トルコ合宿&国際親善試合に臨む韓国代表メンバーが発表! Jリーグからは4名が選出2018.01.15 19:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽韓国サッカー協会(KFA)は15日、1月に行われるトルコ合宿に臨む韓国代表メンバー24名を発表した。

▽今回のメンバーには、Kリーグ、Jリーグ、中国スーパーリーグでプレーする選手が招集。Jリーグからは、ヴィッセル神戸GKキム・スンギュ、MFチョン・ウヨン、サガン鳥栖DFチョン・スンヒョン、FC東京DFチャン・ヒョンスが招集された。

▽なお、トルコでは27日にモルドバ代表、30日にジャマイカ代表、2月3日にラトビア代表と親善試合を行う。今回招集された韓国代表メンバーは以下のとおり。

◆韓国代表メンバー24名
GK
キム・スンギュ(ヴィッセル神戸/日本)
チョ・ヒュンウ(大邱FC)
キム・ドンジュン(城南FC)

DF
キム・ヨングォン(広州恒大/中国)
チャン・ヒョンス(FC東京/日本)
コ・ヨハン(FCソウル)
ホン・チョル(尚州尚武)
チョン・スンヒョン(サガン鳥栖/日本)
ユン・ヨンソン(尚州尚武)
キム・ミンジェ(全北現代モータース)
キム・ジンス(全北現代モータース)
チェ・チョルスン(全北現代モータース)

MF
イ・グノ(江原FC)
チョン・ウヨン(ヴィッセル神戸/日本)
イ・ジェソン(全北現代モータース)
イ・スンギ(全北現代モータース)
イ・チャンミン(済州ユナイテッドFC)
イ・チャンドン(済州ユナイテッドFC)
キム・テファン(尚州尚武)
キム・スンデ(浦項スティーラーズ)
ギム・ソンジュン(FCソウル)※加入内定
ソン・ジュンホ(全北現代モータース)

FW
ジン・スンウク(済州ユナイテッドFC)
キム・シンウク(全北現代モータース)
コメント
関連ニュース
thumb

日本はサウジアラビア、韓国はバーレーンと対戦! 決勝T進出16チームが決定!《AFCアジアカップ2019》

17日にAFCアジアカップ2019グループステージの全日程が終了し、決勝トーナメントに出場する16チームが決定した。 これまでの16カ国から24カ国に出場国が拡大された影響でほぼ順当に強豪国が勝ち進むことになった今グループステージ。 その中で首位通過を果たしたのは共に3連勝の日本と韓国、カタール、開催国のUAE、イランといった優勝候補。その一方で、前大会王者オーストラリアを退けたヨルダンの健闘も光った。 2位通過チームでは中国や前述のオーストラリア、サウジアラビア、イラクといった決勝トーナメントの常連チームに加え、札幌FWチャナティップや横浜FMのDFティーラトンらJリーグ経験者を擁するタイ、日本に敗れたウズベキスタンが勝ち抜けを決めている。 6つのグループの3位チームの成績上位4チームが入る3位枠ではバーレーン、キルギス、オマーンと、勝ち点、得失点差、総得点のいずれでもレバノンと並んだものの、反則ポイントで上回ったベトナムが決勝トーナメント行きを決めた。 2大会ぶりの優勝を目指す日本はラウンド16でグループE2位通過のサウジアラビアとの対戦が決定。また、前大会王者のオーストラリアはウズベキスタン、韓国はグループA3位のバーレーンとの対戦が決まっている。 ラウンド16の対戦カードおよび試合日程は以下の通り。 ◆AFCアジアカップ2019・ラウンド16 ▽1/20 ヨルダン(グループB1位) vs ベトナム(グループD3位) タイ(グループA2位) vs 中国(グループC2位) イラン(グループD1位) vs オマーン(グループF3位) ▽1/21 日本(グループF1位) vs サウジアラビア(グループE2位) オーストラリア(グループB2位) vs ウズベキスタン(グループF2位) UAE(グループA1位) vs キルギス(グループC3位) ▽1/22 韓国(グループC1位) vs バーレーン(グループA3位) カタール(グループE1位) vs イラク(グループD2位) 2019.01.18 03:19 Fri
twitterfacebook
thumb

今大会初出場のソン・フンミンが貫録の2G演出! 中国撃破の韓国が3連勝で首位通過《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップ2019グループC第3節、韓国代表vs中国代表が16日に行われ、韓国が2-0で勝利した。この結果、韓国の首位通過および中国の2位通過が決定した。 共に2連勝ですでにグループステージ突破を決めている韓国(勝ち点6)と、中国(勝ち点6)によるグループ首位通過を懸けた一戦。 ここまで2試合連続で辛勝の韓国はトッテナムとの協議で2試合を欠場したエースでキャプテンのソン・フンミンがこの試合で大会初先発を飾った。 これまでと選手の配置を入れ替えて前線から圧力をかけていく中国に対して、トップ下のソン・フンミンに完全な自由を与える[4-2-3-1]の布陣を採用した韓国はそのソン・フンミンを起点に序盤から決定機に迫っていく。 すると13分、ボックス右でキム・ムンファンから横パスを受けたソン・フンミンがDF2枚を相手に仕掛けると、DFシ・ケに倒されてPKを獲得。これをキッカーのファン・ウィジョが冷静に左隅へ流し込み、韓国が先制に成功した。 これで首位通過にゴールが必要となった中国は反撃を開始。失点直後のセットプレーで惜しい場面を作ると、18分にはジン・ジンダオがフィードに抜け出してボックス内でシュートを放つが、これはわずかに枠の上に外れる。 対する韓国も22分にはファン・ウィジョの落としからファン・ヒチャンが強烈な右足のシュートを枠に飛ばすと、続く23分にはカウンターからソン・フンミンのパスを受けたファン・ウィジョがボックス左45度から右足を振り抜くが、いずれもGKの好守と右ポストに阻まれた。 その後はやや韓国ペースながらも一進一退の攻防が続いたが、互いに最後の場面での決め手を欠き前半は韓国の1点リードで終了した。 迎えた後半、3バックに変更して反撃に出る中国に対して、韓国が再び立ち上がりにゴールをこじ開ける。51分、左CKの場面でキッカーのソン・フンミンが絶妙なインスウィングのクロスを入れると、ニアに走り込んだキム・ミンジェが打点の高いヘディングで合わせた。 痛恨の2失点目を喫した中国は57分にチェン・チーを下げてチ・チョグオ、61分には筋肉系のトラブルに見舞われたウー・シイを諦めてガオ・リンを投入。だが、韓国の鋭いカウンターに晒されてなかなか攻撃に出ることができない。 3点目を奪って試合を決めたい韓国はファン・ウィジョ、ファン・ヒチャン、キム・ムンファンと幾度か惜しいシュートを放つが、最後の場面で粘る相手守備を崩し切れない。それでも、試合をコントロールする韓国はファン・ウィジョ、ソン・フンミンと主力を下げて逃げ切り態勢に入る。 そして、中国にチャンスらしいチャンスを作らせぬまま、グループリーグ3試合連続クリーンシートを達成した韓国が首位通過を決めた。 この結果、首位通過の韓国は決勝トーナメント1回戦でグループA/B/F3位チームのいずれかと対戦することになり、2位通過の中国はグループA2位のタイ代表との対戦が決定した。 また、同時刻開催となったキルギス代表vsフィリピン代表は、キルギスが3-1で勝利した。この結果、グループ3位に入ったキルギスは決勝トーナメント進出の可能性を残している。 2019.01.17 00:26 Thu
twitterfacebook
thumb

辛勝の韓国がGS連勝で中国と共に決勝T進出を決める! 次節は首位通過を懸け両者が激突《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE2019のグループC第2節キルギス代表vs韓国代表が11日に行われ、0-1で韓国が勝利した。 初戦のフィリピン代表戦をファン・ウィジョのゴールで辛勝した韓国と、中国代表に1-2と惜敗したキルギスの一戦。韓国はフィリピン戦から先発を3人変更。キ・ソンヨン、イ・ジェソン、キム・ジンスに代えてイ・チョンヨン、ファン・インボム、ホン・チョルを先発で起用した。 試合は立ち上がりから韓国が押し込む展開となるが、フィリピン戦同様に最後の場面で精度を欠きなかなかゴールをこじ開けることができない。すると、韓国は34分にピンチを迎える。右CKのセカンドボールをボックス手前のベルンハルトがボレーシュート。さらにDFに当たったボールをサギュンバエフに押し込まれたが、このシュートはGKキム・スンギュがキャッチ。 ピンチを凌いだ韓国は、36分に決定機。右サイドからカットインした味方のスルーパスをボックス右深くでク・ジャチョルが折り返すと、最後は逆サイドでフリーのイ・チョンヨンが合わせたが、シュートは枠の上にふかしてしまう。 しかし42分、韓国はホン・チョルの右CKからニアに走り込んだキム・ミンジェがヘディングシュートを流し込み、先制に成功した。 迎えた後半、先にチャンスを作ったのはリードする韓国だった。68分、左サイド深くまで侵入したホン・チョルのクロスをゴール前のファン・ウィジョがヘディングシュートで合わせたが、これはクロスバーを直撃した。 さらに76分には、ファン・ヒチャンに決定機が訪れたが右クロスからヘディングシュートはクロスバーに当たり、枠の上に外れた。結局、試合はそのまま0-1で終了。キム・ミンジェ弾で逃げ切った韓国がグループステージ連勝で決勝トーナメント進出を決めた。韓国は、16日に行われる第3節で中国とグループ首位通過を懸けて対戦する。 また、同日開催となったグループC第2節もう一試合のフィリピンvs中国は0-3で中国が勝利した。試合は40分にウー・レイにゴールで中国が先制すると、66分にもウー・レイがゴールネットを揺らし2点目を奪う。 さらに中国は80分、右CKをニアでウー・シイがフリックすると、相手DFに当たったこぼれ球を途中出場のユ・ターパオが頭で押し込み、試合を決定づける3点目。韓国と共に2連勝で16強入りを確定させた。 2019.01.12 03:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ファン・ウィジョ弾で韓国が白星スタート! 中国は逆転勝利で初戦を飾る《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE2019のグループC第1節の韓国代表vsフィリピン代表が7日に行われ、1-0で韓国が勝利した。 15大会ぶりの優勝を目指す韓国は、GKにキム・スンギュ、最終ラインはイ・ヨン、キム・ヨングォン、キム・ミンジェ、キム・ジンス。中盤はチョン・ウヨン、キ・ソンヨンの2センターに2列目はイ・ジェソン、ク・ジャチョル、ファン・ヒチャン、最前線にファン・ウィジョが入った。 一方のアジアカップ初出場となるフィリピンは、ブンデスリーガ2部でプレーするMFシュトラウスやフィリピン人の母と日本人の父の間に生まれ、かつて浦和レッズユースでプレーしたDF佐藤大介らがスタメンに名を連ねた。 試合は序盤から地力に勝る韓国がボールを保持して攻勢に出るも、最後の場面で精度を欠きなかなかゴールをこじ開けることができない。31分には、ボックス左手前でク・ジャチョルが倒されてFKを獲得。しかし、チョン・ウヨンの直接FKはわずかに枠の上。 さらに39分には、右クロスからボックス中央のファン・ウィジョに決定機が訪れたが、反転からのシュートは相手GKのセーブに阻まれた。 後半に入ってもゴールが遠い韓国は、58分にキ・ソンヨンを下げてファン・インボム、64分にク・ジャチョルを下げてイ・チョンヨンを投入。すると67分、イ・チョンヨンの縦パスでボックス右深くまで抜け出したファン・ヒチャンの折り返しをゴール前のファン・ウィジョが流し込み、韓国が待望の先制点を奪った。 その後もフィリピンゴールに迫った韓国だが、最後まで追加点は奪えず1-0で終了。ファン・ウィジョ弾で逃げ切った韓国が、アジアカップ初戦を白星スタートで飾った。 また、同日開催となったグループC第1節もう一試合の中国代表vsキルギス代表は2-1で中国が勝利した。 前半42分にイスライロフのゴールでキルギスに先制を許した中国だが、50分にマチャシクのオウンゴールで同点に追いつくと、78分にユ・ターパオがゴールネットを揺らし、逆転に成功。 結局、これが決勝点となり中国がグループステージ初戦を逆転勝利で飾った。 2019.01.08 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

韓国代表としてアジア杯出場のソン・フンミン、トッテナムに対して「とても申し訳ない気持ち」

韓国代表としてアジアカップ2019に出場するために最大で3週間の離脱を余儀なくされるソン・フンミンは、トッテナムサポーターやチームメイトらに対して謝罪した。<br><br>今シーズンの序盤も韓国代表としてアジア大会に出場し、3試合に欠場したソン・フンミン。その後、チームに復帰するとここまで全公式戦25試合に出場して11ゴールを記録するなど、好調を続けるチームの主力として活躍する。<br><br>ソン・フンミンは13日に行われるマンチェスター・ユナイテッド戦まではトッテナムでプレーするが、アジアカップのグループリーグ第3節より韓国代表に合流。仮に同国代表が2月1日に行われるファイナルまで駒を進めれば、同選手はリーグ戦の3試合に加え、カラバオカップ準決勝2ndレグのチェルシー戦も欠場することとなる。<br><br>トッテナムは今シーズン、好調を維持。プレミアリーグ優勝を狙える位置にいるものの、シーズン序盤に加え、この大切な時期にチームを離脱することに対してソン・フンミンは謝罪の言葉を口にした。<br><br>「9月にも離脱したからとても申し訳ない気持ちでいる。ファン、チームメイト、コーチングスタッフに対して申し訳なく感じている。難しい決断だった。でも僕の国にとっても重要なことだ。代表チームでも、またここに戻って来てからも、この調子を維持できることを願っている」<br><br>「59年間僕たちはアジアカップで優勝していないから、とても大きな意味を持つ大会だ。楽しむためにチームから離れるわけではない。何かを勝ち取るためにあの場に行き、大きな自信とともにチームに復帰したい」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.03 21:50 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース