本田圭佑アシストのパチューカ、連敗回避 クラブ・アメリカとドロー《リーガMX》2018.01.14 09:57 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間14日、リーガMX後期(クラウスーラ)第2節でクラブ・アメリカとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。

▽後期初戦を黒星発進のパチューカ。その初戦で新年一発目をマークした本田は、2試合連続のスターティングメンバー入りを果たした。

▽試合は、早々の3分にパチューカがPKのチャンスを献上するが、GKブランコがストップに成功。だが、14分に右サイドからのクロスをペラルタに決められ、パチューカはクラブ・アメリカに先制を許してしまう。

▽追いつきたいパチューカは22分、右サイドから本田がクロスを試みると、ハラがヘディングシュート。前半終了間際には、本田に直接FKの機会が巡ってくるが、壁に直撃したボールは相手GKにキャッチされた。

▽ビハインドで試合を折り返したパチューカだが、開始2分に同点。本田が左CKからクロスを供給する。これに反応したムリージョが相手に競り勝ってヘディングシュートを沈め、試合を振り出しに戻した。

▽ところが、76分には自陣左サイドから縦に突破を許すと、ゴール前のスペースに抜け出たマーティンにワンタッチでゴールネットを揺らされ、パチューカが再び追う展開を強いられた。

▽それでも、パチューカは89分、右サイドからのクロスの折り返しをグスマンが左ヒザで押し込み、再び同点に。引き分けに持ち込み、連敗を回避した。21日に行われる次節は、ロボスBUAPと対戦する。

クラブ・アメリカ 2-2 パチューカ
【クラブ・アメリカ】
ペラルタ(前14)
マーティン(後31)
【パチューカ】
ムリージョ(後2)
グスマン(後44)

コメント

関連ニュース

thumb

多くの物を投げつけられるも…本田圭佑の対応に地元メディアも称賛「模範的な行動」

パチューカFW本田圭佑の行動に、現地メキシコから称賛の声が上がっている。『ESPN』が伝えた。<br><br>リーガMX後期リーグ第1節のプーマスUNAM戦で、先発出場した本田。36分にはCKから先制点を演出すると、39分にはこぼれ球を押し込んでゴールを奪った。チームは、その後逆転を許して敗れたが、本田自身は良い2018年のスタートを切っている。<br><br>そんなプーマス戦での本田の行動に、地元メディアから称賛の声が上がっている。<br><br>この試合中、プーマスサポーターはパチューカの選手に向かってメガネを投げ込んだという。日本代表FWは、素早くこれをピッチの外に出したが、プーマスのファンはさらに激昂。さらに数十個のメガネを投げつけ、前半を通して本田にブーイングを浴びせ続けた。また、ゴールを挙げた際には紙コップを投げつけている。<br><br>相手ファンから執拗に妨害行為を受けていた本田だが、怒りを表すことなく終始冷静に対応。『ESPN』は、「ホンダはゴミを拾うという教育をされていることを示した」とし、地元ファンも「ホンダは模範的な行動をとった」と紳士的な対応に賛辞を送っている。<br><br>提供:goal.com 2018.01.07 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が後期開幕戦で2018年初ゴール! しかし、パチューカは2点差を逆転されプーマスに敗戦《リーガMX》

▽日本代表MF本田圭佑が所属するパチューカは現地時間6日、リーガMX後期(クラウスーラ)第1節でプーマスUNAMと対戦し、2-3で敗戦した。本田は、2018年初ゴールを記録するも、チームは2-3で敗れた。 ▽前期(アペルトゥーラ)を18チーム中12位で終えたパチューカが、前期最下位のプーマスをホームに迎えた一戦。試合はパチューカペースで進む。 ▽35分、パチューカが左CKを得ると、キッカーの本田が低いクロス。これをニアサイドで味方がフリックすると、ファーサイドに飛び込んだフランコ・ハラが合わせて、パチューカが先制する。 ▽さらに迎えた39分、ボックス内右から味方がシュート。これをGKが弾くも、最後はフリーの本田が押し込んで、パチューカが2-0とリードを広げる。 ▽2点ビハインドとなったプーマスだが、前半終了直前にパチューカのミスをつくと、ニコラス・カスティージョがボックス手前からシュート。これがゴール左隅に決まり、2-1で前半を終える。 ▽後半に入ってもペースが上がらないパチューカは53分、セットプレーの流れからこぼれ球をヘスス・ガジャルドに押し込まれ2-2の同点に追いつかれる。さらに76分には、カウンターを仕掛けられると、独走したカスティージョにこの試合2点目を奪われ勝負あり。2-3で後期開幕戦を落とした。 パチューカ 2-3 プーマスUNAM 【パチューカ】 フランコ・ハラ(前35) 本田圭佑(前39) 【プーマス】 ニコラス・カスティージョ(前45+1、後31) ヘスス・ガジャルド(後8) 2018.01.07 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

【河治良幸のターニングポイント】メキシコ挑戦は成功。パチューカ本田の6ゴールを振り返る

▽12月21日にコパMX(メキシコカップ)の決勝が行われ、パチューカの本田圭佑はフル出場したがモンテレイに0-1で敗戦。本田自身も目標としていたパチューカでの初タイトルの獲得はならなかったが、7月にセリエAのミランからパチューカに移籍した本田にとって成功の半年間と言える。 ▽加入当初は右足に違和感をかかえ、高地での試合が多いメキシコへの適応も配慮され、デビューはリーガMX(メキシコリーグ)第6節のベラクルス戦まで待たなければならなかった。しかし、そのデビュー戦で途中出場ながら衝撃的な“ゴラッソ"を決めた本田は徐々にディエゴ・アロンソ監督の信頼を勝ち取り、主力としての地位を確立した。 「ノルマという意味では果たした部分は多いですよね。W杯出場もそうだし、クラブW杯も3位もパチューカのレベルのノルマで考えたらノルマを達成したかな、カップ戦も優勝できなかったですけど、決勝まで行けた。でも、パチューカに移籍した時に半年以内に1つのカップを取るというのを自分の中で決めていたことだったので、それが取れなかったっていうのは非常に残念です」 ▽帰国後、24日に行われたメキシコ大震災チャリティイベントに参加した本田はそう振り返った。来年はW杯の本大会に向けた挑戦が待つが、ここまで本田がパチューカで決めた6つのゴールを振り返りたい。 ◆<span style="font-weight:700;">1点目 8/22リーガMX第6節 ベラクルス戦</span> ▽すでに3-0とリードした58分に投入された本田は[4-4-2]の前線で積極的な仕掛けを見せた。その姿勢が実ったのは73分。カウンターからMFビクトル・グスマンの縦パスを受けると、そのまま左ワイドを持ち上がり左足を一閃。鋭く地を這う様なシュートはベラクルスGKペドロ・ガリェセを破り、ゴール右に突き刺さった。 ▽実は自陣から縦のボールが本田に出た時にポストプレーをしようとした本田はベラクルスのDF2人に挟まれ、潰される格好となったのだが、こぼれ球を味方のMFエリック・グティエレスが拾うとグスマンに預け、そこから本田に素早く渡ったことがゴールにつながった。本田の動きを見ると、潰された直後に態勢を立て直し、グティエレスがボールを拾う時には縦に走り始めている。その時点でグスマンを経由して自分の走るスペースにパスが出てくるイメージができていたはずだ。 ◆<span style="font-weight:700;">2点目 9/27リーガMX第11節 クルス・アスル戦</span> ▽終盤に[4-5-1]の1トップ気味のポジションに投入された本田は3-0となった90分にデビュー戦のゴールをさらに上回るスペクタクルなゴールを決めた。ホルヘ・エルナンデスのヘッドパスを受けた本田は1タッチでウレタビスカヤにつなぐと縦のリターンパスを引き出し、中央をドリブルで進出。進路を阻むDFシルバをかわし、浮き球のシュートをゴールの右隅に決めた。 ◆<span style="font-weight:700;">3点目 10/25コパMXベスト16 サカテペク戦</span> ▽1点リードして迎えた35分、アルゼンチンFWのフランコ・ハラが粘り強くボールをつなぐと、インサイドハーフから攻め上がるビクトル・グスマンを経由し、右サイドの本田が受ける。左センターバックのセルヒオ・フローレスがマークに来ると、さらに左サイドバックのマルコ・アルグエリェスが縦を切る形で対応してきた。 ▽縦に突破を狙うのもフラットに切り込んで左足を振り抜くのも難しい状況だったが、本田は斜め後ろへのカットイン。外目苦しい体勢から右足を踏み込むと、左足のインフロントで巻いたボールがアルグエリェスのブロックを遠目に巻き、ゴール左隅に吸い込まれた。 ◆<span style="font-weight:700;">4点目 10/25コパMXベスト16 サカテペク戦 44分</span> ▽44分、エルナンデスのインターセプトを起点にグスマンがつなぐと、フランコ・ハラが下がりながらボールを受け、それを外から追い越した本田が右のライン裏に抜け出す。最後は飛び出してきたGKビクトル・エルナンデスの逆を突く左足のキックでゴール。この日の2点目でパチューカの勝利を決定付けた。 ◆<span style="font-weight:700;">5点目 10/29リーガMX第15節 サントス・ラグーナ戦</span> ▽[4-3-3]の右ウィングで先発した本田。フランコ・ハラのゴールで先制して迎えた32分にリーグ3得点目を決めた。左サイドからセンターバックのオスカル・ムリージョを経由して右サイドバックのホセ・マルティネスがボールを持つ。 ▽右ウィングの本田は中央寄りのやや引いた位置でパスを引き出す構えを見せるが、マルティネスはアウトサイドの前方に流れていたビクトル・グスマンにパス。相手サイドバックとの1対1を制したグスマンが前線のフランコ・ハラにグラウンダーのボールを付ける間に、本田が間のスペースに向けてダッシュ。そこからリターンパスを左足のインサイドで柔らかく合わせ、GKの届かないゴール左隅に流し込んだ。 ◆<span style="font-weight:700;">6点目 11/8コパMX準々決勝 ティファナ戦</span> ▽2点をリードして迎えた42分に、相手の右サイドからのグラウンダーパスが流れたボールをセンターライン手前で拾った本田は中盤でチェックに来たイバン・マルコーラを破ると、縦を切る左SBのダミアン・ペレスも突破。そこに守備が密集してきたが、DFのフアン・バレンズエラとアンカーのダミアン・ムストの動きが重なった狭いところを抜ける。 ▽最後はスライディングで止めにきたペレスと咄嗟に飛び出してきたGKヒブラン・ラフーをあざ笑うかのように、左足のチップキックでゴール右へ決めた。60メートルのドリブルで4人を突破してのゴールは欧州メディアにも取り上げられ、スペインの『マルカ』は“メッシのようなゴール”と形容して称賛した。<hr>【河治良幸】東京都出身のサッカージャーナリスト。サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』の創刊に携わり、現在は日本代表を担当している。プレー分析を軸とした視点に定評がある。セガのアーケードゲームである『WCCF』の選手カードの作成に携わる。近著に『解説者のコトバを聴けば サッカーの観かたが解る』(内外出版社)。 2017.12.31 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑フル出場もメキシコ初タイトルならず…モンテレイがパチューカを下しコパMX制覇!《コパMX》

▽22日、コパMX決勝のモンテレイvsパチューカが行われ、1-0でモンテレイが勝利。2度目の優勝を飾った。日本代表MF本田圭佑は先発フル出場を果たしている。 ▽準決勝でクラブ・アメリカをPK戦の末に下したモンテレイと、アトランテを2-0で下したパチューカの一戦。パチューカはクラブ・ワールドカップで3位になっていた。 ▽試合は8分にモンテレイが決定機。浮き球のパスに反応したウルタードがシュート。しかし、これはパチューカGKブランコがセーブする。 ▽互いに攻め込む展開となるも、決定力を欠く両チームはゴールを奪えない。前半終了間際には、相手のミスパスに反応した本田がルーズボールを拾うも、バサンタが深いタックル。これにはイエローカードが提示され、パチューカがFKを獲得。やや離れた位置からのFKだったが、本田が直接狙うも、シュートはGKにキャッチされる。 ▽ゴールレスで迎えた後半、モンテレイが先にスコアを動かす。57分、ボックス手前からのスルーパスに抜け出したウルタードがGKとの一対一を冷静に沈め、モンテレイが先制する。 ▽先制を許したパチューカは67分、ボックス手前でFKを獲得。これを再び本田が直接狙うも、壁に当ててしまう。86分には右サイドでパスを受けた本田がゴール前にクロス。これを味方がスルーすると、ボールは枠に向かって飛ぶも、わずかに左に外れる。 ▽攻め込むパチューカは、後半アディショナルタイムに猛攻を仕掛けCKを獲得。左CKを本田が蹴るも、味方には合わず。そのまま試合は終了し、1-0でモンテレイが勝利した。 モンテレイ 1-0 パチューカ 【モンテレイ】 ウルタード(後12) 2017.12.22 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「新聞だと今冬にパチューカを去るみたい」 本田圭佑が残留宣言

▽パチューカに所属する日本代表FW本田圭佑(31)が残留の意思を明確にした。 ▽今夏、フリートランファーでミランから「刺激的なチャレンジ」を求めてパチューカ入りした本田。だが、移籍理由の1つとされるクラブ・ワールドカップ参戦中には、今冬の欧州復帰を模索していると報じられるなど、周囲が騒がしくなりつつあった。 ▽しかし、16日に行われたアル・ジャジーラとのクラブ・ワールドカップ3位決定戦後(4-1でパチューカが勝利)、本田は自身のツイッター(@kskgroup2017)を通じて次のようにスペイン語でつぶやき、残留を示唆している。 「新聞によると、僕はこの冬にパチューカを去るつもりみたいだ。でも、何故? パチューカでとても快適に過ごせているし、パチューカの全てが好きだ。サポーター、同僚、ディエゴ(監督)、ヘスス・マルティネス(会長)、彼らのことが本当に好きだ!」 2017.12.17 08:55 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース