超ワールドサッカー

伊藤途中出場のHSV、降格圏抜け出せず厳しい3連敗《ブンデスリーガ》2018.01.14 06:29 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハンブルガーSVは13日、ブンデスリーガ第18節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。HSVのDF酒井高徳はベンチ入りも出場機会はなく、FW伊藤達哉は74分から出場している。

▽前節ボルシアMG戦を1-3と完敗して2連敗となった17位HSV(勝ち点15)は、酒井高と伊藤がベンチスタートとなった。

▽9位アウグスブルク(勝ち点24)に対し、立ち上がりから一進一退の攻防を強いられたHSVは、なかなか決定的なシュートに持ち込むことはできない。

▽そんな中32分、アウグスブルクのグレゴリッチュに強烈なボレーシュートでオンターゲットを記録される。そして前半終了間際、ク・ジャチョルのヘディングシュートで失点し、前半を1点ビハインドで終えた。

▽迎えた後半も思うように攻撃を仕掛けられず苦戦したHSVは、74分に伊藤を右サイドに投入。しかし、見せ場を作れず、チームは0-1のまま敗戦。厳しい3連敗となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

酒井高徳が感じる2部の戦いの違いは?「確かに慣れるために何試合か必要だったが…」

ハンブルガーSV(HSV)に所属する元日本代表DF酒井高徳はU-21日本代表MF伊藤達哉らとともに、ブンデスリーガ2部でのシーズンを過ごしている。ドイツ紙『ビルト』のインタビューで、2部での戦いの難しさや自身の目標などについて語った。<br><br>名門HSVは昨季、クラブ史上初の2部行きが決定。残留を決断しクラブとの契約延長に至った酒井だが、今シーズンは公式戦すべてとなる15試合に先発出場と不動のレギュラーを張っている。シーズン序盤は2部でのサッカーへの順応に苦しむ様子のSBはハネス・ヴォルフ新監督を迎えたここ数試合でようやく自身のプレーにおいて攻守のバランスを見つけ、安定したプレーを見せるようになった。<br><br>「確かに最初、このリーグに慣れるために何試合か必要でした。(1部に比べて2部の)サッカーは違いますし、明確にアグレッシブだと思います。競り合いもずっと多いです。でも、今は2部のリズムをつかめたかと思います。チーム全体と同様にね」<br><br>「なぜ2部に馴染むのに苦しんだか」についてはこのように返した。<br><br>「日本代表とのワールドカップ(W杯)が終わってからの休みの期間が長く、チームトレーニングに入ったのも遅かったです。日本では個人トレーニングをたくさんしていましたけど、シーズンがスタートしたときにはそういったところが不足していました」<br><br>ブンデスリーガでは日本人として初めてキャプテンを務めていた酒井は夏にはキャプテンマークを返上している。<br><br>「最初はキャプテンマークを巻いていないことにちょっとばかり違和感を覚えました。でも今はプレッシャーが少し減ったのもあり、少し楽になった部分もあるかもしれませんね。ただ、僕はそれでもリーダーの1人として助けになれればと考えています。若手にとって、主将じゃなくなったことで話しかけやすくなったかもしれませんし」<br><br>酒井はW杯後、代表からの引退を表明。インタビューでは「代表監督にもう一度声を掛けられた場合、その決断を考え直すこともあるのだろうか?」とも問われている。<br><br>「(連絡があれば)自分の決断をもう一度説明します。どうしても戻ってほしいと求められたら、もちろん僕は国を助けるでしょう。ただ、最後はあまりプレーしていなかったし、もう移動もしたくなかったので。完全にHSVに集中する方が僕にとってより重要かと。昇格するために良いフィットネス状態でいたいです。それが僕の目標です」<br><br>「1部復帰は日本代表とのW杯参加より優先的に考える?」との質問には次のように返答した。<br><br>「現時点、そういうことになりますね。キャリアにおいて何をやり遂げたいのかと自分に問いかけました。僕は27歳で、まだタイトルを獲得していません。だから僕にとって、HSVとともに2部を優勝することが大きな目標となります。2位や入れ替えプレーオフを通じての昇格ではなく、そのタイトルを獲得したいです」<br><br>先月クリスティアン・ティッツ監督が解任となったHSVはその後任にヴォルフ氏を招へいしてから3連勝と調子が安定。先日に行われた第13節ではエルツゲビルゲ・アウエを3-1で下し、7試合ぶりに首位の座を奪還。酒井が目標に掲げるようにHSVはこのまま2部の&ldquo;マイスター&rdquo;としての1シーズンでの1部復帰に突き進むのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.15 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

伊藤達哉、ライバル負傷でカップ戦に出場へ…ハンブルガーSV新監督にアピールできるか

ブンデスリーガ2部ハンブルガーSV(HSV)に所属する日本代表MF伊藤達哉は、現地時間30日に行われるDFBポカール2回戦のヴェーエン・ヴィースバーデン戦に出場することになりそうだ。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』が伝えている。<br><br>恩師のクリスティアン・ティッツ前監督の下ではコンスタントに出場機会を得ていた伊藤だが、先日就任したハネス・ヴォルフ新監督の初布陣ではベンチに置かれたまま出番が訪れず。これまで今シーズンでは結果を出せていなかったことからも、新体制の下では苦境に置かれる可能性が伝えられていたところだった。<br><br>しかし、ここにきてザルツブルクからレンタルで加わった韓国代表FWファン・ヒチャンが筋肉系の問題で遠征メンバーから外れることに。その一方で伊藤は元日本代表DF酒井高徳らレギュラーとともにチームに帯同したため、カップ戦ではファンの代役を務める見通しとなった。<br><br>ウィースバーデンは3部所属とはいえ、1回戦でFW宮市亮の2部ザンクト・パウリを延長戦の末に3-2で下したチーム。新監督にアピールしたい伊藤にとっては今後の出場機会にもつながる大事な試合となりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.30 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

「2軍時代からずっと信頼してくれていた」HSVの伊藤達哉、解任ティッツ監督へ感謝

▽ハンブルガーSV(HSV)に所属する日本代表FW伊藤達哉が、クリスティアン・ティッツ監督に感謝を伝えている。 ▽HSVは昨シーズン終盤にユースチームからティッツ監督を昇格。ブンデスリーガ初の降格を食い止めることは出来なかったが、今シーズン1年でのブンデス復帰を同監督に託した。そして迎えた新シーズンは、ここまでブンデスリーガ2部で5勝2敗3分けの5位と十分に昇格を狙える位置にいた。しかし、ホームゲーム6試合のうちで4戦無得点など直近の戦績が芳しくないことを受けて、同クラブは23日、ティッツ監督の解任を発表した。 ▽これを受けて、2015年にHSVに加入して昨シーズンからトップチームでプレーする伊藤は、自身のツイッター(@rey10tatsuya)を更新。ティッツ監督への感謝の言葉を綴った。 「僕がプロになってから監督が変わるのが3回目。監督が変わる度に自分の力不足を痛感します。特に今回チームを去ることになったティッツ監督には2軍時代からずっと信頼してもらって悪い時も使い続けてもらった。監督今までありがとうございました」 「あなたは最高の監督です」 2018.10.24 09:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ハンブルガーSVがティッツ監督を電撃解任! 後任に昨季シュツットガルト解任のヴォルフ氏

▽ハンブルガーSV(HSV)は23日、クリスティアン・ティッツ監督(47)の解任を発表した。また、後任には昨季途中までシュツットガルトを率いていたハネス・ヴォルフ氏(37)が就任することが併せて伝えられている。 ▽昨季終盤にユースチームから昇格する形でHSVのトップチームを率いることになったティッツ監督は、チームのブンデスリーガ初の降格を食い止めることはできなかったものの、1年でのブンデス復帰を託されて今季も続投した。 ▽今季ここまでは5勝2敗3分けの5位と十分に昇格を狙える位置にいたものの、ホームゲーム6試合のうちで4戦無得点など直近の戦績が芳しくないことを受けて、クラブ上層部は同監督の更迭に踏み切った。 ▽今回の電撃解任に関してHSVのラルフ・ベッカーSD(スポーツ・ディレクター)は、「我々には競技面における状況の分析を行う責務があり、そして残念ながら目指していた改善は見られず、このままではシーズンの目標達成も危ぶまれるとの判断を下した」と、ティッツ監督の解任理由を説明している。 ▽HSVの新指揮官に就任するヴォルフ氏はドルトムントの下部組織での指導を経て2016年からシュツットガルトの指揮官に就任。同シーズンに1部昇格に導く見事な手腕を発揮したものの、昨季は序盤から低迷を強いられてシーズン半ばに解任されていた。 ▽なお、ヴォルフ氏はシュツットガルト時代に日本代表FW浅野拓磨を指導しており、DF酒井高徳やFW伊藤達哉の2人の日本人選手にとっても親和性の高い指揮官だ。 2018.10.23 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

伊藤達哉、先発で違い見せるも途中交代…HSVはスコアレスドローで4戦負けなし《ブンデスリーガ2部》

ブンデスリーガ2部第10節が21日に行われ、ハンブルガーSV(HSV)とボーフムが対戦した。<br><br>HSVは酒井高徳と伊藤達哉が揃って先発。伊藤は左サイドで先発したが、なかなか攻撃は機能せず。HSV全体としてもチームで連動した攻撃を見せる回数は数えるほど。<br><br>それでも伊藤は徐々にエンジンがかかり始め、カットインからのシュートなどで存在感を示していく。HSVが得点の匂いをさせて前半を終えた。<br><br>後半も伊藤がエネルギッシュな働きを見せるが、63分にはスタミナ切れと判断されてか、途中交代。その後、攻め続けるHSVと体を張って守るボーフムという構図が続く。しかし、最後までスコアは動くことなく、スコアレスドローで終了した。<br><br>HSVはリーグ戦4試合負けなしとし、勝ち点1を分け合う結果となっている。なお、酒井高徳はフル出場を果たした。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.21 23:30 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース