伊藤途中出場のHSV、降格圏抜け出せず厳しい3連敗《ブンデスリーガ》2018.01.14 06:29 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハンブルガーSVは13日、ブンデスリーガ第18節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。HSVのDF酒井高徳はベンチ入りも出場機会はなく、FW伊藤達哉は74分から出場している。

▽前節ボルシアMG戦を1-3と完敗して2連敗となった17位HSV(勝ち点15)は、酒井高と伊藤がベンチスタートとなった。

▽9位アウグスブルク(勝ち点24)に対し、立ち上がりから一進一退の攻防を強いられたHSVは、なかなか決定的なシュートに持ち込むことはできない。

▽そんな中32分、アウグスブルクのグレゴリッチュに強烈なボレーシュートでオンターゲットを記録される。そして前半終了間際、ク・ジャチョルのヘディングシュートで失点し、前半を1点ビハインドで終えた。

▽迎えた後半も思うように攻撃を仕掛けられず苦戦したHSVは、74分に伊藤を右サイドに投入。しかし、見せ場を作れず、チームは0-1のまま敗戦。厳しい3連敗となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

酒井高聖、兄・高徳が所属するハンブルガーSVの2軍でトライアル…海外挑戦なるか

アルビレックス新潟のDF酒井高聖は、兄の高徳が所属するハンブルガーSV(HSV)の2軍の練習に参加。地元メディアの『ハンブルガー・モルゲンポスト』が伝えている。<br><br>21歳の高聖は4日からの始動とともにHSVの2軍にあたるU-21チームの練習に参加している。右SBを本職とする同選手だが、現在4部に相当するレギオナルリーガ・ノルトの首位を走るチームとの契約を目指すことになった。<br><br>同チーム率いるクリスティアン・ティーツ監督は「現在ドイツに滞在する彼は、ここで彼の実力を見せたい、と願ったんだ。なので我々はそれに応じ、これから数日間彼のことを見てみることにした」とコメントを残している。<br><br>高聖は先月、日本人選手4人の1人としてドイツ3部所属のアーレンでもトライアルを受けていたものの、ほかの3人と同様契約を勝ち取れず。だが高聖に関しては、つい最近トップチームに引き上げられたFW伊藤達哉がプレーしていたチームでの練習参加が決まった。<br><br>新潟は4日、高聖とは2月1日以降の契約を更新しないことを発表。HSVの2軍への入団が実現しなくても、出身クラブにはしばらく戻ることはないかもしれない。なお、新潟は7日にはMF酒井宣福(25)が完全移籍で大宮アルディージャに渡ったことを発表している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.09 08:39 Tue
twitterfacebook
thumb

酒井高徳が語る2018年の意気込み…「ロシアW杯のピッチに立ちたい」

ハンブルガーSVに所属する日本代表DF酒井高徳が、地元メディア『ハンブルガー・モルゲンポスト』のインタビューに応じた。キャプテンとしてチームの現状を語るとともに、今季終了後に控えているロシア・ワールドカップへの意気込みを示している。<br><br>ハンブルガーSVは第17節まで4勝3分け10敗、前半戦をリーグ17位で終え、残留争いの真っ只中にいる。酒井は取材で「前半戦の内容に満足できなかったですね。もっと安定した内容でチームに貢献する必要があります」と述べた。<br><br>その一方、右サイドバックだけでなく時折中盤のアンカーでも起用されるチーム事情について「僕が右(サイドバック)か左かでプレーすることは特に大きな問題ではない。ただ、中央でプレーするとやりにくい部分もある。代表では、MFでなくサイドバックとして呼ばれていて、ロシア・ワールドカップのピッチに何としても立ちたいと思っています。それでも、チームが必要とする役割を全うするのが自分の仕事だと思っている」と発言。<br><br>日本代表では長友佑都、酒井宏樹らとのポジション争いを展開しているが、代表では控え扱いになっていることに&ldquo;もどかしさを抱いている&rdquo;と記事では伝えている。<br><br>また、酒井は現在チームと2年契約延長のオファー交渉を行っているとのうわさについて「僕はクラブと良好な関係で話し合いを行っている。それでももう少し時間が必要」と語り、新契約締結が間近に迫っていることを明かした。<br><br>後半戦に向けては「HSVでは、降格圏から早く抜け出したい」と今後の巻き返しに向けて意気込みを示している。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.03 17:23 Wed
twitterfacebook
thumb

ハンブルガーSV酒井高徳、2クラブからオファーが届いていた?だが主将は残留を決心

日本代表DFの酒井高徳は、これからもハンブルガーSV(HSV)に残る考えのようだ。ギド・ワルター代理人は地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』に対して明かしている。<br><br>オフに入る前、HSVから現行契約の2年延長となる2020年までの新契約オファーを受けた酒井。同クラブの主将を務める26歳だが、帰国中家族と話し合った結果、それに合意する決断を下したようだ。<br><br>ワルター代理人は「将来に関する考えのなかで、ゴウトクが最も優先するのはHSVだ。彼はこのクラブをとても高く評価している」とのコメントを残した。他に2クラブからオファーが届いていることを認めた上で、「現時点、明白にHSV(との合意)への流れとなっている」と強調している。<br><br>HSVのイェンス・トッドSD(スポーツディレクター)は、来年1月1日からスペインで開催されるウィンターキャンプで酒井と会談を持つことを予定している。新契約は1月中旬までに両者によりサインされることになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.28 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

HSV、主将を務める日本代表DF酒井高と契約延長へ

▽ハンブルガーSV(HSV)が日本代表DF酒井高徳(26)との契約延長に向けて動き出しているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ▽2015年7月にシュットガルトからHSVに加入した酒井高は、両サイドバックやボランチをこなせるユーティリティプレーヤーとして存在感を高め、在籍3シーズンで公式戦74試合に出場し1ゴール4アシストを記録。また、昨年11月からはブンデスリーガ1部クラブで日本人初となるキャプテンに就任した。 ▽報道によるとHSVは酒井高と2018年6月末まで契約を結んでいる模様。クラブ側は酒井高のパフォーマンスだけでなくプロとしての姿勢を評価しており2020年までの新契約絵を準備しているようだ。 ▽また、HSVのイェンス・トッドSD(スポーツディレクター)は『ビルト』で以下のようにコメントしている。 「酒井はシーズン序盤こそ不調の時期を過ごした。だけど、彼はプロとして模範的な選手で素晴らしい性格の持ち主だ。いつもチームのために賢明に働き、嘆くこともなく、複数のポジションをこなしているね」 2017.12.22 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

酒井&伊藤所属ハンブルガーSV、原口獲得を検討していた…だがクラブ間交渉に入らず

日本代表DF酒井高徳やFW伊藤達哉が所属するハンブルガーSV(HSV)は、日本人選手をもう1人加えることを検討していたようだ。ドイツ紙『ビルト』によれば、同クラブはヘルタ・ベルリンの原口元気の獲得を考えていたという。<br><br>年内ラストマッチとなったボルシアMG戦を1-3で落とし、自動降格圏の17位に転落したHSV。クラブ史上初めての2部行きを回避するために、HSVは1月の移籍市場で補強を試みると見られる。<br><br>『ビルト』によると、そこでHSVが検討していた新戦力は、ヘルタとの契約が来夏に満了となる原口だったとのことだ。同選手は今月17日のライプツィヒ戦には途中出場を果たしたが、それまでは出場停止処分の2試合を含めてリーグ戦8試合でベンチ外という状況が続いていた。<br><br>だが、HSV幹部はすでにそんな原口の獲得を見送る決断に至った模様。どうやら補強案の1人に挙がったものの、実際にクラブ間の移籍交渉には向かっていないようだ。<br><br>ヘルタのミヒャエル・プレーツSDは先日、原口の状況について「これからどうするかは1月に考えることになるだろう」とも話しており、今冬の放出を示唆していた。今回の報道により原口の状況は他クラブからの注目を集めていることが示されたのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.19 22:02 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース