またゴールレスのチェルシー、クラブ史上初の記録2018.01.14 10:19 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは、13日に行われたプレミアリーグ第23節でレスター・シティを相手にホームでゴールレスドローに終わった。これにより、クラブ史上初の記録が生まれている。

▽チェルシーは、今回のドローにより、公式戦4試合連続のドロー。さらに、直近の公式戦3試合は全て無得点となっており、『Opta』によれば3試合連続のゴールレスドローはクラブ史上初とのことだ。

▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督は試合後、「水曜日に試合をして、2日後にレスターのようなフィジカルに優れるチームを相対するのはタフだ。アーセナル戦に出場した何人かのメンバーを使わなければならない状況だった」と、厳しい日程面と選手層の薄さを嘆いている。

▽年明け以降、中2日ないし中3日おきの試合を消化しているチェルシー。次の試合は17日に行われるFAカップ3回戦再試合のノリッジ戦だが、白星を取り戻すことはできるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

コンテ、2人のFWの違いを説明「経験もフィジカルもジルーが上だが…」

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、FWアルバロ・モラタとFWオリヴィエ・ジルーの違いを説明した。<br><br>チェルシーは22日に行われたFAカップ準決勝でサウサンプトンと対戦。後半開始直後にジルーが先制点を挙げ、試合終盤にはそのジルーと交代で入ったモラタが追加点を挙げた。そのまま試合は2-0で終了している。<br><br>指揮官はFAカップ決勝進出が懸かる大事な一戦で先制点を決めたジルーを絶賛。同時に、この日短い出場時間で結果を出したモラタも重要な選手であると語った。<br><br>「(ジルーは)間違いなく我々にとっては良い契約だった。君たちのご存知の通り、私には個性的で肉体的にも強い選手が必要だった。ボールをキープし、トップ下の選手とのコンビネーションプレーをするためにね。そしてモラタも重要な選手だ。そして彼はオリヴィエより若い。経験が少なく、フィジカル面でも少し弱い。しかし彼はスペースへの動きがとても速い」<br><br>この日共に結果を残した2人のストライカーは共存も可能であるとコンテは考えているようだ。<br><br>「2人がいてくれてとても嬉しい。バーンリー戦では彼らを同時に起用し、素晴らしい連携を見せてくれた。それはとても嬉しい発見だ。おかげで今はもう一つのオプションを手に入れた。今日私はオリヴィエを先発で使ったのは、相手がフィジカル的に強力な3バックだったからだ。しかしモラタが入った後に見せたパフォーマンスは素晴らしかった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.23 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

コンテ、宿敵モウリーニョとFA杯決勝で直接対決も「2つの偉大なクラブの対戦」

FAカップ決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦することが決まったチェルシーのアントニオ・コンテ監督は、敵将ジョゼ・モウリーニョ監督との間に問題はないと話している。<br><br>22日に行われたFAカップ準決勝でチェルシーはサウサンプトンと対戦。オリヴィエ・ジルーとアルバロ・モラタの得点でサウサンプトンを2-0で下し、決勝に駒を進めた。5月19日の決勝では21日にトッテナムに2-1で勝利したマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。<br><br>チェルシー率いるコンテ監督とマンチェスター・ユナイテッド率いるモウリーニョ監督は、今年1月に壮絶な舌戦を繰り広げた仲。ポルトガル人指揮官と今シーズン唯一のタイトルを懸けて直接対決することについて「彼と私の間に問題は何もない」と言及。<br><br>「2人の強力な個性を持つ指揮官率いる2つの勝者が対戦する。我々はトロフィー獲得を目指したいし、マンチェスター・ユナイテッドだってそれは同じだ。ファイナルは2つのビッグクラブの試合で、彼と私の対決ではない。我々はユナイテッドとモウリーニョの歴史に最大限の敬意を払っていて、彼らもチェルシーと私に同様に敬意を払っていると思う」<br><br>また、得点を決めたジルーとモラタについて「先日のバーンリー戦でも同時に起用して、良いコンビネーションを見せてくれた2人のプレーに満足している。3枚の強靭なセンターバックが相手だったからジルーを先発させた。途中から投入したモラタの働きも大きなインパクトを与えてくれた」と称賛している。<br><br>提供:goal.com 2018.04.23 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ジルー&モラタの両エースがアベック弾! チェルシーが吉田セインツを躱してユナイテッドが待つ決勝へ《FA杯》

▽FAカップ準決勝チェルシーvsサウサンプトンが22日に行われ、2-0でチェルシーが勝利し、決勝に進出した。セインツのDF吉田麻也はフル出場している。 ▽準々決勝ではレスター・シティを延長戦の末に破り、2年連続での準決勝進出となったチェルシー。リーグ戦では4試合を残して4位のトッテナムとは勝ち点差「5」に迫っており、微かな望みをつないでいる状態だ。今回のサウサンプトン戦に向けては直近のバーンリー戦から4選手を変更。GKカバジェロに、セスク、アザール、ウィリアンが先発となった。 ▽一方、ウィガンを破り2002-03シーズンぶり以来の準決勝進出を果たしたセインツは直近ではレスターと引き分けリーグ戦連敗を「4」でストップさせた。それでも8試合勝利から遠ざかっており、現在18位で残留争い真っただ中にいる。そんな中行われるチェルシーとの一戦に向けてはレスター戦から2選手を変更。タディッチとワード=プラウズに代わり、オースティンとレミナが先発に起用された。 ▽エース・アザールの強烈なシュートから入ったチェルシーは7分、自陣からのカウンターでアザールが一気にピッチ中央を駆け上がり右サイドのウィリアンに展開。ウィリアンがカットインから左足を振り抜くとこれがクロスバーを直撃。惜しくもゴールとはならなかった。 ▽その後は決定機が作れないチェルシー。ジルーにボールを集めるが、吉田、ホード、ベドナレクらが固める守備陣を崩すことができない。アザールも頻りに単騎突破を図るが空回りしてしまう。 ▽ゴールレスで迎えた後半、いきなり試合が動く。46分、セスクからのロングボールをアザールが最前線で収めると、上がってきたジルーにラストパス。ゴール前に侵入したジルーはDF4人をなぎ倒しながら最後はGKも躱してゴールに流し込んだ。 ▽絶好の形で後半に入ったチェルシーはその直後にもカウンターでセインツゴールを襲撃。ウィリアンが自陣から一気に持ち運ぶと、左サイドのアザールに展開。ボックス左から右足でシュートを放ったが枠を捉えきれず追加点とはならなかった。 ▽対するセインツも54分にこれまでで最大の決定機を迎える。左サイドバックのバートランドからのスルーパスを前線のオースティンがスルー。逆サイドから走り込んだロングがこれを受けるがファーストタッチが長くなってしまいそのままラインを割った。 ▽その後、一方的にチェルシーがボールを保持する展開が続く中、粘り強い守備で耐え忍んだセインツは71分、レドモンドの地を這う強烈なシュートでCKを獲得。するとGKカバジェロがオースティンとの競り合いの中でボールをファンブル。そのボールがゴールラインを割ったとセインツは主張したが判定はオースティンのファウルの判定に。 ▽80分にジルーを下げてモラタを投入したチェルシーは、そのモラタとアスピリクエタのホットラインから追加点を挙げる。82分、敵陣中央右の位置からアスピリクエタがクロスを供給。ファーサイドのモラタがこれを頭で合わせチェルシーに2点目をもたらした。 ▽安全圏に到達したチェルシーはセインツの攻撃をいなしつつカウンターで応戦。追加点は得られなかったものの、危なげない試合運びで完封勝利し、マンチェスター・ユナイテッドが待つ決勝へ。決勝進出は2年連続となった。 2018.04.23 00:55 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田麻也、チェルシーにリベンジ誓う…リーグ戦での逆転負けは「夜眠れなかった」

サウサンプトンのDF吉田麻也は、チェルシーにリベンジを果たすことを誓っている。地元紙『デイリー・エコー』が報じた。<br><br>サウサンプトンは22日、FAカップ準決勝でチェルシーと対戦する。チェルシーとは14日にリーグ戦で対戦しており、2点リードを守りきれず、2-3で敗れている。吉田はその結果を踏まえつつ、守備面での集中を求めた。<br><br>「受け入れるのが難しい結果でしたし、夜は眠れませんでした。あまりにも簡単に多くのゴールを許しすぎています。また失点すれば、試合は難しくなります。重要なのは無失点でいくことです」<br><br>また、プレミアリーグでは18位と降格圏に沈む状況で、カップ戦決勝進出を狙う。吉田は「難しい状況」と認めつつも、「でもいつでも勝とうとは思っています。同じ相手に2週間で2度負けたくないですしね」と必勝を期した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 16:11 Sun
twitterfacebook
thumb

「父親のような存在」セスク、恩師・ヴェンゲルに感謝を告げる

▽チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガスが、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督の退任を受けてインスタグラム(cescf4bregas)を更新した。 ▽バルセロナのカンテラからアーセナルで移ったセスクは、ヴェンゲル監督の下でプロキャリアをスタートさせた。10代の頃からレギュラーに抜擢され、ガナーズの主将を務めるまでに成長。8年間に渡って同クラブでプレーし、バルセロナやチェルシー、スペイン代表でも活躍する選手に飛躍を遂げた。 ▽セスクは20日に発表された恩師の退任を受けて、感謝を告げている。 「あぁ…僕はこんなことを期待していなかった。しかし、これにはヴェンゲルの男としての威厳と、気品さを感じるね。僕は彼から受けた指導とサポート、助言を決して忘れない」 「最初から僕を信頼してくれた人だ。彼には恩がある。父親のような存在で、いつも僕を最高の場所へ押し上げようとしてくれた。アーセン、あなたは全ての尊敬と幸せに値する」 ▽ヴェンゲル監督は1996年にアーセナルの指揮官に就任。長きに渡る指導の中では数多くの優秀な選手を育て上げ、2003-04シーズンにはプレミアリーグ史上初の無敗優勝を成し遂げた。これまでプレミアリーグ3回、FA杯7回、コミュニティ・シールド6回の優勝を達成。しかし、近年は成績が低迷し、退任が噂されていた中、20日に今シーズン終了後の退任を発表。22年間の指揮に終止符を打った。 2018.04.21 13:45 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース