彼女への暴行容疑で起訴されたリバプールDFフラナガンに判決下る!2018.01.18 03:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールの地方裁判所は17日、ガールフレンドへの暴行容疑で起訴された元イングランド代表DFジョン・フラナガン(25)に対する判決を下した。イギリス『BBC』が伝えている。

▽フラナガンは、現地時間12月22日午前3時20分にリバプール繁華街のデューク・ストリートで交際18カ月のガールフレンドに対する暴力行為によって現行犯逮捕された。一時、拘留されたものの保釈金を払い、その後は条件付きで解放されている状態だった。

▽そして、自身の25歳の誕生日の翌日となった2日にリバプール市の裁判所に出頭したフラナガンは、防犯カメラに映されていた自身の暴力行為を素直に認めた。

▽そして、17日に裁判所はフラナガンに対して、12カ月間の社会奉仕活動と40時間の無償労働、85ポンド(約1万3000円)の罰金および85ポンドのヴィクティム・サーチャージを科す判決を下した。

▽なお、今回の判決を受けて、リバプールのスポークスマンは以下のようなコメントを残している。

「我々は今回の判決を受けて、我々のプレーヤーが行った行為に対して、できる限りの厳しい姿勢で非難する」

「彼は今回の行動を通じて自身の評判を著しく傷つけただけでなく、クラブを大きく失望させた」

「今回の事件に関して、リバプール・フットボールクラブの価値を損なったことに対して、大きな失望と怒りを彼に伝えている」

「クラブは今回の判決が下される前にクラブ内部での懲戒処分を行うという結論に至っており、今後そのアクションを開始する」

「現時点でこれ以上のコメントは差し控えたい」

▽リバプールの下部組織出身のフラナガンは、今シーズンにレンタル先のバーンリーから復帰。しかし、プレミアリーグ第20節終了時点でトップチームでの出場はEFLカップ(カラバオカップ)1試合のみとなっており、U-23リバプールでの出場が続いていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ベイルが古巣スパーズのポット2入りをアシスト! 暫定のCLグループステージポット分けが決定《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリーvsリバプールが26日に行われ、3-1で勝利したレアル・マドリーの前人未到の3連覇で2017-18シーズンのCL全日程が終了した。この結果、暫定ながら2018-19シーズンのCLグループステージポット分けが決定した。『ESPN』が伝えている。 ▽CL決勝開催以前ではヨーロッパリーグ(EL)王者のアトレティコ・マドリーに加え、UEFAカントリーランキング上位6チームの国内王者のバルセロナやマンチェスター・シティ、バイエルンのポット1が確定していた。そこにCL決勝で勝利したレアル・マドリーがCL王者枠として新たにポット1入りを果たした。 ▽さらに、レアル・マドリーが勝利したことでポット2の枠が1つ空くことになり、そこにポット3最上位のトッテナムが滑り込むことになった。CL決勝では元トッテナムのMFガレス・ベイルが決勝点を含む2ゴールの活躍を見せており、結果的に古巣のポット2入りをアシストする形となった。 ▽また、CL決勝に敗れたことでポット3入りとなったリバプールだが、暫定でポット2に入っているベンフィカ、バーゼルが予備予選を突破できなかった場合は、ポット3最上位のローマと共にポット2に入る可能性もある。 ▽なお、先日に発表された新シーズンに向けた新フォーマットでは、これまでCLグループステージでは出場32チーム中、ストレートイン可能なチーム数が前年度のヨーロッパリーグ(EL)優勝チームを含め22チームだったのが、新シーズンから26チームに変更となる点だ。 ▽これに伴い、UEFAカントリーランキング上位4カ国のスペイン、イングランド、イタリア、ドイツからはリーグ上位4チームがプレーオフを行わず、ストレートインできる。また、その他のUEFAカントリーランキング上位(5位~10位)の国ではフランスとロシアがリーグ上位の2チーム、ポルトガル、ウクライナ、ベルギー、トルコがリーグ優勝チームがグループステージストレートインが可能となる。 ▽前年CL優勝チームが国内リーグですでに出場権を得た場合、UEFAカントリーランキング11位チェコの国内リーグ優勝チームがストレートインとなり、同様に前年のEL優勝チームが国内リーグで出場権を得た場合は、UEFAカントリーランキング5位フランスの国内リーグ3位のチームがストレートインできる。なお、1カ国あたりの出場制限はこれまでと同様に最大5チームとなる。 ▽今シーズン終了時点で決定している2018-19シーズンのCLグループステージポット分けは以下の通り。 ◆2018-19シーズンCLグループステージポット分け ▽ポット1 レアル・マドリー(CL王者) アトレティコ・マドリー(EL王者) バルセロナ(スペイン) バイエルン(ドイツ) マンチェスター・シティ(イングランド) ユベントス(イタリア) パリ・サンジェルマン(フランス) ロコモティフ・モスクワ(ロシア) ▽ポット2 ドルトムント(ドイツ) マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) シャフタール(ウクライナ) ポルト(ポルトガル) ベンフィカ(ポルトガル)※ ナポリ(イタリア) バーゼル(スイス)※ トッテナム(イングランド) ▽ポット3 ローマ(イタリア)★ シャルケ(ドイツ) リバプール(イングランド)★ リヨン(フランス) モナコ(フランス) CSKAモスクワ(ロシア) ザルツブルク(オーストリア)※ アヤックス(オランダ)※ ▽ポット4 インテル(イタリア) バレンシア(スペイン) ホッフェンハイム(ドイツ) セルティック(スコットランド)※ PSV(オランダ)※ ガラタサライ(トルコ)★ ビクトリア・プルゼニ(チェコ)★ クラブ・ブルージュ(ベルギー)★ ※は予備予選参加 ★は予備予選参加チームの結果次第で上位ポット入りの可能性 2018.05.27 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

カリウスのCL決勝でのパフォーマンスにカーン氏は「キャリアを壊しかねない」

元ドイツ代表GKのオリバー・カーン氏がリバプールGKロリス・カリウスのミスに言及している。ドイツ『ZDF』が報じた。<br><br>リバプールは26日、チャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリーと対戦。カリウスは自身のスローイングのミスでカリム・ベンゼマに先制点を許すと、終盤にはガレス・ベイルの強烈なシュートをキャッチミス。痛恨のダメ押し弾を献上した。<br><br>かつて2002年のワールドカップ決勝で、ファンブルから失点を経験しているカーン氏は悲劇の夜を過ごしたカリウスについてこのように語っている。<br><br>「言葉がないよ。キーパーの観点で見て、これほど残酷な決勝は記憶にない。キャリアを壊しかねない夜となってしまった」<br><br>一方で元ドイツ代表MFローター・マテウス氏はドイツ『スカイ』で「カリウスのパフォーマンスは過去20年のチャンピオンズリーグ決勝のキーパーの中で最悪だった」と酷評している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.27 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

S・ラモス、自身と交錯し負傷交代となったサラーへメッセージ「未来が君を待っている」

レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスは、自身との接触で負傷交代を強いられたリバプールFWモハメド・サラーの早期回復を祈るコメントをSNS上に投稿した。<br><br>今季の全公式戦で44ゴールを記録したサラーは、26日に行われたチャンピオンズリーグ決勝マドリー戦に先発出場。13年ぶりのCL制覇に向けて大きな期待が集まっていた。しかし、前半にセルヒオ・ラモスと交錯した際に肩を負傷し、交代を余儀なくされた。エジプトサッカー協会によると、サラーは肩の靭帯を負傷。ロシア・ワールドカップ出場を心配する声が挙がっている。<br><br>セルヒオ・ラモスは、自身との接触プレーで負傷交代となったサラーへツイッター上でメッセージを投稿している。<br><br>「サッカーは時に良い面を見せることもあれば、悪い面を見せることもある。何より僕たちは同じプロ選手だ。サラー、早期回復を祈っているよ。未来が君を待っている」<br><br>▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう<br><br> 【DAZN関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント<br />● DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた<br />● DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介<br />● DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?<br />● 野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN&times;他スポーツ視聴の&ldquo;トリセツ&rdquo;はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.27 13:50 Sun
twitterfacebook
thumb

退団示唆のC・ロナウド、新天地は中国?代表チームメイト数名に話す

レアル・マドリーからの退団を示唆したFWクリスティアーノ・ロナウドだが、以前にポルトガル代表のチームメイトに中国への移籍について話していたようだ。『Goal』の取材で明らかとなった。<br><br>26日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、リバプールに3-1と勝利を収めたレアル。前人未到の三連覇を成し遂げたが、試合後にC・ロナウドが退団を示唆する発言を残し、さらにミックスゾーンでも「レアルとの問題は以前からあった」と語るなど、エースに移籍の可能性が浮上している。<br><br>大舞台後に表面化したC・ロナウドの移籍希望とも取れる発言。しかし、本人は以前から退団を考えていたのかもしれない。<br><br>C・ロナウドは、ポルトガル代表のチームメイト数名に中国について尋ねており、ある選手には「一緒に中国に行きたいかどうか」を尋ねていたことが『Goal』の取材で明らかとなっている。今夏の移籍を断言する発言はなかったようだが、アジアへの移籍を考慮しているのかもしれない。<br><br>CL三連覇という偉業達成の後、明らかとなったC・ロナウドの去就問題。ロス・ブランコス(レアルの愛称)史上最多得点者による衝撃のコメントは、しばらくフットボール界を騒がせることになるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.27 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

大舞台で2度のミスに涙したカリウス…ジェラード氏らが守護神へのサポートを求める

リバプールOBのスティーブン・ジェラード氏は、敗戦につながるミスを犯したGKロリス・カリウスにサポートを必要と語った。<br><br>26日に行われたチャンピオンズリーグ決勝でリバプールはレアル・マドリーと対戦。0-0で迎えた51分、カリウスの味方にスローイングしたボールがカリム・ベンゼマの伸ばした足に当たって先制点を献上。さらに、1-2で迎えた83分にはガレス・ベイルのロングシュートをファンブルして失点を招いた。守護神のミスが相次いだリバプールは1-3で敗れ、13年ぶりのCL制覇の夢は叶わなかった。<br><br>この試合で2失点につながるミスを犯したカリウスは、試合後には涙を流しながらリバプールサポーターの下へ行き、謝罪。この場面を目にしたジェラード氏は『BTスポーツ』で「意図してミスをする選手は誰もいない。ファンの下に行った彼の行為はフェアプレーに値する」と試合後の振る舞いを評価しているようだ。<br><br>「ミスを認め、謝罪した彼のことを尊敬する。どんな時でもリバプールのファンは彼をサポートする。しかし、これを忘れることはないだろうからカリウスはこれから難しい数カ月に直面するだろう」<br><br>また、フランク・ランパード氏も同番組で「このようなレベルの試合で起きてはならないミスだ。チャンピオンズリーグファイナルで、起きてはならいないことが起きた。目を疑ってしまった。難しい時期を過ごすであろう彼にはチームメイトからの手厚いサポートが必要だ」と話し、リオ・ファーディナンド氏も「彼の将来が心配だ」と大舞台で手痛いミスを犯したカリウスを気にかけた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.27 11:00 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース