ギグスが母国ウェールズ代表新監督に就任…4年契約でカタールW杯出場を目指す2018.01.15 22:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェールズサッカー協会(FAW)は15日、ウェールズ代表新監督にレジェンドでもあるライアン・ギグス氏(44)を招へいしたことを公式ツイッター(@Cymru)で発表した。契約期間は4年間となる。

▽ギグス氏は、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ち、1991年にトップチームへと昇格。2014年7月に引退するまで、ユナイテッド一筋でプレーを続けていた。

▽引退後、ユナイテッドのアシスタントコーチや暫定監督を務めていたギグス氏。ウェールズ代表は、2016年のユーロに初出場を果たすとベスト4に進出。しかし、チームを長らく率いていたクリス・コールマン監督は、ロシア・ワールドカップの出場権を逃したこともたり退任。サンダーランドの監督に就任していた。

▽空席となっていたウェールズ代表監督の椅子だったが、母国のレジェンドに2022年のワールドカップ出場を託すようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ベイル、マドリー残留に前進! ロペテギ監督徹底慰留

▽レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)が、マンチェスター・ユナイテッド行きから遠ざかっている。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽負傷などの影響もあり、昨シーズンはマドリーでジネディーヌ・ジダン前監督から信頼を得ることが出来ていなかったベイル。5月末のチャンピオンズリーグ決勝リバプール戦では、途中出場から2ゴールを決める活躍で並外れた能力を再証明していたが、試合後には退団を仄めかすような発言をしていた。 ▽しかし、昨シーズン終了後にジダン前監督が退任を電撃発表し、クラブの“主役”としてスコアラーの役割を一手に引き受けていたFWクリスティアーノ・ロナウドもユベントスに移籍。前線での爆発力を誇りながらも守備のタスクを課されていたベイルの去就は、どちらとも取れない不透明な状況が続いていた。 ▽今回の『テレグラフ』の記事によると、ベイルはフレン・ロペテギ新監督から、C・ロナウドを喪失後したマドリーの新時代の中で重要な役割を担う、と聞かされたという。これに対して、ベイルもポジティブな反応を示しているようだ。 ▽ベイルにはこれまでマンチェスター・ユナイテッドからの興味が主に報じられていた。しかし、C・ロナウドの退団とロペテギ監督からの期待を考慮すれば、ユナイテッド行きは立ち消えになるだろう、と記事は伝えている。また、決断が迫っているベイルは今週末にもマドリーとの協議を予定しているそうだ。 ▽攻守に奮闘し、批判に晒された昨シーズンも公式戦39試合21ゴール7アシストを記録しているベイル。C・ロナウドという大きな存在感を放つスーパースターの退出後、マドリーの顔に成り代わることはできるのだろうか。 2018.07.17 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 7月16日は、ドリブル速度世界最速!時速36.9kmで侵攻するウェールズ代表MFのバースデー

◆ガレス・ベイル 【Profile】 国籍:イギリス(ウェールズ) クラブ:レアル・マドリー 誕生日:1989年7月16日 ポジション:MF 身長:185㎝ 体重:81㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 7月16日は、ウェールズ代表MFガレス・ベイルだ。 ▽FIFAの調査によりドリブル時の速さが時速36.9kmであり、世界最速であることが2015年に判明したベイル。幼少期から類まれな身体能力と才能を発揮していており、2005年夏にサウサンプトンと契約。翌年には16歳にしてプロデビューを飾った。争奪戦の末、2007年にはトッテナムに入団。すると、キャリア初期にはサイドバックとして起用されていたベイルはより前のポジションにコンバートされ、その稀有な攻撃能力を開花させていく。そして2012-13シーズン、プレミアリーグで得点ランク3位となる21ゴールを記録。PFA年間最優秀選手賞、PFA年間最優秀若手選手賞、FWA年間最優秀選手賞を受賞し、シーズン後にレアル・マドリーへの移籍が発表となった。 ▽マドリーでは、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマと共に“BBC”と呼ばれる破壊力抜群のユニットを形成。クラブの顔の1人として、欧州を代表する選手にまで上り詰めた。しかしその後、度重なるケガや若手の台頭により、出場機会が減少。2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ決勝リバプール戦で2得点を奪いMOMに輝いたにもかかわらず、退団が取り沙汰されている。 ※誕生日が同じ主な著名人 ラーシュ・ラーゲルベック(サッカー監督/ノルウェー代表) セルヒオ・ブスケッツ(サッカー選手/バルセロナ) ムサ・デンベレ(サッカー選手/トッテナム) アンドロス・タウンゼント(サッカー選手/クリスタルパレス) アマス・エンディアイエ(サッカー選手/ヘタフェ) 高橋諒(サッカー選手/湘南ベルマーレ) 小田逸稀(サッカー選手/鹿島アントラーズ) 石川啓人(サッカー選手/サガン鳥栖) 山田哲人(野球選手) 八木かなえ(ウェイトリフティング選手) 宇野実彩子(歌手/AAA) Aya(ダンサー/E-girls) 藤井夏恋(ダンサー/E-girls) ダレノガレ明美(タレント) 児嶋一哉(お笑い芸人/アンジャッシュ) 2018.07.16 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールがウェールズ代表FWウィルソンと新契約を締結

▽リバプールは10日、ウェールズ代表FWハリー・ウィルソン(21)と新たに長期契約を結んだことを発表した。契約の詳細は明らかにされていない。 ▽8歳でリバプール下部組織に加入したウィルソンは、2014年にトップチームへと昇格するも、トップチームでの出場機会がなく主にリザーブチームでプレー。昨季もシーズン前半はリザーブチームでプレーしたが、今冬にチャンピオンシップ(イングランド2部)のハル・シティへレンタル移籍すると、リーグ戦13試合に出場し、7ゴール4アシストをマークした。 ▽また、各年代のウェールズ代表に選出されてきたウィルソンは、2013年10月に弱冠16歳でフル代表デビュー。その後、デビュー戦以降は招集外が続いていたが、2017年3月の国際親善試合で3年半ぶりに招へいされると、これまで3試合に出場し1ゴールを記録している。 2018.07.11 01:55 Wed
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレスが守護神ヘネシーと契約延長「新たな契約を結べて本当に嬉しい」

▽クリスタル・パレスは4日、ウェールズ代表GKウェイン・ヘネシー(31)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽2014年の夏にウォルバーハンプトンからクリスタル・パレスに加入したヘネシーは、これまで在籍4シーズンで公式戦106試合に出場。昨季も守護神としてプレミアリーグ27試合を含む公式戦29試合に出場した。 ▽また、2007年にデビューしたウェールズ代表では、これまで76キャップを記録し35回のクリーンシートを達成している。 ▽ヘネシーは、公式サイトで次のように語った。 「クリスタル・パレスと新たな契約を結べて本当に嬉しいね。僕はここでプレーすることが楽しいんだ。これで今シーズンの準備に専念できるね。僕はクラブが次のレベルに進むための力になりたいんだ」 2018.07.05 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ベイル代理人「彼は出場機会を求めてる。金じゃない」

▽レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)の代理人が口を開いた。 ▽先のチャンピオンズリーグ決勝で2得点を決める活躍を見せたものの、シーズンを通じて消化不良な1年を過ごしたベイル。今夏も移籍の可能性が取り沙汰されており、今後の動向に注目が集まっている。 ▽悪癖のケガさえ減らせば、圧倒的な存在感を解き放つベイル。代理人を務めるジョナサン・バーネット氏はイギリス『スカイ・スポーツ』で今夏の動向について、次のように語った。 「バロンドールを勝ち取ってほしい。彼ならできると思っている。彼はベストプレーヤーの1人。チャンピオンズリーグ決勝での活躍により、彼に対する関心はより高まったんじゃないかな。しかし、我々は彼がどれほど良い選手なのか、すでに把握済みだ。今さら彼の良さを証明する必要はない。素晴らしいゴールだったし、タイミングもバッチリだった」 「レアル・マドリーとの交流は必要だ。様子を見たい。彼は昨年以上に良い年にしたがっている。彼はもっとプレーしたいと思っていて、それが重要だ。彼は地球上のトップ3、4に入る選手の1人。彼はプレーする必要がある。だが、彼はスペインが好きで、3人の子供も幸せに暮らしている。とはいえ、彼はフットボールをしなければならない。お金じゃない」 2018.06.23 10:30 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース