ゴンサロ・ゲデス1G1Aのバレンシアがデポルティボに逃げ切り勝利《リーガエスパニョーラ》2018.01.14 06:37 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは13日、リーガエスパニョーラ第19節でデポルティボとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。

▽前節ジローナ戦を2-1と逆転勝利して3試合ぶりに白星を飾った3位バレンシア(勝ち点37)は、4日前に行われたラス・パルマスとのコパ・デル・レイ5回戦2ndレグを4-0と完勝。そのラス・パルマス戦のスタメンから8選手を変更。コンドグビアとアンドレアス・ペレイラが出場停止で欠場となった中、この冬にアーセナルから獲得したコクランが先発となった。

▽立ち上がりからバレンシアがボールを持つ時間を伸ばしていく中、ホームチームのデポルティボも鋭い攻めで応戦。10分にはボルジェスのミドルシュートがGKネトを脅かすと、13分にはCKからボルジェスのヘディングシュートがバーを直撃した。

▽引き続き敵陣でボールを持つバレンシアは、27分に左サイドからのゴンサロ・ゲデスのクロスが枠を捉えたが、GKの好守に阻まれる。さらに33分、ゴンサロ・ゲデスが強烈なミドルシュートを放ったが、わずかに枠を捉えられなかった。

▽それでも37分、ボックス手前左からゴンサロ・ゲデスの放ったシュートがGKルベン・マルティネスのキャッチミスを誘って、バレンシアが先制した。

▽幸運な形でリードしたバレンシアは迎えた後半、リスクを冒さずデポルティボの攻撃を受け止めていく。

▽そして64分、順当に突き放した。敵陣でボールを奪い、ゴンサロ・ゲデスの横パスを受けたゴール正面のロドリゴ・モレノが左足でシュート。これがDFにディフレクトしてネットが揺れた。

▽2点をリードしたバレンシアは終盤にかけて自陣に構えてデポルティボの攻撃を封じていく。結局、88分にアンドネにゴールを許したバレンシアだったが、2-1で逃げ切り。2位アトレティコ・マドリーを2ポイント差で追走している。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシア、アーセナルからMFコクランを完全移籍で獲得!

▽バレンシアは11日、アーセナルからフランス人MFフランシス・コクラン(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年半となり、契約解除金は8000万ユーロ(約107億4000万円)となる。 ▽なお、イギリス『BBC』の伝えるところによれば、移籍金は1200万ポンド(約18億1000万円)となる模様だ。 ▽2008年に母国フランスのラヴァルからアーセナルに加入したコクランは、2008-09シーズンのリーグカップでトップチームデビュー。その後はロリアンやフライブルクにレンタル移籍するなど、なかなかトップチームに定着できずにいたが、2014-15シーズンから本職の守備的MFに加えサイドバック、センターバックをこなすユーティリティ性を武器に出場機会を確保。アーセナルではここまで公式戦160試合に出場していた。 ▽今季ここまでは公式戦13試合に出場していたものの、あくまで主力としての立場にこだわるコクランは、今冬の移籍市場でバレンシアに旅立つ決断をした。 2018.01.12 00:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ビエットがバレンシアで復活...“メンタリスト”の役割担うマルセリーノ

バレンシアFWルシアーノ・ビエットが、復活を遂げた。その背景には、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督の支えがあったようだ。<br><br>今冬アトレティコ・マドリーからバレンシアに移籍したビエットは、1年以上無得点が続き苦しんでいた。だがバレンシア加入を決め、2試合目(コパ・デル・レイ5回戦第2戦ラス・パルマス戦)にしてハットトリックを達成してゴールの呪縛から解放されている。<br><br>ビエットはラス・パルマス戦後、「マルセリーノは僕の最高のパフォーマンスを引き出す術を知っている」と語った。指揮官を称えているのは、アルゼンチン人FWだけではない。<br><br>主将を務めるMFダニ・パレホは、マルセリーノ監督について「練習初日から、僕は何かを感じ取った。注意を引き付けられ、思ったんだ。『この監督と過ごす一年を逃すことはできない』とね」と述べている。<br><br>FWロドリゴ・モレノはスペイン代表に定着して、シモーネ・ザザはイタリア代表に返り咲いた。MFゴンサロ・ゲデスはポルトガル代表に招集された。マルセリーノ監督は&ldquo;メンタリスト&rdquo;として、バレンシアで数多くの選手を再生している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.11 22:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベにストゥラーロ放出の意思なし! バレンシア、エバートンが興味

▽ユベントスが、イタリア代表MFステファノ・ストゥラーロ(24)へのオファーを拒否したようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽2014-15シーズンからユベントスでプレーするストゥラーロは豊富な運動量を武器とするハードワーカー。しかしチーム内ではそれほど出場機会に恵まれておらず、セリエAでは4試合の出場にとどまっている。 ▽そんな同選手に対してイタリア国内のクラブだけでなく、バレンシアやエバートンと言った海外のクラブも興味を持っていると言われている。しかしユベントスは、ストゥラーロを放出する意思はないようで、同選手の代理人を務めるカルロ・ボルピ氏はユベントスから高い評価を受けていることを強調した。 「イタリアのおよそ80%ものクラブが彼を欲している。そして海外からも興味を持たれており、今はバレンシアやエバートンが獲得を考えている。しかしステファノの状況はクリアだ。ユーベにとって彼は必要な選手であり、放出されることはない」 「あらゆるクラブが私にコンタクトを取っている。代理人としては嬉しい話だ。それに移籍市場ではどんなことでもおこる。それでも明らかなことは、マッシミリアーノ・アッレグリはステファノに対して、チームに留まるように頼んだということだ」 2018.01.11 11:19 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシアで躍動中のゲデスにマドリーが興味!! PSGもFFP違反回避へ売却考慮

▽レアル・マドリーが、バレンシアに所属するポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(21)の獲得に興味を持っているようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽今シーズンにパリ・サンジェルマン(PSG)からレンタル移籍でバレンシアに加入したゲデスは、リーグ戦14試合で3ゴールを奪うなど3位と躍進するチームを牽引している。 ▽この活躍を受けて、バレンシアは早くから同選手を完全移籍で獲得できないかをPSGと交渉。しかしPSGが求める4000万ユーロ(約53億2500万円)と、バレンシア側の支払える金額には開きがあるようで、交渉は難航しているようだ。また、PSG側はファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反の回避を目指しており、ゲデスの獲得に要した3000万ユーロ(現在のレートで約39億9400万円)以上で同選手を売却したいと考えているようだ。 ▽バレンシアとPSGによる交渉が難航している中、『アス』によれば、マドリーがゲデスに興味を持ち始めたと伝えている。マドリ―はフランス代表FWカリム・ベンゼマの今シーズンの働きぶりに満足していない模様。前線のテコ入れを図る可能性があると指摘しており、これまでにはインテルの元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの名前も候補に挙がっている。なお、マドリー側はゲデスの活躍に興味を持っているが、現在は調査を開始した段階でこれから決断が下されるという。 2018.01.11 08:42 Thu
twitterfacebook
thumb

コクラン、16億円でのバレンシア移籍が決定的に…近日中にメディカルチェックへ

アーセナルのMFフランシス・コクランは、バレンシア行きが決定的であることが分かった。<br><br>今シーズン、リーグ戦では先発1試合を含む7試合に出場とコクランはほとんどプレー時間を得られていない。出場機会を求め、今冬にアーセナルを退団する意志を固めた同選手の新天地はウェストハムやクリスタル・パレスなどが有力候補ではないかと考えられていた。<br><br>しかし、コクランの行き先はプレミアリーグのライバルクラブではなくスペインとなり、バレンシアでメディカルチェックを受けることが判明。当初、ローン移籍で決着するのでないかと報じられていたが、どうやら同選手は完全移籍でリーガサイドに移り、同クラブと4年半の契約を結ぶようだ。なお、移籍金は1050万ポンド(約16億円)とされている。<br><br>今冬、アーセナルを去るのではないかと考えられている選手はアレクシス・サンチェスやセオ・ウォルコットをはじめ複数いるが、コクランが退団第1号となるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.11 05:46 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース