ウェールズ代表監督就任のギグス氏「待ちきれない」2018.01.16 00:54 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェールズサッカー協会(FAW)は15日、ウェールズ代表新監督にライアン・ギグス氏(44)を招へいした。イギリス『BBC』がギグス新監督のコメントを載せている。

▽ウェールズ代表は、2016年のユーロに初出場を果たすとベスト4に進出。しかし、チームを長らく率いていたクリス・コールマン前監督は、ロシア・ワールドカップの出場権を逃したこともあり退任していた。そして、2022年のカタール・ワールドカップに向けて白羽の矢が立った同国のレジェンドは、就任の喜びを以下のように語っている。

「ナショナルチームを指揮する名誉を与えられたことを非常に誇り高く感じている。我々の前に立ちはだかるであろう壁の数々、そして、ユーロ2020への挑戦を私は楽しみにしている」

「スタートが待ちきれない。我々は今年後半に控える重要な試合に向けて準備を進めていくつもりだ」

▽また、FAWのジョナサン・フォード最高経営責任者(CEO)は「彼は世界で最も大きなクラブでプレーし、コーチをし、そして監督をしてきた。彼の膨大な経験があれば、我々ナショナルチームは素晴らしい未来を築くことができるだろう」とコメントを残している。

コメント

関連ニュース

thumb

ウェールズ代表指揮官ギグス、スコールズを右腕に指名か

▽ウェールズ代表の新指揮官に就任したライアン・ギグス監督が、コーチングスタッフとしてポール・スコールズ氏を招へいする可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽ウェールズサッカー協会(FAW)は15日、ウェールズ代表新監督としてギグス監督と4年契約を交わしたことを発表した。母国の代表チームを託されたギグス監督は、自身のスタッフとしてスコールズ氏にオファーすることを考慮しているようだ。 ▽ギグス監督とスコールズ氏は、共に現役時代にマンチェスター・ユナイテッド一筋のキャリアを築き、レジェンドとなった。どちらもユース出身の生え抜きで、ギグス監督の方が1歳先輩だ。 ▽また、ギグス監督が選手兼コーチを務めていた2013-14シーズンにはデイビッド・モイーズ監督(現ウェストハム監督)がユナイテッド指揮官を解任されたことを受け、暫定監督とコーチとしてレッド・デビルズを牽引した過去がある。 2018.01.16 12:19 Tue
twitterfacebook
thumb

ギグスが母国ウェールズ代表新監督に就任…4年契約でカタールW杯出場を目指す

▽ウェールズサッカー協会(FAW)は15日、ウェールズ代表新監督にレジェンドでもあるライアン・ギグス氏(44)を招へいしたことを公式ツイッター(@Cymru)で発表した。契約期間は4年間となる。 ▽ギグス氏は、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ち、1991年にトップチームへと昇格。2014年7月に引退するまで、ユナイテッド一筋でプレーを続けていた。 ▽引退後、ユナイテッドのアシスタントコーチや暫定監督を務めていたギグス氏。ウェールズ代表は、2016年のユーロに初出場を果たすとベスト4に進出。しかし、チームを長らく率いていたクリス・コールマン監督は、ロシア・ワールドカップの出場権を逃したこともたり退任。サンダーランドの監督に就任していた。 ▽空席となっていたウェールズ代表監督の椅子だったが、母国のレジェンドに2022年のワールドカップ出場を託すようだ。 2018.01.15 22:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ギグス、ウェールズ代表指揮官に就任へ

▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏(44)が、同国代表指揮官に就任する見通しとなった。イギリス『BBC』や『スカイ・スポーツ』など複数メディアが伝えている。 ▽ユナイテッドユース育ちのギグスは、1990-91シーズンにトップチームで出場して以降、2014年の引退まで同クラブ一筋のキャリアを貫いたレジェンド。歴代最多出場記録を保持するユナイテッドでは、デイビッド・モイーズ監督(現ウェストハム指揮官)とルイス・ファン・ハール氏の下でコーチを経験。選手兼コーチを務めていた2013-14シーズンには、モイーズ監督解任後に暫定監督も務めた。また、ウェールズ代表としては64試合12得点の記録を残した。 ▽一方、ロシア・ワールドカップの出場権を逃したウェールズ代表では、昨年11月に約6年にわたってチームの指揮を執っていたクリス・コールマン監督が退任していた。ウェールズサッカー協会は、現地時間15日の午後に新監督を任命するとのことだ。 2018.01.15 09:33 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーロでウェールズを4強に導いたコールマン監督が辞任 サンダーランド指揮官に就任へ

▽ウェールズサッカー協会は17日、クリス・コールマン代表監督(47)が辞任したことを発表した。 ▽コールマン監督は2012年1月にウェールズ代表指揮官に就任。ユーロ2016ではウェールズをベスト4に導く手腕を発揮した。しかし、2018ロシア・ワールドカップ欧州予選ではセルビアとアイルランドの後塵を拝してグループ3位でフィニッシュ。出場権獲得を逃していた。 ▽ウェールズサッカー協会の最高責任者を務めるジョナサン・フォード氏は、「クリス・コールマンが率いる時が終了し、とても残念に思う。我々は、彼がウェールズの監督として6年間やってきた仕事に対して永遠に感謝する」とコメントを残した。 ▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、コールマン監督はチャンピオンシップに所属するサンダーランドの指揮官に就任することで合意しているとのことだ。 2017.11.18 09:58 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー放出論加熱のベイルを擁護するコールマン監督「幸せに感じないところにいるべきではない」

▽ウェールズ代表のクリス・コールマン監督は、同国のエースであるレアル・マドリーのFWガレス・ベイルが幸せになるべきだと強調している。スペイン『アス』が伝えた。 ▽ベイルは度重なる負傷に悩まされており、その稼働率の悪さなどを理由に、スペイン紙をはじめとする各紙により放出報道も過熱している。それでも、母国の代表監督を務めるコールマン監督は、選手が幸せであればこそ良いパフォーマンスが発揮できるとの考えを語った。 「私は、ガレス(・ベイル)が選手として幸せになれるクラブでみたいと思っている。幸せになれるということは、彼がそこでグレートなフットボールができるということだ」 「私たちと共に臨むときは彼は幸せな状態で、私たちは信じられないほどの選手を目にすることになる。幸せに感じないところにいるべきではないよ。もしレアル・マドリーで幸せならいいよ。そうでないならば、どこか幸せになれるところへ行くべきだ」 ▽また、ウェールズ代表はコールマン監督の指揮の下で、ロシアワールドカップ(W杯)欧州予選で敗退。60年ぶりの突破に期待がかかっていたが、本大会出場を逃している。それでも、ユーロ2016では初出場でベスト4という快挙を達成しており、イギリス『スカイ・スポーツ』など一部報道では続投の可能性が議論中だ。 ▽コールマン監督は、自身が指揮官としての職を続投するならば、と前置きをしてベイルのマドリー残留を望んでいると明かした。さらに負傷に関しては、同選手が2007年夏から2013年夏までの6年間在籍したトッテナムが属しているプレミアリーグを引き合いに出し、現在プレーするリーガよりもハードであったと述べた。 「もし私がさらに2~4年間も監督でいられるのなら、レアル・マドリーに残留している彼をみたい。オーケイ、確かに彼は負傷を繰り返している。しかし、一般的にはプレミアリーグはラ・リーガ(リーガエスパニョーラ)よりも、フィジカル面ではよりハードなリーグだ」 2017.11.14 21:16 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース