J2降格の大宮が新体制を発表! FWシモヴィッチは9番、MF三門雄大は7番、復帰のFW富山貴光は入団当時の28番2018.01.14 17:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽大宮アルディージャは14日、2018シーズンの新体制、選手背番号を発表した。

▽昨シーズンは明治安田生命J1リーグで最下位に終わり、3シーズンぶりのJ2に挑む2018シーズン。昨シーズンのラスト3試合を指揮した石井正忠監督の下、J1復帰を目指して戦う。

▽今シーズンの補強は他クラブから7名、昇格が1名、高卒選手が1名の合計9名。昨シーズン名古屋グランパスでJ1昇格に貢献したスウェーデン人FWロビン・シモヴィッチやジュビロ磐田のDF中村太亮、アルビレックス新潟のMF酒井宣福、ロアッソ熊本のMF嶋田慎太郎を獲得。さらに地元・埼玉県出身のアビスパ福岡MF三門雄大、水戸ホーリーホックGK笠原昂史を獲得したほか、2015シーズンまで大宮でプレーしたFW富山貴光がサガン鳥栖から復帰した。ユースからはMF奥抜侃志、今年の全国高校サッカー選手権に埼玉県代表として出場した昌平高校のFW佐相壱明が加入した。

▽新加入選手の背番号はシモヴィッチが「9」、中村が「5」、酒井が「20」、嶋田が「39」、三門が「7」、笠原が「22」を着用。富山は以前在籍時に背負った「28」を着用。奥抜は「33」、佐相は「34」をつける。

▽また、背番号変更はMF茨田陽生が「40」から「8」に、FWマルセロ・トスカーノが「33」から「11」に、MFカウエが「37」から「18」に変更された。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK
1.加藤順大
21.塩田仁史
22.笠原昂史☆←(水戸ホーリーホック)※完全移籍
32.加藤有輝


DF
2.菊地光将
3.河本裕之
4.山越康平
5.中村太亮☆←(ジュビロ磐田)※完全移籍
6.河面旺成
13.渡部大輔
19.奥井諒
25.高山和真


MF
7.三門雄大☆←(アビスパ福岡)※完全移籍
8.茨田陽生※背番号変更
15.大山啓輔
16.マテウス
17.横谷繁
18.カウエ※背番号変更
20.酒井宣福☆←(アルビレックス新潟)※完全移籍
23.金澤慎
33.奥抜侃志☆←(大宮アルディージャユース)※昇格
39.嶋田慎太郎☆←(ロアッソ熊本)※完全移籍


FW
9.ロビン・シモヴィッチ☆←(名古屋グランパス)※完全移籍
10.大前元紀
11.マルセロ・トスカーノ※背番号変更
14.清水慎太郎
28.富山貴光☆←(サガン鳥栖)※完全移籍
34.佐相壱明☆←(昌平高校)※新加入

コメント

関連ニュース

thumb

「僕も得点王を狙いたい」J1昇格を目指す古巣のライバルへ加入した大宮MF酒井宣福が語る

▽大宮アルディージャは14日、2018シーズンの新体制発表会を行なった。 ▽アルビレックス新潟から加入したMF酒井宣福が囲み取材に応対。大宮加入のポイントや、意気込み、自身のプレーについて語ってくれた。 <span style="font-weight:700;">◆MF酒井宣福</span>(大宮アルディージャ) <span style="font-weight:700;">──大宮アルディージャへの移籍を決断した理由は</span> 「大宮の熱い想いだったり、絶対にJ1に昇格したい、J1でも優勝したいという気持ちがすごく伝わってきました。自分としてもチャレンジしたいという気持ちが強くあって、大宮を選ばせてもらいました」 <span style="font-weight:700;">──地元でもあるアルビレックス新潟もJ2へ降格したタイミングでの移籍は難しい決断だったのでは</span> 「地元というのもありますし、育てていただいた恩もあるので、感謝しなくてはいけないという気持ちはありました。ただ、自分に挑戦したい、力を試したいというところがあったので移籍を決めました」 <span style="font-weight:700;">──アビスパ福岡やアルビレックス新潟でも大宮との対戦経験はありますが、チームのイメージはありますか</span> 「(NACK5スタジアム大宮の)ピッチは観客ともすごく近くて、サポーターの熱が伝わってくる良いスタジアムだなというのはずっと前から思っていました。圧力、良い意味でのサポーターの後押しや叱咤激励を間近に受けられるスタジアムでプレーできるのは嬉しいです。上手な選手も多いですし、攻撃が機能するイメージがあります。自分の攻撃力を試したいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──プレーしたいポジションはありますか</span> 「左サイドですね。あとは前線です。チームがどういった状況になるか分かりませんし、ケガだったりで選手が不足することもあるので、そういった時には今まで経験してきたポジションも沢山あるので、経験を活かしたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──大宮アルディージャのサイドの選手は高さやフィジカルの強さはあまりないのでストロングポイントが出せると思いますが</span> 「これまでの大宮には、サイドの選手としてあまりいなかったタイプだと思います。そういった意味では、自分の強さ、ストロングポイントである高さや体の強さを活かしていきたいです。縦に仕掛けてクロスを上げたり、中に入ってシュートを打ったりと特徴を活かしたいです」 <span style="font-weight:700;">──三門雄大選手は新潟でも一緒にプレーしていました。またチームメイトになるという点はいかがですか</span> 「プレーも一緒にしたことありますし、三門くんがどういったタイプの選手かというのは分かっています。三門くんも僕のプレースタイルを分かっていると思うので、コンビネーションは取りやすいと思います」 <span style="font-weight:700;">──アルビレックス新潟、アビスパ福岡、ファジアーノ岡山とプレーしたチームが全てJ2のライバルになります。相手サポーターからもライバルとして見られるかと思いますが</span> 「お世話になったチームがJ2にありますが、自分がプレーする姿を見せるのが恩返しになると思います。敵のチームにはなりますが、感謝の気持ちを忘れずにしっかりとやっていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──個人的な目標は</span> 「たくさん点を取りたいですし、J1に昇格するためには前線の全員が得点王になるつもりでプレーしなくてはいけないと思います。僕も得点王を狙いたいと思います」 2018.01.15 01:28 Mon
twitterfacebook
thumb

J2優勝を目標に掲げる大宮、MF嶋田慎太郎「そのために自分は来た」

▽大宮アルディージャは14日、2018シーズンの新体制発表会を行なった。 ▽ロアッソ熊本から加入したMF嶋田慎太郎が囲み取材に応対。大宮加入のポイントや、初の移籍について語ってくれた。 <span style="font-weight:700;">◆MF嶋田慎太郎</span>(大宮アルディージャ) <span style="font-weight:700;">──ロアッソ熊本でずっとプレーしてきた中で、大宮アルディージャへ移籍しようと決断した理由は</span> 「新しい環境で、レベルの高い選手たちと一緒にやりたいという思いが強かったですし、もっと成長したいという気持ちがあったので、そこが決断の理由です」 <span style="font-weight:700;">──2015年に大宮とは対戦していますが印象などはありますか</span> 「個で打開するレベルが高いなという風に感じていました。凄く良い選手が揃っている印象もあります」 <span style="font-weight:700;">──プレー面で見てもらいたいポイントはありますか</span> 「自分はチャンスメイクだったり、フィニッシュの部分が求められていると思います。そこをどんどんピッチで出していきたいです」 <span style="font-weight:700;">──昨シーズン前にスペインのクラブへ練習参加されていましたが、その経験による変化などはありましたか</span> 「スペインに行ってから、自分を表現するということは前よりは意識するようになりました。消極的な部分が積極的に変わったなと思うので、スペインに行ったのは良かったなと思います」 <span style="font-weight:700;">──昨シーズンは左サイドでのプレーが多かったと思います。右サイドからカットインしてシュートを打つというのも持ち味だと思いますが、どちらでプレーしたいというのはありますか?</span> 「両方サイドはできますが、個人的には右のほうが好きです。カットインしてからのシュートというのは、自分の中でも得意なプレーなので、右で使ってもらえるならば、どんどん仕掛けてゴールを決めたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──個人的な目標は</span> 「個人というよりもチームがJ2で優勝してJ1に行くという目標があります。J2で優勝しなければいけないチームだと思いますし、そのために自分は来たと思っているので、自分の成績というよりも、チームのことを一番に考えます。そうすれば自ずと結果もついてくると思うので、まずはチームに貢献したいです」 2018.01.15 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

3シーズンぶりに古巣へ戻った大宮FW富山貴光「2年離れていた間に成長した部分も見せたい」

▽大宮アルディージャは14日、2018シーズンの新体制発表会を行なった。 ▽サガン鳥栖から3シーズンぶりに復帰したFW富山貴光が囲み取材に応対。大宮へ復帰した決め手や、今シーズンの意気込みについて語ってくれた。 <span style="font-weight:700;">◆FW富山貴光</span>(大宮アルディージャ) <span style="font-weight:700;">──3シーズンぶりに大宮アルディージャへ復帰しますが、決断したポイントは</span> 「素直に強化部長や監督から力になってくれと言われて嬉しかったですし、大宮を離れてからも気にしていました。J2に落ちましたが、J2にいるチームではないと思いますし、僕も共に成長していきたいなという思いがあって戻ってきました。共に戦いたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──早稲田大学から大宮アルディージャへ入団した時と同じ「28」を背負いますが</span> 「1年目につけていた番号でやってくれとも言われました。そういった気持ちを忘れずにやっていきたいという思いもあったので、28番になりました」 <span style="font-weight:700;">──プロ1年目の活躍は大宮のサポーターも印象に残っていると思います。期待も高いと思いますが</span> 「そういった部分は求められていると思いますし、そういったところに加えて2年離れていた間に成長した部分も見せたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──サガン鳥栖、アルビレックス新潟でプレーをして変わった部分、成長した部分は</span> 「状況を判断して考えてプレーするようになりましたし、その部分は成長した部分だと思っています。試合の流れを読んだプレーや、状況判断はJ2だととても重要になると思うので、しっかりと還元していきたいです」 <span style="font-weight:700;">──矢板中央高校の後輩でもあるDF山越康平選手もチームメイトになりますが</span> 「後輩ですごく可愛がりたいとも思いますし、一緒に成長して、チームのために共に貢献できたら良いと思います。しっかりとコミュニケーションをとって頑張っていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──個人的な目標は</span> 「チームの勝利のためにやることだけを考えています。結果も必要ですし、得点やアシストで貢献して、より多くの勝ち点を積み上げたいと思います」 2018.01.15 00:38 Mon
twitterfacebook
thumb

「優勝してJ1に戻るということが目標」2年連続のJ1昇格ミッションに挑む大宮FWシモヴィッチが意気込む

▽大宮アルディージャは14日、2018シーズンの新体制発表会を行なった。 ▽名古屋グランパスから加入したFWロビン・シモヴィッチが囲み取材に応対。大宮加入のポイントや、今シーズンの意気込みについて語ってくれた。 <span style="font-weight:700;">◆FWロビン・シモヴィッチ</span>(大宮アルディージャ) <span style="font-weight:700;">──大宮アルディージャへ移籍を決めたポイントは</span> 「非常にクラブからの真剣な気持ちを感じました。クラブについても色々な良い評判を聞いていたので、決断することは簡単でした」 <span style="font-weight:700;">──2シーズン前に対戦していますがイメージはありますか</span> 「正直なところ、あまり覚えていません(笑)。当時は名古屋グランパスの選手だったので、名古屋の勝利の事だけを考えてプレーしていました。印象はあまりないです」 <span style="font-weight:700;">──高さや足元の技術など、自身のストロングポイントではどこでチームに活かせると思いますか</span> 「考えながら、クレバーに賢くプレーする事です。自分の長所をいかにしてチームのために活かせるかを考えて、賢くプレーしたいです」 <span style="font-weight:700;">──今日の午前中はNACK5スタジアム大宮でファン・サポーターの前で初練習を行いました。印象はいかがですか</span> 「これから自分がホームゲームを戦うスタジアムで練習できたことは良かったです。そして、サポーターの方達を見ることもできたので、シーズンのスタートを感じました」 <span style="font-weight:700;">──ファン・サポーターに見てもらいたいプレーやポイントはありますか</span> 「自分のプレーや技術について語るのはあまり好きではないです。逆に、ファン・サポーターの方が色々な見方で、好きな見方で僕を見てもらえたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──昨シーズンは名古屋グランパスで昇格に貢献しました。今シーズンも同じミッションに挑むことになりますが</span> 「言われた通り、凄く似たミッションになると思います。同じ目標としてJ1に昇格するというものがありますが、1つ違うのはプレーオフではなく、優勝してJ1に戻るということが目標です」 2018.01.15 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

得意の攻撃面を見せたい大宮DF中村太亮「アシストは最低でも2桁」

▽大宮アルディージャは14日、2018シーズンの新体制発表会を行なった。 ▽ジュビロ磐田から加入したDF中村太亮が囲み取材に応対。大宮加入への思いや、経験豊富なJ2の戦い方について語ってくれた。 <span style="font-weight:700;">◆DF中村太亮</span>(大宮アルディージャ) <span style="font-weight:700;">──大宮アルディージャへ移籍を決めたポイントは</span> 「昨シーズンは2試合しか出ていなくて、一昨シーズンは28試合に出場していました。ただ、自分の思っていたプレーは全くできていなく、2年間良いプレーというか、しっくり来たプレーは1つもしていませんでした」 「オファーを頂いたということは、周りの評価もあると思いますが、そう思っていた中で力を貸してくれと言われたので、迷うことなく決めることができました」 <span style="font-weight:700;">──守備の部分を求められた2シーズンだったと思いますが、得意な攻撃の部分をもっと出したいという思いがありますか</span> 「守っているだけでは面白くないです。ジュビロの1年目は、チーム状況的にも守っている時間が長かったというのもありました。自分のストロングポイントはほぼ出せていないですし、2年目はほぼ試合に絡めませんでした」 「選手であれば、自分でも今の感じだったら試合に出られないということを感じるんですが、そういったものはなかったので悔しかったです。大宮に来て、暴れてやろうという気持ちです。メンタル的にも凄く良い状態だと思います」 <span style="font-weight:700;">──左利きの左サイドバックということで、チームとしても期待されている部分が多いと思いますが</span> 「ビルドアップで自分が中心になれたらと思います。(左利きなので)ギリギリまで待ってパスを出すこともできます。出してそのまま前にスペースがあれば走っていきます。経験も生かして、中心となってやっていければと思います」 「現代サッカーでは後ろからのビルドアップが重要ですし、J2になるとボールを持てる時間が長くなるので、守っている相手に対して勇気ある縦パスとか、サイドから入れることが有効だと思います。そこで良いボールが出せれば、チャンスも作れるので、ポイントになると思いますし、そのためにここに来ることを決断しました」 <span style="font-weight:700;">──J2でのプレー経験が多いですが、J2を戦う上で感じているポイントは</span> 「久しぶりに2シーズンJ1を戦いましたが、正直、J1の中位からJ2の上位にかけては、そこまで戦力的には大きく変わらないと思います。J1の上位はトップクラスの選手がいると思います」 「J2の下位のチームになると、守り方を徹底してやって、引いて守ってカウンターというのが多くなると思います。そういった相手に対してどう自分たちが仕掛けていくか。 J2の戦いは非常に難しいと思います。下位のチーム相手にどう戦うかですね」 <span style="font-weight:700;">──ターゲットとしてわかりやすいシモビッチ選手がチームにいると、得意のクロスや周りの選手の活かし方が重要になると思いますが</span> 「高さのある選手がいることによって、フリーであれば合わせることもできますし、逆に周りの選手が活きてくると思います。背が低くてすばしっこい選手が活きることもあると思います。攻撃の幅はかなり広がるんじゃないかなと思います。シモビッチは足元もあるので、早く試合がしたいですね。楽しみです」 <span style="font-weight:700;">──ファン・サポーターに見てもらいたいポイント、注目して欲しいプレーは</span> 「やっぱり得点に繋がるプレーですかね。磐田の時は全然でしたが、これまでは数字を残して来ました。ここでももっと出せたらと思います。アシストは最低でも2桁を記録したいと思います」 2018.01.15 00:17 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース