サンチェス移籍間近か…U-23ブラジル代表ウインガーの代理人がロンドンに2018.01.14 11:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルが、FWアレクシス・サンチェス(29)の後釜確保に動いているようだ。ボルドーのU-23ブラジル代表FWマルコム(20)の代理人がロンドンに滞在しているようだ。『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。

▽アーセナルでは、今季で契約満了となるサンチェスの移籍が取りざたされている。マンチェスター勢のいずれかの移籍が濃厚とみられている中、アーセナルはチリ代表FWの後釜としてリーグ・アンで活躍するマルコムの獲得が噂されている。

▽報道によれば、マルコムの代理人は現在、ロンドンに滞在中。アーセナルとの交渉に臨むためかもしれない。

▽2016年1月にコリンチャンスからボルドー入りしたマルコムは、これまでに同クラブで公式戦79試合に出場し、18得点を記録。ウイングポジションを主戦場としている。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナルCEOと元ドルトスカウトがドルトムント入り! オーバメヤン獲得へ直接交渉開始

▽アーセナルのイバン・ガジディスCEOと、元ドルトムントのチーフスカウトで現アーセナルスカウト部門トップのスヴェン・ミスリンタート氏がガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)獲得交渉に向け、ドルトムント入りしたようだ。ドイツ『ビルト』が21日、両氏の現地入りの様子を写した写真と共に伝えている。 ▽チリ代表FWアレクシス・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド移籍が近づいているとみられるアーセナルでは、トレードとしてユナイテッドからアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの加入が濃厚になっているが、さらなる前線強化のため、オーバメヤンへの関心も伝えられていた。 ▽先日にはハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが、ドイツ『ルールナハリヒテン』で「アーセナルからピエール=エメリク・オーバメヤンに対する最初のリクエストがあったことを確認できる。オファー額についてはコメントしない」と、アーセナルから公式のオファーがあったことを認めていた。 ▽『ビルト』が伝えるところによれば、アーセナルが掲示した最初のオファーは5000万ユーロ(約67億7000万円)。しかし、ドルトムントは6000万~7000万ユーロ(約81億2000万~95億円)を求めているとみられており、最初のオファーは拒絶された模様だ。 ▽この状況を受けて、オーバメヤン獲得交渉を素早くまとめたいアーセナルはガジディスCEOとミスリンタート氏の最重要幹部2名が現地入りし、ヴァツケCEOらと直接交渉を行う見込み。そして、この直接交渉を通じて移籍が実現する可能性は高い模様だ。 2018.01.22 03:37 Mon
twitterfacebook
thumb

「ヴェンゲルの後任はコンテが理想的」キャラガー氏がアーセナルの監督人事に提言

アントニオ・コンテ監督がアーセン・ヴェンゲル監督の後任として理想的だとジェイミー・キャラガー氏が話している。<br><br>昨年5月にアーセナルと2年間の新契約を締結したヴェンゲル監督だが、2003-04シーズンを最後にリーグ優勝から遠ざかっており、今シーズンも2季連続のチャンピオンズリーグ出場権を逸失する可能性が高まるなど、不安定な状態が続いている。<br><br>一方、コンテ監督も昨シーズン終了後にチェルシーと契約延長を締結。しかし、クラブの補強方針にフラストレーションを溜めていると報じられるなど今後の去就ははっきりせず、イタリア復帰の可能性も囁かれている。そして、リヴァプールで活躍したキャラガー氏は、ヴェンゲル監督の後任は就任1年目でリーグ制覇を成し遂げたイタリア人指揮官しかいないと『テレグラフ』に語った。<br><br>「コンテがチェルシーへの不満を募らせ、今後の状況が不安定なら、彼の引き抜きを狙うクラブが長蛇の列を作るだろう。レアル・マドリーがジネディーヌ・ジダンの後任としてコンテの招聘に動く可能性もあり得る」<br><br>「それに、ワールドカップ予選で敗退したイタリア代表も彼の復帰を要請するかもしれない。実際にそのような話もあるようだが、イタリア代表を率いたし、ユヴェントスでリーグ3連覇を達成したのに、母国復帰が彼にとって魅力のあることだとは思わない」<br><br>「ただ、1つだけ適したクラブがある。彼の今の家から近く、コンテを強く必要としていて、彼によって多くのポジションが活性化されるだろう。そのクラブはアーセナルだ。アーセン・ヴェンゲルの代役にコンテ以上の人間はいないと思う。これが実現すれば、プレミアリーグの歴史の中で最も賢明な監督交代劇の1つになるだろう」<br><br>「アーセナルは近年の平凡な成績から抜け出せないでいる。イングランドでレガシーを残し、最高の指揮官の1人と考えられるヴェンゲルへの敬意を欠くわけではないが、彼の時代は終わったと昨年から言ってきた。しかし、まだ何も変わっていない」<br><br>「チェルシーはコンテの引き留めに躍起になるべきだ。なぜなら彼はまだまだ多くの成功を掴めるし、ライバルクラブに移ってしまえば大きな脅威になる。チェルシーのフロントがこのことを理解していなければ、アーセナルはコンテの引き抜きに全力を尽くすべきだ」<br><br>提供:goal.com 2018.01.21 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルがオーバメヤン獲得の正式オファー…ドルトムントが確認

▽アーセナルが、ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)獲得に向けたオファーを提示したことが判明した。ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが明かした。 ▽FWアレクシス・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド移籍が近づいているとみられるアーセナルでは、トレードとしてユナイテッドからMFヘンリク・ムヒタリアンの加入が濃厚になっているが、さらなる前線強化のため、オーバメヤンへの関心も伝えられていた。 ▽ヴァツケCEOは、アーセナルからオーバメヤン獲得に向けたオファーが届いたことを確認している。ドイツ『ルールナハリヒテン』が伝えた。 「アーセナルからピエール=エメリク・オーバメヤンに対する最初のリクエストがあったことを確認できる。オファー額についてはコメントしない」 ▽伝えられるところによれば、アーセナルのオファーは5000万ユーロ(約67億7000万円)。ドルトムントは6000万~7000万ユーロ(約81億2000万~95億円)を求めると言われているが、取引は進展するのだろうか。 2018.01.21 12:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ムヒタリアンとアーセナルが合意 サンチェスと等価トレード

▽アーセナルとマンチェスター・ユナイテッドのMFヘンリク・ムヒタリアン(28)が合意に達したようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ムヒタリアンに関しては、アーセナルFWアレクシス・サンチェス(29)のマンチェスター・ユナイテッド移籍に伴うトレード要員になるということが伝えられてきた。これまでの報道によれば交渉がやや難航している模様だったが、今回の報道によればついに合意に達したようだ。『BBC』によれば、ユナイテッドとアーセナルはどちらも移籍金を得ることなく、選手同士の等価トレードとなる。 ▽世界有数のアタッカーと認知されているサンチェスは、今季限りでのアーセナルの契約延長が進展せず、移籍が濃厚とみられてきた。一方、ムヒタリアンは2016年の夏に加入したユナイテッドと2020年までの契約を交わしていたが、一貫性のあるパフォーマンスを発揮できず、ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得ることができていない状況だった。 2018.01.21 08:27 Sun
twitterfacebook
thumb

前半圧巻4発のアーセナルが公式戦6試合ぶり勝利で2018年初白星!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第24節、アーセナルvsクリスタル・パレスが20日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが4-1で快勝した。 ▽リーグ戦6位のアーセナル(勝ち点39)と、12位のパレス(勝ち点25)によるロンドン・ダービー。前節、ボーンマス相手に逆転負けしたアーセナルは公式戦5戦未勝利と泥沼の状況が続く。2018年初勝利を目指す今節は2017年の年末に対戦して勝利したパレスをホームで迎え撃った。ボーンマス戦からのメンバー変更は4点。負傷明けのコシエルニーとモンレアルが最終ラインに戻り、ナイルズとウェルベックに代わってエルネニー、エジルがスタメンに入った。なお、マンチェスターユナイテッド移籍が報じられるサンチェスはベンチを外れた。 ▽アンカーにエルネニー、2列目にエジル、ウィルシャー、ジャカ、イウォビが並ぶ攻撃的な布陣で臨んだアーセナルは、ここ最近の不振がまるで嘘のような圧巻のゴールラッシュを見せる。まずは6分、右CKの場面でマッカーサーのマンマークを振り切ったファーのモンレアルがジャカのクロスを頭で流し込み、先制に成功する。 ▽勢い付くホームチームは10分、バイタルエリアでパスを受けたラカゼットの仕掛けからルーズボールを回収したモンレアルがボックス左ライン際まで運んで入れたマイナスクロスをゴール前のイウォビがワンタッチで流し込む。続く13分には先制点と同じ右CKのシチュエーションからマッカーサーを振り切ったファーのモンレアルが左足ダイレクトでゴール前に折り返すと、今度はコシエルニーが押し込んだ。さらに22分には再びらしい繋ぎで中央を完璧に崩すと、最後はエジルの足裏を使った巧みな落としをラカゼットが精度の高い右足のシュートでゴール右隅に流し込み、20分過ぎまでに大量4点を奪った。 ▽この立て続けの4ゴールによって勝利をほぼ手中に収めたアーセナルだったが、30分過ぎにアクシデントが発生。ここまで3点に絡む活躍を見せていたモンレアルが負傷を再発させたか、34分にナイルズとの交代を強いられる。それでも、試合の主導権を譲らないホームチームは前半終盤に訪れたザハの決定機をGKチェフの好守などで凌ぎ、前半を4-0で終えた。 ▽前半のうちに大勢の決した試合は後半に入ってより拮抗した展開に。パレスが前がかりになったことで、やや行ったり来たりの状況が続く。56分にはイウォビ、60分にはベンテケと互いにボックス内でGKと一対一の決定機を迎えるが決め切れない。 ▽4-0のまま試合終盤へと突入する中、ヴェンゲル監督は71分にエジルを下げてネルソンを投入。さらに82分にはイウォビを下げてコラシナツを投入。78分にはキャバイエの右CKの流れからミリボイェビッチに巧みな反転ボレーシュートを決められ、クリーンシートを逃がす。 ▽それでも、パレス意地のゴールも試合の大勢に影響を与えることはなくホームで完勝のアーセナルが、公式戦6試合ぶりとなる2018年初勝利を手にした。 2018.01.21 02:07 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース