またゴールレスのチェルシー、クラブ史上初の記録2018.01.14 10:19 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは、13日に行われたプレミアリーグ第23節でレスター・シティを相手にホームでゴールレスドローに終わった。これにより、クラブ史上初の記録が生まれている。▽チェルシーは、今回のドローにより、公式戦4試合連続のドロー。さらに、直近の公式戦3試合は全て無得点となっており、『Opta』によれば3試合連続のゴールレスドローはクラブ史上初とのことだ。

▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督は試合後、「水曜日に試合をして、2日後にレスターのようなフィジカルに優れるチームを相対するのはタフだ。アーセナル戦に出場した何人かのメンバーを使わなければならない状況だった」と、厳しい日程面と選手層の薄さを嘆いている。

▽年明け以降、中2日ないし中3日おきの試合を消化しているチェルシー。次の試合は17日に行われるFAカップ3回戦再試合のノリッジ戦だが、白星を取り戻すことはできるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

モラタ、ヴィディ戦のゴールを振り返る「あれは泣いていない。素直に喜べなかった」

▽チェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタが、4日に行われたヨーロッパリーグのヴィディ戦のゴール後の“泣きパフォーマンス”について言及した。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽モラタは1-0で勝利したヴィディ戦でゴールを記録。ゴール後、ウィリアンの肩に顔を埋め泣いているような姿が話題となったが、本人はこれを否定している。スペイン『エル・ムンド』にコメントした。 「(ヴィディのような)僕たちよりもずっと力の劣るチームから点を取ってもそんなに喜べるものじゃないと思ったんだ」 「もっと言うと、僕はもっと点を取るべきだった。1点じゃなくてね。だから素直に喜べなかったんだ」 「もちろん泣いてはいないよ。いろいろ言われてるみたいだけどね」 ▽昨夏にチェルシーに加入したモラタは、最初の公式戦7試合で7得点を奪う活躍を見せたが、その後はケガの影響もあり思うように得点が伸びなかった。今季もヴィディ戦のゴールはプレミアリーグ第2節のアーセナル戦以来のゴールとあり、不甲斐ない自分に心から喜べなかったようだ。 2018.10.18 16:36 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、指揮官交代へ本格化!コンテ氏と接触か

▽レアル・マドリーがイタリア人のアントニオ・コンテ氏(49)と接触したようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽マドリーは今シーズンから元スペイン代表のフレン・ロペテギ監督が就任。しかし、リーガエスパニョーラでは第8節終了時点で4勝2分け2敗の4位と本調子からは程遠い成績だ。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では格下と思われていたCSKAモスクワに0-1で敗れるなど33年ぶりに公式戦4試合無得点、今季の勝率も5割を切るという不振に陥っている。 ▽こうした状況下の中、マドリーは15日にコンテ氏に就任可能かコンタクトを取ったという。同氏は昨季までチェルシーを率いていたが7月中旬に解任。チェルシーに対して契約期間中に解任されたとして違約金1000万ユーロ(約13億円)の支払いを求め係争中の身だ。 ▽マドリーは20日にホームでレバンテと対戦する。5試合ぶりのゴールで勝利することができるのか注目が集まる。 2018.10.18 14:09 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー憧れるアザール残留へ全力を…チェルシー会長「世界中のファンは彼が大好きなんだ」

▽チェルシーのブルース・バック会長が、ベルギー代表MFエデン・アザール(27)の残留に向けて尽力するつもりであることを明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽アザールは今夏レアル・マドリー行きが取り沙汰されながら残留を決断。チェルシーは現在2020年6月末までとなっている同選手の契約延長を望んでいるが、同選手が最近「レアル・マドリーは子どもの頃から夢見るクラブ」と明かしたことが話題に。スペインメディアでは来冬の移籍市場でマドリーがアザール獲得に再び動く可能性があるとも伝えられている。 ▽しかし、チェルシーの会長を務めるブルース・バック会長は、アザールが同クラブファンから愛されている選手だと主張し、残留を望んでいることを明かした。 「ロンドン、そして世界中の全チェルシーファンは、エデン・アザールが大好きなんだ」 「私も彼が偉大なフットボール選手であることだけでなく、素晴らしい若者だと思っている。我々はこのクラブにいて欲しいと思っている。そうするために、我々は彼を魅了しなくてはならない」 2018.10.18 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ルーニー、イブラに続きエッシェンもモウ擁護! 「彼の一番のファンだ! 」

▽無所属になっている元ガーナ代表MFマイケル・エッシェンが、恩師を後押ししている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今年3月にインドネシア・スーパーリーグのペルシブ・バンドンとの契約を解消したエッシェン。年齢も35歳とキャリア終盤に突入しているが、主にチェルシー時代のジョゼ・モウリーニョ監督(現・マンチェスター・ユナイテッド)の下でのパワフルなプレーは、当時多くの称賛を集めていた。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、エッシェンを重用したモウリーニョ監督は同選手のことを“私の息子”と呼び溺愛。その愛情を受けるエッシェンは、ユナイテッド指揮官解任も囁かれる恩師の現状に関して、以下のような見解を述べた。 「選手として、彼は僕にとても大きな影響を称えた。チェルシーに連れて行ってくれた人物だし、彼の下でプレーするために(レアル・)マドリーにも導いてくれた」 「僕たちの間には素晴らしい関係がある。彼は偉大な監督で、マンチェスターで少し苦労しているのは分かるけど(状況を)ひっくり返すと思う」 「僕は支持するよ。今でも彼の一番のファンだからね! 」 「物事を一変させるために彼を後押ししなければならない。難しい状況だが、彼ならできると確信している」 ▽エッシェンだけでなく、数々の偉大な選手から後押しを受けるモウリーニョ監督。ロサンゼルス・ギャラクシーFWズラタン・イブラヒモビッチは「タイトルを手にできるだけの能力を有している」と主張し、DCユナイテッドFWウェイン・ルーニーも「選手たちが立ち上がるべき」と語った。その求心力を取り戻し、ユナイテッドにタイトルをもたらすことはできるのだろうか。 2018.10.17 20:20 Wed
twitterfacebook
thumb

アシストのスペシャリスト、セスク! 2つ目のプレミア記録達成

▽チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)の、アシストに関するギネス記録が認められた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2016-17シーズンにプレミアリーグ29試合で12アシストを記録し、通算6度目のリーグ二桁アシストで新記録を樹立していたセスク。今回『スカイ・スポーツ』が報じたところでは、同じシーズンにもう一つの世界記録を打ち立てていたようだ。 ▽セスクは、2016年12月31日に行われたプレミア第19節ストーク・シティ戦で2アシストを記録し、4-2の勝利に貢献。これによりプレミアでの通算アシスト数が「100」を超えた。これが、ギネスによる「プレミアリーグ最速での100アシスト突破」に認定されている。 ▽なお、セスクはアーセナル時代と合わせてプレミア293試合で大記録を達成。これまでトップだった元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス氏は367試合を要しており、74試合も短縮した。 ▽この度の記録達成に際し、セスクは以下のようにコメントしている。 「僕は最速ではないし、最も強靭でもない。柔軟でもなければ、高くも飛べないよ」 「でも、キャリアの中でこの記録を達成したことは、僕の仕事で最も誇れるものの1つだ。なぜならこれが僕の仕事だし、うまくやったということだからね」 2018.10.17 17:00 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース