ゴンサロ・ゲデス1G1Aのバレンシアがデポルティボに逃げ切り勝利《リーガエスパニョーラ》2018.01.14 06:37 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは13日、リーガエスパニョーラ第19節でデポルティボとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。

▽前節ジローナ戦を2-1と逆転勝利して3試合ぶりに白星を飾った3位バレンシア(勝ち点37)は、4日前に行われたラス・パルマスとのコパ・デル・レイ5回戦2ndレグを4-0と完勝。そのラス・パルマス戦のスタメンから8選手を変更。コンドグビアとアンドレアス・ペレイラが出場停止で欠場となった中、この冬にアーセナルから獲得したコクランが先発となった。

▽立ち上がりからバレンシアがボールを持つ時間を伸ばしていく中、ホームチームのデポルティボも鋭い攻めで応戦。10分にはボルジェスのミドルシュートがGKネトを脅かすと、13分にはCKからボルジェスのヘディングシュートがバーを直撃した。

▽引き続き敵陣でボールを持つバレンシアは、27分に左サイドからのゴンサロ・ゲデスのクロスが枠を捉えたが、GKの好守に阻まれる。さらに33分、ゴンサロ・ゲデスが強烈なミドルシュートを放ったが、わずかに枠を捉えられなかった。

▽それでも37分、ボックス手前左からゴンサロ・ゲデスの放ったシュートがGKルベン・マルティネスのキャッチミスを誘って、バレンシアが先制した。

▽幸運な形でリードしたバレンシアは迎えた後半、リスクを冒さずデポルティボの攻撃を受け止めていく。

▽そして64分、順当に突き放した。敵陣でボールを奪い、ゴンサロ・ゲデスの横パスを受けたゴール正面のロドリゴ・モレノが左足でシュート。これがDFにディフレクトしてネットが揺れた。

▽2点をリードしたバレンシアは終盤にかけて自陣に構えてデポルティボの攻撃を封じていく。結局、88分にアンドネにゴールを許したバレンシアだったが、2-1で逃げ切り。2位アトレティコ・マドリーを2ポイント差で追走している。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシア、サンティ・ミナ弾で先制も逃げ切れず3戦勝ちなし…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第32節セルタvsバレンシアが21日にバライードスで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽前節バルセロナと2-2で引き分けた10位セルタ(勝ち点44)が、連敗中の4位バレンシア(勝ち点65)をホームに迎えた一戦。 ▽セルタは前節のスタメンから2名変更してアスパス、ジョナタン・カストロに代えてカブラル、マージョを起用し、バレンシアは2-1で敗北した前節ヘタフェ戦から7名変更してパレホ、ザザらに代えてソレール、ロドリゴ・モレノらを起用した。 ▽試合の序盤からカウンターを得意とする両チームによる鍔迫り合いが続くが、28分にバレンシアがチャンスを作り出す。ショートカウンターの場面で、アンドレアス・ペレイラがボックス右に侵攻。しかし、右足で放ったシュートはGKセルヒオ・アルバレスに阻まれた。 ▽さらに31分、ボックス手前やや左でボールを持ったゴンサロ・ゲデスが、中央にカットインして右足を振り抜く。ファーを狙ったシュートは枠を捉えなかったが、攻勢を強めていく。 ▽セルタはボール支配を高めつつ反撃の機会を窺うが、決定機を手にすることができず。ややバレンシア寄りのペースで試合の折り返しを迎えることとなった。 ▽後半に入っても、バレンシアが積極的にしかけていく。47分、ボックス手前中央からソレールがグラウンダーのミドルシュートを浴びせれば、50分にはボックス内中央でボールを持ったゴンサロ・ゲデスが右足で狙う。どちらも得点には繋がらなかったが、セルタゴールを脅かしていく。 ▽そして59分、バレンシアの攻撃が実を結ぶ。シストがセルタ陣内でボールを失い、バレンシアのカウンターが発動。最後はボックス手前のゲデスがボックス内に浮き球のスルーパスを通し、サンティ・ミナがボレーシュートでネットを揺らした。 ▽それでも直後の63分、セルタがボックス手前左でFKを獲得。ヴァスがクロスを供給すると、マキシ・ゴメスが飛び込み頭で合わせて同点弾とした。 ▽80分、勝ち越しを目指すバレンシアは左CKを獲得。ファーを狙ったクロスに反応したソレールのシュートはGKセルヒオ・アルバレスに阻まれたが、こぼれ球にコンドグビアが詰める。しかし、コンドグビアのシュートはセルタDFがブロック。決死の守備を敢行するセルタを前に、バレンシアはなかなか追加点を決めることができない。 ▽結局、1-1の状態からスコアが動きをみせることはなく試合が終了。この結果、バレンシアは3戦勝ちなしとなり、連敗から完全に立ち直ることはできず。対するセルタは、先制されながらも追い上げをみせ、勝ち点1を得ることに成功した。 2018.04.22 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

レミの移籍後初ゴールを含む2発でヘタフェがバレンシアを撃破!柴崎はベンチ入りも出場せず《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第33節のバレンシアvsヘタフェが18日に行われ、1-2でヘタフェが勝利した。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、ベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ▽4日前に行われたバルセロナ戦で惜敗した4位バレンシア(勝ち点65)が、10位ヘタフェ(勝ち点42)をホームに迎えた一戦。中3日の一戦に向けバレンシアは、前節から先発を大幅に7人変更。GKジャウメやザザ、ビエット、モントーヤらが先発に名を連ねた。 ▽試合が動いたのは16分、ヘタフェは中盤でボールを奪ったダミアン・スアレスが前線に素早くスルーパスを供給。このパスで相手DFの裏に抜け出したレミがペナルティアーク右まで持ち上がり冷静にシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽先制を許したバレンシアの反撃は26分、パレホの右CKからボックス中央のマクシモビッチがヘディングシュートで狙ったが、枠の上。40分にも、バイタルエリア右で獲得したFKからパレホがクロスを上げるも、ザザのヘディングシュートは枠の左に外れた。 ▽迎えた後半も先にスコアを動かしたのはヘタフェ。49分、右サイドでボールを受けたモリーナがポルティージョとのワンツーで切り込むと、ダイアゴナルなドリブルでボックス右まで侵攻。マイナスの折り返しを最後はペナルティアーク内のレミがゴール右隅に流し込み、追加点を奪った。 ▽リードを広げられたバレンシアは、61分にビエット、アンドレアス・ペレイラ、マクシモビッチに代えてロドリゴ・モレノ、フェラン・トーレス、ソレールを投入する3枚替えを敢行。すると70分、ペナルティアーク右横でボールを受けたロドリゴ・モレノが反転から左足を振り抜くと、このシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽ロドリゴ・モレノのゴールで反撃の狼煙を上げたバレンシアは、その後も果敢にヘタフェゴールに襲い掛かる。試合も終盤に差し掛かり、焦りから苛立ちを見せるバレンシアは、86分にパレホがモリーナへの報復行為で2枚目のイエローカードで退場。自ら不利な状況に陥ってしまう。 ▽結局、試合はそのまま1-2で終了。レミの移籍後初ゴールを含む2ゴールでヘタフェがリーグ戦連勝。一方のバレンシアは、バルセロナ戦に続き連敗を喫した。 2018.04.19 04:30 Thu
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、次節バレンシア戦でボランチ起用か...ヘタフェの中盤に離脱者続出

ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳が、次の試合でボランチ起用されるかもしれない。スペイン『アス』が伝えた。<br><br>ヘタフェは18日のリーガエスパニョーラ第33節でバレンシアと対戦する。だが、この試合をMFMFマウロ・アランバッリ、MFマルケル・ベルガラが負傷により、MFマテュー・フラミニが出場停止で欠場する見込みだ。<br><br>ホセ・ボルダラス監督はMFファジル・ファイサル、MFセルヒオ・モラをダブルボランチで起用することを検討しているという。一方、今季ボランチでプレーした柴崎やMFフランシスコ・ポルティージョにも同ポジションに据えられる可能性があるようだ。<br><br>今夏テネリフェからヘタフェに移籍した柴崎は、リーガ1部のファーストシーズンでここまで20試合1得点を記録している。ボルダラス監督の下でFW起用が多い柴崎だが、バレンシア戦では中盤の底でプレーすることもあり得る。<br><br>ヘタフェは現在10位に位置している。ヨーロッパリーグ出場権獲得を決められる6位ビジャレアルとは勝ち点6差だ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.17 21:22 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナに敗戦のバレンシア、マルセリーノ「私たちはテア・シュテーゲンを世界最高のGKとした」

14日のリーガエスパニョーラ第32節、バレンシアは敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦を1&minus;2で落とした。マルセリーノ・ガルシア・トラル監督は試合後、自チームの決定機がGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンに幾度も阻まれたことが、勝敗を決めたとの見解を示している。<br><br>スペイン『マルカ』がバレンシア指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「私たちはテア・シュテーゲンを、おそらく世界最高のGKにしてしまった。決定機を決め切れなければ、危険に身をさらすことになるんだよ」<br><br>「後半、私たちは1-1とできるはずだったが、結局は0-2とされて大きな打撃を受けた。そのビハインドを乗り越えることは難しい」<br><br>なおマルセリーノ監督は、これまでバルセロナと18試合を戦ったが、一度も勝利を挙げたことがない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.15 23:10 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:バルセロナ 2-1 バレンシア《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第32節、バルセロナvsバレンシアが14日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180415_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 テア・シュテーゲン 6.0 PKストップならず。自作自演もあったが、安定したゴールセービングで相手攻撃陣の前に立ちはだかった DF 20 セルジ・ロベルト 6.0 チームのボールの失い方が悪く前半はゲデスに前を向かれて仕掛けられる場面が目立った。それでも、後半はきっちり盛り返す (→N・セメド -) 3 ピケ 6.0 早い時間帯にカードをもらったことで、我慢の対応を強いられた。それでも、後半立ち上がりに見事なゴールカバーでチームを救った 23 ユムティティ 6.5 後半立ち上がりの痛恨スリップなどやや疲労の色が見えたが、決勝点となる今季初ゴールを記録 18 ジョルディ・アルバ 6.5 古巣相手に積極的な攻撃参加でチャンスに絡む。被カウンター時も快足を生かして味方を助けた MF 14 コウチーニョ 6.5 絶妙なパスで2点をアシスト。不得手な右サイドでの起用もアタッキングサードでアイデアを見せた (→デンベレ -) 痛恨のPK献上 15 パウリーニョ 5.5 球際の強さを見せていたが、ややポジショニングに難がありプレッシャーをかけ切れない場面も 5 ブスケッツ 6.0 満身創痍の中でも堅実なプレーを攻守に披露。後半は攻撃面でも良い絡みを見せた 8 イニエスタ 6.5 アルバとの連係から幾度か良い崩しを見せた。交代時にはスタンディングオベーションを受けた (→デニス・スアレス -) FW 10 メッシ 6.5 前半は重さを感じさせたが、後半は圧巻のボレーやドリブルシュートでスタンドを沸かせた 9 スアレス 6.5 良い時間帯に先制点を奪取。相手DFとの駆け引きで優位に立った 監督 バルベルデ 6.0 効率よい戦いぶりで難敵撃破。CL敗退ショックを振り払うリーガ無敗記録樹立となった ▽バレンシア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180415_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 13 ネト 5.5 1失点目はノーチャンスも、2失点目は何とかしたかった。それでも、後半に2度のビッグセーブで意地は見せた DF 3 ヴェゾ 5.0 守備専門でのプレーだったが、ポジショニングや判断で甘さが散見 5 ガブリエウ 5.5 失点場面で背後を許したものの、それ以外の場面では無理の利く守備で奮闘 24 ガライ 5.5 相手の攻撃に揺さぶられる場面が多かったが、中央の危険なエリアを冷静にケア 14 ガヤ 5.5 PK奪取など良い攻撃参加も見せたが、守備では簡単にスペースを使わせてしまった MF 18 ソレール 5.5 攻守にハードワークを見せたが、攻撃面でもっとアクセントになりたい 10 パレホ 6.0 PKで1ゴール。中盤で無難に捌き、守備ではバイタルエリアをきっちりケア 16 コンドグビア 5.5 球際で強さを見せたが、あわや2枚目のカードで退場という場面を作るなど守備時は我慢を強いられた 7 ゴンサロ・ゲデス 5.5 前半は鋭い仕掛けやシュートで存在感も後半はトーンダウン (→アンドレアス・ペレイラ 5.0) 因縁のセルジ・ロベルトとマッチアップも見せ場は作れず FW 19 ロドリゴ・モレノ 5.0 2度のビッグチャンスを逃がして6戦連発とはならず (→ザザ -) 22 サンティ・ミナ 5.5 幾つか決定機を演出したが、決定的な仕事はできなかった (→ビエット 5.0) 指揮官の起用に応えるような好プレーはほとんどなかった 監督 マルセリーノ 5.0 コンディション面の利点を生かしたアグレッシブなパフォーマンスを見せられず。やや淡白な内容で連勝がストップ ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! コウチーニョ(バルセロナ) ▽傷心のチームを救う2アシストで勝利に大きく貢献。アシスト以外の場面でも質の高い仕掛けやパスで存在感を示した。 バルセロナ 2-1 バレンシア 【バルセロナ】 スアレス(前15) ユムティティ(後6) 【バレンシア】 パレホ(後42[PK]) 2018.04.15 01:13 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース