JFA最高顧問の川淵三郎氏が「シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE」を受賞2018.01.20 21:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽本業のビジネスの成果を通して社会に活力を与えると同時に、社会貢献にも寄与されたビジネスリーダーに贈られる『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE』の授賞式が18日に行われ、日本サッカー協会(JFA)の最高顧問を務める川淵三郎氏がエンターテインメント部門を受賞した。

▽『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE』は、スコッチウイスキーの「シーバスリーガル」と株式会社幻冬舎が発行する雑誌『GOETHE(ゲーテ)』によって設立された賞。2011年から毎年開催され、今回で8回目を迎えた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽作詞家・プロデューサーの秋元康氏と、幻冬舎の見城徹代表取締役社長の特別審査員をはじめとする審査員の選考により、3部門の受賞者が決定。エンターテインメント部門の川淵氏の他、ソーシャル部門はLINE株式会社の出澤剛代表取締役社長CEO、ファッション部門は人気アパレルブランド『snidel(スナイデル)』や『gelato pique(ジェラート ピケ)』などを手がける株式会社マッシュホールディングスの近藤広幸代表取締役社長が受賞した。
(C)CWS Brains,LTD.
▽川淵氏は、受賞について「初めはこんなに立派な賞と思っていなかったんです。調べてみたら大変な賞だということで、ありがとうございます」とコメント。また、「シーバスリーガル」との縁について、「1958年、大学2年生の頃、日本代表選手として東南アジアに遠征したとき、先輩からシーバスリーガルを買ってこいといわれ、海外で初めて買ったお酒がシーバスリーガルだったというご縁を思い出しました」と明かした。

▽また、受賞理由の1つでもある「JFAこころのプロジェクト」についてもコメント。「日本サッカー協会は、「JFAこころのプロジェクト」の活動で小学5年生の子供たちを中心に夢の教室を11年間続けており、元Jリーガーや一流の選手たちが全国の小学校で正規の授業の中で夢を持つことの大切さや、そこに至るまでの努力、挫折を乗り越える勇気を教える授業を行っています。それが教育界に受け入れられ、この11年間で1万2000回、延べ4000校にのぼります」と取り組みについて語った。
(C)CWS Brains,LTD.
▽授賞式の後にはトークセッションが実施。川淵氏は特別審査委員長の秋元氏とのトークセッションで、自身の原動力が「怒り」であると主張。禁止薬物混入騒動で注目が集まる日本カヌー連盟を名指しで指摘し、「各競技団体がポシャっちゃう。ガバナンスをしっかりやれと言っているのに、マヌケな組織がある。カヌーなんて、もってのほか。下の下。あんなことになって誰も責任をとってないなんて信じられない。幼稚園レベルですよ」と断罪した。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、授賞式を前に、元日本代表選手で、現在はJAPAN CRAFT SAKE COMPANYの代表取締役CEOを務める中田英寿氏とシーバスリーガルのコラボレーションが発表。2017年の『シーバスリーガル シグネチャー・アワード』受賞者である中田市のプロデュースにより、「シーバスリーガル」と「桝田酒造店」とのクラフトマンシップ、フレンドシップの共演『Chivas Craft Brothers Project(シーバス クラフト ブラザーズ プロジェクト)』が立ち上がった。
(C)CWS Brains,LTD.
▽このプロジェクトは、「シーバスリーガル」のウイスキー熟成に使用した樽を「桝田酒造店」の日本酒造りに使用してクオリティに変化を与え、新しい価値の日本酒製造を実現するもの。現在、ウイスキー熟成樽に日本酒を詰めて熟成を行っており、今年6月頃の完成を予定しているとのことだ。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、シーバスブラザーズ社が主催する『CHHIVAS VENTURE』2018年度の日本代表社に、株式会社RICCI EVERYDAY 代表取締役COOの仲本千津さんが選ばれたことも発表された。

▽「RICCI EVERYDAY」はウガンダ発のトラベルバッグブランドであり、ウガンダに工房を設立。シングルマザーや元子ども兵と呼ばれる社会的に疎外されてきた人々に、安心して誇りを持って働く場所を提供している。

▽『CHHIVAS VENTURE』の世界大会では、各国代表の社会起業家たちとの交流の機会が与えられ、ビジネスアイデアを競い、決勝の結果により総額100万ドル(約1億円)の基金が分配される。

コメント

関連ニュース

thumb

PSG戦で八百長疑惑のツルヴェナ・ズヴェズダが著名弁護士を雇い徹底抗戦

▽パリ・サンジェルマン(PSG)とのチャンピオンズリーグの試合で、八百長疑惑をかけられているツルヴェナ・ズヴェズダが徹底抗戦を誓った。セルビア『ジュルナル』が報じた。 ▽ツルヴェナ・ズヴェズダは、10月3日に行われたPSGとのチャンピオンズリーグで6-1と大敗。この結果に関し、12日にフランス『レキップ』やイギリス『BBC』が、ツルヴェナ・ズヴェズダの関係者が「PSG戦でツルヴェナ・ズヴェズダが5点を失って敗北する」という内容に500万ユーロ(約6億4300万円)を賭けていたと報道。八百長疑惑を投げかけた。 ▽この件に関しては、ツルヴェナ・ズヴェズダだけでなく、PSGも激しく否定しているが、調査が続けられており、真相解明が急がれている。 ▽そんな中、『ジュルナル』はツルヴェナ・ズヴェズダがフランスで著名な弁護士であるエリク・デュポン・モレッティ氏とアントワーヌ・ウェア氏を雇い、チャンピオンズリーグのPSG戦での八百長疑惑に関して訴えると報道。クラブは、名誉毀損で訴えるとの声明を出したとしている。 「ツルヴェナ・ズヴェズダは、2018年10月3日のパリ・サンジェルマン戦で嫌疑がかかっている八百長による驚くべき訴えに、ショックを受けている。明らかに匿名で悪意のあるこれらの告発を支持できる証拠が全くありません」 「そのため、クラブは弁護士であるエリク・デュポン・モレッティ氏とアントワーヌ・ウェア氏を雇い、中傷のための訴訟を起こしました。ツルヴェナ・ズヴェズダは、完全にフランス捜査当局と協力する準備ができています」 「セルビアで最も多くのタイトルを獲得し、1991年にはチャンピオンズリーグ(当時はチャンピオンズカップ)を獲得しているツルヴェナ・ズヴェズダは、選手、ファンの名誉と同様に、自分自身を守るつもりです。そして、フットボールの価値とスポーツの健全性を再確認します」 ▽チャンピオンズリーグになってから初出場となったツルヴェナ・ズヴェズダは、ナポリ、PSG、リバプールと同じグループCに入り、2試合を終えて1分け1敗。24日にはアウェイでリバプールと第3節を戦う。 2018.10.19 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ友人が誘拐に恐喝未遂…自称代理人が被害

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマの友人が、誘拐及び恐喝未遂で捜査されているようだ。フランス『Mediapart』の情報を基にスペイン『マルカ』が報じた。 ▽その事件はパリのバーで7日に発生した。被害に遭ったのは“自称”ベンゼマの代理人と名乗るレオ・ディ・ソウザ氏だ。動機は、ベンゼマが受け取る権利があった5万ユーロ(約644万円)を同氏が懐に収めたためであると見られている。ディ・ソウザ氏は、誘拐、監禁、暴力に関してベンゼマの友人を起訴した。 ▽なお、その5万ユーロは、ベンゼマが今夏にモロッコへ旅行した際にスポンサーが支払おうとしたものだった模様。だが、同選手には渡らなかったようだ。 ▽ベンゼマの弁護士を担当するシルヴァン・コルミエ氏は、ディ・ソウザ氏が虚言を吐いているとして非難した。また、コルミエ氏は、ディ・ソウザ氏がベンゼマの代理人だったことは一度もないと主張している。 2018.10.19 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

セクハラ、銃器不法所持、傷害…トルコ代表アルダ・トゥランに最大12年半の懲役刑の可能性

▽イスタンブール・バシャクシェヒルのトルコ代表MFアルダ・トゥラン(31)に、最大12年半の懲役刑が科される可能性があるようだ。トルコ『Hurriyet』が伝えている。 ▽トゥランは10日、ナイトクラブでトルコの有名歌手ベルカイ・シャヒン氏の妻であるエズレムさんにアプローチをかけたことから喧嘩が勃発。トゥランはベルカイ氏の鼻の骨を折ったほか、同氏が搬送された病院でエズレムさんにベルカイ氏を撃ち殺すよう銃を促したと報道されている。 ▽これに関し、トゥランは“セクシャルハラスメント”“銃器不法所持”“傷害罪”の疑いで起訴され、最大12年半の懲役刑が科される可能性があるという。なお、ベルカイ氏側にも、トゥランを侮辱した疑いがかけられており、最大2年間の懲役が科される可能性もあるようだ。 2018.10.16 00:16 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGに八百長の疑い! ネイマールハットのCLツルヴェナ・ズヴェズダ戦で

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に八百長の疑いがかけられている。フランス『レキップ』の情報を基に、イギリス『BBC』が報じた。 ▽PSGは4日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第2節でツルヴェナ・ズヴェズダを本拠地パルク・デ・プランスに迎え、6-1と大勝。ネイマールのハットトリックが話題を呼んだ一戦だ。 ▽しかし、『レキップ』が伝えたところでは、ツルヴェナ・ズヴェズダの関係者がこの試合を対象に500万ユーロ(約6億4900万円)を賭けたと発言。「ツルヴェナ・ズヴェズダが5点を失って敗北する」と予想したとされている。 ▽この情報を掴んだ欧州サッカー連盟(UEFA)はフランス国家財政検察(PNF)に協力を要請。調査が開始されている。 ▽この件に関しては、両クラブともに即座に否定。ツルヴェナ・ズヴェズダは「最大の怒りと憎悪でこの話題を拒絶する。クラブの評判に大きな損害を与える疑いが晴れることを期待する」と声明を出しており、PSGは「パリ・サンジェルマンのスポーツ基本原則、健全性に対するコミットメントに従い、この疑惑を否定する」と伝えた。 2018.10.13 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

サラーは不起訴! 運転中のスマホ操作で捜査を受ける…

▽リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが不起訴処分となったようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 ▽サラーは8月12日、プレミアリーグ開幕戦でリバプールの4-0の勝利に貢献。試合後、渋滞で止まっているサラーの車に一般市民が集まり、その中の1人が撮影したとされる動画に、スマートフォンを操作しながら運転している場面が映し出され、この動画はソーシャルメディアを通じて一斉に拡散されていた。 ▽マージーサイド警察は翌日に動画を確認したと発表。イギリスではスマートフォンを操作しながらの運転には最大で6点の減点及び200ポンド(約2万8000円)の罰金が科されるが、今回は不起訴となったようだ。 ▽マージ―サイド警察によると、「捜査が行われていたが、訴追を裏付ける証拠が不十分であった」とのことで、「さらなる措置はとられない」と発表。サラーに対しては「運転中の携帯電話の使用について指導した」とのことだ。 2018.10.12 21:50 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース