トルコ合宿&国際親善試合に臨む韓国代表メンバーが発表! Jリーグからは4名が選出2018.01.15 19:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽韓国サッカー協会(KFA)は15日、1月に行われるトルコ合宿に臨む韓国代表メンバー24名を発表した。

▽今回のメンバーには、Kリーグ、Jリーグ、中国スーパーリーグでプレーする選手が招集。Jリーグからは、ヴィッセル神戸GKキム・スンギュ、MFチョン・ウヨン、サガン鳥栖DFチョン・スンヒョン、FC東京DFチャン・ヒョンスが招集された。

▽なお、トルコでは27日にモルドバ代表、30日にジャマイカ代表、2月3日にラトビア代表と親善試合を行う。今回招集された韓国代表メンバーは以下のとおり。

◆韓国代表メンバー24名
GK
キム・スンギュ(ヴィッセル神戸/日本)
チョ・ヒュンウ(大邱FC)
キム・ドンジュン(城南FC)

DF
キム・ヨングォン(広州恒大/中国)
チャン・ヒョンス(FC東京/日本)
コ・ヨハン(FCソウル)
ホン・チョル(尚州尚武)
チョン・スンヒョン(サガン鳥栖/日本)
ユン・ヨンソン(尚州尚武)
キム・ミンジェ(全北現代モータース)
キム・ジンス(全北現代モータース)
チェ・チョルスン(全北現代モータース)

MF
イ・グノ(江原FC)
チョン・ウヨン(ヴィッセル神戸/日本)
イ・ジェソン(全北現代モータース)
イ・スンギ(全北現代モータース)
イ・チャンミン(済州ユナイテッドFC)
イ・チャンドン(済州ユナイテッドFC)
キム・テファン(尚州尚武)
キム・スンデ(浦項スティーラーズ)
ギム・ソンジュン(FCソウル)※加入内定
ソン・ジュンホ(全北現代モータース)

FW
ジン・スンウク(済州ユナイテッドFC)
キム・シンウク(全北現代モータース)

コメント

関連ニュース

thumb

仏で大暴れの韓国代表MFクォン・チャンフン、アキレス腱断裂でW杯絶望的に

▽ディジョンに所属する韓国代表MFクォン・チャンフンのロシア・ワールドカップ(W杯)欠場が決定的となった。『ESPN』が報じている。 ▽23歳のクォン・チャンフンは、昨年1月からディジョンでプレー。今シーズンは公式戦33試合で11得点3アシストの活躍を見せ、韓国代表のW杯メンバー入りを果たした。 ▽しかし、クォン・チャンフンは19日に行われたリーグ・アン最終節のアンジェ戦で負傷。クラブから詳細について明らかにされていないものの、アキレス腱断裂の可能性が高いという。 ▽自身にとっても初のW杯に臨むはずだったクォン・チャンフンだが、今回の大ケガにより、それを目前にして出場を断念せざるを得なくなってしまった。 2018.05.21 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

韓国代表、イ・スンウら予備メンバー公開…Jリーグ勢5名がリスト入り《ロシアW杯》

▽韓国サッカー協会(KFA)は14日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む同国代表の予備登録メンバー35名を発表した。 ▽10度目のW杯出場となる韓国代表のシン・テヨン監督は、ヴィッセル神戸のGKキム・スンギュらJリーグ勢5名を選出。さらに、“韓国のメッシ”として期待を集めるA代表経験のないヴェローナ所属のMFイ・スンウをサプライズ招集した。 ▽また、バックアッパー枠7名のうち1名として、北海道コンサドーレ札幌のGKク・ソンユンが名を連ねた一方で、ガンバ大阪のFWファン・ウィジョや鹿島アントラーズのGKクウォン・スンテ、川崎フロンターレのGKチョン・ソンリョンらは落選している。 ▽韓国代表は、21日から6月1日にかけてトレーニングキャンプを実施。そのキャンプで23名に絞り込まれるとみられる。ロシアW杯でグループFに入り、ドイツ代表、メキシコ代表、スウェーデン代表と対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆韓国代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">キム・スンギュ</span>(ヴィッセル神戸/日本) <span style="font-weight:700;">チョ・ヒョヌ</span>(大邱FC) <span style="font-weight:700;">キム・ジンヒョン</span>(セレッソ大阪/日本) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">キム・ヨングォン</span>(広州恒大/中国) <span style="font-weight:700;">チャン・ヒョンス</span>(FC東京/日本) <span style="font-weight:700;">チョン・スンヒョン</span>(サガン鳥栖/日本) <span style="font-weight:700;">クォン・ギョンウォン</span>(天津権健/中国) <span style="font-weight:700;">ユン・ヨンソン</span>(城南FC) <span style="font-weight:700;">オ・バンソク</span>(済州ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">キム・ジンス</span>(全北現代) <span style="font-weight:700;">キム・ミヌ</span>(尚州尚武) <span style="font-weight:700;">パク・チュホ</span>(蔚山現代) <span style="font-weight:700;">ホン・チョル</span>(尚州尚武) <span style="font-weight:700;">コ・ヨハン</span>(FCソウル) <span style="font-weight:700;">イ・ヨン</span>(全北現代) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">キ・ソンヨン</span>(スウォンジー・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">チョン・ウヨン</span>(ヴィッセル神戸/日本) <span style="font-weight:700;">クォン・チャンフン</span>(ディジョン/フランス) <span style="font-weight:700;">チュセジョン</span>(尚州尚武) <span style="font-weight:700;">ク・ジャチョル</span>(アウグスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">イ・ジェソン</span>(全北現代) <span style="font-weight:700;">イ・スンウ</span>(ヴェローナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ムン・ソンミン</span>(仁川ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">イ・チョンヨン</span>(クリスタル・パレス/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ソン・フンミン</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">キム・シンウク</span>(全北現代) <span style="font-weight:700;">イ・グノ</span>(江原FC) <span style="font-weight:700;">ファン・ヒチャン</span>(ザルツブルク/オーストリア) <span style="font-weight:700;">◆バックアップメンバー</span> <span style="font-weight:700;">ク・ソンユン</span>(北海道コンサドーレ札幌/日本) <span style="font-weight:700;">チェ・チョルスン</span>(全北現代) <span style="font-weight:700;">ソン・ジュノ</span>(全北現代) <span style="font-weight:700;">チ・ドンウォン</span>(ダルムシュタット/ドイツ) <span style="font-weight:700;">イ・チャンミン</span>(済州ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">イ・ミョンジュ</span>(牙山ムグンファFC) <span style="font-weight:700;">ソク・ヒョンジュン</span>(トロワ/フランス) 2018.05.14 11:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミン、兵役免除へ…OAとしてアジア競技大会出場を熱望

▽トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが、アジア競技大会にオーバーエイジ枠として出場することを熱望しているようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽トッテナムで活躍を続ける傍ら、母国韓国の兵役問題に苛まれるソン・フンミン。韓国人の成人男子は約2年間に渡る兵役の義務があり、25歳のソン・フンミンは満28歳になる前に21カ月間の服務が必要となる。また、Kリーグの尚州尚武や警察庁のチームでプレーするには、1年前に韓国国内クラブに在籍する必要があり、海外でのプレーは2019年7月まで可能となっている。 ▽オリンピックでのメダル獲得やアジア競技大会優勝を成し遂げれば、この兵役を免れることができるため、ソン・フンミンは兵役免除を目指して8月18日から9月2日まで行われるアジア競技大会にオーバーエイジ枠としての出場を望んでいるようだ。U-23韓国代表を率いるるキム・ハクボム監督は、以下のようにコメントしている。 「ソン(・フンミン)にはアジア競技大会への出場に強い意欲を持っている。しかし、それまでにワールドカップがある。ソンにはアジア競技大会で会う前に、ロシアでまず上手くやってくれと伝えているよ」 ▽仮にソン・フンミンがアジア競技大会に出場するとなれば、来シーズンのプレミアリーグ開幕には間に合わない。アジア競技大会は国際サッカー連盟(FIFA)が定める代表ウィーク外の開催のため、トッテナムには選手を派遣する義務はないが、兵役を免除されなければ、2018-19シーズンでソン・フンミンのトッテナムでのキャリアは終わることとなる。 ▽もちろんアジア競技大会の優勝が確約されているわけではなく、チャンスを逃せば2020年に行われる東京オリンピックもチャンスが残されているが、こちらもメダル獲得の保証はない。そうなれば、ソン・フンミンはサッカーをせずに兵役をこなすこととなり、その後にヨーロッパでプレーするには障壁が高いこととなる。 ▽U-23韓国代表のキム・ハクボム監督は、これまでも同選手の招集を明言しているが、トッテナムがこれに応じるのだろうか。開幕には間に合わなくとも、兵役を免除されることの方がトッテナムにとってもソン・フンミンにとってもプラスになると思われるが果たして…。 2018.04.26 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ポーランド、“仮想日本”の韓国に苦戦もジエリンスキの劇的弾で辛勝!《国際親善試合》

▽ポーランド代表は27日、国際親善試合で韓国代表とホームで対戦し、3-2で勝利した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で日本と同グループに入っているポーランドが、仮想日本としてW杯に出場する韓国を迎えたテストマッチ。23日に仮想セネガルとして対戦したナイジェリア代表戦を0-1と惜敗したポーランドは、その試合から先発を大幅に7人変更。クリホヴィアクやコフナツキ、リネティ、GKファビアンスキらに代えてGKシュチェスニーやグロシツキ、マチニスキらに加え、代表デビューのロマンチュクが先発に起用された。 ▽一方、ロシアW杯でドイツ代表、メキシコ代表、スウェーデン代表と同組の韓国は、24日に行われた北アイルランド戦から先発を2人変更。キム・ジンスとキム・シンウクに代えてチョン・ウヨンとホン・ジョンホを先発で起用した。 ▽互いに[3-4-2-1]の布陣を採用したミラーゲームは、地力に勝るポーランドが立ち上がりからボールを支配するも、集中した守りを見せる韓国守備陣を崩すには至らず、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。 ▽すると12分、韓国はチョン・ウヨンのロングスルーパスに反応したイ・ジェソンがボックス左からダイレクトシュートを放ったが、これはGKシュチェスニーがセーブ。 ▽対するポーランドの最初のチャンスは23分、右サイドを持ち上がったジエリンスキのピンポイントクロスをゴール前のレヴァンドフスキがヘディングシュートで合わせたが、これはGKキム・スンギュの好セーブに防がれた。 ▽ポーランドは32分、左サイド深くまで持ち上がったリブスのパスをボックス左角付近で受けたグロシツキがクロスを供給。これをゴール前のレヴァンドフスキがヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽先制したポーランドは、45分にもマチニスキのパスで抜け出したグロシツキがGKキム・スンギュとの一対一を迎えると、ゴール右隅へ冷静にシュートを流し込んだ。 ▽迎えた後半、ポーランドはレヴァンドフスキやピシュチェク、GKシュチェスニーに代えてテオドルチクやイェンドジェイチク、GKスコルプスキを投入。一方の韓国はホン・ジョンホとイ・ヨンに代えてユン・ヨンソンとチェ・チョルスンをピッチに送り出した。 ▽後半は前半とは打って変わって韓国がハイプレスからの素早い攻撃を仕掛けると、55分にソン・フンミンが、58分にはファン・ヒチャンがポーランドゴールに迫ったが、共にゴールネットは揺らせず。 ▽積極的な選手交代で様々な選手を試す両チームだが、試合は膠着状態のまま終盤を迎える。すると86分、韓国は相手ボックス付近でボールをキープしたソン・フンミンが相手マークを引きつけパスを供給。これをバイタルエリア中央で受けたイ・チャンミンがミドルシュートで狙うと、ボールはゴール左隅に突き刺さった。 ▽1点を返した韓国は、88分にもソン・フンミンの縦パスでゴールエリア左まで抜け出したパク・チュホがマイナスの折り返しを供給すると、最後はファン・ヒチャンがダイレクトで流し込み、試合を振り出しに戻した。 ▽試合もアディショナルタイムに突入し、このまま試合終了かと思われたがポーランドが意地を見せる。92分、バイタルエリア中央右寄りでボールを受けたジエリンスキがカットインから左足を振り抜くと、コントロールシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽結局、試合はそのままタイムアップ。レヴァンドフスキの抜けた後半は苦戦したポーランドだが、ジエリンスキの劇的弾で仮想日本の韓国に辛勝した。 2018.03.28 05:59 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯予選敗退国に逆転負け…韓国代表指揮官が“決定力不足”嘆く「決め切らないと」

韓国代表は24日、北アイルランド代表と国際親善試合に臨み1-2で敗れた。シン・テヨン監督のコメントを『sportalkorea』が伝えている。<br><br>ロシア・ワールドカップで、前大会王者のドイツ、メキシコ、スウェーデンといった強豪ひしめくグループFに入った韓国。今回のインターナショナルマッチウィークでは、北アイルランドとポーランドと試合を組んだ。<br><br>24日行われた北アイルランド戦では、開始7分にクォン・チャンフンのゴールで先制に成功するも、その後オウンゴールで失点。さらに、終了間際に逆転弾を許して敗れている。<br><br>この試合で、韓国のシュート数は15本。対する北アイルランドは4本で2得点を挙げている。欧州予選の敗退国相手の敗戦に、SNSではサポーターから心配の声が上がる中、シン・テヨン監督は&ldquo;決定力不足&rdquo;を嘆いている。<br><br>「攻撃において満足しているが、仕上げの部分が足りなかった。W杯では、チャンスが来たときに決め切らないと。今日は良いチャンスを作ったが、決定力が足りなかった」<br><br>「早い時間に得点できたが、相手のセットプレーに対する準備が足りなかった。2点目はフィジカルで押された。スウェーデンはもっと強い。考慮しつつ、準備する必要がある」<br><br>この日、韓国は普段使用していた4-4-2ではなく4-3-3で戦った。シン・テヨン監督は、本大会で対戦するスウェーデンを想定した布陣変更だったと説明している。<br><br>「スウェーデンは、サイド攻撃を多用していた。なので、4-3-3を準備した。攻撃時には、4-4-2に変更しながらトライした」<br><br>韓国の次戦の相手は、日本が本大会で対戦するポーランド。ポーランドメディアは&ldquo;仮想日本&rdquo;として重要な試合になると報じている中、シン・テヨン監督は「4-4-2が本大会で使えるかどうか見極める」と語っている。<br><br>提供:goal.com 2018.03.25 17:05 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース