ゴンサロ・ゲデス1G1Aのバレンシアがデポルティボに逃げ切り勝利《リーガエスパニョーラ》2018.01.14 06:37 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは13日、リーガエスパニョーラ第19節でデポルティボとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。

▽前節ジローナ戦を2-1と逆転勝利して3試合ぶりに白星を飾った3位バレンシア(勝ち点37)は、4日前に行われたラス・パルマスとのコパ・デル・レイ5回戦2ndレグを4-0と完勝。そのラス・パルマス戦のスタメンから8選手を変更。コンドグビアとアンドレアス・ペレイラが出場停止で欠場となった中、この冬にアーセナルから獲得したコクランが先発となった。

▽立ち上がりからバレンシアがボールを持つ時間を伸ばしていく中、ホームチームのデポルティボも鋭い攻めで応戦。10分にはボルジェスのミドルシュートがGKネトを脅かすと、13分にはCKからボルジェスのヘディングシュートがバーを直撃した。

▽引き続き敵陣でボールを持つバレンシアは、27分に左サイドからのゴンサロ・ゲデスのクロスが枠を捉えたが、GKの好守に阻まれる。さらに33分、ゴンサロ・ゲデスが強烈なミドルシュートを放ったが、わずかに枠を捉えられなかった。

▽それでも37分、ボックス手前左からゴンサロ・ゲデスの放ったシュートがGKルベン・マルティネスのキャッチミスを誘って、バレンシアが先制した。

▽幸運な形でリードしたバレンシアは迎えた後半、リスクを冒さずデポルティボの攻撃を受け止めていく。

▽そして64分、順当に突き放した。敵陣でボールを奪い、ゴンサロ・ゲデスの横パスを受けたゴール正面のロドリゴ・モレノが左足でシュート。これがDFにディフレクトしてネットが揺れた。

▽2点をリードしたバレンシアは終盤にかけて自陣に構えてデポルティボの攻撃を封じていく。結局、88分にアンドネにゴールを許したバレンシアだったが、2-1で逃げ切り。2位アトレティコ・マドリーを2ポイント差で追走している。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリ会長、スペイン代表FWロドリゴへの興味を認める「良い選手であることは否定できない」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、バレンシアに所属するスペイン代表FWロドリゴ・モレノに対する興味を認めている。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>ラウレンティス会長は、ロドリゴが今季からカルロ・アンチェロッティ監督が率いるチームを強化するために、適切な人材であることを認めた。<br><br>「ロドリゴが素晴らしい選手であることは否定できない。それが、獲得を意味している訳ではないがね。私たちは攻撃陣に多く選手を抱えている。もしアンチェロッティが8選手の内、3選手を放出できると言うならば、ロドリゴのような選手を意識せざるを得ない」<br><br>なおロドリゴの契約解除金は1億2000万ユーロの設定されているが、ラウレンティス会長は実際に同選手の獲得に動く場合には、その額の引き下げを目指す模様。一方、昨季の決算を3000万ユーロの赤字で終えたバレンシアは、選手売却の必要に迫られており、ロドリゴの放出を検討する可能性もあるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.23 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシアがスポルティングからイタリア人DF獲得へ! 1年でリーガ復帰に

▽バレンシアがスポルティング・リスボンのイタリア人DFクリスティアーノ・ピッチーニ(25)の獲得に迫っているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 ▽フィオレンティーナでプロキャリアをスタートした189cmの大型右サイドバックのピッチーニは、2014年にレンタル移籍したベティスで台頭。完全移籍に切り替わった2015年から2シーズンに渡って準主力を担うと、昨夏にスポルティングに移籍。昨シーズンは右サイドバックの主力として公式戦40試合に出場していた。 ▽『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによれば、ピッチーニは22日にバレンシアでメディカルチェックを受診し、1000万ユーロ(約13億円)での完全移籍を完了させる予定だ。 2018.07.22 16:37 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシア、マルセリーノ監督との契約を2020年まで延長!

▽バレンシアは18日、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督(52)と2020年6月30日までの契約延長で合意したことを発表した。 ▽マルセリーノ監督は、スポルティング・ヒホンやセビージャ、ビジャレアルの指揮官を歴任。昨シーズンからバレンシアの指揮官に就任していた。 ▽すると、昨シーズンのバレンシアは開幕から好調を示し、最終的には4位でシーズンを終了。2年連続12位に終わっていたチームを見事に立て直し、3年ぶりにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得していた。 2018.07.18 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア、ゲデス獲得へ会長&オーナー&CEOが団結

▽バレンシアのアニル・マーシー会長が、昨シーズンまでレンタルで加入していたポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(21)の買い取りに意欲を示している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽パリ・サンジェルマン(PSG)からのレンタルでバレンシアに加入したゲデスは、昨シーズンの公式戦40試合6ゴール11アシストを記録。数字以外の部分でも目を見張るパフォーマンスを披露し、クラブのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献していた。 ▽当然ながら、バレンシアはチームに完全にフィットしたゲデスの獲得を早くから画策。しかし、以前の報道によるとPSG側はゲデスに最高8000万ユーロ(約105億円)の市場価値が生じると判断しており、最終的に5000万ユーロ(約66億円)前後での獲得を狙うバレンシアからしてみれば、かなり高額だ。バレンシアとの良好な関係を崩したくないPSGは、4000万ユーロ(約53億円)から交渉の席につく考えを示しているそうだが、難航は免れないだろう。 ▽それでも、『マルカ』の17日の記事によると、マーシー会長がマテウ・アレマニーCEO、オーナーを務めるピーター・リムとトリノで会談を持ち、ゲデスをトップターゲットに据えることを確認したという。 ▽また、マーシー会長は会談直後と見られる16日に自身ツイッターアカウント(@anilmurthy1903)を更新し、「私たちは、ピーター・リムと仕事をしている。彼はどの会話、どのミーティングでも、同じようにバレンシアの未来に対する責任感を示してくれる人物だ」と投稿。資金面に影響を及ぼすリム氏と、ポジティブなすり合わせが行えたことを示唆している。 2018.07.18 14:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘタフェがバレンシアからセルビア代表MFマクシモビッチを獲得

▽日本代表MF柴崎岳の所属するヘタフェは16日、バレンシアのセルビア代表MFネマニャ・マクシモビッチ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの6年間で、移籍金は550万ユーロ(約7億2000万円)とのことだ。 ▽2017年夏にカザフスタンのアスタナからバレンシアに移籍したセントラルMFを本職に右MFでもプレー可能なマクシモビッチは2017-18シーズン、リーガエスパニョーラで15試合に出場、コパ・デル・レイで6試合に出場していた。 ▽セルビア代表としてはこれまで5試合に出場。ロシア・ワールドカップには候補メンバーまでは選出されていたが、最終メンバーには残れなかった。 ▽新シーズン、ヘタフェに残留することになった場合、レギュラー獲りを目指す柴崎にとっては新たなライバルの加入となった。 2018.07.17 03:44 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース