残留決断まで「たくさん悩みました」…主将FW柿谷曜一朗、決意新たに 2018.01.14 18:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽セレッソ大阪に所属する元日本代表FW柿谷曜一朗(28)がクラブからの契約更新発表を受け、インスタグラム(yoichiro.no.8)を通じて決意を新たにした。

▽一昨年よりC大阪の主将を務める柿谷。昨シーズンは明治安田生命J1リーグ全34試合に出場して6ゴールの成績を収め、クラブ史初のタイトルとなるルヴァンカップと天皇杯の2冠に貢献した。

▽今年に入り、C大阪の宿敵であるガンバ大阪移籍説が浮上するなど去就に注目が集めた柿谷だが、最終的に残留を決断。次のように思いを綴り、さらなる活躍を誓っている。

「2018シーズンもセレッソで戦います。今年に入ってから本当にたくさん悩みました。ただ、柿谷曜一朗を応援してくれている方々の沢山の温かい言葉、想いを受け止めて決めることができました。まだまだ本当に未熟者だと改めて感じました。2年間キャプテンとしてみんなを引っ張るつもりが逆に足を引っ張ってしまってたこともたくさんありました。もう一度見つめ直してがんばります」

コメント

関連ニュース

thumb

昨季2冠のC大阪、選手背番号発表…今季よりMF清武弘嗣が10番に

▽セレッソ大阪は15日、2018シーズンにおける選手背番号を発表した。 ▽J1復帰初年度の昨シーズンにクラブ初タイトルなるルヴァンカップと天皇杯の2冠に輝いたC大阪。尹晶煥体制2年目となる今シーズンは、AFCチャンピオンズリーグを含む4つのタイトルにチャレンジする。 ▽背番号は、今シーズンからMF清武弘嗣が46から10番、その10番を背負ったMF山口蛍が6番、その6番を着用したMFソウザが11番に心機一転。今シーズンより期限付きから完全移籍を果たしたMF水沼宏太も16番から7番に変更となっている。 ▽主な新加入選手では、MF田中亜土夢が32番、FW高木俊幸が13番、FWヤン・ドンヒョンが18番、FW安藤瑞季が40番に。なお、DFマテイ・ヨニッチとFWリカルド・サントスは今シーズンより「ヨニッチ」、「リカルド」に登録名が変更された。 ▽昨シーズン以上の飛躍が期待されるC大阪は、トップチームとU-23の2つのグループに分かれて始動。トップチームは16日から23日までタイで一次キャンプを実施し、27日から2月4日まで宮崎県で二次キャンプが予定されている。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">永石拓海</span>☆←(福岡大学)※新加入 21.キム・ジンヒョン 27.丹野研太 45.茂木秀 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.松田陸 3.茂庭照幸 4.藤本康太 5.田中裕介 14.丸橋祐介 22.ヨニッチ 23.山下達也 29.舩木翔 37.森下怜哉 <span style="font-weight:700;">MF</span> 6.山口蛍 7.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水沼宏太</span>☆←(FC東京)※期限付きからの完全 10.清武弘嗣 11.ソウザ 15.木本恭生 17.福満隆貴 20.酒本憲幸 24.山村和也 25.山内寛史 26.秋山大地 30.大山武蔵 32.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">田中亜土夢</span>☆←(ヘルシンキ/フィンランド)※完全 35.沖野将基 36.斧澤隼輝 38.西本雅崇 39.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">チャウワット</span>☆←(バンコク・グラス/タイ)※期限付き 41.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">魚里直哉</span>☆←(関西国際大学)※新加入 <span style="font-weight:700;">FW</span> 8.柿谷曜一朗 9.杉本健勇 13.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">高木俊幸</span>☆←(浦和レッズ)※完全 16.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">片山瑛一</span>☆←(ファジアーノ岡山)※完全 18.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヤン・ドンヒョン</span>☆←(浦項スティーラース/韓国)※完全 19.澤上竜二 28.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">中島元彦</span>☆←(セレッソ大阪ユース)※昇格 31.山根永遠 33.米澤令衣 34.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">山田寛人</span>☆←(セレッソ大阪ユース)※昇格 40.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">安藤瑞季</span>☆←(長崎総合科学大附属高校)※新加入 46.リカルド 2018.01.15 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

FW柿谷曜一朗や、MFソウザ、DF丸橋祐介らがC大阪と契約更新合意

▽セレッソ大阪は14日、FW柿谷曜一朗(28)、FWリカルド・サントス(30)、MFソウザ(29)、DF松田陸(26)、DF田中裕介(31)、DF丸橋祐介(27)、GK茂木秀(18)の7選手との契約更新合意を発表した。 ▽主将を務める柿谷は、昨シーズンの明治安田生命J1リーグ全34試合に出場して6ゴールをマーク。中盤の番人として抜群の存在感を誇るソウザは、J1リーグ33試合4ゴールを記録した。 ▽そのほか、松田はJ1リーグ31試合2ゴール、FWリカルド・サントスはJ1リーグ9試合、田中はJ1リーグ18試合、丸橋は33試合1ゴールを記録。茂木はトップチームで出番がなかった。 2018.01.14 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪、関学大のスピードスターMF魚里直哉の新加入を発表! 「全力で頑張りたいと思います」

▽セレッソ大阪は12日、関西学院大学MF魚里直哉(22)が2018シーズンからの新加入で内定したことを発表した。 ▽セレッソ大阪U-18から関西学院大に進学した魚里は、関西学院大学体育会サッカー部の公式サイトによると、169cm59kgと小兵ながらドリブルで相手DFを翻弄するスピードスターだ。 ▽魚里は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、セレッソ大阪に加入する事になりました魚里直哉です。U-18でお世話になったこのクラブに戻って来ることができて大変嬉しく思います。今まで支えてくれた家族、チームメイト、お世話になった皆様に感謝し、1日でも早くチームに貢献できるように全力で頑張りたいと思います。よろしくお願いします」 2018.01.12 14:52 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表FW杉本健勇がC大阪と契約更新

▽セレッソ大阪は11日、日本代表FW杉本健勇(25)と2018シーズンの契約更新に合意したことを発表した。 ▽C大阪の下部組織出身の杉本は、2015年に川崎フロンターレに完全移籍するも、1シーズンでC大阪に復帰。2016シーズンにJ2リーグで41試合14得点と台頭すると、2017シーズンはJ1リーグで34試合22得点と大きく飛躍。昨年8月にはフル代表に初選出され、10月に行われたキリンチャレンジカップのハイチ代表戦で代表初ゴールを記録している。 2018.01.11 13:54 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪が期限付き移籍のMF水沼宏太をFC東京から完全移籍で獲得!!

▽セレッソ大阪は11日、FC東京からMF水沼宏太(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽2016年からFC東京でプレーする水沼は、2017シーズンに期限付き移籍でC大阪に加入。明治安田生命J1リーグでは24試合3得点をマークし、ルヴァンカップでは7試合2ゴールを挙げて優勝に貢献。さらに天皇杯では3試合で3ゴールを奪い、決勝では値千金の決勝ゴールを挙げてチームを優勝に導いている。 ▽完全移籍での加入が決まった水沼は、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆C大阪 「セレッソ大阪に関わる全ての皆さん。この度、完全移籍でセレッソの仲間に加えていただけることになりました水沼宏太です。昨シーズンは、皆さんに温かく迎え入れていただき、大好きな仲間にも巡り合うことができた本当に素晴らしいシーズンでした。感謝の気持ちを忘れず、サッカーと真摯に向き合い、また新たな目標に向かって全力で闘いたいと思います!笑顔溢れるシーズンになるよう、一緒に闘いましょう!」 ◆FC東京 「FC東京に関わる全てのみなさん。この度セレッソ大阪に完全移籍することになりました。1年という短い間でしたが素晴らしい仲間とファン・サポーターのみなさんと共に戦うことができ、選手としての喜びを感じることができました。J1、J3、ACLと様々なステージでのプレーをとおし、選手としてだけではなく、人間としても間違いなく成長できたと思っています。これからも自分らしく高みを目指して頑張ります。1年間本当にありがとうございました!」 2018.01.11 11:38 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース