齋藤学退団に揺れた横浜FMが新体制発表! FW大津祐樹が9番、10番は空き番2018.01.14 15:05 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽横浜F・マリノスは14日に新体制発表会を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。▽2017シーズンは明治安田生命J1リーグで5位という躍進を見せ、天皇杯では決勝進出を果たし、タイトル獲得まであと1歩のところまで迫った横浜FM。元オーストラリア代表指揮官であるアンジェ・ポステコグルー監督を招へいして臨む今シーズンは、主力選手の退団があったものの、ピンポイントで補強を敢行した。

▽主な背番号は、柏レイソルから加入したFW大津祐樹が「9」、FCソウルから加入した韓国代表MFユン・イルロクが「25」を着用。また、DFミロシュ・デゲネクが「34」から「2」に、MF遠藤渓太が「18」から「11」に変更となった。なお、川崎フロンターレに移籍したMF齋藤学の「10」は空き番となっている。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
21.飯倉大樹
30.鈴木彩貴
31.杉本大地
32.原田岳

DF
2.ミロシュ・デゲネク※背番号変更
4.栗原勇蔵
13.金井貢史
22.中澤佑二
23.下平匠
24.山中亮輔
26.イッペイ・シノヅカ
27.松原健
34.西山大雅☆←(横浜F・マリノスユース)※昇格
36.生駒仁☆←(鹿児島城西高校)※新加入

MF
5.喜田拓也
6.扇原貴宏
8.中町公祐
11.遠藤渓太※背番号変更
14.天野純
25.ユン・イルロク☆←(FCソウル/韓国)※完全移籍
33.ダビド・バブンスキー
35.吉尾海夏
37.堀研太☆←(横浜F・マリノスユース)※昇格
38.山田康太☆←(横浜F・マリノスユース)※昇格

FW
7.ウーゴ・ヴィエイラ
9.大津祐樹☆←(柏レイソル)※完全移籍
16.伊藤翔
19.仲川輝人☆←(アビスパ福岡)※期限付き移籍からの復帰
29.和田昌士☆←(レノファ山口FC)※期限付き移籍からの復帰
39.町野修斗☆←(履正社高校)※新加入
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FM、GK鈴木彩貴が契約満了…2017年加入も出番なし

▽横浜F・マリノスは8日、GK鈴木彩貴(31)の契約満了に伴う退団を発表した。 ▽鈴木は2010年にブラウブリッツ秋田でプロキャリアをスタート後、ギラヴァンツ北九州を経て、2017年から横浜FMでプレー。だが、今シーズンを含め、在籍2年間で出番がなかった。 ▽退団が決定した鈴木はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメント。感謝の言葉を綴った。 「今シーズンもご声援頂きありがとうございました。2年間という短い期間でしたが、横浜F・マリノスでプレー出来たことに感謝しかありません。このクラブで得た多くの経験を今後のサッカー人生に生かしていけるよう、日々精進して参りたいと思います。この2年間共にプレーしたチームメイト、スタッフの皆さま、チーム関係者、スポンサーの皆さま、そしてサポーターの皆さま、本当にありがとうございました」 2018.12.08 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMが徳島DF広瀬陸斗を完全移籍で獲得「持てる力を最大限発揮」

▽横浜F・マリノスは6日、徳島ヴォルティスのDF広瀬陸斗(23)が完全移籍で加入することを発表した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">JリーグをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽広瀬は、埼玉県出身で、浦和レッズジュニアユース、ユースと所属。2014年に水戸ホーリーホックへと加入した。2015年からは徳島でプレー。J2通算128試合出場4得点、天皇杯通算8試合出場2得点を記録していた。 ▽U-17からU-19までは日本代表も経験している。広瀬はクラブを通じてコメントしている。 「初めまして、徳島ヴォルティスから加入することになった広瀬陸斗です。魅力的なサッカーをするクラブに入ることができとても嬉しいです。自分が持てる力を最大限発揮してチームに貢献します。応援よろしくお願いします」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">JリーグをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽また、4シーズン在籍した徳島を通じてもコメント。ファン・サポーターへの感謝を述べている。 「このたび横浜F・マリノスに移籍することになりました。4年間暖かい声援をありがとうございました。ここ2年間、怪我が重なりチームにも貢献できず悔しい思いでいっぱいですが、自分らしくJ1で活躍できるよう怪我をせず頑張ります。徳島で応援いただいた皆様に本当に感謝しています。4年間、ありがとうございました」 2018.12.06 12:38 Thu
twitterfacebook
thumb

ポステコグルー監督、母国代表就任噂も横浜FM続投を明言! その理由は?

▽横浜F・マリノスを率いるアンジェ・ポステコグルー監督が、同クラブとの契約を更新したことを明かした。『FOXスポーツ』が伝えている。 ▽オーストラリア代表監督を辞任し、今シーズンから横浜F・マリノスを指揮したポステコグルー監督。これまで横浜FMが伝統としていた堅守ベースのサッカーからアタッキングフットボールへとチームのスタイルを転換し、リーグ戦では12位に終わったものの、YBCルヴァンカップでは17年ぶりの決勝進出を果たした。 ▽そんな同監督は10月に自身の母国であるギリシャ代表監督就任の噂が浮上。しかし、ポステコグルー監督は今回横浜FM続投に合意したことを明かし、その理由について説明した。 「横浜F・マリノスは常に一貫したクラブであった。とても守備的で、実利主義で構築されていた。私はそれをひっくり返した」 「それは大胆なことであった。選手にとってもクラブにとっても大きな変化でだった。今回の移籍市場では我々のプレースタイルに合う選手たちを引き入れるチャンスになる」 「ヨーロッパ、そして私が生まれて国であるギリシャに戻ることは魅力的なものだった。ただ今は私のクラブでフットボールを楽しんでいる。代表チームがどういうものかは全て理解しているが、そこに戻る準備はできなかった」 「いつか代表チームの指揮に戻るかもしれないが、今はクラブでの指揮に最も刺激を受けている。ここから離れる前に何かを成し遂げたい。それが今の私の重要な原動力となっている」 「2週間前にはもう1年とどまることに合意していた。彼らはこの道を進み続けることに熱心だ。彼らは5年間、優勝から遠ざかっている。彼らは異なるアプローチを望み、それをそれを見たいと思っている。彼らはそこに強い気持ちを持っている。選手たちもそうだ。だからもう1年契約を更新した」 2018.12.05 11:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ウーゴ・ヴィエイラ、自身のSNSで横浜FM退団を表明「マリノスのユニフォームを纏った事は誇りに思います」

▽横浜F・マリノスに所属するポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラ(30)は3日、自身のインスタグラムで同クラブを今季限りで退団することを発表した。 ▽2017年にツルヴェナ・ズヴェズダから横浜FMに加入したウーゴ・ヴィエイラ。加入初年度に公式戦38試合18ゴールを挙げると、今シーズンも明治安田生命J1リーグ31試合に出場しチームトップの13ゴールを記録するなど活躍した。 ▽そんなウーゴ・ヴィエイラは、3日に自身のインスタグラム(@hugovieira10)を更新。横浜FM退団の意思を示し、クラブへの感謝を綴っている。 「こんなにも暖かく歓迎してくれたクラブから去るのはとても辛いです。本音を言うと残留したかったです。マリノスのユニフォームを纏った事は誇りに思います。一生トリコロールです! 全てに感謝です! ありがとうございました」 2018.12.04 01:35 Tue
twitterfacebook
thumb

清武弾で逆転のC大阪が尹晶煥監督に勝利で別れ! 横浜FMはホーム最終戦を飾れず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第34節の横浜F・マリノスvsセレッソ大阪が12月1日に日産スタジアムで行われ、アウェイのC大阪が2-1で勝利した。 ▽前節、サガン鳥栖に逆転負けで自力での残留確定に至らなかったものの、最終節の対戦組み合わせによって事実上残留が決定している12位の横浜FM(勝ち点41)はホーム最終戦に向けイッペイ・シノヅカと大津に代えて畠中、喜田を起用。システムを[3-4-3]に変更した。また、今季限りでの現役引退が伝えられる40歳の中澤が13試合ぶりにベンチ入りした。 ▽一方、前節柏レイソルに完敗してホーム最終戦を白星で飾れなかった9位のC大阪(勝ち点47)は尹晶煥監督のラストマッチでの勝利を誓い、敵地へ乗り込んだ。柏戦からは柿谷に代えて山村を起用した。 ▽立ち上がりに天野の直接FKでポスト直撃のシュートを放つなど、ホームの横浜FMが積極的な入りを見せる。対するC大阪も13分にはボックス手前好位置で得たFKをソウザが低い弾道のシュートで狙うが、これは相手GKにはじき出される。 ▽時間の経過と共にペースを掴んだC大阪は19分にボックス左の杉本に決定機もシュートを枠に飛ばせない。直後の21分には山村のスルーパスに抜け出した水沼がボックス内でGKとの一対一のチャンスを得るが、今度はGK飯倉の好守に阻まれた。 ▽一方、なかなかペースを掴み切れない横浜FMも30分過ぎに決定機を創出。ボックス中央でボールを収めた仲川の反転シュートのこぼれ球をゴール右でフリーの松原がシュートを放つが、ここはGKキム・ジンヒョンの好守に阻まれた。 ▽互いにチャンスを決め切れず、ゴールレスで折り返した試合は一転して後半の早い時間帯に動きを見せる。50分、ボックス左からドリブルで切り込んだ仲川のシュートが相手DFにブロックされると、これをゴール前に走り込んだ天野が相手守備陣より先にプッシュしゴールネットに流し込んだ。 ▽先制を許したC大阪だが、ここから鮮やかな反撃を見せる。56分、水沼のボール奪取からショートカウンターに転じると、ボックス右で松田が入れたグラウンダーのクロスをゴール前の山村が見事なダイレクトボレーで合わせ、早い時間帯に同点に追いつく。続く61分には右CKの場面でショートコーナーから松田が入れたクロスをファーサイドの木本が頭で合わせる。これはクロスバーを叩くも跳ね返りを清武が頭で押し込み、アウェイチームが逆転に成功した。 ▽ホーム最終戦で負けられない横浜FMは65分、松原、喜田と守備的なタレントを下げて久保とウーゴ・ヴィエイラを同時投入。前がかって同点ゴールを目指す。77分には遠藤のスルーパスに抜け出した天野が左サイド深くから精度の高いクロスを入れるも、ウーゴ・ヴィエイラのヘディングシュートはGK正面を突く。 ▽その後、守備的な交代で逃げ切りを図るC大阪に対して、横浜FMは82分に畠中を下げて中澤を最後の交代カードとしてピッチに送り出す。試合終盤にかけて攻勢を強めるホームチームは90分、扇原からのフィードに完璧なタイミングで抜け出したウーゴ・ヴィエイラに絶好機もここはボールタッチがうまく行かず、飛び出したGKにキャッチされてしまい、万事休す。 ▽清武のゴールによって敵地で逆転勝利のC大阪は今季限りで退団する尹晶煥監督を勝利で送り出すと共に今季リーグ戦を7位でフィニッシュすることになった。一方、ホーム最終戦で敗れた横浜FMは16位でJ1参入プレーオフ行きとなったジュビロ磐田と同じ勝ち点41も12位でシーズンを終えることになった。 2018.12.01 16:38 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース