ギグスが母国ウェールズ代表新監督に就任…4年契約でカタールW杯出場を目指す2018.01.15 22:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェールズサッカー協会(FAW)は15日、ウェールズ代表新監督にレジェンドでもあるライアン・ギグス氏(44)を招へいしたことを公式ツイッター(@Cymru)で発表した。契約期間は4年間となる。

▽ギグス氏は、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ち、1991年にトップチームへと昇格。2014年7月に引退するまで、ユナイテッド一筋でプレーを続けていた。

▽引退後、ユナイテッドのアシスタントコーチや暫定監督を務めていたギグス氏。ウェールズ代表は、2016年のユーロに初出場を果たすとベスト4に進出。しかし、チームを長らく率いていたクリス・コールマン監督は、ロシア・ワールドカップの出場権を逃したこともたり退任。サンダーランドの監督に就任していた。

▽空席となっていたウェールズ代表監督の椅子だったが、母国のレジェンドに2022年のワールドカップ出場を託すようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ウェールズ代表メンバー発表! ラムジー半年ぶり復帰も、ベイル、ウッドバーンはCL決勝で招集外《国際親善試合》

▽ウェールズサッカー協会(FAW)は16日、国際親善試合に向けた代表メンバー32名を発表した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)予選では、セルビア代表やアイルランド代表と同組になったグループDで3位になり、惜しくもW杯出場を逃してしまったウェールズ代表。1月に行われたチャイナカップでは、決勝でウルグアイ代表に敗れ準優勝という結果に。 ▽今回の親善試合に向けて、ライアン・ギグス監督は32名を招集。MFアーロン・ラムジー(アーセナル)や、ハル・ロブソン・カヌ(WBA)が復帰し、ベン・デイビス(トッテナム)、FWサム・ボークス(バーンリー)らが順当に選出された。一方で、MFガレス・ベイル(レアル・マドリー)と、ベン・ウッドバーン(リバプール)はチャンピオンズリーグ決勝との兼ね合いで今回は選外。また、DFジェームズ・チェスター(アストン・ビラ)とDFニール・テイラー(アストン・ビラ)もチャンピオンシップ・プレーオフ決勝のため招集外となった。 ▽そんな中、MFジョージ・トーマス(レスター・シティ)や、MFマシュー・スミス(マンチェスター・シティ)、DFキャメロン・コックス(カーディフ・シティ)らが初招集となっている。 ▽ウェールズ代表は、5月29日に行われる国際親善試合でメキシコ代表と対戦する。今回発表されたウェールズ代表は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆ウェールズ代表メンバー32名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ウェイン・ヘネシー</span>(クリスタル・パレス/イングランド) <span style="font-weight:700;">アダム・デイビス</span>(バーンズリー/イングランド) <span style="font-weight:700;">クリス・マクスウェル</span>(プレストン・ノース・エンド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ルーク・ピリング</span>(トランメア・ローバーズ/イングランド)※ <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">トム・ロッキャー</span>(ブリストル・ローバーズ/イングランド) <span style="font-weight:700;">アシュリー・ウィリアムズ</span>(エバートン/イングランド) <span style="font-weight:700;">キャメロン・コックス</span>(カーディフ・シティ)※ <span style="font-weight:700;">アシュリー・リチャーズ</span>(カーディフ・シティ) <span style="font-weight:700;">ベン・デイビス</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">クリス・ガンター</span>(レディング/イングランド) <span style="font-weight:700;">リーガン・プール</span>(ノーサンプトン・タウン/イングランド)※ <span style="font-weight:700;">コナー・ロバーツ</span>(スウォンジー) <span style="font-weight:700;">デクラン・ジョン</span>(レンジャーズ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">クリス・メファム</span>(ブレントフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョー・ロドン</span>(チェルトナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">アダム・マシューズ</span>(サンダーランド/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ダニエル・ジェームズ</span>(スウォンジー) <span style="font-weight:700;">アンディ・キング</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ライアン・ヘッジス</span>(バーンズリー/イングランド) <span style="font-weight:700;">マーリー・ワトキンス</span>(ノリッジ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョー・レドリー</span>(ダービー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョージ・ウィリアムズ</span>(セント・ジョンストン/スコットランド) <span style="font-weight:700;">マシュー・スミス</span>(マンチェスター・シティ/イングランド)※ <span style="font-weight:700;">ジョージ・トーマス</span>(レスター・シティ/イングランド)※ <span style="font-weight:700;">リー・エバンス</span>(シェフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">デビッド・ブルックス</span>(シェフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">トム・ローレンス</span>(ダービー・カウンティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ハリー・ウィルソン</span>(ハル・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">アーロン・ラムジー</span>(アーセナル/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">トム・ブラッドショー</span>(バーンズリー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ハル・ロブソン=カヌ</span>(WBA/イングランド) <span style="font-weight:700;">サム・ボークス</span>(バーンリー/イングランド) ※は初招集 2018.05.17 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

カバーニ弾でウェールズ下したウルグアイが優勝!! 3位は中国に逆転勝利のチェコ《チャイナカップ2018》

▽チャイナカップ2018決勝、ウェールズ代表vsウルグアイ代表が26日に行われ、1-0でウルグアイが勝利した。 ▽開催国の中国代表をベイルのハットトリックなどで6-0で圧倒して決勝に進んだウェールズは、ライアン・ギグス新監督の初陣を見事大勝で飾った。同監督の初大会での初優勝を目指すべく、B・デイビスやジョー・アレン、アンディ・キング、ベイルなどトップクラブで活躍する選手らをピッチに送り込んだ。 ▽一方、スアレスとカバーニの活躍でチェコを下して決勝に進出したウルグアイは、この試合でも両エースを先発に。守備ラインにはホセ・ヒメネスやゴディン、中盤にはC・ロドリゲス、ベンタンクール、ナンデスらが顔を揃えた。 ▽まずは開始2分、逆サイドからのロングボールで一気に右サイドを突破したウィルソンの折り返しをベイルがダイレクトで合わせる。すると、このシュートが左ポストを直撃。ウェールズがいきなりゴールに迫った。さらに5分にも、同じくウィルソンのクロスにボークスがゴール前で合わせるが、これはGKの正面。ウェールズがビッグチャンスを立て続けに迎えた。 ▽ここまでチャンスらしいチャンスがなかったウルグアイ。32分に相手のバックパスを奪ったスアレスがGKもかわしてシュートを放ったが、これがポストに当たりこちらも決定機をモノにすることができなかった。 ▽試合も温まり、38分にカバーニがミドルレンジから枠内シュートを放てば、直後の39分にはアンディ・キングの強烈なシュートをGKムスレラがファインセーブで対応。両チームともゴールに迫るオープンな試合展開となる。 ▽0-0で迎えた後半、いきなり試合が動く。49分、ディフェンスラインからのロングボールで相手のオフサイドラインを越えたC・ロドリゲスが、ゴール前にプレゼントパス。カバーニがこれをフリーで流し込んでウルグアイが先制した。 ▽リードを得たウルグアイはその後、再びカバーニが味方のクロスにゴール前で反応するが、これを空振りしてしまう。さらに、56分にはタイミングよく飛び出したカバーニが味方のループパスを呼び込むが、ここでもキックミス。2度の決定機を不意にしてしまった。 ▽両チーム選手を入れ替えながら試合を組み立てていく。追いつきたいウェールズはボックスの外から何度か試みるが、効果なし。頼みのベイルも今日は良いところがない。 ▽結局、カバーニのゴールを守り切ったウルグアイが1-0で勝利。去年から2回目の開催となったチャイナカップ2018は、ウルグアイ代表の優勝で幕を閉じた。 ▽同日行われた3位決定戦、中国代表vsチェコ代表は、4-1でチェコが勝利した。 ▽開始5分でファン・シャンドンのゴールで中国が先制して始まったこの試合。チェコ何度かチャンスを作ったものの前半は中国のリードで終える。 ▽迎えた後半、ローマでプレーするシックなど4選手を一気に代えてきたチェコはここから怒涛の逆転劇を見せる。まずは59分、CKの流れからカラスが決めて同点にすると、その1分後に味方のシュートのこぼれ球をシックが押し込んで瞬く間に逆転。さらに、その3分後には味方のクロスをGKヤン・チュンリンがキャッチミスすると、こぼれてきたボールをクルメンチクが押し込んで3点目を手にした。 ▽78分にはガデラベクのダメ押しの4点目が決まりチェコが快勝。3位で今大会を終えている。 2018.03.26 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「カタールW杯出場に飢えている」ベイル、ウェールズ代表の本大会出場を諦めず

▽レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイルは、W杯出場への夢を諦めていない。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ウェールズ代表はここ数年まで長い間ワールドカップ(W杯)やユーロなどの主要大会に出場することがなかった。しかし、ユーロ2016で本大会初出場を果たすと、グループBを首位突破。その後も快進撃は止まらず、ベスト4という好成績を残した。 ▽この活躍もあり、近年力をつけているウェールズ代表にはロシアW杯欧州予選では60年ぶりの本大会出場が期待された。しかし、昨年10月に行われた最終節のアイルランド戦では勝利すればプレーオフ進出という状況の中、惜しくも0-1で敗れて予選敗退。1958年以来60年ぶり2度目の本大会出場はならなかった。 ▽最終節をケガで欠場していたベイルは、W杯出場という夢を諦めていないようだ。今回のロシアW杯予選の結果を前向きに捉え、次回2022年に開催が予定されているカタールW杯への出場に「飢えている」とコメントした。 「ユーロで素晴らしい経験をしながら、W杯に出場できなかったことにはみんなが落胆している」 「ただ、大体1つの大会でうまくいっても次第にその勢いは消えてしまう。そんな中、W杯予選では最後まで惜しい位置につけていた。そこはポジティブに捉えなくてはいけないね」 「今回負けてW杯本大会の出場を逃したことが、次回の本大会出場へ僕らをより飢えさせるよ」 2018.03.26 09:32 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイルよ、レアル・マドリーに残れ! ギグスがアドバイス

▽ウェールズ代表を率いるライアン・ギグス監督がレアル・マドリーの同国代表MFガレス・ベイル(28)にアドバイスした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今シーズン終了後のレアル・マドリー退団が取り沙汰されるベイル。ケガ明け後も先発から外れる試合も少なくなく、ジネディーヌ・ジダン監督の信頼を確固たるものにできていない。 ▽だが、ギグス監督は、自身の古巣マンチェスター・ユナイテッド行きが囁かれるベイルのレアル・マドリー残留を願う。そのベイルについて、次のようにコメントしている。 「レアル・マドリーほどのオーラを漂わせるクラブなんて、ひと握りしかない」 「もちろん、残るべきだ。彼は3度もチャンピオンズリーグ優勝を経験した。それは紛れもない事実だよ」 「レアル・マドリーのようなクラブにいれば、常に勝利を求める。それは当然のことさ」 2018.03.25 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ベイルがラッシュ超え! ウェールズ代表歴代最多得点

▽レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)が同国歴代最多得点記録を更新した。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽ベイルは、22日に中国で行われたチャイナカップ2018の中国代表戦(6-0でウェールズ代表が勝利)でハットトリックを記録。代表通算29ゴールに伸ばして、現役時代にFWとしてリバプールでも活躍した元ウェールズ代表のイアン・ラッシュ氏が持つ28ゴールの同国歴代最多得点記録を塗り替えた。 ▽ベイルは中国戦後、2006年の史上最年少デビューから11年の歳月を経て成し遂げた記録更新について、次のようにコメントしている。 「僕が少年だった頃、ウェールズの記録を打ち破るなんて思ってもなかった。とても名誉なことだよ。その記録のことは全然考えてもなかったけど、僕のキャリアの中で最も素晴らしいことの1つさ。個人の新記録は嬉しいけど、チームメートの存在なしに成し遂げることはできなかった」 2018.03.23 11:00 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース