J1復帰の名古屋新体制…ジョーが7番、ランゲラックが22番、新10番はシャビエル2018.01.14 16:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽名古屋グランパスは14日、2018シーズンの選手背番号を発表した。▽風間八宏体制2年目の名古屋。ブラジル代表FWジョーやオーストラリア代表GKミチェル・ランゲラックといった大型移籍を成立させ、2年ぶりにJ1の舞台に戻ってくる。

▽背番号は、ジョーが7番、ランゲラックが22番に決定。昨年途中加入ながら圧倒的な存在感を誇ったMFガブリエル・シャビエルは背番号44から10番に変更となっている。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.楢崎正剛
16.武田洋平
18.渋谷飛翔
22.ランゲラック☆←(レバンテ/スペイン)※完全

DF
2.畑尾大翔☆←(ヴァンフォーレ甲府)※完全
3.櫛引一紀☆←(北海道コンサドーレ札幌)※期限付きからの完全
5.新井一輝☆←(横浜F・マリノス)※期限付きからの完全
6.宮原和也☆←(サンフレッチェ広島)※期限付き延長
29.和泉竜司
39.内田健太

MF
4.小林裕紀
8.ワシントン
9.長谷川アーリアジャスール☆←(大宮アルディージャ)※完全
10.ガブリエル・シャビエル☆←(ヴィトーリア/ブラジル)※期限付き延長
14.秋山陽介☆←(早稲田大学)※新加入
21.八反田康平
23.青木亮太
32.深堀隼平
33.梶山幹太

FW
7.ジョー☆←(コリンチャンス/ブラジル)※完全
11.佐藤寿人
13.大垣勇樹☆←(興國高校)※新加入
19.押谷祐樹
25.杉本竜二
28.玉田圭司
30.松本孝平
コメント
関連ニュース
thumb

名古屋FW玉田圭司が契約満了で退団「とても刺激的な2年間でした」

▽名古屋グランパスは6日、元日本代表FW玉田圭司(38)との契約満了を発表した。 ▽玉田は習志野高校から1999年に柏レイソルへと入団。2006年に名古屋へと移籍すると、9シーズン在籍。2015年にセレッソ大阪へと移籍するも、2017年に復帰。チームのJ1昇格に貢献していた。 ▽今シーズンは、明治安田生命J1リーグで24試合に出場し3得点を記録。終盤戦は残留争いをするチームを助けていた。玉田はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンでチームを離れることになりました。とても刺激的な2年間でしたし、僕にとってすごくいい経験をさせていただいたと思っています。グランパスでの経験を今後も活かしたいです。サポーターの皆さん、どんな時も支えていただきありがとうございました」 2018.12.06 12:47 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋FW玉田圭司が退団を明言…「労いの言葉がなかった」クラブの対応に落胆も感謝

▽名古屋グランパスに所属する元日本代表FW玉田圭司(38)が今シーズン限りでの退団を明言している。 ▽玉田は、2006年から2014年まで名古屋でプレーし、セレッソ大阪での2年間のプレーを経て、2017年に復帰。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで28試合6ゴールを記録してチームのJ1復帰に貢献すると、今シーズンは明治安田生命J1リーグで24試合3ゴールの成績を残し、J1残留への力となった。 ▽そんな玉田は6日、自身のインスタグラム(keijitamada_official)を更新し、今シーズン限りでの退団が決定したことを明言。そんな中、「労いの言葉の1つもなかったことにがっかりしました」と胸中を明かしながらも、前向きな姿勢を見せている。 「今シーズンで退団することになりました。あまりにも突然だったので正直、頭を整理するのに少し時間がかかりました…。2014年に1度退団し、その2年後に帰ってきて名古屋グランパスに誠心誠意を持ってやってきましたが、契約しないと伝えられた時には労いの言葉の1つもなかったことにはがっかりしました」 「しかし、とても刺激的な2年間でしたし、僕にとってすごくいい経験をさせて頂いたと思っています。シーズン終了後に皆さんから来年度の僕のユニフォームを予約してくださったとの声を頂いて、来年にむけて頑張ろうと思っていたので、それを無駄にしないためにも前を向いていきたいです!ありがとうございます!」 2018.12.06 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋、U-18所属DF藤井陽也の来季トップチーム昇格を発表! 「夢を与える存在に」

▽名古屋グランパスは5日、U-18所属のDF藤井陽也(17)の来シーズントップチーム昇格を発表した。 ▽幼少期から名古屋提携クラブで育ち、U-12から順調にステップアップした藤井は、世代別日本代表の経験の持ち主。今年3月には2種登録され、トップチームにも在籍していた。 ▽来シーズンから正式にトップチームに加わることとなった藤井は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このたび、トップチームに昇格することが決まり、大変嬉しく思います。幼稚園から始めたスクール、グランパス三好、ジュニア、ジュニアユース、ユースと約14年間、名古屋グランパスという偉大なクラブに育ててもらいました。長い間お世話になったたくさんのグランパス関係者の皆様に深く感謝致します」 「そして次は自分がトップチームで活躍することで、グランパススクールやアカデミーでプレーする選手に夢を与える存在にならなければなりません。そのことがクラブへの恩返しになると思います。たくさんのことを教えてくださった指導者の方々、大好きなチームメイト、どんな時でも熱い応援で後押ししてくださるサポーターの方々、学校の先生、友人など僕を支えてくださったすべての皆様のおかげで今の自分があると思います。本当にありがとうございます」 「これからはプロという厳しい世界でプレーすることになります。1日1日を大切に、自分に何が必要かを常に考えて行動し、もっともっと成長していきます。そして、グランパスの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。ご声援よろしくお願い致します」 2018.12.05 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

J1残留の名古屋が指揮官続投発表! 来季風間八宏体制3年目へ!

▽名古屋グランパスは5日、風間八宏監督(57)との契約を更新したことを発表した。 ▽5年間川崎フロンターレを指揮した風間監督は、2017年に名古屋の監督に就任。昨シーズンには明治安田生命J2リーグでJ1昇格プレーオフを制し、チームを1年でのJ1復帰に導いた。迎えた今シーズンの明治安田生命J1リーグでは、前半戦に15戦未勝利、後半戦には7連勝と激動のシーズンを送り、残留争いに巻き込まれ続けたが、最終節で辛くもJ1残留を決めた。 ▽来シーズン続投が発表された風間監督は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今シーズンもたくさんのご声援ありがとうございました。本当に皆さんのおかげで、圧倒的なスタジアムを創っていただきました。また来シーズンも、共に、一体となり楽しみましょう。応援よろしくお願いします」 2018.12.05 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋の元ブラジル代表FWジョー、24ゴールでJ1得点王を獲得!

▽名古屋グランパスに所属する元ブラジル代表FWジョーが2018シーズンの明治安田生命J1リーグで24得点を挙げ、得点王に輝いた。名古屋に今シーズン加入したジョーにとって、J1挑戦初年度での個人タイトルとなる。 ▽ジョーは、前半戦こそ6得点にとどまったが、第19節から26節にかけて計14得点をマーク。1日に行われた最終節の湘南ベルマーレ戦でシーズン7度目の複数得点となる2ゴールを挙げ、チームを残留に導いた。 ▽次点は、20得点を記録したサンフレッチェ広島のブラジル人FWパトリック。日本人選手の最多得点者は、15得点で並ぶ浦和レッズの元日本代表FW興梠慎三と川崎フロンターレの同代表FW小林悠となる。 ▽なお、名古屋でプレーする選手のJ1得点王受賞は通算4回目。受賞者としては、2003年に輝いたブラジル人FWウェズレイや、2010年と2011年に受賞した元オーストラリア代表FWケネディに続き3人目だ。 ◆J1得点ランキング 【24】 ジョー(名古屋グランパス) 【20】 パトリック(サンフレッチェ広島) 【16】 ファン・ウィジョ(ガンバ大阪) 【15】 興梠慎三(浦和レッズ) 小林悠(川崎フロンターレ) 【13】 ウーゴ・ヴィエイラ(横浜F・マリノス) 北川航也(清水エスパルス) 【12】 都倉賢(北海道コンサドーレ札幌) ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京) 2018.12.01 16:45 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース