リバプール、コウチ・マネーでサンチェス争奪戦に乱入か2018.01.14 11:08 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールが、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)の争奪戦に参加するようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。

▽アーセナルとの契約が今季限りとなっているサンチェスに関しては、今冬か来夏のマンチェスター・シティ入りが濃厚とみられていた。しかし、ここにきてアーセナルと選手に対してシティよりも好条件のオファーを出しているとみられているマンチェスター・ユナイテッドが争奪戦で優位に立っているとみられる。

▽そして、今回の報道によれば、リバプールもサンチェス争奪戦に参戦するようだ。リバプールは、今冬にDF史上最高額の推定移籍金7500万ポンド(約114億円)でDFヴィルヒル・ファン・ダイクをサウサンプトンから引き抜いたが、MFフィリペ・コウチーニョをボーナス込み1億6000万ユーロ(約216億円)とみられる移籍金でバルセロナに放出。そのため、十分に補強資金がある状況だ。

▽報道によればリバプールが参戦したとしてもマンチェスター勢を出し抜くことは難しいと考えられている。それでも、リバプールはユナイテッドとの一騎打ちとなれば、サンチェスを獲得するチャンスがあるとみているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプール、ホッフェンハイムの10番MFデミルバイ獲得へ

▽リバプールが、ホッフェンハイムに所属するドイツ代表MFケレム・デミルバイ(25)の獲得に動くようだ。イギリス『HITC』が伝えている。 ▽2016年夏にハンブルガーSVからホッフェンハイムに加入したデミルバイは、卓越した戦術眼と柔らかなボールタッチを駆使するホッフェンハイムの司令塔だ。加入以降通算60試合で8ゴール17アシストを記録している。今シーズンはケガの影響もあり、公式戦4試合の出場に留まっている。 ▽デミルバイはリバプールのユルゲン・クロップ監督もよく知る選手。というのも、同選手は2013年にハンブルガーSVに移籍する前にドルトムントの下部組織に在籍しており、当時トップチームを率いていたクロップ監督も注目していたようだ。だが、そのドルトムントもデミルバイに興味を示しているようで、これまでにも関心を寄せていたとされるリバプールは獲得レースに巻き込まれる可能性があるようだ。 ▽なお、デミルバイは4月に2022年まで契約を延長。契約解除金は2800万ポンド(約41億円)に設定されているようだ。 2018.10.18 16:42 Thu
twitterfacebook
thumb

マネの左手手術が成功、経過次第でハダースフィールド戦出場へ

▽リバプールは17日、セネガル代表FWサディオ・マネの左手の手術が成功したことを発表した。 ▽マネは13日に行われたアフリカ・ネーションズカップ(ANC)予選第3節のスーダン代表戦にフル出場していたが、その試合で相手選手と接触した際に左手を負傷していた。 ▽リバプールによれば今後数日経過を見た後、20日に行われるプレミアリーグ第9節ハダースフィールド戦の出場可否を決めるとのことだ。 ▽リバプールではマネの他、代表ウィーク中にギニア代表MFナビ・ケイタ、エジプト代表FWモハメド・サラー、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが負傷している。 2018.10.18 01:15 Thu
twitterfacebook
thumb

CB人材難のバルサ、補強先は信頼と実績のリバプール?

▽バルセロナがまたしてもリバプールブランドに手を出す可能性があるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 ▽ヒザを痛めて離脱中のフランス代表DFサミュエル・ユムティティに続き、ベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンまでもが故障者リスト入りしたバルセロナ。そのため、今冬の移籍市場で手薄なセンターバック陣の補強が噂されている。 ▽その筆頭として、アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトや、トッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトらが挙がるバルセロナだが、リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレン(29)にも興味を抱いているという。 ▽ロブレンは、今夏のロシア・ワールドカップでクロアチア代表の準優勝に貢献して今シーズンを迎えたが、ここまで公式戦2試合に出場したのみ。ユルゲン・クロップ監督の信頼が揺らぎつつある。 ▽近年、MFハビエル・マスチェラーノや、FWルイス・スアレス、MFフィリペ・コウチーニョといった選手をリバプールから次々と引き抜いてきたバルセロナだが、ロブレンはいかに。 2018.10.17 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールが野戦病院化…ナビ・ケイタまでも負傷

▽イギリス『BBC』は、リバプールに所属するギニア代表MFナビ・ケイタがケガしたと報じた。 ▽ナビ・ケイタは、16日に行われたアフリカ・ネイションズカップ予選のルワンダ代表戦(1-1)でハムストリングを負傷。リバプールに戻り次第、検査を受けるという。そのナビ・ケイタは、今シーズンからリバプールでプレー。ここまで公式戦10試合に出場している主力の1人だ。 ▽リバプールは、今月の代表ウィークで主力に故障者が続出中。ナビ・ケイタは、エジプト代表FWモハメド・サラー、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、ガーナ代表MFサディオ・マネに続く4人目の故障者となる。 ▽リバプールは現在、プレミアリーグ6勝2分け無敗の3位。20日に行われる次節、ハダースフィールドとアウェイで対戦する。 2018.10.17 08:45 Wed
twitterfacebook
thumb

クーマン監督が衝撃の事実を明かす「ヴィルヒルは肋骨を2本骨折しながら…」

▽オランダ代表を率いるロナルド・クーマン監督は、16日に行われるベルギー代表戦に向けた会見でDFファン・ダイクがチームを離脱し、リバプールへ戻ったことを明かした。『ESPN』が伝えている。 ▽オランダ代表として13日に行われたUEFAネーションズリーグのドイツ代表にに臨んだファン・ダイク。30分には右CKのセカンドボールを頭で押し込み、先制点となるゴールを記録するなど、3-0での勝利に貢献した。 ▽一部報道でファン・ダイクは、ドイツ戦で肋骨を負傷したと伝えられていたが、事実は違っていたようだ。クーマン監督がベルギー戦に向けた会見で同選手の離脱の報告とともに衝撃の事実を明かした。 「ヴィルヒルはここ数週間、肋骨を2本骨折しながらプレーを続けていた。リバプールには代表への参加を止められていたが、彼はドイツ代表との対戦を強く望んでいたんだ」 ▽リバプールでは、ファン・ダイク以外にもエジプト代表FWモハメド・サラーやセネガル代表FWサディオ・マネが代表戦で負傷している。 2018.10.16 23:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース