PSG、来夏のNO.1ターゲットはカンテ! 巨額オファーを準備か2018.01.14 06:16 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマンの来夏のNO.1ターゲットはチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(26)のようだ。フランス『Le 10 Sport』が報じている。

▽2017年夏の移籍市場でブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペを歴代最高額1位と2位の超高額な移籍金で獲得したPSG。ウルグアイ代表FWエディソン・カバーニを含めた“MCN”は世界屈指の破壊力を誇り、インサイドハーフや最終ラインにも超一流のタレントを誇る強力スカッドとなっている。

▽その一方で、昨夏にフランス代表MFブレーズ・マテュイディやポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアクを放出した守備的MFは、元イタリア代表MFチアゴ・モッタがキャリア晩年を迎えていることもあり、ワールドクラス不在のGKと共にチームの泣き所だ。

▽この状況を受けて、PSGは来夏の補強の目玉としてレスター・シティ在籍時代にも獲得に動いたカンテの獲得に再チャレンジするようだ。

▽一昨シーズンにレスターの奇跡の優勝、昨シーズンのチェルシーの優勝の立役者となったカンテだが、今後チャンピオンズリーグのタイトルを目指すならば、メガクラブへのステップアップが必要と思われる。以前はPSG加入を固辞し、チェルシーを選んだカンテだが、母国のクラブでありネイマールやムバッペの加入で凄みを増す現在のPSGからの誘いを断るのは難しいかもしれない。

▽PSGは現時点でカンテ獲得に向けた予算を明かしていないが、1億ユーロ(約135億円)に近い巨額のオファーを掲示する準備を進めているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、パストーレ獲得が決定的に…移籍金は23億円程度

▽ローマがパリ・サンジェルマン(PSG)のMFハビエル・パストーレを獲得することが決まったようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。 ▽かつてパレルモで活躍したパストーレがイタリアに戻ってくる。報道によると、ローマはPSGと合意に達し、選手とは年俸400万ユーロ(約5億2000万円)で2022年までの契約を交わすことになった。あとは正式発表を待つだけという状況だという。 ▽パストーレは2014/15シーズンにPSGで公式戦50試合に出場した。だが、世界各地からタレントをかき集める同クラブでレギュラーポジションを維持するのは困難で、昨シーズンは出番が減っている。その結果、ロシア・ワールドカップに臨むアルゼンチン代表には呼ばれていない。 ▽ローマがPSGに支払う移籍金は1800万ユーロ(約23億円)程度になる模様だ。 2018.06.20 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマールの全盛期はレアル・マドリーで…バルダーノ「C・ロナウドの後継者に」

レアル・マドリーで選手としてプレー。その後、監督やゼネラルディレクターなどを歴任してきたホルヘ・バルダーノ氏が、パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールの去就について、自身の見解を述べた。<br><br>昨年の夏にバルセロナからパリSGに移籍したネイマールは、フランスの地でもその能力を遺憾なく発揮。その一方で今後の去就について取り沙汰されており、とりわけレアル・マドリーへの移籍がうわさされている。<br><br>ネイマールの去就について、フランス紙『レキップ』のインタビューで尋ねられたバルダーノ氏は、「ネイマールはR・マドリーで全盛期を迎える」とコメント。ネイマールがR・マドリーで輝く姿をイメージしているようで、続けて以下のように話した。<br><br>「私にとって、ネイマールはクリスティアーノ・ロナウドの正統な後継者だ。今後5年間で全盛を迎える彼のタレント性に賭けたいね」<br><br>ネイマールは現在26歳。パリSGを経由するとはいえ、キャリアの最盛期に元バルセロナのスターが宿敵に移籍するとなれば大きな物議を醸すことになるが、バルダーノ氏の発言は現実になるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.06.18 21:55 Mon
twitterfacebook
thumb

PSG、フランス代表MFカンテ獲得に123億円準備か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)獲得を画策しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽伝えられているところでは、PSGはカンテ獲得に9000万ポンド(約123億円)を準備。昨年の夏にバルセロナからブラジル代表FWネイマールを2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億円)で獲得したPSGは、プレミアリーグで一貫してハイレベルなパフォーマンスを続けるカンテを“銀河系軍団”の一員に迎えたいと考えているという。 ▽また、5月初めにもフランス『beIN Sports』のテレビ番組に出演したPSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペが、「PSGに加えたい選手は? 」という問いに「カンテのようなプレーヤーを連れて来られれば最高」と返答。ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む代表チームの同僚としてのみでなく、クラブレベルでの競演を希望していた。 ▽また、ビッグオファーを連発しているPSGが悩まされていたファイナンシャル・フェアプレー(FFP)についても、欧州サッカー連盟(UEFA)が13日に処分内容を開示。PSGは監視こそ継続されるものの、処分そのものは下されないことが明らかにされていた。 ▽2015-16シーズンにレスターの奇跡の優勝の立役者となり、2016-17シーズンには移籍先のチェルシーでプレミアリーグ優勝の原動力となったカンテ。チェルシー移籍のタイミングでPSGからの誘いを固辞したことが報じられていたが、5位でフィニッシュしチャンピオンズリーグ(CL)出場権を失った2017-18シーズンを振り返り、心変わりをすることはあるのだろうか。 2018.06.17 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

セルティック、PSGからレンタル中のFWエドゥアールをクラブ史上最高額で獲得!

▽セルティックは15日、パリ・サンジェルマン(PSG)からレンタル移籍していたフランス人FWオッズソンヌ・エドゥアール(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。 ▽なお、イギリス『BBC』の伝えるところによれば、セルティックはエドゥアール獲得にクラブ史上最高額の800万ポンド(約11億7000万円)を支払うことになったようだ。 ▽PSGの下部組織出身のエドゥアールは187cmの大型ストライカー。卓越した身体能力とテクニック、得点感覚に優れる万能型FWは今季1年間のレンタルで加入したセルティックで公式戦29試合で11ゴール4アシストを記録する活躍をみせ、その高いポテンシャルの一端を見せていた。 2018.06.16 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG、クルザワ後釜にポルトで今季20アシストのA・テレスをリストアップ!

▽パリ・サンジェルマン(PSG)がポルトのブラジル人DFアレックス・テレス(25)の獲得に関心を示しているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽2014年に母国のグレミオからガラタサライに移籍したテレスは、その翌シーズンにインテルへ買い取りオプション付きの1年間のレンタルで加入。その後、インテルが買い取りオプションを行使しなかったことで、2016年にポルトに完全移籍した。 ▽そのポルトでは加入1年目からレギュラーポジションを掴むと、今季は公式戦45試合の出場で4ゴール20アシストという圧巻のパフォーマンスを披露し、ポルトのリーグ制覇の立役者の1人となった。 ▽『レキップ』が伝えるところによれば、今夏フランス代表DFレイヴァン・クルザワに退団の可能性が浮上しているPSGは同選手の後釜として同じ攻撃的な左サイドバックであるテレス獲得に動いているという。 ▽ただ、フランス『Le Parisien』はPSGがテレス以外にもユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロ、新指揮官トーマス・トゥヘル監督の教え子であるドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロの動向も注視していると主張している。 ▽なお、ポルトでの2シーズンで評価を高めるテレスに関してはポルト側が“非売品”と主張しているものの、PSGと共にチェルシーとリバプールも関心を寄せているようだ。 2018.06.14 21:28 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース