ギグスが母国ウェールズ代表新監督に就任…4年契約でカタールW杯出場を目指す2018.01.15 22:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェールズサッカー協会(FAW)は15日、ウェールズ代表新監督にレジェンドでもあるライアン・ギグス氏(44)を招へいしたことを公式ツイッター(@Cymru)で発表した。契約期間は4年間となる。

▽ギグス氏は、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ち、1991年にトップチームへと昇格。2014年7月に引退するまで、ユナイテッド一筋でプレーを続けていた。

▽引退後、ユナイテッドのアシスタントコーチや暫定監督を務めていたギグス氏。ウェールズ代表は、2016年のユーロに初出場を果たすとベスト4に進出。しかし、チームを長らく率いていたクリス・コールマン監督は、ロシア・ワールドカップの出場権を逃したこともたり退任。サンダーランドの監督に就任していた。

▽空席となっていたウェールズ代表監督の椅子だったが、母国のレジェンドに2022年のワールドカップ出場を託すようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月26日は、新天地行きが噂されるウェールズの至宝のバースデー

◆アーロン・ラムジー 【Profile】 国籍:イギリス(ウェールズ) 誕生日:1990/12/26 クラブチーム:アーセナル ポジション:MF 身長:178㎝ 体重:76㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ! 』12月26日は、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーだ。 ▽ウェールズのカーディフ・シティでキャリアをスタートさせたラムジーは、2006-07シーズンに当時クラブ史上最年少となる16歳と124日という若さでトップチームデビューを果たした。 ▽そして、2008年にアーセナルに完全移籍。その理由を「アーセナルなら若手が多くの出場機会を与えてもらえるから」と語っている。デビュー戦は同年8月13日のチャンピオンズリーグ予選のFCトゥベンテ戦。1カ月後の9月13日にはブラックバーン戦でプレミアリーグデビューも果たした。当時、元アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏は「彼の才能に疑いの余地はない。将来的にキャプテンに据えたいと考えている」と、その活躍ぶりを絶賛していた。 ▽ラムジーのプレースタイルはボックス・トゥ・ボックス。足元の技術が高く運動量も豊富だ。自身が「お手本としている」と認める、同胞のレジェンド、ライアン・ギグスとは少し異なるが、ギグス以来の逸材としてウェールズでは常に期待の目が向けられている。 ▽そのギグスとも共演したウェールズ代表では、2008年10月のデンマーク戦がデビュー戦となった。2012年のロンドン・オリンピックの際にはイギリス代表としてもプレーした経験がある。ちなみに、イギリス代表のオーバーエイジ枠にはギグスも選出されていた。 ▽アーセナルとの契約が残り約半年となる2018年末。実績の確かなラムジーには多くのクラブからの関心が伝えられているが、どのような将来を選ぶのだろうか。 ※誕生日が同じ主な著名人 ウーゴ・ロリス(サッカー選手/トッテナム) 関口訓充(サッカー選手/ベガルタ仙台) 藤井陽也(サッカー選手/名古屋グランパス) 児玉清(俳優) エスパー伊東(お笑い芸人) 小栗旬(俳優) 高橋優(歌手) 城田優(俳優) 佐藤かよ(モデル) 2018.12.26 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイル代理人、ユーベ移籍を仄めかす「ガレスはCR7とのプレーが大好き」

▽レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)の代理人が、同選手がユベントスに行く可能性を否定していない。イギリス『デイリー・メール』が、イタリア『トゥットスポルト』での発言を引用して伝えた。 ▽今夏、マドリーからの退団を希望しているという報道が噴出しながらも残留したベイル。マンチェスター・ユナイテッドなどへの移籍が取り沙汰されていたが、FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントス行きを選んだことも影響し、エースとしての役割を期待されて今シーズンを迎えた。 ▽そして、ベイルは今シーズンここまで公式戦17試合で6ゴール5アシストを記録。C・ロナウド程の数字は残せていないものの、20試合10ゴールのFWカリム・ベンゼマに次ぐ重要な得点源となっている。 ▽しかしながら、ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏は将来的なユベントス移籍の可能性を仄めかした。 「ガレス(・ベイル)はレアル・マドリーでとても幸せだ。だが、将来について話すのならば、移籍市場において不可能などない」 「(クリスティアーノ・)ロナウドの損失はレアル・マドリーにとって重大だ。ガレスはクリスティアーノとのプレーが大好きだったんだよ。だが、彼(ベイル)はトップクラブにいられて幸せに思っている」 「CR7の移籍以来、外国人スーパースターたちがセリエA移籍を検討し始めているというのは真実だ。昨シーズンとは違う風に見られているよ」 2018.11.30 18:55 Fri
twitterfacebook
thumb

チャンピオンシップで“噛み付き”発生! …主審の裁定は?

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)の試合中に、愚行が行われた。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽その出来事があった試合は、11月28日に行われたチャンピオンシップ第19節ストーク・シティvsダービ・カウンティ。前半33分にストークのMFエテボが1発退場になり、両選手がヒートアップする事態に。そして、ウェールズ代表MFでも活躍するストークMFジョー・アレンがダービーMFブラッドリー・ジョンソンと接触したところ、ブラッドリーがジョー・アレンの首筋をガブリ。主審の眼前で噛み付き行為をはたらいた。 ▽しかし、かなり明確だったこの悪質なファールに対して、審判の裁定はイエローカード留まり。また、噛み付かれた側のジョー・アレンにも同じタイミングでイエローカードが提示されている。 ▽“噛み付き”と言えば、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが有名だが、同選手が初めてその行為に及んだアヤックス時代には、7試合の出場停止に。また、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)でも同じ愚行を犯した際には、4か月間のサッカー活動禁止という重い処分が下されていた。 2018.11.30 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 11月29日は、ユナイテッド一筋でプレーしたイギリス史上最多タイトル獲得者のバースデー

◆ライアン・ギグス 【Profile】 国籍:ウェールズ 誕生日:1973/11/29 所属:ウェールズ代表 役職:監督 身長:180cm 体重:72kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』11月29日は、ウェールズ代表指揮官を務めるライアン・ギグス氏だ。 ▽ウェールズのカーディフ出身のギグス氏は、17歳の時にユナイテッドとプロ契約を締結。元北アイルランド代表FWジョージ・ベスト氏以来の可能性を秘めた選手であると報じられた。その期待通り、キャリア通算で13度のプレミアリーグ、4度のFAカップ、2度のチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトル獲得でイングランドのサッカー史上で最も多くのタイトルを獲得した選手となった。さらにクラブで歴代最多となる公式戦出場記録963試合、プレミア史上初となる2度のPFA年間最優秀若手選手賞などの偉業を達成。2013年から2014年4月まで選手兼コーチ、それ以降から2014年7月まで選手兼監督としてのプレーを経て24年間の現役生活に幕を閉じた。 ▽代表においても1991年から2007年までの間に通算64試合12ゴールを記録。代表引退後には2012年のロンドンオリンピックでU-23イギリス代表としてオーバーエイジで出場した。引退後は、2016年までユナイテッドのアシスタントコーチとして活躍。その後は、ベトナム2部に所属するPVFタレントFCのアカデミーディレクターを経て、今年1月からは母国ウェールズ代表を率いている。 ※誕生日が同じ主な著名人 ピエール・ファン・ホーイドンク(元サッカー選手) ゴンサロ・ゲデス(サッカー選手/バレンシア) 尾崎豊(歌手) 定岡正二(元プロ野球選手) 田口淳之介(歌手/元KAT-TUN) 高柳明音(アイドル/SKE48) 菅井友香(アイドル/欅坂46) 平野歩夢(スノーボード選手) 2018.11.29 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

デンマークが敵地でウェールズを撃破しリーグA昇格《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ4、ウェールズ代表vsデンマーク代表が16日に行われ、1-2でデンマークが勝利した。 ▽先月行われたUNL3戦目のアイルランド代表戦を1-0と勝利した首位ウェールズ(勝ち点6)は、勝利すれば首位が確定する中、ベイルやラムジー、ジョー・アレンらが先発となった。 ▽一方、UNL2戦目のアイルランド代表戦を0-0で引き分けた2位デンマーク(勝ち点4)も、勝利すれば首位が確定する中、エリクセンやデラネイ、GKシュマイケルらが先発となった。 ▽開始3分にエリクセンのミドルシュートでゴールに迫ったデンマークがボールを保持する展開で試合は推移していく。 ▽しかし、カウンターを狙うウェールズは9分にベイルのミドルシュートでGKシュマイケルを強襲。直後のCKの流れからチェスターが際どいヘディングシュートを浴びせるなど、主導権を渡さない。 ▽その後もデンマークがポゼッションする中、36分に右クロスをファーサイドのベイルが打点の高いヘディングシュートでゴールに迫り、デンマークを牽制していく。 ▽しかし42分、ロングカウンターからデンマークが先制した。デラネイのパスを右サイドのY・ポウルセンがダイレクトで前方にパスを送ると、これに反応したN・ヨルゲンセンがディフェンスライン裏を取ってGKとの一対一を制した。 ▽迎えた後半開始3分、ウェールズはベイルが右サイドを突破した流れからゴール前のブルックスがボレーで合わせるも枠を捉え切れない。 ▽その後もブルックスやT・ローレンスのミドルシュートでゴールに迫ったウェールズだったが、デンマークの守備網を攻略できない。終盤の82分、ボックス手前右で得たFKをベイルが直接狙うも、枠の右上を捉えたシュートはGKシュマイケルのビッグセーブに阻まれた。 ▽そして88分、スローインの流れからボックス右のブラースヴァイトがボレーシュートを決めたデンマークは、90分にベイルに1点を返されるも2-1で逃げ切り。敵地で勝利したデンマークが1試合を残して首位を決め、リーグAへの昇格を決めている。 2018.11.17 07:14 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース