J2降格の大宮が新体制を発表! FWシモヴィッチは9番、MF三門雄大は7番、復帰のFW富山貴光は入団当時の28番2018.01.14 17:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽大宮アルディージャは14日、2018シーズンの新体制、選手背番号を発表した。▽昨シーズンは明治安田生命J1リーグで最下位に終わり、3シーズンぶりのJ2に挑む2018シーズン。昨シーズンのラスト3試合を指揮した石井正忠監督の下、J1復帰を目指して戦う。

▽今シーズンの補強は他クラブから7名、昇格が1名、高卒選手が1名の合計9名。昨シーズン名古屋グランパスでJ1昇格に貢献したスウェーデン人FWロビン・シモヴィッチやジュビロ磐田のDF中村太亮、アルビレックス新潟のMF酒井宣福、ロアッソ熊本のMF嶋田慎太郎を獲得。さらに地元・埼玉県出身のアビスパ福岡MF三門雄大、水戸ホーリーホックGK笠原昂史を獲得したほか、2015シーズンまで大宮でプレーしたFW富山貴光がサガン鳥栖から復帰した。ユースからはMF奥抜侃志、今年の全国高校サッカー選手権に埼玉県代表として出場した昌平高校のFW佐相壱明が加入した。

▽新加入選手の背番号はシモヴィッチが「9」、中村が「5」、酒井が「20」、嶋田が「39」、三門が「7」、笠原が「22」を着用。富山は以前在籍時に背負った「28」を着用。奥抜は「33」、佐相は「34」をつける。

▽また、背番号変更はMF茨田陽生が「40」から「8」に、FWマルセロ・トスカーノが「33」から「11」に、MFカウエが「37」から「18」に変更された。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK
1.加藤順大
21.塩田仁史
22.笠原昂史☆←(水戸ホーリーホック)※完全移籍
32.加藤有輝


DF
2.菊地光将
3.河本裕之
4.山越康平
5.中村太亮☆←(ジュビロ磐田)※完全移籍
6.河面旺成
13.渡部大輔
19.奥井諒
25.高山和真


MF
7.三門雄大☆←(アビスパ福岡)※完全移籍
8.茨田陽生※背番号変更
15.大山啓輔
16.マテウス
17.横谷繁
18.カウエ※背番号変更
20.酒井宣福☆←(アルビレックス新潟)※完全移籍
23.金澤慎
33.奥抜侃志☆←(大宮アルディージャユース)※昇格
39.嶋田慎太郎☆←(ロアッソ熊本)※完全移籍


FW
9.ロビン・シモヴィッチ☆←(名古屋グランパス)※完全移籍
10.大前元紀
11.マルセロ・トスカーノ※背番号変更
14.清水慎太郎
28.富山貴光☆←(サガン鳥栖)※完全移籍
34.佐相壱明☆←(昌平高校)※新加入
コメント
関連ニュース
thumb

長崎の高田明社長、昇格目指すライバルの大宮指揮官に就任した高木琢也元監督へエール「一緒にJ1昇格を目指しましょう」

▽V・ファーレン長崎の高田明代表取締役社長が、高木琢也監督へのコメントを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽2013年から長崎の監督に就任した高木監督は、2017年の明治安田生命J2リーグで2位となり、クラブ史上初のJ1昇格に導いた。 ▽初のJ1では開幕から6試合勝ちなしと苦戦が続くも、第7節から4連勝を記録。しかし、その後も連敗を喫するなど調子が上がらず、最下位でのJ2降格となった。 ▽シーズン終了後に退任が発表された高木監督だったが、9日に大宮アルディージャの指揮官に就任することが発表。これを受け、高田社長はクラブ公式サイトを通じ、高木監督への感謝とともに、来シーズンは同じリーグで戦うことになるライバルへエールを送った。 「これまでのV・ファーレン長崎の発展のためのご尽力に、改めて感謝申し上げます。来シーズンは同じJ2の大宮アルディージャさんで指揮を取られるということで、また共に戦えることを嬉しく思います。場所は離れますが、正々道々、切磋琢磨して、一緒にJ1昇格を目指しましょう!サッカーには夢がある」 2018.12.09 13:40 Sun
twitterfacebook
thumb

J1復帰へ…大宮が長崎を指揮した高木琢也監督を招へい「アグレッシブな戦いができるように」

▽大宮アルディージャは9日、新監督に高木琢也氏(51)を招へいしたことを発表した。 ▽1年でJ1昇格を逃した大宮は、石井正忠監督が退任。後任監督が決まらない中、選手の退団が発表されていたが、横浜FC、V・ファーレン長崎をJ1に導いた高木監督を招へいした。高木監督はクラブを通じてコメントしている。 「大宮アルディージャのファン・サポーターの皆さま、はじめまして、高木琢也です。来シーズンより大宮アルディージャの監督に就任することになりました。よろしくお願いします」 「私が掲げる第一の目標は、J1昇格です。選手一人ひとりがアグレッシブな戦いができるよう、これまでのJクラブ監督の経験を注ぎ込みます。そして、大宮アルディージャに関わる全ての人たちと共に、目標に向かって尽力します。皆さん、応援よろしくお願いします」 ▽長崎県出身の高木監督は、現役時代はサンフレッチェ広島、ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)、コンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)でプレー。日本代表としても44試合に出場し27得点を記録。“アジアの大砲”の愛称で親しまれていた。 ▽引退後は、日本大学や横浜FCでコーチを務めると、2006年から横浜FCの監督に就任。すると、堅い守備を構築しJ2で15戦無敗と結果を残し、「ハマナチオ」と名付けられるまでに。就任1年目でチームをJ1昇格に導いた。 ▽その後、東京Vでコーチを務め、2009年に監督に就任。2010年からはロアッソ熊本、2013年からはV・ファーレン長崎で監督を務めた。 ▽長崎では、就任3年目の2015年に明治安田生命J2リーグ6位フィニッシュでJ1昇格プレーオフに進出。2017年にJ2リーグ2位の成績を収め、クラブとして悲願のJ1リーグ初昇格に導いた。 ▽今シーズンは序盤こそ4連勝を飾るなど善戦したが、J1リーグ第32節終了後にJ2リーグ自動降格圏17位以下が確定。後日にJ1ライセンス不所持のFC町田ゼルビアがJ2リーグ4位で終戦したため、J1リーグの自動降格枠が減らず、1年での降格が決まり退任していた。高木監督は長崎を通じてもコメントしている。 「この度、来季から大宮アルディージャの指揮を執ることになりました。6年間、長崎で得たこと、学んだことを次の環境で生かせるようこれからのサッカー人生を歩んでいきます。長崎のみなさんと過ごした6年間はとてもいい時間、大切な時間でした。立場、環境は変わりますが、また、お会いできることを楽しみにしています」 2018.12.09 09:46 Sun
twitterfacebook
thumb

大宮がMF横谷繁の契約満了を発表「4年間、本当にありがとうございました」

▽大宮アルディージャは4日、MF横谷繁(31)との契約満了を発表した。 ▽横谷はガンバ大阪ユース出身で、愛媛FC、京都サンガF.C.を経て、2015年に大宮へ加入。1年目は明治安田生命J2リーグで38試合に出場し8得点を記録してチームのJ2優勝&J1昇格に貢献していた。 ▽今シーズンは、途中出場が多かったもののJ2で23試合に出場していた。大宮ではJ1通算54試合出場4得点、J2通算61試合出場8得点、リーグカップ通算9試合出場、天皇杯出場7試合出場だった。横谷はクラブを通じてコメントしている。 「今年でチームを去ることになりました。大宮アルディージャに関わる全ての方に感謝しています。これから先も、大宮アルディージャをよろしくお願いします。僕のことを応援してくれていた子どもたち、またどこかで会えるのを楽しみにしてるね。最後になりますが、ファン・サポーターの皆さま、4年間、本当にありがとうございました」 2018.12.04 17:12 Tue
twitterfacebook
thumb

J1昇格を逃した大宮がFWマルセロ・トスカーノ、DFキム・ドンスの契約満了を発表

▽大宮アルディージャは4日、ブラジル人FWマルセロ・トスカーノ(33)と韓国人DFキム・ドンス(23)の契約満了を発表した。 ▽マルセロは、韓国の済州ユナイテッドから2017年途中に加入。1年目は明治安田生命J1リーグで15試合に出場し1得点を記録。今シーズンは明治安田生命J2リーグで15試合に出場、天皇杯で2試合に出場したがゴールはなかった。 ▽キム・ドンスは、ハンブルガーSV Ⅱから2017年途中に加入。出場は今シーズンの天皇杯1試合にとどまっていた。両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FWマルセロ・トスカーノ 「日本でプレーする機会を与えてくれた大宮アルディージャに感謝しています。いつもたくさんの応援をしてくれ、いつも一緒に戦ってくれた全てのファン・サポーターの皆さんに、ありがとうございましたと心から伝えたいです。多くの試合に出場することができず、目標のJ1復帰に貢献できなかったことは申し訳なく思います」 「来シーズンは、アルディージャがJ1に復帰できることを信じて応援しています!応援してくれた全ての方に心から感謝しています。ありがとうございました」 ◆DFキム・ドンス 「大宮アルディージャに加入してから1年半の間、応援してくださったファン・サポーターの方々には本当に感謝しています。これからは、この1年半を通して学んだことを生かして、もっと成長し、もっと強くなって、いい選手になれるよう頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました」 2018.12.04 10:14 Tue
twitterfacebook
thumb

大宮がGK加藤順大の契約満了を発表…今季は公式戦出場なし

▽大宮アルディージャは28日、GK加藤順大(33)の契約満了を発表した。 ▽加藤は、浦和レッズの下部組織出身で、2015年に大宮へと移籍。加入1年目は正守護神としてJ2リーグで37試合に出場していた。 ▽2年目のJ1では、19試合に出場終わり、昨シーズンはJ1リーグで21試合に出場。しかし、今シーズンは水戸ホーリーホックから加入したGK笠原昂史にポジションを奪われ、今シーズンの公式戦出場はなかった。加藤はクラブを通じてコメントしている。 「お世話になった方々に、ご報告しきる前の発表となってしまい、誠に申し訳ございません。自分としては、何もできないままチームを去ることになり、非常に残念です。僕自身、まだまだプロサッカー選手としてプレーしていきたいですし、次のチームでも仲間を盛り上げ、また輝けるように頑張りたいと思います」 「大宮アルディージャを愛する全ての人が、本当に一つになってJ1復帰へ向かっていかなければ、目標はかなえられないと思います。ファン・サポーターの皆さんには、もっともっと大きな声で応援してほしいですし、残った選手は、その思いを背負って戦ってほしいです。もっと一体感が出せるクラブだと思います」 「心残りなのは、大好きな自分のチャントが聞けなくなってしまうこと。もう一度、スタジアムで聞きたかったのが素直な気持ちです。大宮アルディージャを応援してくれているファン・サポーターが大好きです。大宮アルディージャに加入し、たくさんの大好きな方々に出会えたことが僕の財産です!! 4年間、本当にありがとうございました」 2018.11.28 18:20 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース