J2参戦の甲府、選手背番号決定 リストにFWドゥドゥ不在、新10番はFWリンス2018.01.14 12:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴァンフォーレ甲府は14日、2018シーズンの選手背番号を発表した。

▽6シーズンぶりのJ2降格を味わった甲府。新シーズンは、指揮2年目の吉田達磨の下、1年でのJ1復帰を目指して、長く険しいJ2の戦いに臨む。

▽選手リストを見ると、2016年途中に完全移籍加入したFWドゥドゥの名前なし。昨年途中に加わったFWリンスがドゥドゥから背番号10を受け継ぐ。

▽また、昨年に京都サンガF.C.から復帰したMF堀米勇輝が背番号11から7番に変更。新戦力のDF湯澤聖人は2番、DFビョン・ジュンボンは3番に決まった。

▽甲府は、16日に静岡県清水市で一次キャンプをスタート。29日から宮崎県内で二次キャンプが予定されている。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.河田晃兵
23.岡大生
31.岡西宏祐

DF
2.湯澤聖人☆←(柏レイソル)※完全
3.ビョン・ジュンボン☆←(清水エスパルス)※完全
4.山本英臣
6.エデル・リマ
16.松橋優
22.小出悠太☆←(明治大学)※新加入
27.阿部翔平
28.橋爪勇樹
32.入間川景太☆←(ヴァンフォーレ甲府ユース)※昇格
33.秋山拓也☆←(アルビレックス新潟新馬ポール)※完全
35.高野遼☆←(横浜F・マリノス)※期限付き延長

MF
5.窪田良☆←(カターレ富山)※完全
7.堀米勇輝
8.新井涼平
14.田中佑昌
18.道渕諒平
19.小塚和季☆←(アルビレックス新潟)※完全
20.島川俊郎
21.荒木翔☆←(国士舘大学)※新加入
24.曽根田穣☆←(びわこ成蹊スポーツ大学)※新加入
26.佐藤和弘☆←(水戸ホーリーホック)※完全
40.小椋祥平

FW
10.リンス
13.太田修介☆←(日本体育大学)※新加入
17.金園英学☆←(北海道コンサドーレ札幌)※期限付き
25.森晃太
29.ジュニオール・バホス

コメント

関連ニュース

thumb

専修大MF小林岩魚、甲府への来季加入が内定! 「プロになって甲府に戻ることを目標に頑張ってきた」

▽ヴァンフォーレ甲府は12日、専修大学に所属するMF小林岩魚(21)の2019シーズン加入内定を発表した。 ▽U-15時代から甲府の下部組織でプレーしていた小林は、専修大学に進学。身長178㎝、体重72㎏のミッドフィールダーだ。 ▽来シーズンの甲府加入が内定した小林は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「来季よりヴァンフォーレ甲府に加入することになりました小林岩魚です。大学に入学したときから、4年後プロになって甲府に戻るということを目標に頑張ってきました」 「そして大好きなクラブ、生まれ育った街でまたプレーする機会を与えていただき本当に嬉しく思います。今まで支えてくれた両親や友人、サポートしてくださった指導者やスタッフの方々に感謝しています。 甲府を愛するサポーターの皆様に応援していただけるような選手になれるよう精一杯努力していきます。よろしくお願いします」 2018.06.13 10:40 Wed
twitterfacebook
thumb

甲府が逃げ切り!2戦合計スコアで浦和を上回り準々決勝進出!!《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦、浦和レッズvsヴァンフォーレ甲府が9日に埼玉スタジアム2002で行われ、2-1で浦和が勝利した。しかし、2戦合計スコアでは2-3で上回った甲府が準々決勝進出を決めている。 ▽2日に行われた第1戦では2-0で甲府が勝利を収めた。今季からJ2リーグで戦う甲府が金星を得る結果に。 ▽所変わって埼スタに場所を移した第2戦では、ホームの浦和は前回から3選手を変更。菊池、長澤、李を代えて、橋岡、山田、 阿部を先発に起用した。 ▽対する甲府は、エデル・リマと金園をビョン・ジュンホンと堀米に変更した、 ▽試合が動いたのは19分、ハーフウェイライン付近でボールを奪った浦和は、細かく前に進ませながら興梠に繋ぐ。興梠は自らドリブルでボックス手前まで迫ると、左足で相手の股を抜くシュートを突き刺し、浦和に先制点をもたらした。 ▽さらに浦和は、先制の場面と同じ位置から攻撃を始めると、マルティノスのスルーパスを興梠がボックス右で受ける。ここで興梠は飛び出してきたGKから一旦距離を取ると、すぐさま左足でループシュートを選択。これが見事に決まり、2戦合計スコアで浦和が振り出しに戻した。 ▽しかし、喜びも束の間、浦和はあっという間に勝ち越しを許してしまう。27分、左サイドに展開した甲府は、浦和の隙を突いて一気に前線へパスを供給。ボックス左で森が粘り強くボールをキープし、最後は小塚が押し込んで合計スコアを2-3とした。 ▽迎えた後半、アウェイゴールを奪われ突破にはあと2点が必要となった浦和は、頭から柏木を投入。攻勢を強めたい浦和は武藤がクロスバー直撃の強烈なミドルシュートを放つ。さらに李と武富を立て続けにピッチへ送り込むと23分に、その李がボックス手前でボールを奪いシュートを放つが、枠へ飛ばすことが出来なかった。 ▽一方の甲府も20分頃に左ポスト直撃の強烈なシュートを小塚が放つが追加点を奪うことはできず、試合はこのまま終了。2戦合計スコア2-3で、甲府が準々決勝進出を決めた。 2018.06.09 18:02 Sat
twitterfacebook
thumb

甲府、来季加入内定の東海大付属相模MF中山陸の特別指定選手承認を発表

▽ヴァンフォーレ甲府は8日、2019シーズンからの加入で内定している東海大学付属相模高校サッカー部に所属するMF中山陸(17)が「2018年JFA・Jリーグ特別指定選手」として承認されたことを発表した。背番号は「39」を着用することが決定している。 ▽神奈川県出身の中山は、SC相模原ジュニアユースから東海大学付属相模高等学校に進学した身長174cm、体重64kgのMFだ。甲府への加入内定は5月10日付で発表されており、その際には「僕の持ち味は視野の広さと相手の逆を取るプレーや、ミドルシュートです」、「ファン・サポーターの皆さまの期待に少しでも早く答えられるよう努力していきます」と意気込みを語っていた。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2018.06.08 14:10 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府がホームで無失点完勝! …浦和は4バック採用も機能せず《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第1戦のヴァンフォーレ甲府vs浦和レッズが2日に山梨中銀スタジアムで行われ、2-0で甲府が勝利した。 ▽グループBを2位で通過した甲府と、グループCを1位で通過した浦和による一戦。 ▽ホームの甲府は、最後方にGK河田を据え、3バックに今津、小出、エデル・リマを起用。中盤に湯澤、島川、佐藤、高野、3トップに森、金園、小塚を配す[3-4-3]を採用した。 ▽対する浦和は、守護神のGK西川を起用し、最終ラインには菊池、岩波、マウリシオ、宇賀神。中盤に青木、長澤、マルティノス、武藤、2トップに興梠と李を起用し、[4-4-2]で試合に入った。 ▽開始2分、甲府がカウンターから浦和ゴールに迫る。浦和の左CKを凌ぐと、エデル・リマが自陣からドリブルで相手陣内に侵攻。しかし、ボックス手前でパスを受けた金園がフリーの状態で放ったシュートは枠を外れた。 ▽その後も鋭いカウンターを仕掛ける甲府が主導権を握りつつ試合を進行していくが、なかなかシュートまで繋げることができない。21分、ボックス手前中央でボールを持った興梠がシュートを放ったが、甲府DFにブロックされ、浦和もチャンスを作ることができない。 ▽37分、甲府が右CKから試合を動かす。ショートコーナーが選択されると、右サイドでボールを受けた小塚が素早くクロスを供給。ボックス内で競り合いを制した今津が、ネットを揺らした。 ▽前半終了間際の45分、浦和に同点のチャンスが訪れる。ボックス手前右でボールを持ったマルティネスが左足でクロスを上げると、競り合いを制した李が至近距離からヘディングシュートを放つ。しかし、これはGK河田の好守に阻まれ、得点とはならず。甲府が1-0でリードして試合を折り返した。 ▽後半に入っても浦和にとって苦しい時間が続く。51分、甲府が右サイドでスローインを得ると、そこからボックス中央の金園にボールが渡る。後方に落とすと、反応した小塚が右足を振り抜き追加点とした。 ▽さらに60分、浦和陣内中央の小塚がディフェンスラインの裏にループパスを送る。しかし、岩波の背後に抜け出した金園が胸トラップして放ったシュートは、右ポストに嫌われてネットを揺らすことはできない。 ▽浦和はカウンターを警戒しつつもリスクを冒してアウェイゴールを奪いに行くが、最後まで甲府の守備陣がシャットダウン。結局2-0のスコアで試合が終了することとなった。 ▽ノックアウトステージ進出が決まる第2戦は、9日に行われる。 2018.06.02 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

甲府が大量6得点で首位大分に快勝! 松本は連勝ストップ《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第16節の5試合が26日に行われた。 ▽首位の大分トリニータはアウェイでヴァンフォーレ甲府と対戦。試合は開始間もなく大きく動くことになる。まずは3分、甲府が相手のペナルティエリア前でボールを奪うと、ゴール前に侵入した金園がGKとの一対一を制して、2分に甲府が先制した。その1分後、今度は相手陣内でボールを奪った小塚がそのままドリブルでゴールまで侵攻。GKのタイミングを外すループシュートを沈めて早くも2点差とした。 ▽だが、甲府の攻撃はここで終わらない。6分、右サイドから堀米がドリブル突破を図ると、小塚とつないで最後は佐藤がフィニッシュ。さらに15分には小出が敵陣でボールを奪って攻撃に転じると、金園のシュートはポストに弾かれてしまうものの、冷静に対処した堀米の折り返しを小出が押し込んで4点目を奪った。 ▽押せ押せの甲府は27分にも追加点。エデル・リマが左サイドを駆け上がり、小塚とのワンツーでボックス左に侵入。狭いペースを突いてネットを揺らした。 ▽すでに試合を決められてしまった大分は、38分に馬場のゴールで1点を返し、後半へ。しばらく膠着状態が続いたが、迎えた76分、右サイドのクロスから、味方からパスを受けた後藤がボックス左から見事なコントロールシュートを決めて2点目を奪った。 ▽しかし、88分に途中出場のリンスにCKから決められ万事休す。甲府は首位の大分相手に前半だけで5点を奪う大量6得点で大勝を収め、リーグ戦4連勝を飾った。 ▽徳島ヴォルティスと松本山雅FCの試合は、一進一退の攻防を見せた。20分に松本が、右サイドからのクロスに前田大がダイビングヘッドでゴールに迫ると、28分には今度は徳島のシシーニョがボックス手前から強烈なシュートを放つが、右ポストを直撃。互いに一歩も引かない戦いが続く。 ▽そんな中スコアが動いたのは36分、カウンターを発動した松本はセルジーニョのスルーパスに前田大が反応。相手DFのチェックを振り切り、右足でゴールに流し込んだ。 ▽迎えた後半、追いつきたい徳島が攻勢を強める中、58分に山崎が橋内にボックス内で倒されPKを獲得。岩尾がキッカーを務めたが、シュートをクロスバーに当ててしまう。その跳ね返りを自ら頭で押し込んでネットを揺らしたがこれがオフサイドの判定になりゴールは認められなかった。 ▽絶好のチャンスを逃した徳島だったが79分、ショートコーナーから島屋にボール渡ると、ボックス手前左からゴール右隅に沈める見事なシュートを決めて、徳島が同点に追いついた。 ▽最後まで白熱した試合はこのまま終了。徳島はこれで5戦無敗、松本は連勝が「2」でストップした。 ◆明治安田生命J2リーグ第16節 日程・結果 ▽5/26(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">甲府 6</span>-2 大分 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">岐阜 2</span>-1 新潟 京都 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 横浜FC</span> 徳島 1-1 松本 東京V 0-0 愛媛 2018.05.26 18:15 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース