ゼコのミラン移籍説、選手代理人「作り話にどうコメントしろと?」2018.01.14 12:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽『フットボール・イタリア』は、ローマのボスニア・ヘルツェゴビア代表FWエディン・ゼコ(31)の代理人がミラン行きの噂を笑い飛ばしたと報じた。

▽ローマの絶対的な点取り屋に君臨するゼコ。イタリア『トゥットスポルト』は先日、ミランが2000〜2500万ユーロ(約27億〜33億8000万円)でシーズン終了後の獲得を狙っていると伝えていた。

▽だが、ボスニア・ヘルツェゴビナ産ストライカーの代理人を務めるシルヴァーノ・マルティナ氏は、取り沙汰されるミラン移籍説を一蹴した。

「作り話にどうやってコメントしろと言うんだい?」

「この件に関して、私は何も知らない。何人かの記者が朝起きて記事を書いただけじゃないかな」

「明らかに、真実じゃないニュースだ」

コメント

関連ニュース

thumb

ナインゴランの中国移籍の噂にファンから悲鳴…「忍者なら日本へ」とJ移籍望む声も

中国スーパーリーグ(CSL)の広州恒大がローマに所属するベルギー代表MFラジャ・ナインゴランの獲得に乗り出していることで、ローマのサポーターが怒りの声を上げた。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が15日、伝えている。<br><br>ナインゴランは2014年冬にカリアリからローマへ加入し、4年間にわたりチームの主軸として活躍してきた。しかし昨年の大晦日にタバコを吸いつつ泥酔状態で撮影したインスタグラムの動画がクラブの規定に抵触するとして問題視された。エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督は「過ちを犯した者は代償を払わなければならない」と述べ、発覚後の6日に行われたアタランタ戦の招集メンバーからベルギー代表MFを外す決断を下した。<br><br>それどころか今冬の移籍市場において、ローマを退団する可能性が高まっている。元イタリア代表のファビオ・カンナバーロが率いる中国王者、広州恒大が獲得を目指し、4000万ユーロ(約54億円)のオファーを提示した。ローマは希望額とする5000万ユーロ(約68億円)に満たないためオファーを拒否したものの、主力メンバーの流出を危惧するファンから怒りの声が上がっている。<br><br>「ナインゴランはいくら提示されても売らない」、「最強選手に手を付けてはいけない。ラジャはここに残る」といった意見が見られたほか、ナインゴランのニックネームである&ldquo;ニンジャ&rdquo;に言及し、「彼が真のニンジャであるなら、せめて日本へ行くべきだ」と、皮肉ながらも中国ではなく日本行きを勧める者まで現れた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 17:56 Tue
twitterfacebook
thumb

マジ? ナインゴラン、広州恒大移籍で大筋合意か

▽ローマに所属するベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(29)の中国行きが現実味を帯びつつあるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽移籍先とみられるのが広州恒大で、先週から交渉を開始させ、移籍金5000万ユーロ(約67億9000万円)で大筋合意。選手自身もこの移籍に前向きで、実現すれば年俸1200万ユーロ(約16億3000万円)を手にするという。 ▽だが、近年の中国で頻発する大物外国人選手獲得の行き過ぎた投資の抑止策として、中国スーパーリーグや政府が規制を制定。これにより、クラブ側は、選手の移籍金と同額を協会に収めなければならない。 ▽これらの厳しい規制の回避策として、広州恒大はナインゴランを買取義務付きのレンタルという移籍形態での獲得を検討。なお、この移籍が実現するとなれば、AFCチャンピオンズリーグのグループステージでセレッソ大阪と相対する可能性も出てくる。 2018.01.16 13:25 Tue
twitterfacebook
thumb

カリアリ、ローマから元ブラジル代表DFカスタンをレンタルで獲得!

▽カリアリは11日、ローマから元ブラジル代表DFレアンドロ・カスタン(31)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2012年夏にコリンチャンスからローマへ移籍したカスタンは、2013-14シーズンに主力として活躍。しかし、2014年9月に脳の手術を受けて約1年、戦線離脱を強いられていた。2015-16シーズンには病気が完治して復帰を遂げていた同選手だったが、昨シーズンはサンプドリア、トリノへレンタルに出されるなど、思うように出場機会を得られず。今季ここまでは公式戦の出場はゼロだった。 ▽また、カリアリは同日、イタリア人DFマルコ・カプアーノ(26)をクロトーネに買い取りオプション付きのレンタル移籍で放出したことを伝えている。 2018.01.12 02:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマの21歳イタリア代表MFペッレグリーニをめぐってチェルシー、ユナイテッド、シティが激突か

▽ローマのイタリア代表MFロレンツィオ・ペッレグリーニ(21)をめぐって、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティが争奪戦を繰り広げているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽ローマの下部組織出身のペッレグリーニは2014-15シーズンにトップチームデビューを果たすも、それ以上の出場機会は得られず2015年夏にサッスオーロへの移籍を決断。在籍2シーズンで公式戦54試合に出場し11ゴール8アシストを記録。その活躍から今季、ローマへの復帰が決まった。今シーズンはここまで安定した出場機会を得られており、公式戦21試合で2ゴール3アシストをマークしている。 ▽これまで、イタリアの各年代の代表を経験してきたペッレグリーニは、昨年行われたU-21欧州選手権にU-21イタリア代表として出場。準決勝でスペインに敗れるまで全4試合に出場した。また、昨年6月のリヒテンシュタイン戦でイタリア代表デビューも果たしている。 ▽『ミラー』によると、そんなペッレグリーニにチェルシー、ユナイテッド、シティといったプレミアのビッグクラブが関心。同選手のローマとの現行契約は2022年6月までとなっており、契約解除金は2100万ポンド(約32億円)に設定されているようだ。 2018.01.10 00:58 Wed
twitterfacebook
thumb

10人のアタランタに敗れたローマが公式戦4戦勝利なし…宿敵ラツィオに抜かれて5位転落…《セリエA》

▽セリエA第20節、ローマvsアタランタが6日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのアタランタが2-1で勝利した。 ▽2017年最終戦となったサッスオーロ戦を1-1のドローで終え、公式戦3戦未勝利で年を越すことになった4位のローマ(勝ち点39)。新年最初のリーグ戦であり、後半戦初戦となる今節は2日のコッパ・イタリア準々決勝でナポリを撃破した9位のアタランタ(勝ち点27)と対戦した。 ▽ディ・フランチェスコ監督は、前節から先発3人を変更。ケガのデ・ロッシと規律違反のペナルティでナインゴランがメンバー外となり、ゴナロンとストロートマンが先発入り。さらにシックに変わってエル・シャーラウィがゼコ、ペロッティと共に3トップを務めた。 ▽前回対戦と同様に立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、6分にペッレグリーニ、12分にエル・シャーラウィとミドルレンジのシュートで相手ゴールに迫るローマ。しかし、徐々にガスペリーニ仕込みのマンツーマンマークに手を焼き、中盤で引っ掛けられる場面が目立ち始める。 ▽すると14分、ペッレグリーニの縦パスを引っ掛けられてショートカウンターを許すと、イリチッチのスルーパスに抜け出したコーネリウスにボックス左でキープされる。対面のDFファシオは何とかシュートコースを切るも、短いカットインでシュートコースを作ったコーネリウスに左足のシュートをゴール左隅の絶妙なコースに決められる。 ▽さらに19分にはボックス左ライン際でキープしたアレハンドロ・ゴメスにマイナスで折り返されると、3列目から攻撃参加してきたデ・ルーンにダイレクトシュートを許す。GKアリソンは反応していたものの、目前のDFマノラスにディフレクトしたボールが逆を突く形でネットに吸い込まれ、瞬く間の連続失点で早くも2点のビハインドを負った。 ▽何とか立て直したいローマだが、全体の距離感や動き出しの質が悪く無理に縦パスを狙っては相手ボールになる悪循環が続く。それでも、31分にはボックス手前で得たFKの場面でコラロフのシュートがゼコに当たって右ポストを掠めるチャンスを創出。さらに41分にはストロートマンのボール奪取からボックス内に抜け出したゼコに決定機も、シュートはわずかに枠の右に外れる。しかし、前半終了間際にはコラロフの突破をファウルで止めたデ・ルーンに2枚目のカードが掲示され、数的優位を手にして前半を終えた。 ▽迎えた後半、イリチッチを下げてクリスタンテを投入する守備的な交代カードを切ったアタランタに対して、ローマは52分にペッレグリーニを下げてシックを投入。[4-4-2]の攻撃的な布陣でゴールをこじ開けにかかる。 ▽すると55分、左サイドでのエル・シャーラウィからボックス内に走り込むゼコはグラウンダーのスルーパスが通る。ここで冷静にDFをブロックしたゼコが左足のシュートを右隅に流し込み、リーグ戦5試合ぶりとなる今季9点目を奪った。 ▽エースの久々のゴールで反撃の狼煙を上げたローマは、ここから一気に攻撃のギアを上げていく。コラロフとフロレンツィの積極的な攻撃参加でピッチの幅を使いつつ、中央ではゼコを起点にダイレクトプレーを増やしていく。だが、61分のコラロフの強烈なミドル、71分のゼコのヘディングシュートはいずれも枠を捉え切れない。 ▽後半半ばを過ぎてキャプテンのアレハンドロ・ゴメスを下げてセンターバックのマッジエッロを投入し逃げ切り態勢に入るアタランタに対し、ローマは76分にストロートマンを下げてジェンギズ、83分にはフロレンツィに代えてブルーノ・ペレスを投入する。 ▽形振り構わぬ猛攻を見せるローマは84分、右サイド深くに侵入したブルーノ・ペレスのクロスから中央のエル・シャーラウィがヘディングと右足のシュートを立て続けに放つが、いずれも相手の決死のブロックに遭う。その後、長身DFファシオを前線に上げてパワープレーを敢行したローマだったが、試合終了間際に左サイドでコラロフが入れた際どい高速クロスを誰も触れることができず。試合はこのままタイムアップ。10人のアタランタ相手にホームで痛恨の敗戦を喫したローマは、公式戦4試合勝利なし。宿敵ラツィオに抜かれてチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に転落した。 2018.01.07 03:59 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース