した。 2018.07.11 21:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ハノーファー、2部降格のHSVからアメリカ代表FWウッドをレンタルで獲得

▽ハノーファーは9日、ハンブルガーSV(HSV)からアメリカ代表FWボビー・ウッド(25)を買取オプション付きのレンタル移籍で獲得した。なお、背番号は17を着用する。 ▽1860ミュンヘンの下部組織で育ったウッドは、エルツェルビルゲ・アイエ、ウニオン・ベルリンを経て2016年7月にHSVへ加入。HSVでは、在籍2シーズンで公式戦57試合に出場し12ゴール2アシストをマーク。昨季はブンデスリーガで24試合に出場するも、わずか2ゴールにとどまり、チームもクラブ史上初の2部降格となった。 ▽また、アメリカ代表としても2013年8月にデビュー。これまで39試合に出場し12得点を記録している。 ▽ハノーファーへの加入が決まったウッドは、公式サイトで以下のように意気込みを語った。 「監督とはとてもいい話し合いができたし、クラブがどういうサッカーをしていきたいとか、そこで僕はどういった役割を担うのかを理解できた。僕はハノーファーへの移籍が正しいと思えたし、嬉しいね。明日、新たなチームメイトに合うのが楽しみだよ」 2018.07.10 01:05 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース