モナコは後半戦ドロー発進で連勝が「4」でストップ…リーグ最高の堅守モンペリエを攻略できず…《リーグ・アン》2018.01.14 05:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第20節、モンペリエvsモナコが13日にスタッド・デ・ラ・モソンで行われ、0-0のドローに終わった。▽前半戦を7位で終えたモンペリエと2位のモナコによる後半戦初戦の上位対決。立ち上がりから上位対決らしい一進一退の攻防が続く中、18分にはモナコがロニー・ロペスのドリブル突破からボックス内に侵入したケイタがシュートを放つが、これは枠の右に外れる。

▽対するモンペリエは今季お馴染みの[5-3-2]の守備的な布陣から鋭いカウンターとセットプレーで相手ゴールに迫っていく。この流れの中でピリスやペドロ・メンデスがゴールに迫るが、いずれも枠に飛ばすことができない。

▽結局、ゴールレスで折り返した試合は後半も拮抗した展開に。ジェメルソンの負傷でラッジをハーフタイム明けに投入したモナコは、立ち上がりの49分と50分にR・ロペスとケイタが際どい枠内シュートを放つが、リーグ最高のセーブ率を誇るGKルコントの好守に阻まれる。

▽その後もポゼッションを握るモナコ、カウンターで応戦するモンペリエという構図の下、一進一退の攻防が続く。相手の堅守攻略を図るモナコはR・ロペス、ケイタに代えてヨベティッチ、ディアカビとタイプが異なる2人のアタッカーを投入。対するモンペリエはジョバンニ・シオ、イコネの2トップを下げて、ここ最近ジョーカーとして存在感を放つムベンザ、ドリーの投入で攻勢を強めていく。

▽後半半ばから終盤にかけてはモンペリエのカウンターが猛威を振るうが、絶好機はモナコに訪れる。78分、ゲザルの右CKをゴール前に飛び込んだエンドラムが豪快なヘディングで合わす。だが、ゴール至近距離からのシュートをGKルコントが何とか身体に当てるビッグセーブで阻む。さらに試合終了間際の89分にはモナコがボックス手前の好位置でFKを獲得する。だが、ゲザルの直接FKはわずかに枠の右に外れた。

▽互いに見せ場を作ったものの、結局試合はゴールレスドローで決着。この結果、前回対戦に続きモンペリエの堅守に手を焼いたモナコは連勝が「4」でストップした。
コメント
関連ニュース
thumb

ストラスブール、モナコからU-21フランス代表FWグランサーをレンタル!

ストラスブールは20日、モナコからU-21フランス代表FWサミュエル・グランサー(22)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 トロワの下部組織出身のグランサーは、2016年7月にトップチームに昇格。当時所属したリーグ・ドゥでリーグ戦32試合に出場しリーグ・アン昇格に貢献すると、昨季もリーグ戦36試合に出場し3ゴール5アシストを記録。まだまだ粗削りなものの、卓越した身体能力と勝負度胸満点の鋭い仕掛けはフランス国内で高く評価されていた。 そして、昨夏トロワに2部降格に伴い、モナコに5年契約で加入。今季ここまでは公式戦18試合に出場し、チャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦では1ゴールを記録もコンスタントな活躍は見せられていなかった。 2019.01.21 02:28 Mon
twitterfacebook
thumb

「少しの間嫌いになるかもね」アンリ、親友ヴィエラとの指揮官として初対決に意気込む

モナコのティエリ・アンリ監督が、かつての盟友との対戦を前に意気込みを語った。<br><br>リーグ・アンは16日に第17節の延期分が開催される。現在19位と苦しむモナコは、ホームに8位ニースを迎え、&ldquo;コートダジュール・ダービー&rdquo;に臨むことになる。<br><br>今回の一戦は、指揮官の対戦に大きな注目が集まっている。アンリ監督とニースのパトリック・ヴィエラ監督は、アーセン・ヴェンゲル氏が率いるアーセナルで無敗優勝を達成するなど、数多くのタイトルを獲得。さらに、フランス代表としては1998年にワールドカップも制すなど、ともに数々の栄光を収めてきた。<br><br>フランス紙『レキップ』は、16日付けの一面に&ldquo;Sons of Wenger(ヴェンゲルの子供達)&rdquo;という言葉とともに両者の写真を掲載。指揮官としての初対決をへ向け、大きな盛り上がりを見せている。<br><br>会見に臨んだアンリ監督は、かつての盟友について以下のように語った。<br><br>「彼は友達であり、私が憧れる男でもある。選手としてだけではなく男としてね」<br><br>「だが、これはモナコとニースの対戦であることが最も重要な事だ。少しの間、お互いを嫌いになるかもね」<br><br>なお、モナコには先日MFセスク・ファブレガスが加入。ヴェンゲル政権下のアーセナルでプレーした3選手の姿を、同じピッチで拝めることになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 21:50 Wed
twitterfacebook
thumb

アンリ監督&セスクと再会へ…バチュアイ、モナコへのレンタルが合意間近に

バレンシアに所属するベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(25)のモナコ移籍が間近に迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 バチュアイは2018年8月にチェルシーからレンタルでバレンシアに加入した。しかし、ここまで公式戦23試合3ゴールと結果を出せず放出の噂が浮上。最近ではバレンシアのゼネラルマネージャー(GM)を務めるマテウ・アレマニー氏も同選手が他クラブと交渉中であることを明かし、退団は決定的とみられていた。 そんな中、『スカイ・スポーツ』はバチュアイがモナコへのレンタル移籍で合意寸前であると報道。実現すればバチュアイはマルセイユに在籍していた2016年以来のリーグ・アン復帰となる。 モナコには最近チェルシーから元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが加入。チームは元ベルギー代表のアシスタントコーチであるティエリ・アンリ監督が率いており、バチュアイをよく知る監督の下で再び輝けるか注目だ。 2019.01.14 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

アンリとの共闘を決断したセスクが意気込む「僕は準備ができている」

チェルシーからモナコへと完全移籍した元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)が、移籍の決意を語った。クラブ公式サイトが伝えた。 バルセロナのカンテラ(下部組織)で育ったセスクは、16歳だった2003年にアーセナルへ移籍。8シーズンにわたって同クラブで活躍すると、2011年にバルセロナへ復帰。その後、2014年にチェルシーに加入していた。 今シーズン限りでチェルシーとの契約が切れるセスクは、マウリツィオ・サッリ監督の下で出場機会も限られており、移籍を決断。アーセナル時代のチームメイトであった、ティエリ・アンリ監督が率いるモナコへの移籍を決断した。 セスクはモナコ移籍についてコメント。若手選手が多いチームで、自身の経験を還元できると強調。また、下から2番目となる19位の降格圏に位置しているモナコを救うために来たと意気込みを語った。 「モナコに加わることができてとても嬉しい。若い選手が多いチーム、そして新たな監督は、僕にとって新しいプロジェクトだ」 「たくさんの議論があった。そして、ティエリ・アンリとも話をした。彼は本当に僕に来て欲しいと言った。そこに違いがあったんだ。僕は今ここにいる。この挑戦を一緒にしたい」 「僕の経験は、若い選手が成長し、高いレベルに進歩して行くことを助けられると思う。その昔、僕は彼らのような立場にいたので、彼らと一緒に忍耐強く戦える選手だ」 「僕は何をすべきか、トップレベルで若い選手がどうすべきかを知っている。このチームは大きな可能性を秘めている。だから、彼らを助けることができるし、僕たちが一緒に何かを勝ち得れば、それは完璧なことだろう」 「僕はチームの一員となり、スタートさせることが待ちきれない。チームは微妙な状況に立たされている。ただ、状況が改善するように、僕たち全員が良くなりたいと思っている。その変化を早めるため、あらゆることをする」 「監督が僕をすぐに必要とするならば、僕は準備ができているし、そこにいる。日曜日にマルセイユと対戦すると言う素晴らしい試合がある。フランスでのキャリアをスタートさせるには、絶好の機会だね」 2019.01.13 11:18 Sun
twitterfacebook
thumb

モナコ、チェルシーからスペイン代表MFセスクの獲得を発表! アンリ監督とは12年ぶりの共闘

モナコは11日、チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 セスクはモナコの公式サイトで以下のコメントを残している。 「モナコに加入できたことをとてもうれしくよ。モナコには優秀な若手選手や若いコーチが揃っているね」 「僕はチームを助けるためにここに来た。いまからスタートを切ることを楽しみにしているし、日曜日(13日)にはマルセイユとのビッグマッチがある。とてもワクワクしているよ」 バルセロナのカンテラ(下部組織)で育ったセスクは、16歳だった2003年にアーセナルへ移籍。8シーズンにわたって同クラブで活躍すると、2011年にバルセロナへ復帰。 その後、2014年夏にバルセロナから5年契約でチェルシーに加入したセスク。チェルシーとの現行契約が今シーズン限りまでとなっていたが、クラブ側から契約延長への動きは伝えられておらず、マウリツィオ・サッリ新体制の下でも出場機会が減少していることから、今冬での移籍が有力視されていた。 なお、モナコを指揮するティエリ・アンリ監督とは、アーセナルでチームメイトだった2006-2007シーズン以来の共闘となる。 2019.01.12 04:15 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース