怒りのクロース、“フットボールに無知な奴ら”に反論!2018.01.14 09:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースがチームに対する批判に反論した。

▽直近の公式戦4試合でわずか1勝ですっきりしない戦いが続くレアル・マドリー。13日にホームで行われたリーガエスパニョーラ第19節のビジャレアル戦(0-1)もカウンターからの一発に沈み、リーグ戦3戦未勝利という結果に終わっている。

▽これにより、レアル・マドリーは、さらに批判的な報道の的に。そうした状況のなか、クロースはビジャレアル戦後、自身のツイッター(@ToniKroos)で次のように反発した。

「確かに、僕らやマドリディスタは困難な時期に直面している。でも、今日の僕らが悪い試合をしたと言う人々は、フットボールに無知な奴らだ。良いパフォーマンスだったし、これを続けていかないと。今シーズン、たくさんの勝利を手にする時間はまだある!」

コメント

関連ニュース

thumb

決勝点のアセンシオ、チーム状況の好転へ「どの試合も決勝だと思って戦わなくてはならない」

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFマルコ・アセンシオが、レガネス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽マドリーは18日、コパ・デル・レイ準々決勝1stレグでレガネスのホームに乗り込んだ。アセンシオやコバチッチ、ダニ・セバージョスなどを若手主体のメンバーで臨んだ試合は、ゴールレスのまま迎えた90分にアセンシオが左サイドからのテオ・エルナンデスのクロスを流し込み、1-0で先勝した。 ▽試合後、決勝点を記録したアセンシオは、定期的な出場機会の確保に向けてゴールを獲り続けなくてはいけないと主張。また、チームが好転するために連勝することが重要だと語り「どの試合も決勝だと思って戦わなくてはならない」と今後に意気込んだ。 「今日は僕らにとって重要な試合だった。良い結果を手にして2ndレグに臨みたかったんだ。レガネスは守備に関して良いチームだということは分かっていたし、苦労するというのは分かっていたよ。今は日曜日のデポルティボ戦に集中しないといけないね」 「自分たちはサッカーで大事なことをわかっているし、流れの重要性を理解している。今日から流れを変えていかないといけないし、しっかりと練習してチームの力になるために成長しないといけないんだ。ゴールを決めることがもっと自信を持つことができる」 「全ての物事が上手くいくためには連勝しないといけないし、どの試合も決勝だと思って戦わなくてはならない。今日はその最初の試合で、これからの試合が全て自分たちにとって大事になるんだ。チャンスをモノにしたいし、今日はゴールを決めることができた。もっと試合に出場するために継続していかなくてはいけないね」 ▽なお、2ndレグは24日にレアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われる。 2018.01.19 11:55 Fri
twitterfacebook
thumb

敵地で先勝したジダン、結果に満足感「この勝利がターニングポイントにもなりえる」

▽レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督がレガネス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽マドリーは18日、コパ・デル・レイ準々決勝1stレグでレガネスのホームに乗り込んだ。アセンシオやコバチッチ、ダニ・セバージョスなどを若手主体のメンバーで臨んだ試合は、ゴールレスのまま迎えた試合終盤にアセンシオがゴールを記録して1-0で先勝した。 ▽試合後、ジダン監督は試合内容については苦労したと明かしつつも、敵地での勝利に満足感を示した。また、「ターニングポイントにもなりえる」とこの試合の勝利が重要であることを主張している。 「規律を守り、良い結果を収めることができた。なんとかクリーンシートでアウェイゴールも記録した。前半こそ、自分たちのプレーをするのに苦労したが、後半は良くなり、試合をモノにすることができた」 「選手たちの献身的なプレーに満足しているし、とても良い守備をしていた。自分たちのリズムにするのには苦労したが、サイドバックやマルコ(・アセンシオ)でバランスを取ることができた。多少、思い切りには欠けていたことで苦労はしたが、試合にあまり出場していない選手もいるため、普通のこと。それでも後半はとても良かった」 「今日は勝てたことが重要だ。ビジャレアル戦では良いプレーをしながらもゴールを決めることができなかった。今日は逆に良いプレーではなかったが、ゴールを決めることができた。もう少しで両方ができるようになると願っている」 「シーズンはとても長い。自分たちが今日素晴らしい試合をしたとは言えないが、勝ち抜くために重要な結果を手にすることができた。それはポジティブなこと。難しい時期ではあるが、我慢強くなり、一緒に前進することが必要だ。この勝利が我々のターニングポイントにもなりえる。これからの3試合、4試合とポジティブな結果を得るために持続できると思っているよ」 ▽なお、2ndレグは24日にレアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われる。 2018.01.19 11:28 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、C・ロナウドのユナイテッド復帰にゴーサイン?

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)の希望が叶うかもしれない。スペイン『アス』が報じた。 ▽ポルトガル人ストライカーの希望は来夏、古巣マンチェスター・ユナイテッドへの復帰だ。現在、フロレンティーノ・ペレス会長と会談で約束したはずの契約内容の改善がなされない現状に不信感を募らせ、シーズン終了後の退団を決心したとの報道があとを絶えない。 ▽スペイン『La Sexta』によれば、今冬の移籍市場でアーセナルからチリ代表FWアレクシス・サンチェスの獲得に迫っているとみられるユナイテッドだが、水面下でC・ロナウド連れ戻しに向けた計画も進行中。ジョゼ・モウリーニョ監督も同選手の復帰に前向きだという。 ▽また、『La Sexta』が報じたところによると、現在のユナイテッドはマーケティング面から見ても、C・ロナウド復帰計画を実現させるだけの財力が備わるクラブとのこと。モウリーニョ監督とC・ロナウドのオールド・トラフォードでの再会は実現するのだろうか。 2018.01.19 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アセンシオの劇的弾でレアル・マドリーが敵地で先勝!《コパ・デル・レイ》

▽レアル・マドリーは18日、コパ・デル・レイ準々決勝1stレグでレガネスと対戦し、1-0で勝利した。 ▽5回戦でセグンダ・ディビジョン(2部)に所属するヌマンシアに勝利(AGG:5-2)したレアル・マドリーが、レガネスのホームに乗り込んだ1stレグ。直近のビジャレアル戦で惜敗したレアル・マドリーは、その試合からスタメンを大幅9人変更。アセンシオやコバチッチ、L・ジョレンテ、ダニ・セバージョスなど、若手主体のメンバーで試合に臨んだ。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防を繰り広げる中、レアル・マドリーは14分にアクシデントに見舞われる。右サイドのスペースに出たパスを戻りながら対応したバジェホが、着地の際に右ハムストリングを痛め、自ら交代を要求。ナチョをスクランブル投入する事態となった。 ▽前半半ばにかけてポゼッションでレガネスを上回るレアル・マドリーは、34分に決定機。コバチッチが最終ラインのルベン・ペレスへハイプレスをかけてボールを奪うと、そのままゴール前まで持ち上がりシュートを放ったが、痛恨のキックミスでシュートをゴール右に外し、絶好機を逸した。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはレガネス。66分、右サイドでFKを獲得すると、ディエゴ・リコがゴール前にロングパスを供給。すると、M・ジョレンテのクリアがクロスバーを直撃した。 ▽ピンチを凌いだレアル・マドリーは、68分にマジョラルを下げてモドリッチを投入。さらに73分にM・ジョレンテを下げてイスコをピッチに送り出した。しかし、直後にチャンスを迎えたのはレガネス。 ▽75分、アムラバトの左クロスをファーサイドのボーヴュが右足のボレーシュートで合わせたが、これはGKカシージャがファインセーブで凌いだ。 ▽膠着状態のまま試合も終盤に突入し、このまま試合終了かと思われたが、90分に均衡が破れる。イスコのパスを左サイド高い位置で受けたテオ・エルナンデスのクロスをニアサイドに走り込んだアセンシオが左足でゴールに流し込んだ。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、レアル・マドリーが敵地で先勝を飾った。なお、2ndレグは24日にレアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われる。 2018.01.19 07:43 Fri
twitterfacebook
thumb

欧州クラブが選手に支払った総給与額が判明!

▽UEFA(欧州サッカー連盟)は17日、欧州クラブに関するベンチマークレポートを発表した。スペイン『アス』はその中で、各クラブが選手に支払った給与の総額に着目している。 ▽報道によれば、2016年にヨーロッパのサッカークラブは総額73億ユーロ(約9913億円)の給与を選手に支払った。そのうち42%をプレミアリーグのクラブが占め、給与支出額トップ20に9クラブが入ったようだ。 ▽最も高額な給与を支払っているクラブはバルセロナで、その額は3億7200万ユーロ(約505億円)。これは1年間の総収入の60%にあたるという。最近クラブとの契約更新が合意したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがブラウグラナから受け取る年俸総額は、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをはるかに凌いでいるといわれ、その額は1億ユーロを超えるもののようだ。 ▽次点でマンチェスター・ユナイテッドが続いた。フランス代表MFポール・ポグバやベルギー代表FWロメル・ルカクらを要する赤い悪魔が3億2100万ユーロ(約436億円)で2位となった。3位にはレアル・マドリー。C・ロナウドやクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ブラジル代表DFマルセロらを抱える銀河系軍団は3億700万ユーロ(約417億円)の給与を選手らに支払っていることが明らかになった。 ▽以下、チェルシー、マンチェスター・シティと続き、昨夏の移籍市場を賑わせたパリ・サンジェルマンが6位に入った。その下にリバプール、バイエルン、アーセナル、ユベントスが続いた。トップ10の半分をプレミアリーグのクラブが占めるという構図になっている。 ▽2013-14シーズンから施行されたファイナンシャル・フェアプレーによって、クラブの支出が制限される一方、高騰する放映権料により、近年では移籍金のインフレが激しくなっているフットボール界。それに伴い、選手の年俸も徐々に上がってきているようだ。 ◆欧州最高支払い給与額トップ20 1.バルセロナ/3億7200万ユーロ(約505億円) 2.マンチェスター・ユナイテッド/3億2100万ユーロ(約436億円) 3.レアル・マドリー/3億700万ユーロ(約417億円) 4.チェルシー/2億9800万ユーロ(約405億円) 5.マンチェスター・シティ/2億9400万ユーロ(約399億円) 6.パリ・サンジェルマン/2億9200万ユーロ(約397億円) 7.リバプール/2億8100万ユーロ(約382億円) 8.バイエルン/2億7000万ユーロ(約367億円) 9.アーセナル/2億6300万ユーロ(約357億円) 10.ユベントス/2億2100万ユーロ(約300億円) 11.ミラン/1億6100万ユーロ(約219億円) 12.ローマ/1億5600万ユーロ(約212億円) 13.ドルトムント/1億4000万ユーロ(約190億円) 14.トッテナム/1億4000万ユーロ(約190億円) 15.アトレティコ・マドリー/1億3700万ユーロ(約186億円) 16.ヴォルフスブルク/1億3400万ユーロ(約182億円) 17.エバートン/1億2800万ユーロ(約173億円) 18.インテル/1億2700万ユーロ(約172億円) 19.アストン・ビラ/1億2500万ユーロ(約170億円) 20.ウェストハム/1億1400万ユーロ(約155億円) 2018.01.18 20:20 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース