彼女への暴行容疑で起訴されたリバプールDFフラナガンに判決下る!2018.01.18 03:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールの地方裁判所は17日、ガールフレンドへの暴行容疑で起訴された元イングランド代表DFジョン・フラナガン(25)に対する判決を下した。イギリス『BBC』が伝えている。

▽フラナガンは、現地時間12月22日午前3時20分にリバプール繁華街のデューク・ストリートで交際18カ月のガールフレンドに対する暴力行為によって現行犯逮捕された。一時、拘留されたものの保釈金を払い、その後は条件付きで解放されている状態だった。

▽そして、自身の25歳の誕生日の翌日となった2日にリバプール市の裁判所に出頭したフラナガンは、防犯カメラに映されていた自身の暴力行為を素直に認めた。

▽そして、17日に裁判所はフラナガンに対して、12カ月間の社会奉仕活動と40時間の無償労働、85ポンド(約1万3000円)の罰金および85ポンドのヴィクティム・サーチャージを科す判決を下した。

▽なお、今回の判決を受けて、リバプールのスポークスマンは以下のようなコメントを残している。

「我々は今回の判決を受けて、我々のプレーヤーが行った行為に対して、できる限りの厳しい姿勢で非難する」

「彼は今回の行動を通じて自身の評判を著しく傷つけただけでなく、クラブを大きく失望させた」

「今回の事件に関して、リバプール・フットボールクラブの価値を損なったことに対して、大きな失望と怒りを彼に伝えている」

「クラブは今回の判決が下される前にクラブ内部での懲戒処分を行うという結論に至っており、今後そのアクションを開始する」

「現時点でこれ以上のコメントは差し控えたい」

▽リバプールの下部組織出身のフラナガンは、今シーズンにレンタル先のバーンリーから復帰。しかし、プレミアリーグ第20節終了時点でトップチームでの出場はEFLカップ(カラバオカップ)1試合のみとなっており、U-23リバプールでの出場が続いていた。

コメント

関連ニュース

thumb

クロップ「みんなが見ていて楽しい試合」快勝で暫定2位浮上に喜び

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、勝利したウェストハム戦を&ldquo;誰もが楽しめた試合&rdquo;と話している。<br><br>24日のプレミアリーグ第28節でリバプールはホームでウェストハムと対戦。前半にエムレ・ジャンの得点で先制に成功すると、後半にモハメド・サラー、ロベルト・フィルミノ、サディオ・マネの前線トリオがそれぞれ得点を挙げて、4-1で快勝を収めた。この結果、リバプールはマンチェスター・ユナイテッドを交わして暫定ながら2位に浮上している。<br><br>試合後、クロップ監督は「朝起きたときにこのような結果になるとは思わなかった。それでもみんなが見ていて楽しい試合だったと思う」と『BBC』のインタビューで話している。<br><br>「激しさ、アグレッシブさ、それに強い願望を持って戦えていた。フットボールの試合で見たかったものすべてをこの試合で出すことができた。このような試合をなかなか見ることはできない」<br><br>「我々が2位に居続けることができるかって?他の結果次第だと思う。しかし、我々はそのことについて心配する必要は今のところない」<br><br>ジャンの得点で今シーズンの公式戦でリバプールが挙げた得点数は「100」に到達。好調な攻撃陣を擁するリバプールは来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権が獲得できるトップ4に向けて順調に歩みを進めている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.25 08:15 Sun
twitterfacebook
thumb

サラーがケインに並ぶ23点目!! リバプールがカンフーキック・エブラ初出場のウェストハムに快勝!!《プレミアリーグ》

▽リバプールは24日、プレミアリーグ第28節でウェストハムをアンフィールドに迎え、4-1で勝利した。 ▽前節のサウサンプトン戦に2-0で勝利して3戦無敗とした3位のリバプール(勝ち点54)が、ワトフォードに勝利して4試合ぶりの白星を飾った12位のウェストハム(勝ち点30)をホームに迎えた。 ▽2位のマンチェスター・ユナイテッドに勝ち点2差と迫るリバプールにとっては負けられない一戦。ユルゲン・クロップ監督は、普段通りに[4-3-3]のフォーメーションを採用し、GKカリウスがゴールマウスを守る。バックラインは右からアレクサンダー=アーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソンが並ぶ。中盤はジャンをアンカーにミルナーとチェンバレンが脇を固め、前線はフィルミノを頂点に右はサラー、左にマネが並んだ。 ▽なおウェストハムでは、昨年11月にファンに対してカンフーキックを見舞いマルセイユを解雇されたエブラが、加入後初出場を果たした。 ▽試合は3分にリバプールが早速決定機を作り出す。ハーフウェイライン付近にいたミルナーのスルーパスを、ボックス左へと流れながら受けたフィルミノが折り返し、最後はサラーがシュート。しかしボールは右のポストを叩いて先制とはならなかった。 ▽その後もリバプールがポゼッションを高めて攻め込む中、15分にはウェストハムが反撃。裏に抜け出したアルナウトビッチがファン・ダイクのチェックを逃げるようにしてボールを運び、ボックス手前右からループ気味にシュートを放つ。しかしGKカリウスが何とか触ったシュートはクロスバーを叩いた。 ▽ピンチを凌いだリバプールは再びウェストハムを押し込んでいくが、シュートチャンスまで至れず。しかし29分には右CKのチャンスでサラーが入れたインスイングのボールを、エブラに競り勝ったジャンが頭で押し込んでついにウェストハムのゴールをこじ開けた。 ▽勢いに乗るリバプールは32分、自陣高い位置でボールを奪ってカウンター。左サイドからのアーリークロスに逆サイドの深い位置まで攻め込んでいたサラーが頭で合わせたが、このシュートは枠外へ。ハーフタイムにかけてはウェストハムが勢いを取り戻すと、42分にアルナウトビッチが中央やや左の距離のある位置からシュートを狙っていく。しかしGKカリウスがまたもこのシュートを触って防ぐ。前半はそのままリバプールが1点リードで終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半も先に仕掛けたのはリバプールで、51分にはチェンバレンが粘って相手陣内にボールを運び、体勢を崩しながらもボックス内にパス。これを受けたサラーが反転してシュートを流し込む。サラーはこのゴールでリーグ戦23ゴールとし、トップに立つケインに並んだ。 ▽リバプールはさらに57分、ジャンのインターセプトから裏に抜け出すフィルミノにボールが渡る。飛び出したGKアドリアンをトラップでかわして無人のゴールに流し込み、3点目を奪った。しかし59分には、直前に交代でピッチに立ったアントニオが右サイドから裏に抜け出し、そのままシュートを流し込んでウェストハムも反撃に出る。 ▽オープンな展開になるかと思われたが、リバプールが攻撃のスピードを緩めてパスを回して相手の勢いをいなしていく。再び試合は落ち着き、リバプールがボールを持って危なげなく試合を進めていく展開となった。74分には再びチェンバレンの突破からスルーパスに抜け出したマネが左足で狙っていったが、このシュートは左ポストに嫌われる。 ▽それでも77分、左サイドをオーバーラップしたロバートソンが入れたグラウンダーのパスをマネがダイレクトで押し込み4点目。その後、劣勢のウェストハムがリバプールのポゼッションに抗うことなく、自陣でブロックを敷いてこれ以上の失点を防ぎに回った為、リバプールもバックラインでパスを回す時間が長くなり試合はこう着状態へ。 ▽ウェストハムは83分にアルナウドビッチを下げてエルナンデスを投入する。しかしモイーズの采配虚しく試合の大勢は変わらず。リードするリバプールも前線の3選手をベンチに下げるなど余裕の試合運びを見せる。試合はそのまま終了のホイッスルが吹かれ、リバプールが力の差を見せつけて快勝した。 2018.02.25 01:53 Sun
twitterfacebook
thumb

「隠すつもりはない」…リバプール、サディオ・マネと契約延長か

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督がセネガル代表MFサディオ・マネ(25)の将来に言及した。イギリス『Squawka』が伝えている。 ▽サディオ・マネは2016年夏、サウサンプトンから加入。クロップ監督の下、チャンスを掴むと、在籍2シーズンで公式戦57試合25ゴール15アシストを記録している。 ▽そのセネガル人アタッカーに対して、契約延長の可能性が取り沙汰されている。クロップ監督は、その件について問われると、次のように語った。 「言えることは何もない。ニュースもね」 「でも、我々がキープしておきたい選手を隠すつもりはない」 「サディオをここに残したい。でも、彼はまだ契約が残ってるから、今のところ何もない。今のチームを維持して、強化したい。普通のことさ」 2018.02.24 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「現段階で世界最高峰レベル」のサラー、トッティが明かす成功の秘訣とは…

ローマで幹部を務めるフランチェスコ・トッティが、リバプール公式サイトのインタビューに応じ、エジプト代表FWモハメド・サラーにエールを送った。<br><br>サラーは2015年夏、所有元のチェルシーからローマに加入。ローマのレジェンド、トッティとは2年間をともに過ごし、リーグ戦2シーズン連続の2ケタ得点をマークした。今シーズンからプレミアリーグに舞台を移し、すでに22ゴールを記録。昨年10月にはエジプト代表を1990年大会以来のワールドカップ出場に導くなど、印象的な活躍を見せている。<br><br>昨シーズン限りで現役生活を終え、古巣ローマで活動を続けるトッティは、2017年のアフリカ年間最優秀選手にも輝いた元同僚に賛辞を送った。<br><br>「現段階で彼のパフォーマンスを見ると、世界最高峰レベルの1人と言えるだろう。彼ならさらに進化できると思う。彼は僕の良き友人でもあるし、彼のことは良く知っている。さらに成長し、もっと素晴らしい選手になってほしい」<br><br>続いてトッティは、センセーショナル活躍を見せるサラーの成功の秘訣を明かしている。<br><br>「トレーニングにはしっかり打ち込むし、勤勉だ。それに監督の話を聞く。だからこそ今、彼はこうして素晴らしいパフォーマンスを見せられるのだろう。僕は彼がさらにレベルアップできると考えているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.23 18:55 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズが超逸材ライアン・セセニョン獲得に成功か! ユナイテッド、リバプールとの争奪戦制す!

▽トッテナムがフルアムに所属するU-19イングランド代表DFライアン・セセニョン(17)の獲得に成功したようだ。フルアムOBのリロイ・ロゼニアー氏がイギリス『Totally Football Show』で来季のスパーズ入りを主張した。 ▽ベナン代表MFステファン・セセニョンの従兄弟としても知られるセセニョンは、2008年に双子のスティーブンと共にフルアムのアカデミーに加入。昨季、16歳でトップチームデビューを飾った逸材は、公式戦31試合に出場し、7ゴール5アシストを記録した。 ▽卓越した身体能力と高精度の左足、フットボールセンスを併せ持つ左サイドバックの大器には、昨夏の移籍市場でトッテナムやリバプール、マンチェスター・ユナイテッドが争奪戦を繰り広げてきたが、出場機会を優先するセセニョンは、フルアムとのプロ契約にサインし残留を決断した。 ▽だが、今季のチャンピオンシップ(イングランド2部)で33試合12ゴール4アシストと、驚異の進化を見せ続ける逸材は、来季からマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下でプレーする道を選んだようだ。 ▽ロゼニアー氏は『Totally Football Show』で、「個人的にライアンに関する契約はすでに結ばれたと思う。プレミアリーグで強い関心が報じられていたトッテナムだ。彼は夏に移籍するまでフルアムに留まるが、彼の将来はすでに描かれている。ライアンは素晴らしいポテンシャルを持ち、今後偉大なプレーヤーになるはずだ」と、セセニョンのトッテナムへの移籍交渉がすでに完了しているとの見解を示した。 ▽なお、ロゼニアー氏の発言はあくまで確定情報ではなく、クラブに近い筋の推測と思われるが、左サイドバックから徐々にポジションを上げて世界屈指のアタッカーに成長したウェールズ代表MFガレス・ベイルと共通点も少なくないセセニョンは、スパーズ加入を選んで偉大なる先達の後継を担うことになるのか。 2018.02.23 07:48 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース