J2参戦の甲府、選手背番号決定 リストにFWドゥドゥ不在、新10番はFWリンス2018.01.14 12:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴァンフォーレ甲府は14日、2018シーズンの選手背番号を発表した。▽6シーズンぶりのJ2降格を味わった甲府。新シーズンは、指揮2年目の吉田達磨の下、1年でのJ1復帰を目指して、長く険しいJ2の戦いに臨む。

▽選手リストを見ると、2016年途中に完全移籍加入したFWドゥドゥの名前なし。昨年途中に加わったFWリンスがドゥドゥから背番号10を受け継ぐ。

▽また、昨年に京都サンガF.C.から復帰したMF堀米勇輝が背番号11から7番に変更。新戦力のDF湯澤聖人は2番、DFビョン・ジュンボンは3番に決まった。

▽甲府は、16日に静岡県清水市で一次キャンプをスタート。29日から宮崎県内で二次キャンプが予定されている。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.河田晃兵
23.岡大生
31.岡西宏祐

DF
2.湯澤聖人☆←(柏レイソル)※完全
3.ビョン・ジュンボン☆←(清水エスパルス)※完全
4.山本英臣
6.エデル・リマ
16.松橋優
22.小出悠太☆←(明治大学)※新加入
27.阿部翔平
28.橋爪勇樹
32.入間川景太☆←(ヴァンフォーレ甲府ユース)※昇格
33.秋山拓也☆←(アルビレックス新潟新馬ポール)※完全
35.高野遼☆←(横浜F・マリノス)※期限付き延長

MF
5.窪田良☆←(カターレ富山)※完全
7.堀米勇輝
8.新井涼平
14.田中佑昌
18.道渕諒平
19.小塚和季☆←(アルビレックス新潟)※完全
20.島川俊郎
21.荒木翔☆←(国士舘大学)※新加入
24.曽根田穣☆←(びわこ成蹊スポーツ大学)※新加入
26.佐藤和弘☆←(水戸ホーリーホック)※完全
40.小椋祥平

FW
10.リンス
13.太田修介☆←(日本体育大学)※新加入
17.金園英学☆←(北海道コンサドーレ札幌)※期限付き
25.森晃太
29.ジュニオール・バホス
コメント
関連ニュース
thumb

甲府、MF田中佑昌との契約満了を発表「3年間めちゃくちゃお世話になりました! 」

▽ヴァンフォーレ甲府は28日、MF田中佑昌(32)との契約満了に伴い、来シーズンは契約を継続しないことを発表した。 ▽田中は、2016年にジェフユナイテッド千葉から加入。今シーズンは公式戦31試合3ゴールを記録していた。 ▽田中は、クラブ公式サイトを通じて以下のように感謝を告げている。 ◆MF田中佑昌 「3年間いつも熱い声援を頂きありがとうございました。このチームでプレーできた事を誇りに思います! 残念ながら今シーズンでチームを去る事になりましたが、まだまだサッカーを続けるつもりです」 「これからもヴァンフォーレで戦う選手達への応援を宜しくお願いします! 3年間めちゃくちゃお世話になりました! 」 2018.11.28 14:43 Wed
twitterfacebook
thumb

J1復帰逃した甲府、上野展裕監督が退任…J2リーグ9位終戦

▽ヴァンフォーレ甲府は23日、上野展裕監督(53)の退任を発表した。 ▽上野監督はサンフレッチェ広島で現役引退後、1998年から指導者キャリアをスタート。ツエーゲン金沢やレノファ山口FCを率いた後、今年5月に吉田達磨氏の解任を受け、甲府の監督に就任した。 ▽その就任当初の明治安田生命J2リーグこそ4連勝を飾るなど復調の兆しを見せたが、夏場に失速。ルヴァンカップや天皇杯で最高タイの8強入りを果たしたが、J2リーグ9位に終わり、1年でのJ1復帰を逃した。 ▽責任を取る形で甲府の監督を辞する上野展裕監督はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「今シーズン1年でのJ1復帰を目指し取り組んで参りましたが、目標を達成できず申し訳なく思います。しかし、選手たちは過密日程や多くの故障者が出た中、よく頑張ってくれました。この頑張りは、これからの甲府の未来へつながることだと思います」 「改めて、いつも変わらぬご支援ご声援をいただきました支援者の皆様、ファン、サポーターの皆様に心から感謝申し上げます。ヴァンフォーレ甲府はポテンシャルのある素晴らしいクラブですので、これからも皆様の後押しをいただけますようよろしくお願いします」 2018.11.23 14:10 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府、阿部と瀬戸、窪田に外国籍3選手が契約満了で退団

▽ヴァンフォーレ甲府は22日、DF阿部翔平(34)、MF瀬戸貴幸(32)、MF窪田良(27)と、韓国人DFビョン・ジュンボン(27)、ブラジル人FWジエゴ(24)、ブラジル人MFフェフージン(30)の6選手と契約満了に伴い来季の契約を更新しないことを発表した。 ▽名古屋グランパス、ジェフユナイテッド千葉でプレーした阿部(写真)は2017年3月に千葉からの期限付きで甲府に2015年以来の復帰を果たした。そして、完全移籍に切り替わった今季は公式戦22試合(リーグ戦13試合)に出場していた。 ▽また、愛知県立熱田高校を卒業後、アストラ(ルーマニア)、オスマンルスポル(トルコ)と海外でプロキャリアを歩んできた瀬戸は、今年8月に甲府に加入。Jリーグ初参戦となった今季はJ2リーグ1試合にルヴァンカップ2試合の出場にとどまっていた。 ▽徳島ヴォルティス、カターレ富山を経て今季から甲府に加入した窪田は、今季の公式戦22試合(リーグ戦13試合)に出場していた。 ▽ビョン・ジュンボンはサンフレッチェ広島、清水エスパルス、ツエーゲン金沢でのプレーを経て今季から甲府に加入。今季は公式戦25試合(リーグ戦16試合)に出場していた。 ▽それぞれ今夏に途中加入となったブラジル人2選手ではインテルナシオナルから期限付き移籍加入のジエゴは、今季公式戦13試合に出場し1ゴールを記録。一方、8月にセントロ・スポルチーヴォ・アラゴアーノから完全移籍で加入したフェフージンは、公式戦6試合(リーグ戦5試合)に出場し1ゴールを記録した。 2018.11.22 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

準決勝進出4チーム目は鹿島! 土居弾で甲府を破り2大会ぶりベスト4!《天皇杯》

▽21日、第98回天皇杯全日本サッカー選手権準々決勝の鹿島アントラーズ(J1)vsヴァンフォーレ甲府(J2)が山梨中銀スタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。 ▽すでに準々決勝3試合が終了し、浦和レッズ、ベガルタ仙台、モンテディオ山形の準決勝進出が決定済み。鹿島vs甲府の勝者は、準決勝で浦和と対戦する。 ▽ラウンド16でサンフレッチェ広島を2-0で下した鹿島は、アジア制覇を成し遂げたAFCチャンピオンズリーグ決勝第2戦のペルセポリス(イラン)戦から先発メンバーを6人変更。チョン・スンヒョン、鈴木、セルジーニョらに代えて犬飼、小笠原、金森らを起用した。また、内田とレアンドロが負傷から復帰し、ベンチに入った。 ▽一方、セレッソ大阪を0-1で破った甲府は、明治安田生命J2リーグ最終節の横浜FC戦から先発メンバーを3人変更。清水、久保田、森に代えて曽根田、佐藤、高野を起用した。 ▽2大会ぶりベスト4進出を目指す鹿島と、クラブ初のベスト4進出を目指す甲府の一戦。試合は開始2分に鹿島が永木の遠い距離からの直接FKでゴールに迫る。 ▽その後も鹿島が試合を優位に進め、敵陣へと進攻するが、甲府の守備陣の前になかなかフィニッシュまで持ち込むことができない時間帯が続く。すると、甲府が一瞬のスキを突いて鹿島ゴールを脅かす。24分、左サイドでボールを持った高野が西を股抜きでかわし、一気にボックス左外まで侵攻。GKクォン・スンテとDFの間に鋭いクロスを供給したが、わずかに味方と合わず先制点とはならない。 ▽互いに決め手を欠く中、鹿島は35分に西からパスを受けた遠藤がミドルシュート。無回転で飛んだシュートはGKの手前でワンバウンドしてゴール左隅を捉えたが、ここはGK岡の好守に阻まれてゴールレスで試合を折り返した。 ▽試合巧者・鹿島にボックス内への侵攻を許さない甲府は57分、右サイドでボールを持った曽根田がドリブルで中央に切れ込み、ボックス右にスルーパス。これに走り込んだ小塚が近くの道渕に落とし、最後は道渕がカットインから左足を振り抜くが、GKクォン・スンテにパンチングで防がれる。 ▽後半攻撃が停滞気味の鹿島は70分、金森に代えてセルジーニョを投入。すると76分、鹿島がカウンターから先制に成功する。センターサークル付近から永木がボックス手前までドリブルで持ち上がり、左側にパス。これを受けた土居が中央に切れ込んで右足を振り抜き、シュートはクロスバーの内側を叩いてゴールに吸い込まれた。 ▽準決勝進出へ大きなゴールを奪った鹿島は90分、遠藤に代えてレアンドロを投入。両側膝蓋じん帯損傷の長期離脱から復帰を果たした。 ▽その後、鹿島は最後まで甲府に反撃を許さず、1-0で試合終了。土居のゴールを守り切った鹿島が2大会ぶりベスト4進出を決めた。 ◆第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会準々決勝結果 ▽10/24(水) 川崎フロンターレ 2-<span style="color:#ff0000">3 モンテディオ山形</span> <span style="color:#ff0000">浦和レッズ 2</span>-0 サガン鳥栖 ジュビロ磐田 1-1(3 PK 4) <span style="color:#ff0000">ベガルタ仙台</span> ▽11/21(水) <span style="color:#ff0000">鹿島アントラーズ 1</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 ◆準決勝 ▽12/5(水) ベガルタ仙台 vs モンテディオ山形 浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ 2018.11.21 20:55 Wed
twitterfacebook
thumb

道渕の劇的ゴラッソに5戦連続完封の甲府が劇的勝利! 徳島は今季2度目の3連敗でPO進出絶望的に…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第35節延期分の徳島ヴォルティスvsヴァンフォーレ甲府が16日に鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われ、アウェイの甲府が1-0で勝利した。 ▽後半戦に入って初の連敗を喫し3戦負けなしの8位徳島(勝ち点54)と、前節のアルビレックス新潟戦でのドローによって逆転での昇格プレーオフ進出が風前の灯となった11位甲府(勝ち点49)による一戦。 ▽台風24号の影響で順延となっていた試合は、立ち上がりからオープンな展開に。開始6分には徳島の左CKの流れから小西のミドルシュートのこぼれ球をゴール前のピーター・ウタカが押し込む。ここで一度はゴールが認められるが、オフサイドラインの位置にいた味方がDFをブロックするアシストを行ったとの見解から判定が覆る。 ▽この微妙な判定の影響でやや流れを失った徳島に対して、甲府は移籍後初先発のジエゴを起点にカウンターからチャンスを作る。しかし、ゴール付近にドリブルで持ち込んだ17分の決定機、曽根田の右クロスに頭で合わせた26分の決定機を決め切れず。 ▽その後は互いに相手ゴールに迫る一進一退の攻防を見せた中、徳島の前川や甲府の道渕に決定機が訪れたものの、互いに最後の場面で精確さを欠き前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も中盤で潰し合う厳しい展開が続く。流れを変えたいホームの徳島は62分に小西を下げてブエノを投入。この交代でブエノとウタカと2人のターゲットマンを前線に並べる。一方、甲府は後半半ばに負傷したジエゴに代えて田中をピッチに送り出し、引き続きカウンターを主体に攻める。 ▽その後、互いに交代カードを切って勝ち点3を目指すが、最後の場面でうまくいかない。87分にはシシーニョからの右クロスをゴール前のウタカがドンピシャのヘッドで合わすが、ここはGK岡のビッグセーブに阻まれる。 ▽すると、このまま引き分け濃厚と思われた91分に試合が動く。ペナルティアーク付近で左サイドからのパスを足元で収めた道渕がすかさず右足を振り抜くと、このシュートがゴール左隅の絶妙なコースに突き刺さり甲府が土壇場で先制に成功した。 ▽そして、4試合無失点中の守備陣が道渕のゴラッソをきっちり守り切った甲府が1-0の勝利でリーグ6戦負けなしとした。一方、今季2度目の3連敗となった徳島は逆転での昇格プレーオフ進出が大きく遠のく結果となった。 2018.10.16 21:12 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース