またゴールレスのチェルシー、クラブ史上初の記録2018.01.14 10:19 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは、13日に行われたプレミアリーグ第23節でレスター・シティを相手にホームでゴールレスドローに終わった。これにより、クラブ史上初の記録が生まれている。

▽チェルシーは、今回のドローにより、公式戦4試合連続のドロー。さらに、直近の公式戦3試合は全て無得点となっており、『Opta』によれば3試合連続のゴールレスドローはクラブ史上初とのことだ。

▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督は試合後、「水曜日に試合をして、2日後にレスターのようなフィジカルに優れるチームを相対するのはタフだ。アーセナル戦に出場した何人かのメンバーを使わなければならない状況だった」と、厳しい日程面と選手層の薄さを嘆いている。

▽年明け以降、中2日ないし中3日おきの試合を消化しているチェルシー。次の試合は17日に行われるFAカップ3回戦再試合のノリッジ戦だが、白星を取り戻すことはできるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

コンテ、チェルシーに損害賠償請求か

▽前チェルシー監督のアントニオ・コンテ氏がクラブに対して損害賠償を請求する動きを取っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽過去2シーズン、チェルシーで指揮を執ってきたコンテ氏は、2016-17シーズンのプレミアリーグ優勝や昨シーズンのFAカップ優勝など2年連続でタイトルをもたらした。しかし、一部選手との衝突やクラブ上層部との確執が噂され、13日に発表された退任も円満とはいかなかった。 ▽クラブとの契約が残っていたため、チェルシーが契約解除金を支払ったとされるコンテ氏だが、記事によれば同氏はチェルシーに対し損害賠償を請求する模様だ。コンテ氏は移籍市場の現時点で新クラブを見つけることがほぼ不可能であることを理由に、900万ポンド(約13億円)の賠償金を求めているという。 2018.07.20 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

アザールとクルトワを狙うレアル・マドリー、248億円のオファーで初期段階の合意か

レアル・マドリーが、チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールと同代表GKティボー・クルトワの獲得交渉を進展させているようだ。<br><br>かねてからアザールとクルトワへの関心が伝えられるレアル・マドリー。フランスメディア『le10sport』によれば、レアル・マドリーはここ数日でアザールの獲得交渉を進めようとしており、チェルシーに対して問い合わせを実施。1億9000万ユーロ(約248億円)という巨額のオファーを提案し、初期段階での合意を取り付けた可能性が伝えられている。この1億9000万ユーロという数字が、アザールだけの移籍金なのか、クルトワの移籍金も含められているのかは定かではないという。<br><br>一方、欧州移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によれば、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はFWクリスティアーノ・ロナウドの後釜としてアザールを欲しており、獲得交渉を進めようとしているものの、1億2500万ユーロ(約164億円)以上のオファーを提示する意思はないという。また、アザールとクルトゥワの獲得オペレーションは分離させると主張している。また、土曜日(21日)にアザールの父親と弁護士を交え、マドリーで会合が行われるとみられている。<br><br>今夏のロシア・ワールドカップでもベルギー代表として活躍し、さらに株を上げたアザールとクルトワ。新シーズンはどこでプレーすることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、クルトワの代役はドンナルンマか…モラタとのトレードも?

▽チェルシーが、ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(19)を今夏の獲得リストに加えたようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽ベルギー代表GKティボー・クルトワをレアル・マドリーに引き抜かれる可能性が高いチェルシーは、その代役としてこれまでレスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルや、アーセナルのチェコ代表 GKペトル・チェフの復帰の噂が立っている。そこに加わりそうなのがドンナルンマだ。 ▽19歳ながらすでにイタリア代表デビューも果たし、若手GKの中ではナンバーワンの呼び声も高いドンナルンマ。所属先のミランは、昨夏の大型補強がファイナンシャルフェアプレー(FFP)に抵触し、欧州サッカー連盟(UEFA)により、今後1年間UEFA主催大会へ出場停止処分を科された。そのため、今夏には何人かの選手を売却する必要があり、チェルシーにドンナルンマ獲得のチャンスがあるといわれている。 ▽しかし、同時に『イブニング・スタンダード』は、同選手の代理人のミノ・ライオラ氏の存在が交渉を難しくさせると指摘している。過去にチェルシーが獲得し損ねたMFポール・ポグバやFWロメル・ルカクの代理人は彼が務めており、チェルシーとの関係はそれほどいいものではないようだ。 ▽チェルシーがドンナルンマに関心を寄せる一方で、ミランはチェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタの獲得を考えているようで、『ESPN』はこの2選手のトレードの可能性も報じているが果たして。 2018.07.20 17:44 Fri
twitterfacebook
thumb

クルトワのレアル・マドリー行きはチェルシーの代役確保次第で進展か

レアル・マドリーへの移籍が目前とうわさされているベルギー代表GKティボー・クルトワの去就は、チェルシーの代役探し次第となっているようだ。<br><br>ロシア・ワールドカップで3位に輝いたベルギーの守護神は、契約満了まであと1年となっているチェルシーとの契約延長を拒否。来年夏にはフリーでの移籍が可能になるため、移籍金が発生する今夏に放出されることが決定的と見られており、クルトワ自身もレアル・マドリーへの移籍を明かしていた。<br><br>ジネディーヌ・ジダンの後を継いでジュレン・ロペテギが監督に就任したレアルは、ケイロル・ナバスが正GKとして在籍している。しかし、サポーターや経営陣からはより安定感のある正GKを求めている声も多く、チェルシーの守護神獲得を移籍金3500万ユーロ(約46億円)でクラブ間合意に達したことが『Goal』の取材で明らかになった。<br><br>しかしベルギー代表守護神の移籍成立は、チェルシーが代役を見つけることができるまで保留となるようだ。チェルシーとレアルがともに獲得を狙っていたローマGKアリソンは、GKとして史上最高額となる移籍金6700万ポンド(約98億円)を提示したリヴァプールへの移籍が決定的と見られており、他の代役を探さなければいけない状況となっている。<br><br>マウリツィオ・サッリが新監督に就任したチェルシーは、新たな守護神を見つけることができるまでクルトワの退団を容認しない構えにあるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 06:47 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー加入のジョルジーニョ「自分はプレミアリーグにいないタイプ」新天地での活躍に意気込み

チェルシーのジョルジーニョは、プレミアリーグに新しい風を吹き込めると考えているようだ。<br><br>今夏にナポリから5700万ポンド(約83億円)でジョルジーニョはチェルシーに移籍。セリエAやイタリア代表の中盤で重要な役割を担う同選手は、このポジションの中では世界最高の1人とも考えられている。<br><br>多くのトップ選手がしのぎを削るプレミアリーグでの戦いを前に、ジョルジーニョはクラブの公式ウェブサイトで「たぶん、イングランドで僕のようなスタイルでプレーする選手はいないだろう。ここで試合を通して上手くプレーできることを強く願っているし、良い結果が得られるようにできる限りのことすべてをやっていくつもりだ」と話した。<br><br>深い位置でボールを受けて、試合を作ることを好むと語ったジョルジーニョは、プレミアリーグでもナポリ同様に輝きたいと意気込んだ。「子供のころから、何かにチャンレンジすることを楽しんできた。これはプロ選手としても、個人としても大きなチャレンジだ。大きな経験を得られるこの機会を手にできたことにワクワクしている」<br><br>そして、マウリツィオ・サッリ監督とイングランドでもタッグを組むことについて「僕は彼の好むフットボールに適した特徴を持っている選手だ。ナポリで一緒だったときから彼のフットボールに対するメンタリティを引き受けてきた」と指揮官の期待に応えられるだろうとコメントした。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 06:20 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース