サンチェス移籍間近か…U-23ブラジル代表ウインガーの代理人がロンドンに2018.01.14 11:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルが、FWアレクシス・サンチェス(29)の後釜確保に動いているようだ。ボルドーのU-23ブラジル代表FWマルコム(20)の代理人がロンドンに滞在しているようだ。『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。

▽アーセナルでは、今季で契約満了となるサンチェスの移籍が取りざたされている。マンチェスター勢のいずれかの移籍が濃厚とみられている中、アーセナルはチリ代表FWの後釜としてリーグ・アンで活躍するマルコムの獲得が噂されている。

▽報道によれば、マルコムの代理人は現在、ロンドンに滞在中。アーセナルとの交渉に臨むためかもしれない。

▽2016年1月にコリンチャンスからボルドー入りしたマルコムは、これまでに同クラブで公式戦79試合に出場し、18得点を記録。ウイングポジションを主戦場としている。

コメント

関連ニュース

thumb

モナコで監督キャリアをスタートさせるアンリ「手本はペップ」

▽古巣モナコで監督キャリアをスタートさせるティエリ・アンリ監督が、恩師であるジョゼップ・グアルディオラ監督について語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽バルセロナ移籍2年目の2008-09シーズン、グアルディオラ監督にとって初の監督挑戦となったシーズンでアンリはアーセナル時代の輝きを取り戻して活躍。バルセロナの3冠に貢献していた。 ▽アンリはグアルディオラ監督について次のように語っている。 「ペップは私にとっての手本だよ。私はバルセロナで試合をプレーする方法を学んだ。ペップは試合について語ることができ、寝る間すら惜しんでいた。こっちが眠っていてもまだ話していたね(笑)。彼は幾つかの戦術を生み出した。そして試合で起こることを予見できていたんだ」 ▽また、8シーズンを過ごし、自身の能力を開花させたアーセン・ヴェンゲル監督については次のように述べている。 「アーセンはプロとはいかなるものかを理解させてくれた監督だった。そして何を実行するべきかを教えてくれた。内面を大きく変えてくれたよ。監督一人一人から学ぶことがあったんだ」 ▽アンリ監督の初陣は20日に行われるリーグ・アン第10節ストラスブール戦となる。 2018.10.18 03:12 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、若きアッズーリMFバレッラに熱視線か

▽アーセナルがカリアリのイタリア代表MFニコーロ・バレッラ(21)の獲得に動くようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽カリアリ下部組織のバレッラは2015年にプロデビュー。2016年冬には当時セリエBのコモにレンタルされたが、武者修行の地でリーグ戦21試合に出場し、チームのセリエA昇格を手助けした。半年でカリアリに復帰すると、今シーズンもここまでリーグ戦8試合で1ゴールを記録している。また、先日行われたウクライナ代表との親善試合でイタリア代表デビューを飾った。 ▽欧州中で高い評価を受けるバレッラに対しては、以前にリバプールが興味を示しており今夏には契約に近付いたと言われていたが、クラブが拒否したことを選手当人が明らかにしている。今なおリバプールの関心は薄れていないそうだが、今回の記事によると強力なライバルが出現したようだ。 ▽伝えられるところでは、アーセナルがバレッラを注視。既にスカウトも派遣している模様で、3000万ポンド(約44億円)を用意していると噂されるリバプールと争奪戦の様相を呈している。また、ミランとインテルからの興味も聞こえており、今後の動向に目が離せない。 ▽なお、バレッラ本人は冬の移籍を望んでおらず。クラブを出る場合でも来夏の移籍になるようだ。 2018.10.17 18:11 Wed
twitterfacebook
thumb

アシストのスペシャリスト、セスク! 2つ目のプレミア記録達成

▽チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)の、アシストに関するギネス記録が認められた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2016-17シーズンにプレミアリーグ29試合で12アシストを記録し、通算6度目のリーグ二桁アシストで新記録を樹立していたセスク。今回『スカイ・スポーツ』が報じたところでは、同じシーズンにもう一つの世界記録を打ち立てていたようだ。 ▽セスクは、2016年12月31日に行われたプレミア第19節ストーク・シティ戦で2アシストを記録し、4-2の勝利に貢献。これによりプレミアでの通算アシスト数が「100」を超えた。これが、ギネスによる「プレミアリーグ最速での100アシスト突破」に認定されている。 ▽なお、セスクはアーセナル時代と合わせてプレミア293試合で大記録を達成。これまでトップだった元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス氏は367試合を要しており、74試合も短縮した。 ▽この度の記録達成に際し、セスクは以下のようにコメントしている。 「僕は最速ではないし、最も強靭でもない。柔軟でもなければ、高くも飛べないよ」 「でも、キャリアの中でこの記録を達成したことは、僕の仕事で最も誇れるものの1つだ。なぜならこれが僕の仕事だし、うまくやったということだからね」 2018.10.17 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

30歳バースデーのエジル、今も欧州最高の創造者

▽データサイト『Opta(@OptaFranz)』が今月15日に30歳の誕生日を迎えたアーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルをヨーロッパ最高のクリエイターとして取り上げた。 ▽エジルは、2006年にシャルケでプロデビュー後、ブレーメン、レアル・マドリーを経て、2013年夏にアーセナル入り。2009年にA代表デビューのドイツ代表においては、今年8月に代表引退を表明するまで92キャップを誇る。 ▽『Opta(@OptaFranz)』は、エジルの誕生日を祝した企画として、データ収集を開始した2006年7月以降の欧州5大リーグでプレーする選手のチャンスクリエイト数を紹介。エジルがトップの数字を叩き出しているという。 ◆欧州5大リーグのクリエイターランキング※選手名/創出数 1位:メスト・エジル/1033 2位:ディミトリ・パイエ/1016 3位:セスク・ファブレガス/932 4位:ダビド・シルバ/886 5位:リオネル・メッシ/861 6位:エデン・アザール/794 7位:マレク・ハムシク/740 8位:フアン・マタ/723 9位:フランチェスコ・トッティ/696 10位:クリスティアーノ・ロナウド/695 ▽近年、低調なパフォーマンスから「行方不明」といった皮肉や、厳しい声の矢面に立たされることも少なくないエジル。だが、そういった批評家は、この数字を見て、今一度再考すべきなのかもしれない。 2018.10.16 15:10 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルに痛手…DFパパスタプーロスが代表戦で負傷…

▽アーセナルに所属するギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスが15日のフィンランド代表戦で負傷したようだ。ギリシャ『Gazzetta』が伝えている。 ▽パパスタソプーロスは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグCグループ2のフィンランド戦に先発出場。しかし、0-0で折り返した後半頭にDFゲオルギオス・ツァヴェラスとの交代でピッチを後にしていた。 ▽『Gazzetta』が伝えるところによれば、パパスタソプーロスは前半に足首をねん挫していた模様。ただ、現時点ではじん帯に損傷が及んでいるなど詳細は不明だ。 ▽今夏、ドルトムントからアーセナルに加入したパパスタソプーロスは、ここまで公式戦8試合に出場し1ゴールを記録。最終ラインの新たなリーダーとして活躍している。 2018.10.16 15:08 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース