加入選手たちが新シーズンに向けた抱負!! オールドルーキー梅崎は「新たな思いで挑戦しに来ました」2018.01.18 19:11 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽湘南ベルマーレは18日、2018シーズンの新体制を発表した。▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグで優勝を果たし2年ぶりにJ1の舞台へ復帰した湘南。今オフに獲得した選手たちが新体制発表会に出席し意気込みを語った。

5.MF小林祐介
(C)CWS Brains,LTD.
「こんにちは、はじめまして。柏レイソルから来ました、小林祐介です。プロになって初めての移籍で色々と不安はありますが、相当な覚悟を持ってこのチームに挑戦しに来たのでまた、それが伝わるようなプレーをして、チームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

7.MF梅崎司
(C)CWS Brains,LTD.
「みなさんこんにちは。浦和レッズから移籍して来ました梅崎司です。10年間、浦和レッズでプレーしました。良い部分、辛く苦しい経験もして来ましたが、そんな思いを全部ひっくるめて、今年から新たな思いで挑戦しに来ました。自分自身の成長のため。まだまだ伸びると思っています。伸びてこのチームに還元できるようにやっていきたいと思います」

8.DF大野和成
(C)CWS Brains,LTD.
「みなさんこんにちは。アルビレックス新潟から来ました大野和成です。またベルマーレでプレーできることを嬉しく思います。ベルマーレにいた頃よりも色々な経験をして帰って来たつもりです。ベルマーレの成長とともに、今度はチームを勝たせられるように精一杯頑張ります。よろしくお願いします」

18.MF松田天馬
(C)CWS Brains,LTD.
「鹿屋体育大学から来ました松田天馬です。今シーズンはプロ1年目ですが湘南の顔になれるように日々努力していきたいと思います。よろしくおねがいします」

19.FWアレン・ステバノヴィッチ
(C)CWS Brains,LTD.
「ハジメマシテ、アレンステファノピッチデス。セルビアのパルチザンから来ました。自分の力を発揮してチームに貢献していきたいと思います。チームメート、スタッフとともに戦っていきたいと思います。あとはしっかりと良い結果を出して、サポーターのみなさんと喜び合いたいと思っています。よろしくお願いします」

20.DF坂圭祐
(C)CWS Brains,LTD.
「初めまして、順天堂大学から加入しました坂圭祐です。自分は小さいですがセンターバックです。特徴はジャンプ力を活かしたヘディングやカバーリングです。それを一年目から出せるように頑張って行きたいです。また、背番号は20番で去年は坪井選手がつけていました。坪井選手は四中高の大先輩でその先輩の背番号をつけられることは大変光栄です。坪井選手に負けないような選手になれるように頑張ります。よろしくお願いします」

21.GK富居大樹
(C)CWS Brains,LTD.
「みなさんこんにちは。モンテディオ山形から加入しました富居大樹です。ベルマーレという偉大なクラブに加入できて大変嬉しく思いますし、ベルマーレには若い選手がたくさんいるので、ピッチ内外で引っ張るなど貢献できれば良いなと思います。よろしくお願いします」

26.FW山口和樹
(C)CWS Brains,LTD.
「こんにちは。国士舘大学から加入しました山口和樹です。みなさん見ての通り、僕は身長はとても小さいですが、ピッチ上ではすばしっこく動いて、ゴールやアシストなどゴールに直結するプレーを出して、小さくてもできるところを見せていきたいと思っています。よろしくお願いします」

27.FW鈴木国友
(C)CWS Brains,LTD.
みなさんこんにちは。桐蔭横浜大学から加入しました鈴木国友です。アカデミー時代からお世話になった湘南に、少し遠回りはしてしまいましたが、戻ってこられて嬉しく思います。また、自分のサッカー人生の始まりを、この大好きな湘南ベルマーレでスタートできることを嬉しく思っています。自分を受け入れてくれた湘南ベルマーレには本当に感謝しているので、結果という形で貢献できるように頑張ります」

32.MF新井光
(C)CWS Brains,LTD.
「みなさんこんにちは。市立長野高校から加入しました新井光です。プロ1年目ですがしっかりと積極的にプレーして、試合に出てチームに少しでも貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします」

33.GK真田幸太
(C)CWS Brains,LTD.
「みなさんこんにちは。湘南ベルマーレユースから昇格した真田幸太です。ジュニアユース、ユースを湘南ベルマーレで過ごし、憧れであったトップチームに昇格できて嬉しく思います。自分の特徴である身長を活かしたダイナミックなプレーで観客を沸かし、チームを助けられるようなプレーをしたいと思います。よろしくお願いします」

41.MFミキッチ
(C)CWS Brains,LTD.
「ミナサンコンニチハ。9シーズンをサンフレッチェ広島で過ごしました。まだサッカーを勉強したい、学びたいという気持ちが強くあります。ここに来た1つの大きな理由として、スタッフと話し合う中で彼らのビジョンに、私の考えが一致したことが大きかったです。今までの経験や持っているものをここでしっかりと伝えて貢献していきたいと思っています。一丸となって成功を掴み取り、シーズン後に喜び合いたいと思っています」

コメント

関連ニュース

thumb

ルヴァンカップ決勝の国歌斉唱歌手に『水曜日のカンパネラ』のコムアイ

▽Jリーグは19日、27日に埼玉スタジアム2002で開催されるYBCルヴァンカップ決勝の試合前に行われる国歌斉唱の歌手が『水曜日のカンパネラ』のコムアイに決定したことを発表した。 ▽『水曜日のカンパネラ』は、2012年結成の音楽ユニット。コムアイは独特な世界観を音楽で表現し、ファンを魅了する同ユニットのボーカルを務めている。 ▽決勝は、クラブ史上初の決勝進出となる湘南ベルマーレと、2001年以来17年ぶりの進出となる横浜F・マリノスが対戦。13時5分にキックオフを迎える。 2018.10.20 09:40 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南DF島村毅に第二子が誕生! 「たくさんの方々に感謝の気持ちでいっぱい」

▽湘南ベルマーレは19日、DF島村毅に第二子となる長女が誕生したことを報告した。 ▽その2,769gの女の子は、16日の13時49分に誕生。島村は、クラブ公式サイトを通じて以下のように喜びのコメントを伝えている。 ◆DF島村毅 「この度、第二子となる長女が誕生しました。母子ともに健康、そして息子と犬のガブリエルも変わらず元気です」 「頑張ってくれた妻、元気に産まれてきてくれた娘、支えてくれた家族、そして気にかけてくれていたたくさんの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。心より御礼申し上げます。笑顔の絶えない温かい家庭を築いていきたいです」 「残りのリーグ戦、そしてルヴァン杯の決勝をより一層の責任感を持って戦います。引き続き僕らの後押しをよろしくお願いします。湘南の街一丸となって絶対にタイトルを取りましょう! 」 ▽島村は、2008年に早稲田大学から湘南に加入した。今シーズンは、ここまで公式戦4試合に出場している。 2018.10.19 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

決勝カードは湘南vs横浜FMに決定! 昇格組湘南がファイナル到達《YBCルヴァンカップ》

▽2018JリーグYBCルヴァンカップ決勝進出の2チームが決定した。 ▽決勝進出を果たした2チームは、17年ぶりの優勝を目指す横浜F・マリノスと、初の優勝を狙う湘南ベルマーレだ。両クラブは10月27日(土)に埼玉スタジアム2002で激突する。 ▽横浜FMはJ1リーグ年間3回、1stステージ4回、2ndステージ1回、天皇杯2回、リーグカップ(現ルヴァン杯)1回、計11個のタイトルを誇る。対する湘南は、J2リーグ制覇を2回成し遂げている。 ◆決勝戦 ▽10月27日(土) 《13:05》 湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス [埼玉スタジアム2002] 2018.10.14 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

湘南がPK戦で柏との死闘を制す! 柏下し初の決勝進出《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準決勝第2戦の湘南ベルマーレvs柏レイソルが、14日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計3-3でPK戦に突入した末、5-4で制した湘南が決勝進出を果たした。 ▽10日に三協フロンテア柏スタジアムで行われた第1戦は、1-1のドローで終了。アウェイゴール1点のアドバンテージを得ている湘南は、その試合からスタメンを変更しなかった。 ▽対する柏は、スタメンを3名変更。中山、小泉、手塚に代えて、パク・ジョンス、大谷、キム・ボギョンを起用した。 ▽静かな立ち上がりとなった前半、15分に湘南が大きなチャンスを手にする。右サイドに抜け出した岡本が低い弾道のクロスを入れると、ボックス手前中央に構えていた菊池が上手く姿勢を低くして頭で合わせる。しかし、枠の左を捉えたシュートはGK滝本のファインセーブに阻まれた。 ▽勢いに乗る湘南だが、前半の半ばに良い流れを断ち切るアクシデントが発生。好プレーを続けていた菊池がピッチに座り込んでしまいプレー不可能な状態に。一度は立ち上がったものの担架で運び出され、21分に松田との交代を余儀なくされた。 ▽それでも、湘南は勢いを衰えさせずに攻撃を繰り出し28分に待望の先制点を奪取する。右サイドからのクロスが柏DFに跳ね返されると、ボックス手前中央で石川が反応。左足を豪快に振り抜いてネットに突き刺した。 ▽ギアを上げ切れない柏の守勢が続くと、31分にも湘南に絶好機。最終ラインの後方でパスを出そうとしていたGK滝本にプレスをかけた山崎凌が、ボックス左でボールを奪取。しかし、そのまま無人のゴールへ放ったシュートはバーに嫌われ追加点とはならない。 ▽試合は、柏が大きなチャンスを手にできないまま折り返し。選手交代なしで迎えた後半、湘南が積極的な入りを見せる。51分には右サイドで得たFKから梅崎がクロスを供給し松田がヘディングシュートを放つ。GK滝本が凌いだものの柏にとって苦しい時間が続く。 ▽柏は、57分にキム・ボギョンに代えて手塚を投入。チャンスを増加させようと試みた。すると、62分にはその手塚がボックス手前中央からミドルシュートを放ったが、枠を捉えることができない。 ▽それでも徐々に攻勢を強めていく柏が、70分に戦況を大きく変える。左サイドでボールを持った大谷がドリブルで強引にボックス内に侵攻。湘南DFにブロックされたボールが再び足元にこぼれると、右足で強烈なシュートを放つ。これが決まり、2戦合計スコアがイーブンに。 ▽しかし、直後の72分に今度は柏にアクシデントが発生する。前半の湘南の流れをなぞるようにプレー不可となったパク・ジョンスが担架で運び出され、中山との交代を強いられた。 ▽後半終了間際の93分、柏にビッグチャンス。ボックス内右まで上がった小池が鋭い切り返しで対面の湘南DFを振り切り中央に折り返す。すると、飛び込んだクリスティアーノが押し込んだかに思われたが、小池のクロスの時点でエンドラインを割っており得点とは認められない。試合は延長戦に突入した。 ▽延長前半の93分、湘南がいきなり均衡を破る。左サイド浅い位置からのFKの流れで杉岡がクロスを供給すると、ファーにポジションをとっていたDF坂がヘディングシュートを放つ。パンチングに出てたGK滝本は対応できず、湘南が2戦合計スコアで上回る。 ▽絶体絶命の柏は、102分に仲川に代えて最後の切り札として山崎亮を送り出す。すると延長後半に突入した113分、監督の采配が的中する。右サイドの小池が大きくクロスを上げると、ボールはファーの山崎亮の下へ。山崎亮が右足で上手く合わせ、GK秋元の脇下を抜いてスコアを2-2とした。 ▽その後も試合は柏ペースで続いたが、最後まで決勝点は奪えず。延長戦での得点にアウェイゴールは適応されないため試合はPK戦に突入した。湘南の1人目のキッカーを務めた杉岡が成功させると、柏のトップバッターを務めたクリスティアーノも勢いよくネットを揺らす。その後も1人ずつが決めたが湘南の3人目、梅崎のシュートが枠外に。しかし、柏の4人目を務めた江坂もバーに嫌われ、4-4で再び並ぶ。勝負が決したのは6人目。湘南の高山が決めた後、柏の山崎亮が枠を大きく外し5-4で湘南がPK戦を制した。 ▽初の決勝進出を果たした湘南は、同日勝ち抜けを決めた横浜F・マリノスと激突。決勝戦は、10月27日(土)に埼玉スタジアム2002で開催される。 2018.10.14 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

柏、瀬川電光石火弾も湘南とドローでアウェイゴール許す《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準決勝第1戦の柏レイソルvs湘南ベルマーレが、10日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽柏は、3-0で勝利した直近の明治安田生命J1リーグ第29節サンフレッチェ広島戦からスタメンを4名変更。パク・ジョンス、伊東らに代えて、中山、江坂らを起用した。 ▽対する湘南は、1-0で勝利した第29節サガン鳥栖戦からスタメンを1名のみ変更。松田に代えて、金子を起用した。 ▽開始早々、柏はが試合を動かす。中川からのロングボールに抜け出した江坂が右サイドから中央にグラウンダーのボールを折り返す。ファーで受けた瀬川がトラップしてから落ち着いて蹴り込み、電光石火の先制弾とした。 ▽出鼻を挫かれた湘南だったが、すぐさま反撃を開始。9分、大野からの縦パスが柏DFにカットされるも、ルーズになっていたボールをボックス手前左で菊池が拾う。思い切りよく右足を振り抜き、豪快にネットを揺らした。 ▽その後、勢いを保つ湘南が優位に試合を進行し、度々チャンスを作り出していく。39分にはボックス内左まで侵攻した山崎が左足で枠を捉えたが、GK滝本のスーパーセーブに阻まれ決定機をモノにできない。 ▽一方、再びリードを奪いたい柏もカウンターを繰り出して応戦しようとするが、なかなかシュートを枠に飛ばすことができず。試合は、イーブンで折り返しを迎えた。 ▽後半の立ち上がり、押され気味だった柏がギアを上げる。59分にはセットプレーの流れからボックス手前左でこぼれ球に反応した江坂のボレーシュートがGK秋元を強襲し、63分にも小泉にボックス手前やや右からの左足のシュートが右ポストを掠める。 ▽対する湘南も、68分に石川がボックス手前左から左足でゴールを脅かすなど、前半同様に積極的な仕掛けを見せていく。しかし、逆転弾は遠くネットを揺らすには至らない。 ▽後半半ば以降、両指揮官は交代策を弄しつつ打開を図るが、結局は1-1のスコアのままで試合が終了を迎えた。 ▽準決勝第2戦の湘南vs柏は、14日にShonan BMW スタジアム平塚で行われる。 2018.10.10 21:00 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース