横浜FM新体制発表会、柏から加入のFW大津祐樹ら新加入選手7名がファン・サポーターからの質問に応対2018.01.14 17:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽横浜F・マリノスは14日に新体制発表会を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。

▽今シーズンから横浜FMに加入するのは、DF西山大雅、DF生駒仁、MFユン・イルロク、MF堀研太、MF山田康太、FW大津祐樹、FW町野修斗の7名。登壇後、入団挨拶を行い、SNSでファン・サポーターから寄せられた質問に応対した。

◆FW大津祐樹
(C)CWS Brains,LTD.

「柏レイソルから加入した大津祐樹です。今年はよろしくお願いします」

◆MFユン・イルロク
(C)CWS Brains,LTD.

「FCソウルから来ましたユン・イルロクです」

◆DF西山大雅
(C)CWS Brains,LTD.

「横浜F・マリノスユースから加入した西山大河です。よろしくお願いします」

◆DF生駒仁
(C)CWS Brains,LTD.

「鹿児島城西高校から来ました生駒仁です。応援よろしくお願いします」

◆MF堀研太
(C)CWS Brains,LTD.

「マリノスユースから来ました堀研太です。頑張りたいと思います」

◆MF山田康太
(C)CWS Brains,LTD.

「ユースから昇格しました山田康太です。応援よろしくお願いします」

◆FW町野修斗
(C)CWS Brains,LTD.

「履正社高校から加入しました町野修斗です。活躍するので応援よろしくお願いします」

──憧れ・尊敬するサッカー選手は
大津「中澤佑二選手です。敵チームとして対戦しても素晴らしく良い選手でしたし、加入する前に話を聞いた中ですごく尊敬できる先輩だと聞きました」

ユン・イルロク「小さい頃から2002年のワールドカップで観たアン・ジョンファン選手です」

西山「僕も中澤佑二選手です。プレー面でもそうですけど、ユースの頃から練習に参加した時にとても可愛がってもらいました。相手チームからも尊敬される人なので、自分もそういう存在になりたいです」

生駒「ボアテング選手です。攻撃・守備共にチームの勝利に貢献できる選手なので、僕もそういう選手になりたいです」

堀「松田直樹選手です。小さい頃からマリノスの下部組織にいた中で、一緒にボール回しで遊んだりリフティングしたりして憧れの選手です」

山田「レアル・マドリーのモドリッチ選手です。モドリッチ選手のプレーは自分と似ているなと思っているので、参考にしています」

町野「イブラヒモビッチ選手です。身長が高いのに技術もあって、自分もそういう選手になりたいです」

──ファン・サポーターから何て呼ばれたいか
町野「中町選手がいるので、なるべく下の名前である修斗を使ったニックネームでも良いので呼ばれたいです」

山田「僕も下の名前で康太と呼んでもらえたら嬉しいです」

堀「自分はホリケンでお願いします!(笑)」

生駒「自分も下の名前の仁でお願いします」

西山「自分も下の大雅と呼んでもらえたら嬉しいです」

ユン・イルロク「ユンユンでお願いします(笑)」

大津「大津でも祐樹でもどちらでも大丈夫です。祐樹と呼ばれることの方が多いです」

──好きな寿司ネタは
大津「僕は寿司より焼肉派です(笑)」

ユン・イルロク「韓国の頃から寿司が大好きで、その中でもサーモンが好きです」

西山「穴子が好きです。甘ダレが好きで必ず食べます」

生駒「エビです。エビ待っています(笑)」

堀「ビンチョウマグロです。マグロではないです。ビンチョウマグロが良いです」

山田「えんがわが好きです。中のしそが美味しいので好きです」

町野「大トロです。美味しいです。待っています(笑)」

コメント

関連ニュース

thumb

第1戦のアドバンテージを生かした横浜FMが神戸を退け準々決勝進出!《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦、ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスが9日にエビアスタジアム神戸で行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、2戦合計スコア3-5とした横浜FMが準々決勝進出を決めている。 ▽第1戦では大津やウーゴ・ヴィエイラのゴールなどで、横浜FMがホームで4-2で勝利。2点のアドバンテージを得て第2戦に繋げた。 ▽ホームでの逆転突破を目指して戦う神戸は、第1戦から2選手を変更。北本と郷家を代えて、高橋と大槻を先発に起用した。 ▽対する横浜FMの変更は1点のみ。オリヴィエ・ブマルに代えてユン・イルロクを起用した。 ▽先に試合を動かしたのは神戸。13分、相手のパスミスを敵陣で奪った大槻がドリブルで前線へ運び、右に展開する渡邉にパス。見事なトラップでシュートに繋げると、これが左ポストに直撃。跳ね返りを藤田がダイレクトで押し込んで、神戸が2戦合計スコア3-4とし、1点差に詰め寄った。 ▽その後は、細かくパスを繋ぐ横浜FMとその横浜FMのミスを誘って、奪っては縦に速いカウンターを仕掛ける神戸という構図に。34分には、ボックス左の田中のクロスを渡邉が頭で合わせるが惜しくも枠を捉えられず、神戸の同点ゴールとはならなかった。 ▽後半立ち上がちにチャンスを迎えたのは横浜FM。左サイドバック山中の攻め上がりから、クロスをファーサイドで仲川が合わせるがGK前川のファインセーブに阻まれる。その後、横浜FMはユン・イルロクを下げて、前回途中出場からゴールをているウーゴ・ヴィエイラを投入。 ▽すると67分、ボックス左でパスを受けた大津のグラウンダーのクロスを、DFと競り合いながらも先につま先で触ったウーゴ・ヴィエイラが押し込んで横浜FMが追加点。2戦連続で途中出場からのゴールを奪った。 ▽勝ち抜けにはあと2点が必要になった神戸。80分過ぎに、自陣からのクリアボールを相手の最終ラインで奪った三田が、GK飯倉のポジションを見てループシュートを狙うが、精度が低く枠に飛ばせない。逆に85分にはウーゴ・ヴィエイラにゴールに迫られるなど、攻撃に時間を割くことが出来ない。 ▽試合はここで終了。第2戦を1-1で乗り切った横浜FMが2戦合計3-5とし、準々決勝進出を決めた。 2018.06.09 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FM、MF山田康太とのプロA契約締結を発表「さらなる飛躍を目指します」

▽横浜F・マリノスは5日、MF山田康太とプロA契約を締結したことを発表した。 ▽山田は、4月28日の明治安田生命J1リーグ第11節の鹿島アントラーズ戦で既定の通算450分の出場時間を満たした。クラブ公式サイトを通じて以下のように喜びを伝えている。 ◆MF山田康太 「この度はプロA契約を結ぶことが出来、大変嬉しく思っています。満足することなく、感謝の気持ちを忘れずに、幼い頃からお世話になったこのクラブでさらなる飛躍を目指します」 ▽神奈川県出身の山田は、小学生の頃に横浜FMの下部組織に入団。トップチーム昇格を果たした今シーズンは、YBCルヴァンカップ3試合、J1リーグ1試合に出場している。 2018.06.05 14:50 Tue
twitterfacebook
thumb

デゲネク、オーストラリア代表としてロシアW杯行き決定に「永遠に残る記憶」

横浜F・マリノスに所属するオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクが、ロシア・ワールドカップ行きを決めて喜びを露わにしている。<br><br>昨季から横浜FMでプレーするデゲネクは主力としてリーグ戦通算37試合に出場。今季から元オーストラリア代表指揮官、アンジェ・ポステコグルー監督が就任したことで、より重要な存在に成長した。<br><br>そして3日、オーストラリアはロシアW杯行きの23名を発表。デゲネクの他、浦和レッズのアンドリュー・ナバウトや同国のレジェンドであるティム・ケーヒルが選出されている。初めてのワールドカップに臨むデゲネクはクラブ公式サイトを通じてこのように喜んだ。<br><br>「ワールドカップに出場するために、長い間努力をしてきたので、最高の気持ちです。この夢が叶ったことは、自分の中で永遠に残る記憶となります。これからももっと大きな夢に向かって進み続けたいと思います」<br><br>グループCに入ったオーストラリアは、フランス、デンマーク、ペルーと対戦する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.04 11:05 Mon
twitterfacebook
thumb

攻撃力爆発の横浜FM、大量4得点で神戸との第1戦を制す!《YBCルヴァンカップ》

▽JリーグYBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第1戦、横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸が2日に行われ、4-2で横浜FMが勝利した。 ▽グループA2位通過の横浜FMと、グループD首位通過の神戸が激突。プレーオフステージはホームとアウェイを入れ替えた2試合の合計スコアで勝敗が決まる。 ▽まずニッパツ三ツ沢球技場でのホーム戦となった横浜FMは、スタメンに中澤や扇原、天野、大津らを起用。対する神戸は、新加入のイニエスタに背番号「8」を譲った三田に、ティーラトン、田中、渡邉らが先発に名を連ねた。 ▽ワールドカップ前地獄の連戦から2週間、両チームともリフレッシュした状態で挑むこの一戦。試合が動いたのは8分。敵陣右サイドでFKを得た神戸は藤田がボールをセット。正確なクロスを放り込むと、相手2人に挟まれながらも規格外のフィジカルを見せたウェリントンが頭で押し込んでネットを揺らした。 ▽失点後、攻勢を強める横浜FMは、FKやCKからゴールに迫る。すると23分、左サイドバックの山中の長い縦パス1本でゴール前に抜け出した大津がGKとの一対一を制し、スコアを同点に戻した。 ▽勢いに乗る横浜FMはさらに30分、敵陣右サイドで相手のパスミスを奪った仲川がドリブル突破を選択。パスの選択肢も残しつつ相手に的を絞らせないドリブルでゴール前に攻め込むと、そのまま左足を振り抜き逆転ゴールを決めた。 ▽その後も天野やオリヴィエ・ブマルがチャンスを迎える横浜FMの流れのまま試合は進行。前半終了間際には神戸ウェリントンにビッグチャンスが訪れるが、体を張った山中がシュートブロックで失点を阻止した。 ▽迎えた後半、神戸は早い時間帯で同点に追いつく。55分、左CKの藤田のクロスにファーサイドで渡邉が反応。頭で合わせて再び同点に戻した。 ▽その後は両チームとも攻撃に重きを置いた試合展開に。互いにゴールに迫る見応えのある試合を見せる中、ディフェンスラインからのスルーパスでボックス右に侵入した仲川の折り返しを天野が押し込んで横浜FMが勝ち越した。 ▽さらに75分には、途中出場のウーゴ・ヴィエイラが相手からボールを奪うと、ゴール前で細かいタッチでDF2人を躱してシュートを放つ。するとこのシュートが左ポストに跳ね返り、クリアを狙う北本に当たってゴールイン。神戸は痛恨のオウンゴールを与えてしまった。 ▽このゴールで試合の大勢が決まってしまった神戸はハーフナー・マイクを投入するもゴールを奪うことはできず、試合は4-2で横浜FMが勝利。神戸のホームで行われる第2戦に向けて、アドバンテージを得た。 2018.06.02 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FM、MFダビド・バブンスキーに第一子誕生 「家族となった彼とユニークな人生を」

▽横浜F・マリノスは21日、MFダビド・バブンスキー(24)に第一子となる男の子が18日に誕生したことを発表した。 ▽ダビド・バブンスキーは、2017年から横浜FMでプレー。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ5試合に出場している。クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントした。 「最高の瞬間を味わえて幸せです。この人類に新しい命を授かったことを嬉しく、そして新しく家族となった彼とユニークな人生を送れることが今から楽しみです」 2018.05.22 09:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース