オーストラリアが3月にコロンビアと対戦…互いにW杯を想定しての強化試合に2018.01.19 12:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オーストラリアサッカー協会(FFA)は19日、3月の国際親善試合でコロンビア代表、ノルウェー代表と対戦することを発表した。FFA公式サイトが伝えた。

▽大陸間プレーオフを制してロシア・ワールドカップへの切符を掴んだオーストラリア。ワールドカップに向けた3月のテストマッチでは、南米と北欧のチームと対戦する。

▽オーストラリアはグループCに入り、フランス代表、ペルー代表、デンマーク代表と同居。コロンビアはペルー、ノルウェーはデンマークを想定しての対戦となるようだ。

▽なお、コロンビアは日本代表と同じグループHに入っており、アジアのサッカーという点ではコロンビアにとってもテストの意味があるだろう。試合は3月27日に、ロンドンにあるフルアムの本拠地クレイブン・コテージで行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

なでしこジャパン、アメリカ遠征3戦全敗 最終戦も豪州女子代表に黒星《2018 Tournament of Nations》

▽なでしこジャパンは日本時間3日、2018 Tournament of Nations第3戦のオーストラリア女子代表戦に臨み、0-2で敗れた。なでしこは3戦全敗となる。 ▽初戦のアメリカ女子代表戦に続き第2戦のブラジル女子代表戦も落としたなでしこジャパン。中3日で迎えた第3戦は、第2戦に引き続き[4-4-2]を用い、代表デビューのGK平尾知佳が初先発を飾った。 ▽序盤から前線からのプレスがハマったなでしこジャパンは、相手のミスに乗じたカウンターで徐々にペースを掌握。その中で、ボールの主導権を握る時間も増やしていき、オーストラリア女子代表のゴールに迫る。 ▽だが、なでしこジャパンは良いリズムを得点に結びつけられぬまま後半へ。すると、立ち上がりの47分、途中出場の三浦が与えたボックス付近のFKからアランナ・ケネディに直接決められ、先制を許してしまう。 ▽リズムを狂わされたなでしこジャパンは、反撃に出るが、ゴールが遠い。結局、80分に許したカウンターからサマンサ・カーに追加点を奪われ、万事休す。なでしこジャパンは今大会を3戦全敗で終えている。 なでしこジャパン 0-2 オーストラリア女子代表 【オーストラリア】 アランナ・ケネディ(後2) サマンサ・カー(後35) 2018.08.03 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

“日本キラー”ケイヒル、オーストラリア代表を引退! 通算成績107試合50ゴール

▽オーストラリア代表FWティム・ケイヒル(38)が、自身のツイッター(@Tim_Cahill)で代表引退を発表した。 ▽2004年3月に代表デビューを飾ったケイヒルは、2006年のドイツ大会からこれまで4度のワールドカップ(W杯)に出場。これまで日本代表戦ではドイツW杯での2ゴールをきっかけに計5ゴールを奪ってきたことから“日本キラー”として恐れられていた。代表通算成績としては、107試合のキャップ数を誇り、サッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)で50ゴールを記録してきた。先日まで行われていたロシアW杯グループステージ第3戦のペルー代表戦が最後の試合だった。 ▽ケイヒルは17日に自身のツイッターを更新。代表引退を報告し、感謝を告げている。 「今日は僕が正式にサッカルーズでの代表キャリアを終える日となった。国の代表としてプレーすることの意味を言葉で表現することができない。代表選手として過ごしてきた間、サポートし続けてくれた方々全員に感謝を伝えたい」 ▽ケイヒルは、5月19日にすでにチャンピオンシップ(イングランド2部)のミルウォール退団が発表されており、去就については不透明となっている。 2018.07.17 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪が大型FWピアス・ウェリングをメルボルンVから獲得! 「応援よろしくお願いいたします」

▽セレッソ大阪は4日、日本とオーストラリアの二重国籍を持つFWピアス・ウェリング(19)をメルボルン・ビクトリーから獲得したことを発表した。 ▽191cm、84kgと恵まれた体格を持つオーストラリア出身のウェリングは、これまでAリーグで1試合に出場。また、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも1試合のみの出場に留まっているが、1ゴールを記録している。 ▽ウェリングは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆FWピアス・ウェリング 「セレッソ大阪の一員になれ、非常にうれしく思います。早くファンの皆様にお会いすることが楽しみです。ピッチでは常に自分のベストを尽くし、試合ではたくさんのゴールを決められるよう頑張ります。応援よろしくお願いいたします」 2018.07.04 20:36 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和にも大打撃…古傷再発のアンドリュー・ナバウト、今季終了を示唆

▽浦和レッズに所属するオーストラリア代表FWアンドリュー・ナバウトに長期離脱の可能性が高まっている。 ▽オーストラリア代表の一員としてロシア・ワールドカップ(W杯)に参戦したナバウト。21日に行われたロシアW杯グループC第2節のデンマーク代表戦に先発したものの、後半途中に古傷の右肩を痛め、75分にピッチを後にした。 ▽オーストラリア代表を率いるベルト・ファン・マルバイク監督は同試合後、「肩の負傷が重く、彼のトーナメントは終わった」とコメント。そのナバウトは本大会ラストマッチの26日に行われたペルー代表戦を欠場している。 ▽今回の代表活動終了後、所属先の浦和での活躍が期待されたナバウトだが、どうやら今シーズン中の復帰は厳しいようだ。『Wide World of Sports』によれば、このままメルボルンに戻り、右肩の手術を受けるという。 ▽伝えられるところによれば、ナバウトは「6カ月のリハビリが必要みたいだ。痛みを伴うけど、少しでも早く治して、(来年の)アジアカップに備えて行きたい」と語り、今シーズンの全欠を明かした模様だ。 ▽また、「手術が必要なのはわかっていた。これが2回目(の手術)だ。手術を受けるつもりだったけど、W杯を考えてリハビリに励んだ」と話し、浦和で右肩を痛めた当時に手術を回避したことを明かした。 2018.06.27 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:オーストラリア 0-2 ペルー《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループC最終節、オーストラリア代表vsペルー代表が26日にフィシュト・スタジアムで行われ、2-0でペルーが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽オーストラリア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180626_34_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ライアン 5.0 悪いところはなかったが2失点してしまった DF 19 リズドン 5.0 攻撃にも参加したが精度を欠いた 20 セインズベリー 5.0 終盤は疲労で集中力が切れた 5 マーク・ミリガン 5.0 ペルーのアジリティに後塵を拝した 16 ベヒッチ 5.5 カリージョの相手に手間取った MF 15 ジェディナク 5.5 高いパス成功率を誇り攻撃をサポート。自ら4本シュートを打った 13 ムーイ 5.5 こちらも高いポゼッション率を誇った 7 レッキー 5.5 持ち味の突破力は相手の脅威になり続けた 23 ロギッチ 5.5 高い技術で攻撃をけん引。黒子にも主役にもなれる可能性があったが… (→アーバイン 5.0) ダイナミックなプレーを魅せることができなかった 10 クルーズ 5.0 要所で仕掛けを見せたが、チャンスに絡んだのは1度だけだった (→アルザニ 5.0) 途中出場ながら驚異のパス成功率100%を記録。しかしそれがオーストラリアの助けになることはなかった FW 9 ユリッチ 5.0 何度かポストプレーをこなしたが上手く攻撃に絡めなかった (→ケイヒル 5.0) 組み立てにもフィニッシュにも顔を出したがゴールは奪えなかった 監督 ファン・マルバイク 5.0 前半のうちに点を取りたかったが、無得点のまま後半はずるずる後退。選手の疲労もピークに達し、結局1勝も挙げることはできなかった ▽ペルー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180626_34_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ガジェセ 5.5 安定したセービング DF 17 アドビンクラ 5.5 運動量と俊足を生かし攻守で目立った 15 ラモス 5.5 サンタマリアと共にペルーのゴール前に鉄壁を築いた 4 サンタマリア 6.0 的確な守備でオーストラリアの決定機を阻止 6 トラウコ 5.5 守備ではレッキーに後れを取ったが攻撃面ではまずまずの活躍 MF 13 タピア 5.5 パワフルなプレーは鳴りを潜めていた (→ウルタード 5.0) 途中出場でフレッシュさをアピールしたがテクニックを生かせなかった 19 ジョトゥン 5.5 オーストラリアにボールを持たれる展開であまり守備に貢献できず、先制の起点になるも前半で交代 (→アキーノ 5.5) 豊富な運動量で貢献。守備が光った 18 カリージョ 6.0 素晴らしいフィニッシュでペルーの34年ぶりゴールを記録 (→カルタヘナ -) 8 クエバ 5.0 味方とのコンビネーションでチャンスを演出 20 フローレス 積極的な仕掛けで左サイドの攻撃を担った FW 9 ゲレーロ 7.0 効果的なプレーで攻撃をけん引。1ゴール1アシストの活躍を披露 監督 ガレカ 6.0 的確な采配で、36年ぶりゴールと40年ぶり勝利をもたらした ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ゲレーロ(ペルー) ▽国の英雄はこの試合でも英雄だった。1ゴール1アシストでペルーを歴史的40年ぶり勝利に導いた オーストラリア 0-2 ペルー 【ペルー】 カリージョ(前18) ゲレーロ(後5) 2018.06.27 01:07 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース