オーストラリアが3月にコロンビアと対戦…互いにW杯を想定しての強化試合に2018.01.19 12:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オーストラリアサッカー協会(FFA)は19日、3月の国際親善試合でコロンビア代表、ノルウェー代表と対戦することを発表した。FFA公式サイトが伝えた。

▽大陸間プレーオフを制してロシア・ワールドカップへの切符を掴んだオーストラリア。ワールドカップに向けた3月のテストマッチでは、南米と北欧のチームと対戦する。

▽オーストラリアはグループCに入り、フランス代表、ペルー代表、デンマーク代表と同居。コロンビアはペルー、ノルウェーはデンマークを想定しての対戦となるようだ。

▽なお、コロンビアは日本代表と同じグループHに入っており、アジアのサッカーという点ではコロンビアにとってもテストの意味があるだろう。試合は3月27日に、ロンドンにあるフルアムの本拠地クレイブン・コテージで行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

豪代表FWケイヒルの新天地は古巣ミルウォールか? 交渉のためロンドン入り!

▽メルボルン・シティを退団して以降、所属先が決まっていないオーストラリア代表FWティム・ケイヒル(38)だが、新天地は古巣のミルウォールとなるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』は26日、同選手が移籍交渉に向けてロンドン入りしたことを伝えている。 ▽かつてはプレミアリーグのエバートンなどで活躍し、38歳でありながらオーストラリア代表でも欠かせない存在となっているケイヒル。昨シーズン終了後にAリーグのメルボルン・シティを退団したものの、現時点で所属チームは決まっていない。 ▽先日には『FOXスポーツ』のインタビューで「そこにはいつも好みがあるが、良いリーグに行くだろう。次の挑戦の準備ができている。それはすぐに決まるだろう」とコメントし、近日中の新天地決定の可能性を明かしていた。 ▽ケイヒルは1997-98シーズンにミルウォールでプロデビューを飾り、2004年にエバートンに移籍するまで公式戦249試合に出場し56ゴールを記録。仮に、今回の交渉がうまくいけば、14年ぶりの復帰となる。 ▽なお、現在チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するミルウォールは、リーグ戦で15位に位置している。 2018.01.27 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

オーストラリア代表新監督はサウジアラビアをロシアW杯に導いたファン・マルバイク氏に決定

▽オーストラリアサッカー連盟(FFA)は25日、オーストラリア代表監督にオランダ人指揮官のベルト・ファン・マルバイク氏(65)が就任することを発表した。当面はロシア・ワールドカップまで指揮することになる。 ▽ファン・マルバイク氏は、現役時代にオランダ代表としてもプレー。指導者としてはフェイエノールトやドルトムント、オランダ代表、ハンブルガーSVの監督を歴任。2015年9月からサウジアラビア代表の監督を務めていた。 ▽ロシア・ワールドカップ アジア最終予選では、サウジアラビアを率いて日本代表と同じグループBを戦い、最終戦で日本に勝利して3大会ぶりのW杯出場に導いていた。しかし、直後に連盟との確執により辞任していた。 ▽オーストラリア代表は、大陸間プレーオフに臨み、ロシア・ワールドカップ出場権を獲得。本大会ではグループCに入り、フランス、ペルー、デンマークと同居している。 2018.01.25 12:46 Thu
twitterfacebook
thumb

オーストラリア代表の鉄人FWが再びイングランドへ?

▽現在フリーのオーストラリア代表FWティム・ケイヒル(38)に、イングランド復帰説が浮上している。オーストラリア『デイリー・テレグラフ』が伝えた。 ▽オーストラリア代表で100キャップ以上を誇るケイヒルは昨年12月にメルボルン・シティを退団。現在はロシア・ワールドカップに向けて、新たなクラブを探しているとのことだが、そんな中、ケイヒルがキャリアの絶頂期を過ごしたイングランドへの復帰の噂が取り沙汰された。 ▽ケイヒルはシドニー・ユナイテッドでプロキャリアをスタートさせた後、1997年にフリーでロンドンのミルウォールに移籍。2004年にエバートンに移った同選手は在籍8年間で公式戦271試合に出場し66ゴール29アシストを記録した。 ▽『デイリー・テレグラフ』が伝えるところによると、ケイヒルは現在チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属する、古巣ミルウォールへの復帰が近づいているとされていた。ケイヒルに近しい情報源によれば「ケイヒルはミルウォールに復帰するだろう。彼はすでにイングランドに向かっている。すぐに発表がなされるだろう」とのことだった。 ▽しかし、イギリス『リバプール・エコー』がこれに反論。ミルウォール側がこの噂を否定していることを報じた。だが、『ミラー』のネイル・マクレマン氏はミルウォールが否定したことを認めながらも「ケイヒルを獲得する可能性は確かにある」と主張しているようだ。果たして、キャリアの晩年を迎えつつあるケイヒルの去就はどのようなものになるのだろうか。 2018.01.16 02:04 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMがポステコグルー監督の右腕・クラモフスキー氏をヘッドコーチに招へい

▽横浜F・マリノスは13日、ヘッドコーチにピーター・クラモフスキー氏(39)が就任することを発表した。 ▽クラモフスキー氏は、UEFA、FIFAのプロライセンスを持っており、パース・グローリーやアデレード・ユナイテッドでフィットネスコーチ、メルボルン・ビクトリーではアシスタントコーチを務めていた。 ▽また、U-17、U-20オーストラリア代表でアシスタントコーチを務めると、2014年から2017年まではアンジェ・ポステコグルー監督の下でA代表でもアシスタントコーチを務めていた。 2018.01.13 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

目標は「タイトル獲得」横浜FMの豪代表DFミロシュ・デゲネクがポステコグルー新監督について語る

▽横浜F・マリノスのオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクが、新監督に就任することで合意したアンジェ・ポステコグルー監督についてコメントした。『Four Four Two』のオーストリア版が伝えた。 ▽エリク・モンバエルツ監督に率いられた横浜FMは、シーズン途中で一時は首位に立ったものの、最終的には明治安田生命J1リーグで5位フィニッシュ。天皇杯では準決勝まで勝ち残っており、23日に柏レイソルと対戦。優勝すれば来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得する。 ▽横浜FMは、Jリーグ“オリジナル10”の一角としてJ1でプレーし続けているが、リーグ戦は2004年以来優勝はなし。タイトルも、2013年の天皇杯優勝が最後となっている。 ▽デゲネクは、オーストラリア代表でも指導を受け、自身を代表デビューに導いてくれた恩師についてコメント。来シーズンへの意気込みを語った。 「プロの監督や選手としてここに来たら誰だっていつでもタイトルを獲得したいと思う」 「アンジェ(・ポステコグルー)のことを知っていれば、僕たちの来年の目標は、彼のスタイルでタイトルを獲ることだろう。年末にトロフィーを掲げることができたらいいね」 「前もって、1年間のプランを立てることはできない。着実に、試合ごとに試合を見ていきたいが、野心的でもある」 ▽オーストラリア代表としてポステコグルー監督のスタイルを知るデゲネクは、監督のスタイルが横浜FMに合うと感じているとのこと。オーストラリア代表にもたらせた変化が、活きると語った。 「明らかに、僕たちは素晴らしい、良いサッカーができるだろう。僕たちは後ろで、そして足を使ってしっかりとプレーしようと努力している。ロングボールもないし、今年はかなり良い状態になった」 「監督と僕たちオーストラリア代表がプレーした方法は、現代サッカーだ」 「彼が来て、彼の哲学をもたらし、それに従った時に、僕たちのレベルが別のところに上がることができたら嬉しいね」 2017.12.20 20:03 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース