モナコは後半戦ドロー発進で連勝が「4」でストップ…リーグ最高の堅守モンペリエを攻略できず…《リーグ・アン》2018.01.14 05:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第20節、モンペリエvsモナコが13日にスタッド・デ・ラ・モソンで行われ、0-0のドローに終わった。▽前半戦を7位で終えたモンペリエと2位のモナコによる後半戦初戦の上位対決。立ち上がりから上位対決らしい一進一退の攻防が続く中、18分にはモナコがロニー・ロペスのドリブル突破からボックス内に侵入したケイタがシュートを放つが、これは枠の右に外れる。

▽対するモンペリエは今季お馴染みの[5-3-2]の守備的な布陣から鋭いカウンターとセットプレーで相手ゴールに迫っていく。この流れの中でピリスやペドロ・メンデスがゴールに迫るが、いずれも枠に飛ばすことができない。

▽結局、ゴールレスで折り返した試合は後半も拮抗した展開に。ジェメルソンの負傷でラッジをハーフタイム明けに投入したモナコは、立ち上がりの49分と50分にR・ロペスとケイタが際どい枠内シュートを放つが、リーグ最高のセーブ率を誇るGKルコントの好守に阻まれる。

▽その後もポゼッションを握るモナコ、カウンターで応戦するモンペリエという構図の下、一進一退の攻防が続く。相手の堅守攻略を図るモナコはR・ロペス、ケイタに代えてヨベティッチ、ディアカビとタイプが異なる2人のアタッカーを投入。対するモンペリエはジョバンニ・シオ、イコネの2トップを下げて、ここ最近ジョーカーとして存在感を放つムベンザ、ドリーの投入で攻勢を強めていく。

▽後半半ばから終盤にかけてはモンペリエのカウンターが猛威を振るうが、絶好機はモナコに訪れる。78分、ゲザルの右CKをゴール前に飛び込んだエンドラムが豪快なヘディングで合わす。だが、ゴール至近距離からのシュートをGKルコントが何とか身体に当てるビッグセーブで阻む。さらに試合終了間際の89分にはモナコがボックス手前の好位置でFKを獲得する。だが、ゲザルの直接FKはわずかに枠の右に外れた。

▽互いに見せ場を作ったものの、結局試合はゴールレスドローで決着。この結果、前回対戦に続きモンペリエの堅守に手を焼いたモナコは連勝が「4」でストップした。
コメント
関連ニュース
thumb

ラファエウ・ゲレイロの2発でモナコ撃破のドルトムントがGS首位通過を決める!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループA最終節のモナコvsドルトムントが11日に行われ、0-2でドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ外となっている。 ▽前節のアトレティコ・マドリー戦で敗戦しグループ最下位が決まったモナコ。直近のリーグ戦がパリの大規模デモにより中止となったモナコは、ファルカオやティーレマンス、グリクらを先発で起用した。 ▽一方、今節の結果次第でグループ首位突破の可能性があるドルトムントは、直近に行われたシャルケとの“レヴィア・ダービー”から先発をディアロとアクラフ・ハキミ以外の9人変更。最前線にM・フィリップを置き2列目は右からプリシッチ、ゲッツェ、ラファエウ・ゲレイロと並べた。 ▽ドルトムントは開始早々3分に最初の決定機を迎える。M・フィリップが相手陣内でB・バディアシルのパスをカットすると、こぼれ球を拾ったゲッツェがボックス内まで持ち込みシュート。しかし、これはゴール左に外れた。 ▽高いボールポゼッションで主導権を握るドルトムントは15分、プリシッチのパスでボックス右深くまで駆け上がったM・フィリップの折り返しをラファエウ・ゲレイロが流し込み、先制に成功した。 ▽さらにドルトムントは、33分にも敵陣でのFKのこぼれ球を再び拾ったゲッツェがボックス右にパスを供給すると、ラファエウ・ゲレイロの折り返しにディアロが飛び込んだが、これはゴール左に逸れた。 ▽迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の展開となる。追加点の遠いドルトムントは76分にダフードを下げてヴォルフ、79分にM・フィリップを下げてアルカセルをピッチに送り出した。 ▽すると88分、左サイドから仕掛けたプリシッチのクロスをゴール前のアルカセルが落とすと、最後はラファエウ・ゲレイロがゴールネットを揺らした。 ▽結局、試合はそのまま0-2でドルトムントが勝利。グループ首位を争うアトレティコ・マドリーが、同時刻開催の試合でクラブ・ブルージュと引き分けたため、当該クラブ間での得失点差で上回るドルトムントがグループ首位通過を決めた。 2018.12.12 07:02 Wed
twitterfacebook
thumb

大規模デモ影響でモナコvsニースも中止に! PSGvsモンペリエ含む3試合で中止決定

▽リーグ・アンを運営するリーグ・デ・フットボール・プロフェッショナル(LFP)は6日、現在フランス国内で発生している大規模デモを受け、7日に開催予定だったリーグ・アン第17節のモナコvsニースの中止を決定した。 ▽フランスでは、11月半ばから燃料税引き上げに抗議する大規模デモが発生しており、現在もSNS上で4回目となる8日のデモ開催の呼び掛けが拡散されていた。 ▽これを受け、警察当局はLFPに対して主要都市での試合中止を要請。LFPも選手、サポーターの安全面を考慮し、4日にはパリ・サンジェルマンvsモンペリエ、トゥールーズvsリヨンの中止を決定していた。 ▽なお、代替日程などに関しては今後の協議によって後日発表される予定だ。 ◆リーグ・アン第17節 ▽12/8(土) 《28:00》 アンジェ vs ボルドー ギャンガン vs アミアン ニーム vs ナント レンヌ vs ディジョン ▽12/9(日) 《23:00》 ストラスブール vs カーン 《25:00》 リール vs スタッド・ランス 《29:00》 サンテチェンヌ vs マルセイユ ▽中止 モナコ vs ニース パリ・サンジェルマン vs モンペリエ トゥールーズ vs リヨン 2018.12.06 20:32 Thu
twitterfacebook
thumb

絶不調のモナコ、主力MFロニー・ロペスと2022年まで契約延長!

▽モナコは2日、ポルトガル代表MFロニー・ロペス(22)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽ブラジル出身のポルトガル代表プレーヤーのロニー・ロペスはベンフィカの下部組織を経て2011年にマンチェスター・シティに加入。同クラブでは2013年1月のFAカップでクラブ歴代最年少となる17歳と9日でのトップチーム初ゴールを記録も、トップチーム定着とはならず。2015年にモナコへの完全移籍を決断した。 ▽そのモナコでも出場機会に恵まれず、同じリーグ・アンのリールへのレンタル移籍を経験すると、同胞MFベルナルド・シウバやフランス代表FWキリアン・ムバッペら主力の後釜として昨シーズンに完全にブレイク。元々、定評があった圧倒的な左足のスキルとスピード、攻撃センスを生かしたチャンスメークに加え、ゴールスコアラーとしてもその才能を開花。昨季リーグ・アン全試合に出場すると、リーグ戦8試合連続ゴールを含め15ゴール7アシストという見事な数字を残した。 ▽今夏の移籍市場では国外のビッグクラブからの関心を集めてきたが、今季降格圏の19位に低迷するモナコとの現行契約を新たに2年間の延長することになった。 2018.12.03 15:05 Mon
twitterfacebook
thumb

サウジアラビアのアル・ナスルが前モナコ指揮官ジャルディム氏招へいへ!

▽サウジアラビアのアル・ナスルが今季途中にモナコを解任されたレオナルド・ジャルディム氏(44)を招へいする見込みだ。フランス『レキップ』が現地メディアのレポートを引用して伝えている。 ▽ジャルディム氏はモナコ退任後、サウサンプトンやレスター・シティ、カタール代表などの新指揮官就任が噂されてきた。しかし、『レキップ』が伝えるところによれば、サウジアラビアの強豪アル・ナスルが同氏を1年半契約で招へいする意向を固めたようだ。 ▽ブラガ、オリンピアコス、スポルティング・リスボンでの指揮を経て2014年からモナコを率いたジャルディム氏。2016-17シーズンにモナコを17年ぶりとなるリーグ優勝に導き、チャンピオンズリーグ(CL)では13年ぶりとなる準決勝進出を果たした。 ▽さらに、卓越した育成能力を持つポルトガル人指揮官はMFベルナルド・シウバやFWキリアン・ムバッペ、MFトマ・レマル、MFファビーニョら若手逸材を一人前に育て上げ、その高額な売却益をクラブにもたらした。 ▽しかし、今季は度重なる主力流出が響き開幕から公式戦11試合でわずかに1勝と、就任以来最も厳しいスタートを強いられると、10月半ばに成績不振を理由に解任されていた。 ▽なお、ジャルディム氏招へいが噂されるアル・ナスルはオーストラリア代表GKブラッド・ジョーンズやナイジェリア代表FWアーメド・ムサ、モロッコ代表FWノルディン・アムラバト、元ブラジル代表MFジュリアーノらが在籍している。 2018.12.02 11:42 Sun
twitterfacebook
thumb

完敗のモナコ、アンリ監督が敵将シメオネを絶賛「すべての監督がお手本にすべきだ」

モナコは28日、チャンピオンズリーグのグループA第5節でアトレティコ・マドリーと対戦した。モナコのティエリ・アンリ監督は試合後の記者会見で敵将のディエゴ・シメオネを絶賛した。<br><br>モナコは第4節終了時点でグループリーグ敗退が決定。ヨーロッパリーグに回る3位の座を目指していた。一方、アトレティコは勝ち抜けが決まった状態でこの試合に臨んだ。<br><br>試合は2分に、アトレティコが最初の攻撃で先制点を決めた。24分には左サイドからのクロスをアントワーヌ・グリーズマンがきっちりと合わせて追加点を記録。モナコは終始ボールをキープされる苦しい展開となり、0-2で敗戦した。<br><br>10月からモナコの指揮官に就任し、監督として新しいキャリアを歩み始めたアンリ。就任後公式戦で6試合未勝利と苦しい状況も経験した。そんなアンリは2011年からアトレティコを率い、13-14シーズンにはレアル・マドリーやバルセロナを押しのけてラ・リーガで優勝を果たしたシメオネを尊敬しているという。<br><br>「シメオネから多くのことを学んだ。彼がどうやって振る舞っているかいつも見ていたよ。この試合も2-0で勝利に導き、決して選手を孤立させなかった。終始、選手たちに叫び続け、試合に集中させていたね」<br><br>「彼はフットボールに対して情熱を持っている。まだ選手であるかのようだよ。すべての監督がシメオネを参考にするべきだ」<br><br>シメオネから教訓を得たアンリ監督は、リーグアンで下位に沈むモナコを立て直すことができるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.01 14:30 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース